キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

佐藤 大 サトウ オオキ

所属部署名 理工学研究科 物質科学部門 電話番号
職名 講師 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス ohkisato@chem.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

理学部 基礎化学科合成化学

研究分野

有機化学

現在の研究課題

埼玉大学理学部に就任して以来,1)トロポノイドを核とする大環状化合物(トロポコロナンド)の合成およびその性質,2)非ベンゼン系芳香族キノン(アズレンキノン,p-プレイアジレンキノン)から誘導される電子受容体の合成,反応,性質の研究を行ってきた。1)については合成,金属イオン配位能(Heterocycles, 2000, 52; J. Chem. Res.(S), 1998)だけにとどまらず,不斉触媒,金属タンパク質モデル等に発展させたい。2)については,ターゲット化合物を合成し,それらの反応性を明らかにする(Heterocycles, 2001, 54; Chem. Lett., 2000: J. Chem. Res.(M), 1998 and J. Chem. Res.(S), 1998)と共に,有機伝導体への変換も検討していきたい。

所属学会

所属学会
日本化学会
有機合成化学協会

学歴

出身大学院・研究科等
1994 , 東北大学 , 博士後期 , 理学研究科
1991 , 東北大学 , 博士前期 , 理学研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1989 , 東北大学 , 理学部 , 卒業
取得学位
理学博士 , 東北大学 , シガトキシンの合成化学的研究

研究職歴等

研究職歴
1994 , 埼玉大学理学部助手
1993 - 1994 , 日本学術振興会特別研究員

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
Reactions of Thiazazulanone and Thiazazulathione with Dimethyl Malonate Derivatives
22nd International Congress for Heterocyclic Chemistry,Abstracts of 22nd International Congress for Heterocyclic Chemistry:165 2009
Ohki Sato, Nobuhiro Ando, Tatsuro Toma, Hiroshi Onuma and Juzo Nakayama

分子機械部品としてのデンドリマーおよびオリゴチオフェンの合成
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(6(平成19年度)) 200809
佐藤 大

光駆動型分子機械構築のための有機合成
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(5(18年度)):87-90 2007
佐藤 大,中山 重蔵
Organic Synthesis for Construction of Photodriven Molecular Machine

光駆動型超精密分子機械創製の合成化学的アプローチ
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(4(17年度)) 2006
佐藤 大
Synthetic approach to creation of photoresponsive molecular machine

含アミノ酸非ベンゼン系キラル配位子の設計・合成・不斉触媒能
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(3(16年度)) 2005
佐藤 大
Design and synthesis of nonbenzenoid chiral ligands having amino acid moieties and their ability as an asymmetric catalyst

Preparation of Azulenequinones Containing Azacrown Moreties and the Singular Complexation of Sodium or Potassium Cation by 3, 5-Bis(aza-18-crown-6)-1, 7-azulenequione in Solution. 
,Heterocycles,54:439 2001
O. Sato, J. Tsunetsugu et al.

Novel Non-benzenoid Electron Acceptors: Syntheses and Electron Acceptability of Tetracyanoazulenequinodimethanes and Dicyanoazulenequinonemethides(., ., 2000, 1078) 
,Chem. Lett(9):1078-1079 2000
O. Sato, J. Tsunetsugu et al

Syntheses of Tetraazabis(tropocoronand)s Containing Hydroxy Group(s)and Conformational Analysis of Their Nickel(Ⅱ)Complexes in Solution.
,Heterocycles,52:459 2000
O. Sato, J. Tsunetsugu et al.

Efficient Syntheses and the Nucleophilic Substitution of Dibromo- and Tribromo-azulenequinones:Differences in Reactibity between Five- and Seven-membered Ring Moieties.
,J. Chem. Res.(M):635 1998
O. Sato, J. Tsunetsugu et al.

Efficient Syntheses and the Nucleophilic Substitution of Dibromo- and Tribromo-azulenequinones:Differences in Reactibity between Five- and Seven-membered Ring Moieties.
,J. Chem. Res.(S):108 1998
O. Sato, J. Tsunetsugu et al.

Formation of Hydro-1, 3-diazines by the Reaction of Benzo[b]cyclohepta[e][1, 4]-oxazine with α,γ-Diamines. 
,J. Chem. Res.(S):568 1998
O. Sato, J. Tsunetsugu et al.

学会発表
含硫黄アズレン類から誘導される電子供与体の合成と性質
第36回有機典型元素化学討論会,第36回有機典型元素化学討論会要旨集:359-360 200912
青木雅美、坂井敦史、中山重蔵、佐藤大

Reactions of Thiazazulanone and Thiazazulathione with Dimethyl Malonate Derivatives
22nd International Congress for Heterocyclic Chemistry,22nd International Congress for Heterocyclic Chemistry, Abstract Book:165 200908
Ohki Sato, Nobuhiro Ando, Tatsuro Toma, Hiroshi Onuma, and Juzo Nakayama

教育活動実績

授業等

有機化学論文輪講(理学部)
合成・解析化学実験Ⅰ(理学部)
化学基礎実験Ⅰ,Ⅱ(理学部)
有機化学演習(理学部)