キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

松岡 圭介 マツオカ ケイスケ

所属部署名 教育学部 自然科学講座 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス matsuokakei@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://park.saitama-u.ac.jp/~matsuokakei/index.html

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学研究科 教科教育専攻 理科教育専修

研究分野

物理化学、コロイド化学、放射化学
キーワード:生体界面活性剤 , 両親媒性物質 , 機能性界面活性剤 , 脂質 , 分子集合体 , 植物ステロール

所属学会

所属学会
日本油化学会
日本化学会

学歴

出身大学院・研究科等
2003 , 九州大学大学院 , 博士後期 , 理学府 , 凝縮系科学専攻(化学コース) , 修了
1995 , 九州大学大学院 , 博士前期 , 理学研究科 , 化学専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1993 , 九州大学 , 理学部 , 化学 , 卒業
取得学位
博士(理学) , 九州大学
免許・資格等
第1種放射線取扱主任者
危険物取扱者(甲)

受賞学術賞

2017 , 20th J. Oleo Sci. Editor's Award ,
2010 , オレオマテリアル賞

研究職歴等

研究職歴
2013 , 埼玉大学教育学部理科教育講座 准教授
2008 - 2013 , 昭和薬科大学薬学部 講師
2004 , 昭和薬科大学薬学部 助手
2003 - 2003 , 科学技術振興機構 博士研究員
研究職歴以外の職歴
1995 - 2000 , (株)東芝

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
Role of the spacer of Gemini surfactants in solubilization into their micelles
,Journal of Molecular Liquids,244:499-505 2017
Hiromichi Nakahara, Hiroaki Nishizaka, Kensuke Iwasaki, Yu Otsuji, Mika Sato, Keisuke Matsuoka, Osamu Shibata

Aggregate Formation of Glycyrrhetic Acid 3-​O-​Glucuronide
,Journal of Surfactants and Detergents ,20:1153-1159 2017
Matsuoka, Keisuke; Miyajima, Ryusuke; Karasawa, Seigo

Single-​alkyl and multi-​alkyl chain-​containing amphiphilic oligomers with several sugar side chains: solution properties and nanostructural analysis of aggregates by SANS
,Colloid and Polymer Science ,295((5)):793-802 2017
Yoshimura, Tomokazu; Nakatani, Yuka; Matsuoka, Keisuke; Akutsu, Kazuhiro; Iwase, Hiroki

Study on micelle formation of bile salt using nuclear magnetic resonance spectroscopy
,Journal of Oleo Science:in press 2017
Keisuke Matsuoka, and Atsushi Yamamoto

Synthesis and Solution Properties of Adamantane Containing Quaternary Ammonium Salt-type Cationic Surfactants: Hydrocarbon–based, Fluorocarbonbased and Bola–type
,Journal of oleo science,Vol. 65 (10):843-852 2016
Tomokazu Yoshimura, Mari Okada, Keisuke Matsuoka

色素増感太陽電池の性能向上と化学教材の開発・
,埼玉大学紀要 (教育学部),65(1):167-178 2016
鈴木 崇広, 芦田 実, 松岡 圭介

Aggregate formation of glycyrrhizic acid
,Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects,500:112-117 2016
Keisuke Matsuoka, Ryusuke Miyajima, Yudai Ishida, Seigo Karasawa, and Tomokazu Yoshimura

Competitive Solubilization of Cholesterol/Cholesteryl Oleate and Seven Species of Sterol/Stanol in Model Intestinal Solution System
,Journal of Oleo Science,64(7):783-791 2015
Keisuke Matsuoka, Asumi Kase, Takashi Matsuo, Yusuke Ashida

Solubilization of naphthalene and octafluoronaphthalene in ionichydrocarbon and fluorocarbon surfactants
,Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects,456:83-91 2014
Keisuke Matsuoka, Rika Yamashita, Miki Ichinose, Maiko Kondo,Tomokazu Yoshimura

Solubilization of polycyclic aromatic hydrocarbons in C16E7nonionicsurfactant solutions
,Colloids and Surfaces A,441:133-139 2014
Emi Takeuchi, Keisuke Matsuoka, Shigeaki Ishii, Sho Ishikawa, Chikako Honda,Kazutoyo Endo

Micelle formation of sodium hyodeoxycholate
,Chemistry and Physics of Lipids,172-173:6-13 2013
Keisuke Matsuoka, Kaede Takagi, Chikako Honda

Aggregation properties of supra-long chain surfactants with double or triple quaternary
,Journal of Colloid and Interface Science,,379(1):72-77 2012
Keisuke Matsuoka, Nagisa Chiba, Tomokazu Yoshimura

Supra-long chain surfactants with double or triple quaternaryammonium headgroup
,Journal of Colloid and Interface Science,374(1):157-163 2012
Tomokazu Yoshimura, Nagisa Chiba,KeisukeMatsuoka

Competitive solubilization of cholesterol and β-sitosterol with changing biliary lipid compositions in model intestinal solution.
,Chemistry and Physics of Lipids,165(1):7-14 2012
Keisuke Matsuoka, Rie Ebisawa, Saori Yui, Chikako Honda, Kazutoyo Endo

Biliary excretion of essential trace elements in rats under oxidative stress caused by selenium-deficiency
,Analytical and Bioanalytical Chemistry,401:2531-2538 2011
Kosuke Yamasaki, Yasunobu Sakuma, Junya Sasaki, Ken-ichiro Matsumoto, Kazunori Anzai, Keisuke Matsuoka, Chikako Honda, MasamichiTsukada, Kazutoyo Endo, Shuichi Enomoto

Effect of double quaternary ammonium groups on micelle formation of partially fluorinated surfactant
,Journal of Colloid and Interface Science,356:624–629 2011
Keisuke Matsuoka, Nagisa Chiba, Tomokazu Yoshimura,and Emi Takeuchi

植物ステロール/スタノールによるコレステロールの吸収抑制機構に関する研究
,オレオサイエンス,11:119-125 2011
松岡圭介

Micellization of bile salts and solubilization into the micelles.
,Journal of Surface Science and Technology,26:105-136 2010
Keisuke Matsuoka,Jungno Lee, Yoshikiyo Moroi

Competitive solubilization of cholesterol and six species of sterol/stanol in bile salt micelles
,Chemistry and Physics of Lipids,163:397-402 2010
Keisuke Matsuoka,Eriko Kajimoto, Maho Horiuchi, Maho, Chikako Honda, Kazutoy Endo

学会発表
Removal of Alkali Metals by Using Foam Separation
The Asian Conference on Oleo Science 2017 201709
Keisuke Matsuoka, Rinpei Omori, Shiho Yada, and Tomokazu Yoshimura

Micellar Structure and Solubilization Ability of N, N-Dimethyl-N-Alkyladamanthylammonium Bromide
The Asian Conference on Oleo Science 2017 201709
Keisuke Matsuoka, Rinpei Omori, Shiho Yada, and Tomokazu Yoshimura

胆汁酸塩を保護剤とした金属ナノ粒子の合成と抗酸化能の評価
日本油化学会第55 回年会 201609
小川麻里奈, 石田裕大, 松岡圭介, 吉村倫一

泡沫分離法によるドデシル硫酸ナトリウム水溶液からセシウムの除去
日本油化学会第55 回年会 201609
松岡圭介, 刈間詩帆, 竹高千陽, 大野翔太, 師井義清

Aggregation formation of Glycyrrhizic acids
6th Asian Conference on Colloid and Interface Science,ACCIS 2015 201511
Keisuke Matsuoka, Ryusuke Miyajima, Tomokazu Yoshimura

Surface-Active Properties of Single-Alkyl Chain and Multi-Alkyl Chains
6th Asian Conference on Colloid and Interface Science,ACCIS 2015 201511
Tomokazu Yoshimura, Yuka Nakatani, Keisuke Matsuoka, Kazuhiro Akutsu

グリチルリチン酸類水溶液の表面物性と会合体形成
第54会日本油化学会年会 201509
松岡圭介、宮嶋 龍介

グリチルレチン酸3‐O‐グルクロニドの会合体形成
日本油化学会,日本油化学会第53 回年会 201409
松岡圭介、唐澤正悟

ジェミニ型界面活性剤水溶液へのナフタレン及びパーフルオロナフタレンの可溶化
日本油化学会,第52回年会 2013
松岡圭介、山下莉加、吉村倫一

グリチルリチン酸の会合体形成
コロイド及び界面化学部会,第64回コロイドおよび界面化学討論会 2013
松岡 圭介、寺澤 翔里、唐澤 正悟、小池 信吾

モデル腸液におけるコレステロールと植物ステロール種の競争的可溶化
日本化学会,第93春季年会講演申込 2013
松岡 圭介 ・加瀬 あすみ・本田 智香子

Micellization and solubilization of fluorinated surfactants
,World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress 2012

植物ステロール/スタノールによるコレステロールの吸収抑制機構に関する研究
,日本油化学会 2010
松岡圭介

Competitive Solubilization of Cholesterol and Sterol/Stanol in Bile Salt Micelles and Dietary Mixed Micelles
,International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science 2010
K. Matsuoka, S. Yui, R. Ebisawa, C. Honda and K. Endo

その他
表面張力と界面張力
日本分析化学会,ぶんせき,3月:97-98 201603
松岡圭介

可溶化限界量
丸善出版社,油脂・脂質・界面活性剤データブック (日本油化学会編) 2012

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2016-2018 , 放射性金属の除去を目的とした泡沫分離法の確立 , 基盤研究(C)
2013-2015 , 医薬品の乳化剤とコレステロールの吸収抑制剤としてのグリチルリチン酸の可能性 , 基盤研究(C)
2009-2012 , 植物ステロールによるコレステロール吸収抑制機構の解明と新しい吸収抑制方法 , 若手研究B
奨学寄付金
2015 , 汚染水から多種の放射性化元素の除去方法に関する研究 , 八洲環境技術振興財団
2013 , 微小気泡を利用した泡抹分離による汚染水からの放射性金属の除去 , 住友財団2013年度研究助成
その他公的資金
2010-2010 , 植物ステロール/スタノールによるコレステロール及び脂肪の吸収抑制-熱力学とNMRからのアプローチ,財団法人旗影会研究助成

社会活動実績

社会活動等

公開講座
2015-2015 , 自分発見!チャレンジさいたま 化学実験教室
出張講座
2015-2015 , 平成27年度「理科おもしろ実験教室」秩父市
学外審議会・委員会
2015-2016 , 埼玉県立不動岡高等学校SSH運営指導委員会 , 運営指導委員