キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

大倉 正道 オオクラ マサミチ

所属部署名 大学院理工学研究科 連携先端研究部門 電話番号 048-858-9278
職名 准教授 ■FAX番号 048-858-9278
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス mohkura@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://subsi.saitama-u.ac.jp/

プロフィール

兼担研究科・学部

脳末梢科学研究センター

研究分野

神経科学一般
神経・筋肉生理学
生理学一般
薬理学一般
細胞生物学
基盤・社会脳科学
脳計測科学
キーワード:神経回路機能 , 蛍光生体イメージング , オプトジェネティクス , Ca2+ , G-CaMP / R-CaMP , GFP

現在の研究課題

脳科学研究の新展開を可能にする新たな生物化学的技術の開発(光学プローブ蛋白質を用いた神経回路機能の可視化および光制御)

所属学会

所属学会
日本生化学会
日本薬学会
米国生物物理学会
日本分析化学会
日本神経科学学会
日本バイオイメージング学会
所属学会役員担当
日本薬理学会 , 学術評議員
トランスポーター研究会 , 幹事

学歴

出身大学院・研究科等
1997 , 東北大学大学院 , 博士 , 薬学研究科 , 修了
1994 , 東北大学大学院 , 修士 , 薬学研究科 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1992 , 東北大学 , 薬学部 , 卒業
取得学位
1997 , 薬学博士 , 東北大学
免許・資格等
薬剤師

研究職歴等

研究職歴
2014 , 埼玉大学大学院理工学研究科准教授
2009 - 2014 , 埼玉大学脳科学融合研究センター准教授
2008 - 2009 , 山形大学大学院医学系研究科講師
2007 - 2009 , 山形大学医学部講師
2003 - 2007 , 九州保健福祉大学薬学部講師
2002 - 2003 , 生理学研究所講師(研究機関研究員)
2002 - 2002 , 生理学研究所研究員(科学研究)
2002 - 2003 , 生理学研究所特別協力研究員
1999 - 2002 , 日本学術振興会特別研究員(PD)
1995 - 1997 , 日本学術振興会特別研究員(DC2)
留学歴
1997 - 1999 , 日本学術振興会海外特別研究員(ノースカロライナ大学医学部)

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
高感度Ca2+プローブG-CaMPを用いた脳内シナプス活動のイメージング. 『脳内環境-恒常性維持機構の破綻と病気』
(株)メディカル ドゥ:108-113 201411
大倉正道, 中井淳一

Ca2+イメージング. 『組織細胞化学2014』
日本組織細胞化学会:161-168 201407
大倉正道, 中井淳一

Imaging of astrocytic activity in living rodents. 『Optical imaging of neocortical dynamics』
Springer:191-207 201401
Takata N, Shinohara Y, Ohkura M, Mishima T, Nakai J, Hirase H

蛍光バイオセンサーの開発. 『進化分子工学~高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発~』
(株)エヌ・ティー・エス:267-273 201310
大倉正道, 中井淳一

光遺伝学ツールを用いた光制御および蛍光測定手法の開発. 『オプトジェネティックス~光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線~』
(株)エヌ・ティー・エス:107-117 201304
大倉正道, 中井淳一

神経活動を捉えるセンサー.『サイ・テクこらむ』
埼玉新聞:1
大倉正道

高性能蛍光Ca2+プローブを用いた神経活動の可視化. 『Labcab 12』いつか何かで役に立つ 知って得するコラム vol.04
理科研(株):1
大倉正道, 中井淳一

Optogenetic manipulation and probing. 『Optogenetics: light-sensing proteins and their applications』Part 2, Chapter 9
Springer:16
Ohkura M, Sadakari J, Nakai J

論文
Calcium imaging reveals glial involvement in transcranial direct current stimulation-induced plasticity in mouse brain.
,Nature Communications,7:11100:1-10 2016
Monai H, Ohkura M, Tanaka M, Oe Y, Konno A, Hirai H, Mikoshiba K, Itohara S, Nakai J, Iwai Y, Hirase H

JSAP1/JIP3 and JLP regulate kinesin-1-dependent axonal transport to prevent neuronal degeneration.
,Cell Death and Differentiation,22(8):1260-1274 2015
Sato T, Ishikawa M, Mochizuki M, Ohta M, Ohkura M, Nakai J, Takamatsu N, Yoshioka K

A top-down cortical circuit for accurate sensory perception.
,Neuron,86(5):1304-1316 2015
Manita S*, Suzuki T*, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, Murayama M

Generation and imaging of transgenic mice that express G-CaMP7 under a tetracycline response element.
,PLoS One,10(5):e0125354:1-13 2015
Sato M, Kawano M, Ohkura M, Gengyo-Ando K, Nakai J, Hayashi Y

Comparison of genetically encoded calcium indicators for monitoring action potentials in mammalian brain by two-photon excitation fluorescence microscopy.
,Neurophotonics,2(2):021014:1-7 2015
Podor B, Hu Y, Ohkura M, Nakai J, Croll R, Fine A

Water-soluble jack-knife prawn extract inhibits 5-hydroxytryptamine-induced vasoconstriction and platelet aggregation in humans.
,Food Funct,6:444-449 2015
Gamoh S, Kanai T, Tanaka-Totoribe N, Ohkura M, Kuwabara M, Nakamura E, Yokota A, Yamasaki T, Watanabe A, Hayashi M, Fujimoto S, *Yamamoto R

Rational design of a high-affinity, fast, red calcium indicator R-CaMP2.
,Nature Methods,12:64-70 2015
Inoue M, Takeuchi A, Horigane SI, Ohkura M, Gengyo-Ando K, Fujii H, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Kano M, *Nakai J, *Kitamura K, *Bito H

Large-scale imaging of subcellular calcium dynamics of cortical neurons with G-CaMP6-actin.
,NeuroReport,25:501-506 2014
Kobayashi C, Ohkura M, Nakai J, Matsuki N, Ikegaya Y, *Sasaki T

Imaging intraorganellar Ca2+ at subcellular resolution using CEPIA.
,Nature Communications,5:4153:1-13 2014
Suzuki J, Kanemaru K, Ishii K, Ohkura M, Okubo Y, *Iino M

Reward-timing-dependent bidirectional modulation of cortical microcircuits during optical single-neuron operant conditioning.
,Nature Communications,5:5551:1-12 2014
Hira R, Ohkubo F, Masamizu Y, Ohkura M, Nakai J, Okada T, *Matsuzaki M

Pretreatment of donor islets with the Na+/Ca2+ exchanger inhibitor improves the efficiency of islet transplantation.
,Am J Transplantation,13:2154-2160 2013
Mera T, Itoh T, Kita S, Kodama S, Kojima D, Nishinakamura H, Okamoto K, Ohkura M, Nakai J, Iyoda T, Iwamoto T, Matsuda T, Baba A, Omori K, Ono J, Watarai H, Taniguchi M, *Yasunami Y

Principal component analysis of odor coding at the level of third-order olfactory neurons in Drosophila.
,Genes Cells,18:1070-1081 2013
Hiroi M, Ohkura M, Nakai J, Matsuda N, Hashimoto K, Inoue K, Fiala A, *Tabata T

Real-time visualization of neuronal activity during perception.
,Current Biology,23:307-311 2013
Muto A*, Ohkura M*, Abe G, Nakai J, Kawakami K

LIS1-dependent retrograde translocation of excitatory synapses in developing interneuron dendrites.
,Nature Communications,3:722:1-13 2012
Kawabata I, Kashiwagi Y, Obashi K, Ohkura M, Nakai J, Wynshaw-Boris A, Yanagawa Y, Okabe S.

線虫の3DタイムラプスCa2+イメージング
,文部科学省科学研究費補助金 新学術領域 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学 領域ニュース,3:17-18 2012
安藤恵子, 大倉正道, 中井淳一

香りの評価法の検討: バイオアッセイを用いた香り評価の試み
,アロマリサーチ,13:126-131 2012
中井淳一, 永村ゆう子, 大倉正道, 清宮はるな, 藤田孝, 松永祐, 長谷川登志夫, 安藤恵子

An improved genetically encoded red fluorescent Ca2+ indicator for optically evoked action potentials.
,PLoS One,7(e39933):1-7 2012
Ohkura M*, Sasaki T*, Kobayashi C, Ikegaya Y, Nakai J

Genetically encoded green fluorescent Ca2+ indicators with improved detectability for neuronal Ca2+ signals.
,PLoS One,7(e51286):1-10 2012
Ohkura M*, Sasaki T*, Sadakari J, Gengyo-Ando K, Kagawa-Nagamura Y, Kobayashi C, Ikegaya Y, Nakai J

ATP-induced inositol 1,4,5-triphosphate signaling in Schwann cells is required for myelination
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,115:69P 2011
Ino D, Kanemaru K, Okubo Y, Ishii K, Ohkura M, Iino M

Genetic visualization with an improved GCaMP calcium indicator reveals spatiotemporal activation of the spinal motor neurons in zebrafish
,Proc Natl Acad Sci USA,108:5425-5430 2011
Muto A, Ohkura M, Kotani T, Higashijima S-I, Nakai J, Kawakami K

Imaging of Ca2+ dynamics within the endoplasmic reticulum using a new fluorescent Ca2+ indicator
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,115:166P 2011
Suzuki J, Kanemaru K, Ishii K, Ohkura M, Iino M

In vivo calcium imaging of C. elegans body wall muscles with genetically encoded calcium probe G-CaMP
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,115:111P 2011
Nakai J, Gengyo-Ando K, Usami A, Ohkura M, Ikegaya Y, Matsuki N

Visualization of tissue-tissue interaction-triggered Ca2+ elevation for cell polarization during Xenopus gastrulation with improved GCaMP-type genetic Ca2+ probes
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,115:78P 2011
Ohkura M, Shindo A, Hara Y, Yamamoto T, Ueno N, Nakai J

Derived (mutated)-types of TRPV6 channels elicit greater Ca2+ influx into the cells than ancestral-types of TRPV6: evidence from Xenopus oocytes and mammalian cell expression system
,J Pharmacol Sci,114:281-291 2010
Sudo Y, Matsuo K, Tetsuo T, Tsutsumi S, Ohkura M, Nakai J, Uezono Y

In vivo Ca2+ imaging technology with GFP-based Ca2+ probes
日本薬理学会,J Pharmacol Sci Mtg Abst,112:45 2010
Ohkura M

Tissue-tissue interaction-triggered calcium elevation is required for cell polarization during Xenopus gastrulation.
Public Library of Science,PLoS One,5(2):e8897 2010
Shindo A, Hara Y, Yamamoto TS, Ohkura M, Nakai J, Ueno N

新しい蛍光Ca2+センサーG-CaMPを用いた生体Ca2+画像化
金原一郎記念医学医療振興財団,生体の科学,61(1):86-92 2010
大倉正道、中井淳一

Development of improved G-CaMP2-type genetic Ca2+ probe, which minimally enhances cardiac hypertrophic signaling
日本薬理学会,J Pharmacol Sci Mtg Abst,109:118 2009
Ohkura M, Norota I, Nakai J, Ishii K

Inhibitory effect of lomerizine, a prophylactic drug for migraines, on serotonin-induced contraction of the basilar artery.
Japanese Pharmacological Society,J Pharmacol Sci,111:221-225 2009
Ishii M, Kobayashi S, Ohkura M, Yamamoto R, Shimizu S, Kiuchi Y

Involvement of ARF1 in 5-hydroxytryptamine (5-HT)-induced internalization of the 5-HT2A receptor expressed in HEK293 cells
日本薬理学会,J Pharmacol Sci Mtg Abst,109:136 2009
Ohkura M, Norota I, Tanaka N, Yamamoto R, Ishii K

Mechanisms for internalization of KCNQ1 protein by receptor activation
日本薬理学会,J Pharmacol Sci Mtg Abst,109:44 2009
Ishii K, Okazaki M, Norota I, Yamazaki Y, Ohkura M

Rho-kinase, but not protein kinase C, is involved in generation of the spontaneous tone in the resting phase of the isolated pig iris sphincter muscle.
Informa Healthcare,Curr Eye Res,34(3):177-183 2009
Okano M, Uchikawa Y, Tanaka N, Mutoh J, Ohkura M, Hisa H, Yamamoto R

オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質GFPの発見とその後の展開
日本科学者会議,日本の科学者,44(5):248-255 2009
大倉正道

Both 5-hydroxytryptamine 5-HT2A and 5-HT1B receptors are involved in the vasoconstrictor response to 5-HT in the human isolated internal thoracic artery.
,Clin Exp Pharmacol Physiol,35:836-840 2008
Tanaka N, Nakamura E, Ohkura M, Kuwabara M, Yamashita A, Onitsuka T, Asada Y, Hisa H, Yamamoto R

Differential effects of alpha(1A) adrenoceptor activation on I-Ks due to their differential expression levels
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,106:86 2008
Yang Y, Ohkura M, Norota I, Ishii K

Involvement of the PY motif within KCNQ1 in the modulation of I-Ks by AT(1) receptor activation
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,106:86 2008
Ohkura M, Okazaki M, Norota I, Ishii K

Local subplasma membrane Ca2+ signals detected by a tethered Ca sensor (G-CaMP2)
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,106:97 2008
Nakai J, Ohkura M, Lee MY, Song H, Kotlikoff MI, Kinsey SP, Golovina VA, Blaustein MP

Rho-kinase, but not protein kinase C, contributes to generation of resting tension in the isolated pig iris sphincter muscle
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,106:118 2008
Okano M, Uchikawa Y, Tanaka N, Mutoh J, Ohkura M, Hisa H, Yamamoto R

5-Hydroxytriptamine 2A and 1B receptor-mediated contraction of isolated human internal thoracic artery
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,103:85 2007
Tanaka N, Ohkura M, Nakamura E, Kuwabara M, Asada Y, Hisa H, Yamamoto R

Imaging cellular Ca2+ signals in the heart in vivo
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,103:89 2007
Nakai J, Ohkura M, Imoto K, Tallini YN, Choi BR, Ji G, Doran R, Lee J, Plan P, Wilson J, Xin HB, Sanbe A, Gulick J, Mathai J, Robbins J, Salama G, Kotlikoff MI

Calcium imaging of neurons with an improved G-CaMP
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,100:102 2006
Nakai J, Ohkura M, Imoto K, Matsuzaki M, Kasai H, Reiff D

Imaging cellular signals in the heart in vivo: Cardiac expression of the high signal Ca2+ indicator GCaMP2.
,Proc Natl Acad Sci USA,103:4753-4758 2006
Tallini YN*, Ohkura M*, Choi B-R*, Ji G, Imoto K, Doran R, Lee J, Plan P, Wilson J, Xin H-B, Sanbe A, Gulick J, Mathai J, Robbins J, Salama G, Nakai J, Kotlikoff MI (*, Contributed equally to this work)

Local subplasma membrane Ca2+ signals detected by a tethered Ca2+ sensor.
,Proc Natl Acad Sci USA,103:13232-13237 2006
Lee MY, Song H, Nakai J, Ohkura M, Kotlikoff MI, Kinsey SP, Golovina VA, Blaustein MP

M-1, a major metabolite of sarpogrelate, has an inhibitory effect on not only 5-hydroxytryptamine (5-HT)2A but also 5-HT1B receptors-mediated vasoconstriction in isolated human radial artery and saphenous vein
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,100:68 2006
Tanaka N, Ohkura M, Nakamura E, Kuwabara M, Asada Y, Hisa H, Yamamoto R

Activation of cerebellar parallel fibers monitored in transgenic mice expressing a fluorescent calcium indicator protein.
,Eur J Neurosci,22:627-635 2005
Diez-Garcia J, Matsushita S, Mutoh H, Nakai J, Ohkura M, Yokoyama J, Dimitrov D, Knopfel T

Effects of sarpogrelate, an inhibitor of 5-hydroxytryptamine (5-HT)2A receptor, and M-1, a major metabolite of sarpogrelate, on the 5-HT-induced vasoconstriction in isolated human internal thoracic artery and radial artery
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,97:119 2005
Tanaka N, Ohkura M, Nakamura E, Kuwabara M, Asada Y, Hisa H, Yamamoto R

Genetically encoded bright Ca2+ probe applicable for dynamic Ca2+ imaging of dendritic spines.
,Anal Chem,77:5861-5869 2005
Ohkura M, Matsuzaki M, Kasai H, Imoto K, Nakai J

Insulin induces the internalization of the 5-HT2A receptor expressed in HEK293 cells.
,Eur J Pharmacol,518:18-21 2005
Ohkura M, Tanaka N, Kobayashi H, Wada A, Nakai J, Yamamoto R

Na+ pump alpha 1 and alpha 2 isoform targeting of Ca2+ reporter protein reveals spatially distinct sub-plasma membrane Ca2+ signals
,J Gen Physiol Mtg Abst,126:70A-71A 2005
Lee MY, Song H, Nakai J, Ohkura M, Kotlikoff MI, Blaustein MP

Relaxant effect of adrenomedullin on isolated bovine iris sphincter muscle under resting condition.
,Clin Exp Pharmacol Physiol,32:675-680 2005
Uchikawa Y, Okano M, Sawada A, Asada Y, Kobayashi H, Wada A, Nao-I N, Ohkura M, Tanaka N, Yamamoto R

Different responsiveness of adrenergic vasoconstriction among experimental animal models of hypertension
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,94:21 2004
Yamamoto R, Ohkura M, Ohsawa M, Hisa H

Near-membrane Ca2+ measurement with novel fluorochromes in arterial myocytes
,FASEB J Mtg Abst,18:A1240-A1240 2004
Cavalli M, Lee MY, Ohkura M, Song H, Zhang J, Kinsey SP, Nakai J, Kotlikoff MI, Blaustein MP

Visualization of cellular and subcellular [Ca2+] with an improved GFP-based Ca2+ probe, G-CaMP2
,J Pharmacol Sci Mtg Abst,94:118P 2004
Ohkura M, Imoto K, Nakai J

Probing calcium ions with biosensors.
,Biotechnol Genet Eng Rev,20:3-21 2003
Nakai J, Ohkura M

GFPを用いた蛍光カルシウムプローブG-CaMPの開発.
,比較生理生化学会誌,19:135-145 2002
中井淳一, 大倉正道

A high signal-to-noise Ca2+ probe composed of a single green fluorescent protein.
,Nature Biotechnol,19:137-141 2001
Nakai J, Ohkura M, Imoto K

A novel high signal-to-noise Ca2+ probe composed of a single green fluorescent protein.
,Biophys J Mtg Abst,80:168A-168A 2001
Nakai J, Ohkura M, Imoto K

Sorting signal sequence of triadin, an associated protein of ryanodine receptor Ca2+ release channel
,Biophys J Mtg Abst,78:430A-430A 2000
Ohkura M, Imoto K, Nakai J

A new scorpion toxin (BmK-PL) stimulates Ca2+-release channel activity of the skeletal-muscle ryanodine receptor by an indirect mechanism.
,Biochem J,339:343-350 1999
Kuniyasu A, Kawano S, Hirayama Y, Ji YH, Xu K, Ohkura M, Furukawa K-I, Ohizumi Y, Hiraoka M, Nakayama J

Direct regulation of skeletal muscle Ca2+ release channel ryanodine receptor by calsequestrin
,Biophys J Mtg Abst,76:A468-A468 1999
Ohkura M, Tripathy A, Meissner G

Identification of 30 kDa protein for Ca2+ releasing action of myotoxin a with a mechanism common to DIDS in skeletal muscle sarcoplasmic reticulum.
,Biochim Biophys Acta,1451:132-140 1999
Hirata Y, Nakahata N, Ohkura M, Ohizumi Y

Dual regulation of the skeletal muscle ryanodine receptor by triadin and calsequestrin.
,Biochemistry,37:12987-12993 1998
Ohkura M, Furukawa K-I, Fujimori H, Kuruma A, Kawano S, Hiraoka M, Kuniyasu A, Nakayama J, Ohizumi Y

Properties of specific binding site of myotoxin a, a powerful convulsant, in brain microsomes.
,Can J Physiol Pharmacol,46:395-400 1998
Katagiri C, Ishikawa H, Ohkura M, Nakagawasai O, Tadano T, Kisara K, Ohizumi Y

Regulation of the skeletal muscle ryanodine receptor by triadin and calsequestrin
,Naunyn-Schmiedebergs Arch Pharmacol Mtg Abst,358:R679-R679 1998
Furukawa K-I, Ohkura M, Fujimori H, Kuruma A, Nomura A, Kawano S, Hiraoka M, Kuniyasu A, Nakayama H, Ohizumi Y

Regulation of the skeletal muscle ryanodine receptor by triadin and calsequestrin
,FASEB J Mtg Abst,11:A968-A968 1997
Furukawa K-I, Ohkura M, Kuniyasu A, Nakayama H, Ohizumi Y

Characteristics of 45Ca2+ release induced by quinolidomicin A1, a 60-membered macrolide from skeletal muscle sarcoplasmic reticulum.
,Biochim Biophys Acta,1294:177-182 1996
Ohkura M, Miyashita Y, Kakubari M, Hayakawa Y, Seto H, Ohizumi Y

Properties of Ca++ release induced by puff adder lectin, a novel lectin from the snake Bitis arietans, in sarcoplasmic reticulum.
,J Pharmacol Exp Ther,277:1043-1048 1996
Ohkura M, Miyashita Y, Nikai T, Suzuki J, Komori Y, Sugihara H, Ohizumi Y

Calsequestrin is essential for the Ca2+ release induced by myotoxin a in skeletal muscle sarcoplasmic reticulum.
,Can J Physiol Pharmacol,73:1181-1185 1995
Ohkura M, Ide T, Furukawa K-I, Kawasaki T, Kasai M, Ohizumi Y

Primary structure of the lectin from the venom of Bitis arietans (puff-adder).
,Biol Pharm Bull,18:1620-1622 1995
Nikai T, Suzuki J, Komori Y, Ohkura M, Ohizumi Y, Sugihara H

The properties of specific binding site of 125I-radioiodinated myotoxin a, a novel Ca++ releasing agent, in skeletal muscle sarcoplasmic reticulum.
,J Pharmacol Exp Ther,273:934-939 1995
Ohkura M, Furukawa K-I, Oikawa K, Ohizumi Y

Ca2+ release induced by myotoxin a, a radio-labellable probe having novel Ca2+ release properties in sarcoplasmic reticulum.
,Br J Pharmacol,113:233-239 1994
Furukawa K-I, Funayama K, Ohkura M, Ohshima Y, Tu AT, Ohizumi Y

Calsequestrin is a major binding protein of myotoxin a and endogenous Ca2+ releaser in sarcoplasmic reticulum.
,Eur J Pharmacol (Rapid Commun),268:R1-R2 1994
Ohkura M, Furukawa K-I, Tu AT, Ohizumi Y

学会発表
意識下活動動物からの特定神経活動記録法の開発.
第93回日本生理学会大会 201603
山下哲, 犬束歩, Srikanta Chowdhury, 中井淳一, 大倉正道, 田口徹, 桑木共 之, 山中章弘

光刺激・計測によるマウス大脳皮質層間信号統合のin vivo解析.
第93回日本生理学会大会 201603
小泉協, 佐藤正晃, 大倉正道, 中井淳一, 林康紀, 八尾寛

2光子イメージング法での神経発火活動の検出に適した蛍光カルシウムプローブ蛋白質の比較検討.
第89回日本薬理学会年会 201603
大倉正道, Borbala Podor, Yi-ling Hu, Roger Croll, Alan Fine, 中井淳一

タンパク質型Ca2+インジケーターCEPIAを用いた細胞小器官Ca2+シグナルの可視化と機能解析.
第89回日本薬理学会年会 201603
鈴木純二, 金丸和典, 石井邦明, 大倉正道, 大久保洋平, 飯野正光

生体内光刺激・計測によるマウス大脳皮質層間信号統合の可視化.
生理研研究会「シナプス・神経ネットワークの機能ダイナミクス」 201512
小泉協, 佐藤正晃, 中井淳一, 大倉正道, 林康紀, 八尾寛

G-CaMP7発現マウス大脳皮質脳細胞活動の細胞-領野スケール長期イメージング実験解析法.
第38回日本分子生物学会年会 201512
茂木優貴, 安藤恵子, 沖篤志, 岩井陽一, 毛内拡, 平瀬肇, 大倉正道, 中井淳 一

Rational design of ultrafast, high-affinity calcium indicators for monitoring neuronal activity.
Neuroscience 2015 201510
Masatoshi Inoue, Atsuya Takeuchi, Shin-ichiro Horigane, Hajime Fujii, Satoshi Kamijo, Sayaka Takemoto-Kimura, Masamichi Ohkura, Keiko Gengyo-Ando, Masanobu Kano, Junichi Nakai, Kazuo Kitamura, and Haruhiko Bito

Rational design of a novel high-affinity, ultrafast, red calcium indicator R-CaMP2.
第58回日本神経化学大会 201509
Masatoshi Inoue, Atsuya Takeuchi, Shin-ichiro Horigane, Hajime Fujii, Satoshi Kamijo, Sayaka Takemoto-Kimura, Masamichi Ohkura, Keiko Gengyo-Ando, Masanobu Kano, Junichi Nakai, Kazuo Kitamura, Haruhiko Bito

Slow frequency modulation of hippocampal theta oscillations as a carrier for encoding in a spatialcued running task in rodents.
16th National Congress of the Spanish Society of Neuroscience 201509
Daniel Gomez-Dominguez, Kotaro Mizuta, François Laurent, Masaaki Sato, Takashi Takekawa, Masamichi Ohkura Junichi Nakai, Tomoki Fukai, Yasunori Hayashi, Liset Menendez de la Prida

生細胞イメージングに向けた抗CD3抗体結合CdSe/ZnS 量子ドットのエンドサイトーシスの検討.
第24回日本バイオイメージング学会学術集会 201509
宇高光, 福田武司, 鈴木美穂, 大倉正道, 中井淳一, 鎌田憲彦

Cortical top-down inputs for precise sensory perception in mice.
第38回日本神経科学大会シンポジウム 201507
Manita S, Suzuki T, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, Murayama M

Roles of zebrafish cerebellar neural circuitry in classical fear conditioning.
第38回日本神経科学大会 201507
Matsuda K, Yoshida M, Asakawa K, Ohkura M, Nakai J, Kawakami K, Hibi M, Shimizu T

Rational design of a novel high-affinity, ultrafast, red calcium indicator R-CaMP2.
第38回日本神経科学大会 201507
Inoue M, Takeuchi A, Horigane S, Ohkura M, Gengyo-Ando K, Fujii H, Kamijo S, Takemoto-Kimura S, Kano M, Nakai J, Kitamura K, Bito H

Selective representation of a valued place in hippocampal CA1.
第38回日本神経科学大会 201507
Mizuta K, Sato M, Sekine Y, Kawano M, Tanvir I, Masumoto T, Ohkura M, Nakai J, Hayashi Y

Real-time visualization of neuronal activity in zebrafish and C. elegans.
第38回日本神経科学大会シンポジウム 201507
Nakai J, Ohkura M, Kagawa-Nagamura Y, Muto A, Inoue M, Bito H, Kawakami K, Gengyo-Ando K

G-CaMP7を大脳皮質に発現するマウスを用いた神経活動のミクロマクロ解析法.
第132回日本薬理学会関東部会 201507
茂木優貴, 安藤恵子, 沖篤志, 岩井陽一, 毛内拡, 平瀬肇, 大倉正道, 中井淳 一

Structual and physiological analysis of neural circuit for swimming locomotion of the larva of Ciona intestinalis.
8th International Tunicate Meeting 201507
Takeo Horie, Masamichi Ohkura, Yasunori Sasakura, Takehiro G. Kusakabe, Junichi Nakai, Michael S. Levine, Masashi Nakagawa

Imaging intraorganellar Ca2+ at subcellular resolution using CEPIA.
New Biological Frontiers Illuminated by Molecular Sensors and Actuators 201506
Suzuki J, Kanemaru K, Ishii K, Ohkura M, Okubo Y, Iino M

G-CaMP開発の現状とイメージング技術への応用.
新学術領域研究「マイクロ精神病態」公募研究キックオフミーティング 201506
大倉正道, 中井淳一

タンパク質型Ca2+インジケーターCEPIAを用いた小胞体・ミトコンドリア内腔Ca2+動態の可視化と機能解析.
第88回日本薬理学会年会 201503
鈴木純二, 金丸和典, 石井邦明, 大倉正道, 大久保洋平, 飯野正光

高感度、超高速赤色カルシウムインディケーターの合理的設計による開発.
第88回日本薬理学会年会 201503
井上昌俊, 竹内敦也, 堀金慎一郎, 大倉正道, 安藤恵子, 藤井哉, 上條諭志, 竹本-木村さやか, 狩野方伸, 中井淳一, 喜多村和郎, 尾藤晴彦

海馬CA1における価値表現の選択的保持.
第92回日本生理学会大会 201503
水田恒太郎, 佐藤正晃, 関根友紀子, 河野真子, イスラムタンビル, 大倉正道, 中井淳一, 林康紀

マウス皮質において正確な知覚に必要なトップダウン制御のメカニズム.
第92回日本生理学会大会 201503
真仁田聡, 鈴木崇之, 本間千尋, 松元崇, 小田川摩耶, 山田一之, 太田桂輔, 松原智恵, 犬束歩, 佐藤正晃, 大倉正道, 山中章弘, 柳川右千夫, 中井淳一, 林康紀, Matthew E. Larkum, 村山正宜

高感度、超高速赤色カルシウムインディケーターの合理的設計による開発.
第92回日本生理学会大会 201503
井上昌俊, 竹内敦也, 堀金慎一郎, 大倉正道, 安藤恵子, 藤井哉, 上條諭志, 竹本-木村さやか, 狩野方伸, 中井淳一, 喜多村和郎, 尾藤晴彦

蛍光カルシウムタンパクG-CaMPによるin vivoカルシウムイメージング.
東京理科大学総合研究機構イメージングフロンティア研究部門 2014年度シンポジウム 201412
中井淳一, 大倉正道, 安藤恵子

A comparative study of the two-photon performance of GCaMPs and GECOs.
Neuroscience 2014 201411
Podor B, Zhao Y, Wu J, Hu Y, Ohkura M, Nakai J, Campbell R, Croll R, Fine A

Imaging deep-layer neuronal activity in mouse barrel cortex using 1040-nm excitation of a red fluorescent-protein calcium indicator.
Neuroscience 2014 201411
Carta S, Chen J, Voigt F, Schneider B, Ohkura M, Nakai J, Helmchen F

個体(線虫)レベルでの超多並列刺激応答モニターシステム
第37回日本分子生物学会年会 201411
藤泰一, 高橋尚也, 安藤恵子, 大倉正道, 中井淳一, 西垣功一

神経細胞内局所カルシウム動態の可視化を目指した高感度シナプスカルシウムプローブG-CaMP6-actinの応用.
第87回日本生化学会大会 201410
大倉正道, 小林千晃, 貞苅純子, 佐々木拓哉, 池谷裕二, 中井淳一

細胞触覚センサのための小型蛍光観察システムの開発.
第32回日本ロボット学会学術講演会 201409
民山浩輔, 清水正宏, 宮坂恒太, 小椋利彦, 中井淳一, 大倉正道, 細田耕

ホヤ幼生の遊泳運動神経回路の構造と生理機能の解析.
日本動物学会第85回大会 201409
堀江健生, 大倉正道, 日下部岳広, 中井淳一, 中川将司

大脳皮質におけるトップダウン回路の構造と機能.
第37回日本神経科学大会 201409
真仁田聡, 鈴木崇之, 本間千尋, 松元崇, 小田川摩耶, 山田一之, 太田桂輔, 松原智恵, 犬束歩, 佐藤正晃, 大倉正道, 山中章弘, 柳川右千夫, 中井淳一, 林康紀, Matthew E. Larkum, 村山正宜

Single-neuron operant conditioning by two-photon imaging induces reward-timing-dependent modulation in cortical microcircuit.
第37回日本神経科学大会 201409
Hira R, Ohkubo F, Masamizu Y, Ohkura M, Nakai J, Okada T, Matsuzaki M

Visualization of cerebral calcium dynamics by a transgenic mouse that express G-CaMP7 in neurons and glia.
第37回日本神経科学大会 201409
Monai H, Ohkura M, Tanaka M, Itohara S, Nakai J, Iwai Y, Hirase H

Ca2+イメージング.
第39回組織細胞化学講習会 201408
大倉正道

Imaging subcellular Ca2+ dynamics of neurons with a highly responsive genetically encoded Ca2+ indicator.
9th FENS Forum of Neuroscience 201407
Ohkura M, Kobayashi C, Sadakari J, Sasaki T, Ikegaya Y, Nakai J

Single-neuron operant conditioning by two-photon imaging induces reward-timing-dependent biderectional modulations in cortical microcircuit.
9th FENS Forum of Neuroscience 201407
Hira R, Ohkubo F, Masamizu Y, Ohkura M, Nakai J, Okada T, Matsuzaki M

Cerebral blood flow modulation by basal forebrain or whisker stimulation can occur independently of large cytosolic Ca2+ signaling in astrocytes.
9th FENS Forum of Neuroscience 201407
Oe Y, Ozawa K, Takata N, Nagai T, Konno A, Ohkura M, Hirai H, Nakai J, Mikoshiba K, Hirase H

改良型緑色蛍光カルシウムプローブ蛋白質G-CaMP7aを用いたゼブラフィッシュの視覚認知における神経活動の可視化.
,第87回日本薬理学会年会 201403
大倉正道,武藤彩,阿部玄武,川上浩一,中井淳一

2光子カルシウムイメージングを用いた単一オペラント条件付けにおける自発神経活動の報酬依存的な活動変化.
,第91回日本生理学会大会 201403
平理一郎,大久保文貴,正水芳人,大倉正道,中井淳一,岡田尚巳,松崎政紀

ホヤ幼生の遊泳運動神経回路の構造と生理機能に関する研究.
,第91回日本生理学会大会 201403
堀江健生,大倉正道,日下部岳広,中井淳一,中川将司

GECI overview.
,高等研プロジェクト「ゲノム工学とイメージングサイエンスに基づく生命システム研究の新展開」研究会 201402
Ohkura M, Nakai J

難治性てんかんの責任遺伝子Munc18-1変異の機能解析.
,第36回日本分子生物学会年会 201312
大澤明香音,安藤恵子,永村ゆう子,大倉正道,中井淳一

緑色蛍光タンパク質GFPを用いた高感度なカルシウムプローブの開発.
,日本化学会関東支部栃木地区講演会 201312
大倉正道

高性能な赤色蛍光カルシウムセンサー蛋白質.
,とちぎ光技術研究発表会 201311
大倉正道

Operant conditioning of single-neurons in mouse motor cortex by two-photon calcium imaging.
,Neuroscience 2013 201311
Hira R, Ohkubo F, Masamizu Y, Ohkura M, Nakai J, Okada T, Matsuzaki M

Hippocampal CA1 network dynamics during locomotion in virtual reality.
,Neuroscience 2013 201311
Sato M, Mizuta K, Kawano M, Takekawa T, Islam T, Yamakawa H, Yamaguchi Y, Fukai T, Ohkura M, Nakai J, Hayashi Y

自由運動中の線虫の光刺激とカルシウムイメージングを可能とするシステムの開発.
,第36回日本神経科学大会 201309
永村ゆう子,安藤恵子,大澤明香音,橋本浩一,大倉正道,中井淳一

高感度な改良G-CaMPカルシウムプローブを用いた樹状突起棘における発火閾値下のシナプス入力の可視化.
,第36回日本神経科学大会 201309
貞苅純子,大倉正道,佐々木拓哉,安藤恵子,永村ゆう子,小林千晃,池谷裕二,中井淳一

二次運動野からのトップダウン入力による体性感覚の制御.
,第36回日本神経科学大会 201309
真仁田聡,鈴木崇之,松元崇,本間千尋,山田一之,太田桂輔,小田川摩耶,松原智恵,大倉正道,佐藤正晃,中井淳一,林康紀,ラーカムマシュー,村山正宜

大脳新皮質第5層の皮質外投射ニューロンが構成する微小機能単位の機能解析.
,第36回日本神経科学大会 201309
丸岡久人,中川直,佐伯麻衣,松本直実,大倉正道,中井淳一,細谷俊彦

ゼブラフィッシュ嗅球における匂い地図の包括的解析.
,第36回日本神経科学大会 201309
小出哲也,脇阪紀子,宮坂信彦,大倉正道,中井淳一,吉原良浩

生体における海馬神経回路活動の可視化.
,第36回日本神経科学大会シンポジウム 201309
佐藤正晃,水田恒太郎,河野真子,竹川高志,イスラムタンビル,山川宏,山口陽子,深井朋樹,大倉正道,中井淳一,林康紀

Toward Living Tactile Sensors.
Biomimetic and Biohybrid Systems - Second International Conference,Living Machines 2013:409-411 201308
Minzan K, Shimizu M, Miyasaka K, Ogura T, Nakai J, Ohkura M, Hosoda K

タンパク質型Ca2+インジケーターによる小胞体内腔Ca2+動態の可視化と機能解析
,第86回日本薬理学会年会 201303
鈴木純二,金丸和典,石井邦明,大倉正道,飯野正光

高感度かつ高速応答性のG-CaMP型改良カルシウムプローブ蛋白質を用いた細胞単位およびシナプス単位での神経活動の可視化
,第86回日本薬理学会年会 201303
貞苅純子,大倉正道,佐々木拓哉,安藤恵子,永村ゆう子,小林千晃,池谷裕二,中井淳一

改良型赤色蛍光カルシウムプローブ蛋白質R-CaMP1.07を用いたchannelrhodopsin-2の光刺激による神経発火の可視化
,第86回日本薬理学会年会 201303
大倉正道,佐々木拓哉,小林千晃,池谷裕二,中井淳一

In vivoマウス脳における皮質間の相互連絡
,第90回日本生理学会大会 201303
真仁田聡,鈴木崇之,小田川摩耶,松原智恵,大倉正道,佐藤正晃,中井淳一,林康紀,M.E. Larkum,村山正宜

蛍光カルシウムプローブ蛋白質を用いたグリア―神経連関の可視化
,第86回日本薬理学会年会シンポジウム(招待講演) 201303
大倉正道

Development and neuronal application of G-CaMP-type genetically encoded Ca2+ indicators with high-sensitivity and high-responsivity.
,高等研プロジェクト「ゲノム工学とイメージングサイエンスに基づく生命システム研究の新展開」研究会(招待講演) 201302
Ohkura M, Nakai J

改良型G-CaMPを用いた自由運動中の線虫神経筋活動のCa2+イメージング
,第35回日本分子生物学会年会 201212
安藤恵子,宇佐美篤,永村ゆう子,大倉正道,池谷裕二,松木則夫,中井淳一

Development and application of G-CaMP-type genetically encoded Ca2+ indicators.
,2012 Fall Janelia Conference “Fluorescent Proteins and Biological Sensors Ⅲ”(招待講演) 201211
Ohkura M, Nakai J

二光子カルシウムイメージングのためのマウス仮想ナビゲーションシステム
,第35回日本神経科学大会 201209
佐藤正晃,イスラムタンビル,竹川高志,山川宏,河野真子,山口陽子,深井朋樹,大倉正道,中井淳一,林康紀

深層における特定のニューロナルサブタイプからのin vivoカルシウムイメージング
,第35回日本神経科学大会 201209
丸岡久人,中川直,佐伯麻衣,松本直実,大倉正道,中井淳一,細谷俊彦

生体Ca2+ imagingを用いた線虫運動出力系の調節機構の解明
,第35回日本神経科学大会シンポジウム 201209
安藤恵子,宇佐美篤,永村ゆう子,大倉正道,池谷裕二,松木則夫,中井淳一

生体での細胞活動を検出できる高性能蛍光Ca2+センサーの開発:G-CaMPからR-CaMPまで
,九州大学大学院薬学研究院 第1回創薬育薬産学官連携セミナー(招待講演) 201208
大倉正道

Probing activities of single neurons with an improved genetically encoded Ca2+ indicator.
,8th FENS Forum of Neuroscience 201207
Ohkura M, Sasaki T, Ikegaya Y, Nakai J

軸索・シュワン細胞間ATPシグナルを介したミエリン鞘形成機構
第85回日本薬理学会年会 201203
稲生大輔, 金丸和典, 大久保洋平, 石井邦明, 大倉正道, 飯野正光

カルシウムプローブ蛋白質によるゼブラフィッシュ脊髄運動神経の時空間活動の可視化
第85回日本薬理学会年会 201203
大倉正道,進藤麻子,原佑介,山本隆正,上野直人,中井淳一

タンパク質型Ca2+インジケーターによる小胞体内腔Ca2+動態の可視化と機能解析
第85回日本薬理学会年会 201203
鈴木純二, 金丸和典, 石井邦明, 大倉正道, 飯野正光

G-CaMPを用いた線虫体壁筋のin vivoカルシウムイメージング
,第84回日本薬理学会年会, 横浜 201103
中井淳一, 安藤恵子, 宇佐美篤, 大倉正道, 池谷裕二, 松木則夫

GCaMP型改良カルシウムプローブ蛋白質を用いたXenopus胚発生時のカルシウム動態の可視化
,第84回日本薬理学会年会, 横浜 201103
大倉正道, 進藤麻子, 原佑介, 山本隆正, 上野直人, 中井淳一

シュワン細胞におけるATP-イノシトール1,4,5-三リン酸シグナルを介したミエリン鞘形成機構
,第84回日本薬理学会年会, 横浜 201103
稲生大輔, 金丸和典, 大久保洋平, 石井邦明, 大倉正道, 飯野正光

In vivo記録データから神経回路を考える―マウス視覚野と線虫をめぐって
,立命館大学理工学研究所シンポジウム 感覚器と神経回路のサイエンス, 滋賀 201009
宇佐美篤, 安藤恵子, 大倉正道, 池谷裕二, 中井淳一, 松木則夫

新規蛍光Ca2+センサーG-CaMP4を用いた生体Ca2+の画像化
,次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 京都 201009
宇佐美篤, 安藤恵子, 大倉正道, 池谷裕二, 中井淳一, 松木則夫

GFPを用いた生体カルシウムイメージング技術
日本薬理学会,第83回日本薬理学会年会 201003
大倉正道

An improved genetically-encoded fluorescent Ca2+ probe that less affects calcineurin signaling.
The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences, Kyoto,IUPS 2009:238 200908
Ohkura M, Kitahara T, Norota I, Nakai J, Kubota I, Ishii K
July 27 - August 1, 2009 in Kyoto

心肥大シグナルを亢進させないG-CaMP2型改良カルシウムプローブ蛋白質の開発
日本薬理学会,第82回日本薬理学会年会 200903
大倉正道、野呂田郁夫、中井淳一、石井邦明

セロトニン誘発性5-HT2A受容体インターナリゼーションにおけるARF1の関与
第82回日本薬理学会年会, 横浜,J Pharmacol Sci,109:136 200903
大倉正道、野呂田郁夫、田中直子、山本隆一、石井邦明

AngiotensinⅡ誘発性internalizationにおけるKCNQ1のC末端ドメインの役割.
,トランスポーターワークショップIN鶴岡, 鶴岡 200811
大倉正道, 岡崎雅, 野呂田郁夫, 山崎良彦, 石井邦明

AT1受容体刺激によるIKsの修飾とKCNQ1のinternalizationの分子機序.
,第18回日本循環薬理学会, 千葉 200811
大倉正道, 岡崎雅, 野呂田郁夫, 山崎良彦, 石井邦明

心肥大誘発に関連するNFATプロモーター活性化におけるカルモジュリンの分子内責任部位の検討.
日本薬理学会,第59回日本薬理学会北部会, 仙台 200811
大倉正道, 野呂田郁夫, 石井邦明

In vivo Ca2+ imagingの現状
日本薬理学会,日本薬学会東北支部第7回生物化学若手研究者セミナー, 仙台 200809
大倉正道

AT1受容体活性化によるIKs修飾におけるKCNQ1のPYモチーフの関与.
日本薬理学会,第81回日本薬理学会年会, 横浜 200803
大倉正道, 田中直子, 山本隆一

AT1受容体活性化によるIKs修飾におけるKCNQ1の分子内必須部位の検討.
,トランスポーター研究会第1回東北部会, 仙台 200711
大倉正道, 岡崎雅, 野呂田郁夫, 石井邦明

AT1受容体刺激によるIKs修飾におけるKCNQ1のC末端の関与.
日本薬理学会,第17回日本循環薬理学会, 大阪 200711
大倉正道, 岡崎雅, 野呂田郁夫, 石井邦明

ニフェカラントのHERG電流抑制作用に対するアンジオテンシン受容体刺激の影響.
日本薬理学会,第58回日本薬理学会北部会, 札幌 200709
大倉正道, 船原徹士, 石井邦明

PI3Kは5-HT2A受容体の細胞膜発現を構成的に抑制している.
,日本薬学会第127年会, 富山 200703
大倉正道, 田中直子, 山本隆一

PI3Kは5-HT2A受容体の細胞膜への輸送を阻害する.
日本薬理学会,第59回日本薬理学会西南部会, 沖縄 200611
大倉正道, 田中直子, 山本隆一

HEK293細胞に共発現させたインスリン受容体および5-HT2A受容体のインスリン誘発性internalizationにおける異なるkinetics.
,日本薬学会第126年会, 仙台 200603
大倉正道, 田中直子, 中井淳一, 山本隆一

5-HT2A受容体およびインスリン受容体のinternalizationの各々のアゴニストによる相互調節.
日本薬理学会,第58回日本薬理学会西南部会, 長崎 200511
大倉正道, 田中直子, 中井淳一, 山本隆一

インスリンによる5-HT2A受容体の細胞膜発現調節の解析.
日本薬理学会,第57回日本薬理学会年会, 東京 200511
大倉正道, 田中直子, 小林英幸, 和田明彦, 中井淳一, 山本隆一

インスリンによる5-HT2A受容体の細胞膜発現調節.
日本薬理学会,第57回日本薬理学会西南部会, 福岡 200411
大倉正道, 田中直子, 小林英幸, 和田明彦, 中井淳一, 山本隆一

GFPを用いた改良型カルシウムプローブG-CaMP2による細胞内局所Ca2+の可視化.
日本薬理学会,第77回日本薬理学会年会, 大阪 200403
大倉正道, 井本敬二, 中井淳一

GFPを用いた蛍光カルシウムプローブであるG-CaMPの改良体の開発.
日本生化学会大会,第75回日本生化学会大会, 京都 200210
大倉正道, 井本敬二, 中井淳一

GFPを用いた蛍光カルシウムプローブであるG-CaMPの改良体の開発.
,生理学研究所バイオセンサー研究会, 岡崎 200205
大倉正道, 井本敬二, 中井淳一

リアノジンレセプター/カルシウム遊離チャネルの付随蛋白であるトライアジンのソーティングシグナル配列.
日本生化学会大会,第73回日本生化学会大会, 横浜 200010
大倉正道, 井本敬二, 中井淳一

Sorting signal sequence of triadin, an associated protein of ryanodine receptor/Ca2+ release channel.
,44th Annual Meeting of the Biophysical Society, New Orleans 200002
Ohkura M, Imoto K, Nakai J

骨格筋型および心筋型カルセクエストリンの骨格筋型リアノジンレセプター/カルシウム遊離チャネルに対する効果.
日本生化学会大会,第72回日本生化学会大会, 横浜 199910
大倉正道, Tripathy A, 山口直宏, Meissner G

Direct regulation of skeletal muscle Ca2+ release channel/ryanodine receptor by calsequestrin.
,43rd Annual Meeting of the Biophysical Society, Baltimore 199902
Ohkura M, Tripathy A, Meissner G

骨格筋リアノジン受容体のトライアジンとカルセクエストリンによる活性調節.
日本生化学会大会,第71回日本生化学会大会, 名古屋 199809
大倉正道, 古川賢一, 大泉康

蛇毒Puff adder lectinによる筋小胞体からのCa2+遊離作用の解析.
日本生化学会大会,第68回日本生化学会大会, 仙台 199509
大倉正道, 宮下陽介, 二改俊章, 鈴木淳子, 小森由美子, 杉原久義, 大泉康

Myotoxin a, a powerful Ca2+ releaser---its Ca2+ releasing action and binding protein.
,第39回山田カンファレンス, 東京 199404
大倉正道, 古川賢一, 船山佳織, Tu AT,大泉康

強力なCa2+遊離作用を示す蛇毒トキシンの骨格筋筋小胞体膜における特異的結合部位の同定.
日本生化学会大会,第66回日本生化学会大会, 東京 199310
大倉正道, 古川賢一, 大泉康

強力なCa2+遊離作用を示す蛇毒トキシンの骨格筋筋小胞体膜における特異的結合部位の解析.
日本生化学会大会,第65回日本生化学会大会, 福岡 199210
大倉正道, 古川賢一, 及川桂史、大泉康

その他
遺伝子コード型赤色蛍光Ca2+プローブR-CaMP1.07
,日本薬理学雑誌,141:175-175 2013
大倉正道, 中井淳一

タンパク質でできた高性能な蛍光カルシウムセンサー
,ケミカルエンジニヤリング,57:926-931 2012
大倉正道, 貞苅純子, 中井淳一

特許等知的財産

登録済特許
細胞膜蛋白質の局在部位と機能を同時に検出するための細胞処理方法
特定部位のアミノ酸を置換した緑色蛍光蛋白質またはそのホモログを用いたカ ルシウムセンサー蛋白質
特定部位のアミノ酸を置換した緑色蛍光蛋白質またはそのホモログを用いたカ ルシウムセンサー蛋白質

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2016-2017 , 赤色の新規シナプスクロライドプローブの開発 , 挑戦的萌芽研究
2016-2017 , 高感度カルシウムプローブを用いた神経局所温度―活動連関の研究 , 新学術領域研究 (公募研究)
2015-2016 , 高感度シナプスカルシウムプローブを用いたスパイン内代謝の病態進行の研究 , 新学術領域研究 (公募研究)
2014-2017 , 高感度カルシウムプローブを用いた習慣学習の神経回路メカニズムの研究 , 基盤研究(B)
2014-2015 , 抑制性のシナプス学習過程を検出可能な新規シナプスクロライドプローブの開発 , 挑戦的萌芽研究
2013-2014 , 高感度シナプスカルシウムプローブを用いたスパイン病態進行機構の研究 , 新学術領域研究 (公募研究)
2012-2013 , 小脳バーグマングリア微小突起によるシナプス修飾の維持・破綻に関する研究 , 新学術領域研究 (公募研究)
2010-2012 , セロトニン2A受容体を介するストレス応答性シナプス修飾機構の研究 , 基盤研究(C)
2007-2008 , インスリンによる細胞膜セロトニン2A受容体の発現制御機構の解析 , 若手研究(B)
1999-2001 , リアノジンレセプター/カルシウム遊離チャネルの分子制御機構の研究 , 特別研究員奨励費
1997-1998 , 筋小胞体カルシウム遊離チャネルの研究 , 海外特別研究員 滞在費・研究活動費
1995-1996 , 蛇毒マイオトキシンAを用いたカルシウム遊離の分子制御機構の解明 , 特別研究員奨励費

教育活動実績

授業等

2013 , 基礎生物学Ⅱ, 埼玉大学
2012 , 脳科学特論Ⅱ, 埼玉大学大学院
2011 , 脳科学特論Ⅰ, 埼玉大学大学院
2010- , , 分子神経薬理学特論, 埼玉大学大学院
2010- , , 細胞構造機能学, 埼玉大学
2008-2009 , , 基本的研究ストラテジー修得コース, 山形大学大学院, ~2009
2007-2009 , , 生体薬理学, 山形大学, ~2009
2007-2008 , , 研究室研修, 山形大学, ~2008
2006-2007 , , 生物学II, 九州保健福祉大学, ~2007
2006-2007 , , 薬学総合演習, 九州保健福祉大学, ~2007
2006-2007 , , 特別研究, 九州保健福祉大学, ~2007
2006 , , 機能形態学I, 九州保健福祉大学
2005-2007 , , 薬理学系実習, 九州保健福祉大学, ~2007
2005-2006 , , 眼薬理学II, 九州保健福祉大学, ~2006
2004-2007 , , 眼薬理学I, 九州保健福祉大学, ~2007
2004-2006 , , 細胞工学, 九州保健福祉大学, ~2006
2004 , , 眼薬理学, 九州保健福祉大学
2003-2005 , , 薬学基礎生物学I, 九州保健福祉大学, ~2005

社会活動実績

社会活動等

講演会
2014- , 埼玉大学脳末梢科学研究センターシンポジウム『脳と末梢の最先端研究』 , 事務局, シンポジスト
2009- , 第83回日本薬理学会年会シンポジウム『次世代の薬効評価系を目指した新しい光学技術』 , オーガナイザー(池谷裕二・大倉正道), シンポジスト

管理運営実績

管理運営実績

全学委員会・ワーキンググループ等
2010-2012 , 情報メディア基盤センター会議 , 委員
学部内委員会等
2014- , 脳末梢科学研究センター会議 , 委員
2011-2014 , 脳科学融合研究センター会議 , 委員