キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

神月 朋子 コウヅキ トモコ

所属部署名 教育学部 学部長付 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

研究分野

音楽学

所属学会

所属学会
日本音楽学会
美学会
アルバン・ベルク協会
洋楽文化史研究会
日本音楽表現学会

学歴

出身大学院・研究科等
東京藝術大学 , 修士 , 大学院音楽研究科 , 音楽学 , 修了
東京藝術大学 , 博士 , 大学院音楽研究科 , 音楽学 , 単位取得満期退学
出身学校・専攻等(大学院を除く)
東京藝術大学 , 音楽学部 , 楽理科 , 卒業
取得学位
博士(音楽学) , 東京芸術大学
音楽学修士 , 東京芸術大学
D.E.A.(音楽学) , パリ第八大学

研究職歴等

研究職歴
2004 , 埼玉大学教育学部准教授
1996 - 1998 , 日本学術振興会特別研究員
1995 - 1999 , 東京芸術大学ティーチング・アシスタント
1993 - 1995 , 東京芸術大学非常勤講師
留学歴
パリ第八大学第三課程前期 , (経団連奨学生)

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
身の回りの音を大事にしよう他
学事出版,音楽授業がぐ~んと盛り上がるお話のネタ80 201011
神月 朋子

音楽授業がぐ んと盛り上がるお話のネタ80
学事出版社:14 2010
八木正一、山田潤次、吉田孝、山中文、三国和子、川村由美、田中健次

ジェルジ・リゲティ論
春秋社 2003
神月 朋子

ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》他
音楽之友社,オペラの時代(クラシック音楽の20世紀5) 1993
神月(藤野) 朋子

音楽辞典
音楽之友社

論文
平尾貴四男によるフランス音楽受容――異文化理解と伝統の創造
,埼玉大学紀要,61(1) 2012
神月朋子

近代日本芸術音楽創造に対するフランス音楽受容の影響試論
,埼玉大学教育学部紀要(人文科学),60(2) 2011
神月朋子

池内友次郎のフランス音楽受容
埼玉大学教育学部,埼玉大学教育学部紀要(人文科学),59(1):155-162 2010
神月朋子

近代日本の芸術音楽とフランス音楽の関わりについての試論 1920年代の『音楽新潮』フランス音楽特集号を対象に
,埼玉大学教育学部紀要(人文科学),58(2):249-260 2009
神月朋子

昭和初期における洋楽の普及と創造 音楽雑誌の記事分析を通して
,埼玉大学教育学部紀要(人文科学),57(2):157-170 2008
神月朋子

世界音楽時代の20世紀芸術音楽に関する美学的研究 : 日本とヨーロッパを中心に
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(5(18年度)):316-317 2007
神月朋子

リゲティのチェロ協奏曲における実存的音楽空間
日本音楽学会,音楽学,48(1):15―30 2002
神月 朋子

B.A.ツィンマーマン研究――音楽における空間性の諸問題
日本音楽学会,音楽学,40(2):115-128 1995
神月 朋子

学会発表
平尾貴四男におけるフランス音楽受容――異文化理解と伝統の創造――
,日本音楽学会第62回全国大会(東京大学) 201111
神月 朋子

20世紀後半の現代音楽研究の方法をめぐって
日本音楽学会,日本音楽学会関東支部第306回例会(シンポジウム) 2003
神月 朋子

ジェルジ・リゲティのオペラ《ル・グラン・マカブル》(1974-77)における現象学的音楽空間
日本音楽学会,日本音楽学会第50回全国大会(東京藝術大学) 1999
神月 朋子

音楽における時間と空間――多元的音楽空間に向けて
音楽美学研究会,音楽美学研究会 1994
神月(藤野) 朋子

その他
ブーレーズ ありのままの声で(翻訳)
慶応大学出版会 201110
V.ピュシャラ

ジェルジ・リゲティ他
音楽之友社,新編 音楽中辞典 2002
神月 朋子

翻訳記事の出典
山田耕筰研究所,昭和初期の音楽評論雑誌:1-4 2001
神月 朋子

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2010-2012 , 近代日本人作曲家のフランス音楽受容に見る異文化理解と伝統の創造(基盤C)
2002-2002 , ジェルジ・リゲティ研究(研究成果公開促進費)
1996-1997 , 20世紀後半の現代音楽における空間性の問題(学振特別研究員DC2)
奨学寄付金
2010 , 近代日本人作曲家のフランス音楽受容に見る異文化理解と伝統の創造 , ロームミュージックファンデーション
2010 , 近代日本人作曲家のフランス音楽受容に見る異文化理解と伝統の創造 , 花王芸術・科学財団

教育活動実績

授業等

2017 , 前期 , 世界音楽の旅 A
2017 , 後期 , 世界音楽の旅 B