キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

二又 政之 フタマタ マサユキ

所属部署名 理工学研究科 物質科学部門 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

理学部 基礎化学科解析化学

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
プラズモンナノ材料の開発と応用(第13章単一分子感度ラマン分光の基礎)及び(第14章単一分子感度ラマン分光技術のデバイス化及び生体分子分析への応用)
シーエムシー出版:150-176,及び177-199 2010
二又政之他36名

論文
Closely adjacent gold nanoparticles linked by chemisorption of neutral rhodamine 123 molecules providing enormous SERS intensity
,Physical Chemistry and Chemical Physics,13:12454-12462 2011
T. Yajima, Y. Yu and M. Futamata*,

Elucidation of Electrostatic Interaction between Cationic Dyes and Ag Nanoparticles Generating Enormous SERS Enhancement in Solution
,Journal of Physical Chemistry C,,115:5271-5279 2011
M. Futamata*, T. Yajima and Y. Yu,

単分子分光
,ナノ計測の国際比較(科学技術振興機構),研究報告書:123-132 2010
二又政之

LSP spectral changes correlating with SERS activation and quenching for R6G on immobilized Ag nanoparticles
,Applied Physics B-Lasers and Optics,93(1):117-130 200810
M. Futamata;Y. Maruyama

学会発表
金及び銀ナノ粒子の静電的及び化学的相互作用による近接安定化とSERS 活性化
日本化学会第91春季年会,日本化学会第91春季年会要旨集 201103
二又 政之、谷島徹、ユ エイエイ

表面増強ラマン分光の基礎と現状・将来展望(依頼講演)
日本学術振興会第151委員会平成22年度第4回研究会,日本学術振興会第151委員会平成22年度第4回研究会要旨集 201101
二又政之

Closely adjacent silver and gold nanoparticles linked by chemisorption of neutral rhodamine 123 molecules providing enormous SERS intensity (Invited)
PACIFICHEM 2010,Abst of PACIFICHEM 2010 201012
M. Futamata, Y. Yu, T. Yajima

Application of SERS using nanosphere overlayer method to biomolecules
PACIFICHEM 2010,Abst of PACIFICHEM 2010 201012
M. Futamata, T. Kokubun

Gap mode SERS towards analytical applications and near-field Raman spectroscopy
PACIFICHEM 2010,Abst of PACIFICHEM 2010 201012
M. Futamata, M. Danno, T. Yanatori

Closely adjacent Ag nanoparticles formed by cationic dyes yielding enormous SERS activity
ASIANano2010,Abst. of ASIANano2010 201011
M. Futamata, Y. Yu, T. Yajima

Closely adjacent Ag nanoparticles formed by cationic dyes yielding enormous SERS activity
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010),Abst. Of NCSS2010 201009
M. Futamata, Y. Yu, T. Yajima

極微量カチオン性色素添加による金属ナノ粒子の近接安定化とSERS活性
ナノオプティクス研究グループ第19回研究討論会,ナノオプティクス研究グループ第19回研究討論会要旨集 201007
二又政之ほか

Closely adjacent Ag nanoparticles formed by cationic dyes yielding enormous SERS activity
Gordon Research Conference(GRC),Abst. of GRC 201006
M. Futamata, Y. Yu, T. Yajima

Closely adjacent Ag nanoparticles formed by cationic dyes yielding enormous SERS activity
Nanophotonics 2010,Abst. of Nanophotonics 2010 201006
M. Futamata, Y. Yu, T. Yajima

金ナノ粒子の静電的および化学的相互作用による近接安定化とSERS 活性
日本化学会第91春季年会,日本化学会第91春季年会要旨集 201003
谷島徹、ユ エイエイ、二又政之

金属ナノ粒子を用いるチップ増強ラマン分光法
日本化学会第91春季年会,日本化学会第91春季年会要旨集 201003
石橋孟士、團野真実、二又政之

銀ナノ粒子の色素分子による静電的相互作用による近接安定化とSERS活性
日本化学会第91春季年会,日本化学会第91春季年会要旨集 201003
ユ エイエイ、谷島徹、二又政之

金属ナノ粒子の静電的及び化学的相互作用による近接安定化と巨大ラマン散乱
日本分光学会顕微部会2010年シンポジウム,日本分光学会顕微部会2010年シンポジウム要旨集 2010
二又政之ほか