キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

古舘 宏之 フルダテ ヒロユキ

所属部署名 理工学研究科 生命科学部門 電話番号
職名 助教 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス furudate@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

理学部 生体制御学科

研究分野

神経生物学

現在の研究課題

哺乳動物(ラットおよびマウス)を用いて行動の最適化に関する研究を、特に大脳基底核側坐核および海馬を中心としたシステムに注目し行っている。

所属学会

所属学会
日本動物学会
日本比較生理生化学会
日本生物物理学会
所属学会役員担当
1999 , 日本比較生理生化学会 , 会計幹事

学歴

出身大学院・研究科等
1995 , 岡山大学 , 博士 , 自然科学研究科 , 修了
1992 , 岡山大学 , 修士 , 理学研究科 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1989 , 山形大学 , 理学部 , 卒業
取得学位
博士(理学) , 岡山大学 , Control system of compensatory eye movement in the crayfish

研究職歴等

研究職歴
1995 , 埼玉大学理学部助手

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
Internal representation and memory formation of odor preference based on oscillatory activities in a terrestrial slug.
,Learning and Memory,17:372-80 2010
Sekiguchi, T., Furudate, H. and Kimura, T.

GABA(A) receptor-mediated acceleration of aging-associated memory decline in APP/PS1 mice and its pharmacological treatment by picrotoxin.
,PLoS ONE,3:e3029 2008
Yoshiike Y, Kimura T, Yamashita S, Furudate H, Mizoroki T, Murayama M, Takashima A.

学会発表
Contributions of the nucleus accumbens shell and core to spontaneous action-pattern switching in reward-seeking behavior of rats
The Society for Neuroscience,39th Annual Meeting of the Society for Neuroscience:892 200910
Furudate, H., Ikumi, N., Sato, C., Oba, K., Hoshino, M., Sekiguchi, T., Machida, T., Phillips, A.G., Matsumoto, G., and Kimura, T.

学習された行動最適化における側坐核コアおよびシェル領域の役割
日本動物学会,日本動物学会80回大会予稿集:100 200909
古舘宏之、伊久美直里、佐藤千佳、大場健太郎、町田武生、Anthony Phillips、松本元、木村哲也

行動最適化学習に対する側坐核コア領域破壊の影響
日本動物学会,日本動物学会80回大会予稿集:100 200909
佐藤千佳、木村哲也、町田武生、小林哲也、古舘宏之

成長遅延症マウスにおける免疫能および造血能の解析
日本動物学会関東支部大会,日本動物学会関東支部大会発表演者要旨集:16 200903
宇賀神 明香、田口 雄亮、古舘 宏之、小林 哲也、町田 武生

ラットの行動モード切り替えにともなう海馬場所ニューロン活動の変化
日本動物学会,日本動物学会79回大会予稿集,1:90 200809
古舘 宏之, 和泉 直子, 関口 達彦, 木村 哲也, 町田 武生

ナメクジにおけるにおい嗜好性記憶の内部表現
日本神経科学会,第31回日本神経科学会大会予稿集,P1:o11 200807
関口達彦、古舘宏之、木村哲也

アルツハイマー病モデルネズミのGABA依存的認知障害とピクロトキシンによるその改善
日本神経科学会,第31回日本神経科学会大会予稿集,P1:q13 200807
吉池裕二、木村哲也、山下俊治、古舘宏之、溝呂木達也、村山美由紀、高島 明彦

ラットの行動モード変化にともなう海馬ニューロン活動の特異的発現
日本動物学会,日本動物学会関東支部大会第60回大会 200803
和泉直子、古舘宏之、関口達彦、木村哲也、町田武生

マウス腹内側核におけるERαとc-Fosの発現に対する甲状腺ホルモンの効果
日本動物学会,社団法人日本動物学会第78回大会予稿集:11 200709
公文 浩一,古舘 宏之,小林 哲也,町田 武生

アルツハイマー病モデルネズミの老化促進機構におけるGABA活性の解析
日本神経科学会,第30回日本神経科学大会 200709
吉池裕二、木村哲也、山下俊治、古舘宏之、福田哲也、溝呂木達也、村山美由紀、高島明彦

Restricted brain lesions affect the filial preferences in visually imprinted ducklings.
Society of Neuroscience,Society for Neuroscience 36th Annual Meeting (SFN-2006):64 200610
Okuma J. and Furudate H

学習された行動モードに対する側坐核コア領域破壊の影響
日本動物学会,社団法人日本動物学会第77回大会予稿集:67 200609
伊久美直里、古舘宏之、関口達彦、木村哲也、町田武生

行動モード変化にともなう海馬ニューロン活動の特異的表現
日本動物学会,社団法人日本動物学会第77回大会予稿集:67 200609
和泉直子、古舘宏之、関口達彦、木村哲也、町田武生

Neural Activities in the rat nucleus accumbens related to foraging behavior in an eight-arm maze task.
Society of Neuroscience,Society of Neuroscience 35th Annual Meeting:71 200511
Hoshino M, Furudate H, Sekiguchi T, Shouno O, Phillips A.G, Matsumoto G, Kimura T

Neuronal activities related to filial imprinting in the forebrain area of duckling.
Society of Neuroscience,Society of Neuroscience 34th Annual Meeting:774-774 200410
Okuma J., Hoshino M., Furudate H., Kondoh T., Kondoh Y., Tsujino H., Torii K., Kimura T., Matsumoto G.

Neural activity in the nucleus accumbens core represents a global pattern of reward directed behavior in the rat.
Society of Neuroscience,Society of Neuroscience 34th Annual Meeting:434-434 200410
2 Furudate H., Matsumoto G., Machida T., Phillips A.G., Kimura T.

側坐核ニューロンにおける行動モード表現
日本動物学会,社団法人日本動物学会第75回大会予稿集:209-209 200409
古舘宏之,松本元,町田武生,Phillips AG,木村哲也

教育活動実績

授業等

生物学実験B(理学部)
調節生理学実験(理学部)
細胞制御学実験(理学部)
調節生理学演習(理学部)