キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

伊藤 誠 イトウ マコト

所属部署名 教育学部 芸術講座 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス cyr01763@nifty.com
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学研究科

研究分野

音楽科教育
器楽(ヴァイオリン)
キーワード:音楽科教育 , ヴァイオリン指導法 , 古楽奏法 , 鑑賞授業 , 簡易伴奏 , 免許状後進講習 , 教科書教材 , 主要三和音 , アンサンブル活動

現在の研究課題

「ヴァイオリン指導の教育的可能性」を研究テーマとしている。楽譜の読み書きの技能や楽器演奏そのものよりも,児童生徒個々の“心の表現”を最優先させるという視点に立ち,ペンタトニック音列を利用したフォーメーションづくり,わらべうた教材を使用しグループ単位による創造的な表現活動をめざすことで,音楽科における感性の覚醒と練磨に向けてその具体的方策を追求している。演奏活動としては,1989年大学院同窓生によるグループ「レ・カマラード」を結成し,バロックから近現代の作品に至るまで幅広く研究している。近年はバロック・ヴァイオリンの奏法研究も,モダンと並行して進めている。

所属学会

所属学会
日本音楽教育学会
日本教育大学協会全国音楽部門大学部会
日本音楽学会
東京藝術大学音楽学部同声会埼玉支部
所属学会役員担当
2000 - 2002 , 日本教育大学協会全国音楽部門大学部会

学歴

出身大学院・研究科等
1983 , 東京芸術大学 , 修士 , 音楽研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1980 , 東京芸術大学 , 音楽学部 , 卒業
取得学位
芸術学修士 , 東京藝術大学 , 幼児のためのヴァイオリン指導法の研究-「ヴァイオリン英才教育法」の分析と評価-

研究職歴等

研究職歴
2004 , 埼玉大学教育学部教授
2003 - 2012 , 東京音楽大学音楽学部非常勤講師
1994 - 2004 , 浦和短期大学部福祉科非常勤講師
1989 - 1994 , 名古屋音楽大学講師
1985 - 1989 , 名古屋音楽大学助手
1984 - 2004 , 埼玉大学教育学部助教授
1984 - 1985 , 東京都大田区立大森第一中学校・同区立志茂田中学校非常勤講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
免許状更新講習における「ヴァイオリン実習」の試み —確かな奏法を修得するための基礎基本を求めて—
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(12):23-28 201303
伊藤 誠
Efforts at Violin Training in a Certification Extension Lecture Class: In search of fundamentals and basics for acquiring reliable performance methods ITO, Makoto Faculty of Education, Saitama University Abstract This paper discusses the results of and problems found in a teacher certification extension lecture class, based on a practice record (implemented on August 17, 2012). The title of the lecture class was “Let’s Learn the Violin!—Theoretical and Practical Approaches.” Class participants comprised 29 teachers in their 20s to 40s who teach at a variety of schools and have virtually no experience learning the violin. The main aims of the class were to encourage the participants to align pitch (and harmony), bowing, and use of the bow for each part as they listen to each other through ensemble activities, as well as to promote the enjoyment of playing a string instrument to the fullest. We used nine educational materials arranged by the author with beginners in mind, and while gradually increasing the difficulty, we provided instruction that required the participants to deepen their study of performance methods. Starting with producing pitches using pizzicato, and continuing with techniques such as controlling the bow by applying weight and transitioning from half-bowing (partial bowing) to full bowing, we drafted and executed an instructional plan comprising a total of 26 units. In the intervals between studying performance methods, we (1) provided explanations on various techniques included in each piece accompanied by violin performances by the author; (2) lectured about the differences in timbre and sound intensity between baroque violin and modern violin by listening to and comparing each; and (3) provided an explanation of the structure of the violin by using a disassembled violin as a visual aid. Many of the participants enjoyed ensemble playing and gradually became more acquainted with their instruments. It may be necessary to reconsider elements of the class for which detailed instruction was required; however, because the class time was limited to about six hours, we needed to move ahead rather quickly. Nevertheless, participants’ responses on an independent questionnaire survey showed that participants were highly satisfied with the class overall. Starting next year, we plan to make effective use of the practical experience gained during this class.
Violin, Method, Certification Extension Lecture, Fundamental, Material

楽曲構造の理解にせまる鑑賞授業の取り組み —附属小学校との協働による検証授業を通して—
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(11):95-101 201203
伊藤 誠、川上拓治、橋本慎也
An Approach to Music Appreciation Classes Focusing on Understanding of Musical Structure: Using a verification class with cooperation by an attached elementary school ITO, Makoto Faculty of Education, Saitama University KAWAKAMI, Takuji Elementary School, Attached to Saitama University HASHIMOTO, Shinya Elementary School, Attached to Saitama University Abstract On June 16 and June 21, 2011, we carried out a music appreciation verification class using Mozart’s Horn Concerto No. 1, First Movement with the cooperation of the elementary school attached to Saitama University. The same class content was used on both days (including class flow). Fourth-grade students participated on the 16th and fifth-grade students participated on the 21st. In adherence to the spirit of the revisions to the Teaching Guidelines, we had students listen for “Musical Structure” (B Appreciation (1) b) and Common Subject Matter A (a) Timbre and Melody and (b) Repetition and Variation, and asked them to discern the “beauty of the work of music” created through the workings of these elements. Then, we set the objective of the material to “Understand the characteristics of Horn Concerto No. 1, First Movement by grasping the musical structure while appreciating the mood of the piece.” Considering the effective use of visual materials, we planned and prepared the class while envisioning three stages of listening: (1) Feeling Stage (memory of main melodies); (2) Deepening Listening Stage (grasp of structural elements, hearing the timbres of the horn and violins); and (3) Appreciation Stage (grasp of the piece as a whole). This paper reveals a certain level of progress (learning retention rate) based on the results of learning worksheets collected at the end of the class, mainly regarding whether students were able to listen and pick up the main melodies, and whether they could explain how to listen to the piece of music.
Concerto, Appreciation instruction, Common subject matter, Verification class, Learning worksheets

質問紙調査「教科音楽の思い出・印象について」の分析と考察−他専修(音楽専修生を除く)学生の回答結果に着目してー
埼玉大学教育学部,埼玉大学紀要(教育学部),60(2):1-17 2011
伊藤 誠

ヴァイオリン合奏による演奏表現力の形成過程ー「弦楽器演習」のカリキュラム構築をめざしてー
日本音楽教育学会,音楽教育研究ジャーナル,36:1-11 2011
伊藤 誠

導入期ヴァイオリンのためのアンサンブル教材選択の視点ーS.Fletcher編纂による「Nre Tunes for Strings (Book 1)の特徴を手がかりに
東京音楽大学,研究紀要(東京音楽大学),35:25-37 2011
伊藤 誠

集団学習によるヴァイオリン奏法研究 —基本的テクニックの習得に向けて—
,季刊音楽文化の創造,57:32-36 2010
伊藤 誠

教員養成大学・学部におけるヴァイオリン指導の原理 —「弦楽器演習」の実践記録を手がかりに—
,埼玉大学紀要(教育学部),59(1):21-29 2010
伊藤 誠

教員養成における音楽的専門性の育成に関する研究 幼稚園教師への鍵盤楽器に関する聴き取り調査を通してー
埼玉大学教育学部,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,9:61-70 2009
伊藤誠、坂田直子

保育者養成における音楽的専門性の育成 幼稚園教師へのピアノ等鍵盤楽器に関する質問紙調査を手がかりにー
埼玉大学教育学部,埼玉大学紀要(教育学部),58(1):15-30 2009
坂田直子、山根直人、伊藤誠

音楽科教師に求められる実践的指導力―教員養成の充実と改善に向けて―
日本音楽教育学会,音楽教育実践ジャーナル,5(2):51-57 2008
伊藤誠

「鈴木鎮一バイオリン指導曲集」成立の背景 : Maia BangとElizabeth FyffeによるViolin Method の分析を通して
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,第5号(18年度):355-356 2007
The Backdrop of a Formation ? “Suzuki Violin School” (the complete set) : through the Analysis of Violin Method by Maia Bang and Elizabeth Fyffe

鈴木メソッドの成立と影響
開成出版,戦後音楽教育60年:257-266 2006
伊藤誠、河口道朗、山本文茂、楠瀬敏則、 音楽教育史学会編

器楽の導入と発展
開成出版,音楽教育史論叢―第III巻(上)音楽教育の内容と方法:144-152 2005
伊藤誠、岩崎洋一、井上正、垣内幸夫

鑑賞領域の内容―身体表現との連関性を求めて
日本教育図書センター,小学校音楽教育実践指導全集第1巻 低学年:62-71 2003

学校教育におけるヴァイオリン指導の可能性
音楽之友社,音楽教育の研究-理論と実践の統一をめざして-:144-152 1999

我が国の音楽教育の変遷-「音楽科」の時代(昭和後期を中心に)―
教育芸術社,音楽教育論-子供・音楽・授業・教師-:61-68 1997

音楽鑑賞における教育メディア開発
音楽之友社,音楽教育入門―基本理念の構築―:84-88 1995

演奏表現と姿勢―リコーダーの器楽指導に向けて―
音楽之友社,季刊音楽教育研究,36(2):140-151 1993

自己表現力を育成する授業の創造―ヴァイオリンによる即興表現を通して―
,名古屋音楽大学研究紀要,13:55-70 1993

集団学習における即興表現の教育的意義―わらべうた教材によるヴァイオリンの指導原理を求めて-
日本音楽教育学会,音楽教育学,22(2):3-14 1993
Educational Significance of the Improvisational Expression on the Group Learning -to seek the Guideing Principle of Violin with the Material "Nursery Rhyme"-, Bulletin of Japan Academic Society for Music Education

器楽指導の目的と内容―弦楽器指導の内容
ニチブン,SONARE音楽科教育実践講座(第4巻―楽器の楽しみ):189-198 1992

相互評価の教育的役割―合唱・合奏における相互評価―
音楽之友社,季刊音楽教育研究,33(3):77-85 1990

青少年の音楽行動とその背景
音楽之友社,季刊音楽教育研究,31(1) 1988

中山晋平と西尾小唄の成立
,名古屋音楽大学研究紀要,11:124-184 1988

ポピュラー音楽の教材化に向けて―中学生を対象に―
音楽之友社,季刊音楽教育研究,27(4):43-53 1984

学会発表
アンサンブル学習のためのヴァイオリン導入期教材の模索 —New Tunes for String (Book 1)の有効性
日本音楽教育学会第43回大会(東京音楽大学),伊藤 誠 201210
伊藤 誠

初心者のためのヴァイオリン奏法習得に向けての方法と手順 —2年間における授業実践記録に基づく成果と課題—
日本音楽教育学会第42回大会(奈良大会) 201110
伊藤 誠

教員養成系大学におけるヴァイオリン指導法の研究 初心者を対象としたアンサンブル活動を通してー
日本音楽教育学会第40回大会(広島大会) 200910
伊藤誠

その他
18th Century Dance Reconstruction: A Graded System of Learning Baroque Dances From the Original Notation
東京バロックダンス研究会 201206
Thomas Baird、浜中康子、伊藤 誠、小川絢子、森田彰子

研究業績(芸術系の活動、フィールドワーク等)

芸術活動・建築作品
バロックダンス・レッスン , 2013 - 2013
バロックダンス講習会 , 2013 - 2013
平成23年度 バロックダンス公開レッスン , 2013 - 2013
バロック時代の宮廷舞踏と音楽への誘い Part 2 , 2012 - 2012
第13回 音楽の贈りもの , 2012 - 2012
Thomas Baird 特別レッスン:バロック時代の宮廷舞踏と音楽への誘い Part 2 , 2012 - 2012
レ・カマラード第12回コンサート , 2012 - 2012
華麗なる宮廷舞踏 –フランスからウィーンへ- , 2012 - 2012
札幌バロックダンス研究会主催によるバロックダンス講習会 , 2012 - 2012
バロックダンス –レクチャー&コンサート , 2012 - 2012
Suzuki Method : Teachers’Convention(全国指導者研究会) , 2012 - 2012
バロックダンスへのご招待 vol.7 , 2012 - 2012
「ヴェルサイユの祝祭 V 」華麗なる宮廷舞踏 リュリからモーツァルトへ , 2008
「平成20年度 明治学園音楽鑑賞会 レ・カマラード コンサート」[明治学園主催]ガーシュウィン:サマータイム(オペラ<ポーギーとベス>より)、黒人霊歌:聖霊を感じるたびに、深い河 他(明治学園講堂) , 2008 - 2008
「レ・カマラード第10回コンサート」J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004ニ短調、ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」より(J.ハイフェッツ編曲)、バイ・シュトラウス、スワニー(両者とも新垣 隆:編曲)他(王子ホール) , 2008 - 2008
バロックダンス講座 , 2007
Tchaikovsky:くるみ割り人形より序曲、行進曲、コンペイ糖の踊り、トレパック、中国の踊り、花のワルツ , 2007
「バロックダンスへの誘い―より深い音楽表現のために― , 2007
「音楽でつながろう―信頼はあそんで感じて聴きあう中に―」 , 2007
Roberta Mameri soprano Recital , 2007
「音楽祭・オープニングコンサート」 , 2007
「ピアノ演奏研究会 特別講座」 , 2007
Concert for members of dance class , 2007
「ウィークエンドコンサート」[福井大学教育地域科学部音楽サブコース主催]J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータより“プレリュード”“ジーグ”“シャコンヌ”他(福井大学アカデミーホール) , 2007
「バロックダンス講習会 」 , 2007
レ・カマラード(Les Camarades)による弦楽鑑賞教室 , 2007
「バロックダンスへのご招待」 , 2007
「バロックダンスへの招待」 , 2007
「第8回 音楽の贈りもの」[埼玉大学教育学部音楽教育講座主催]チャイコフスキー:バレエ組曲『くるみ割り人形』op.71aより(彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール) , 2007 - 2007
「バロックダンス冬期講習会」 , 2006
「レ・カマラード/音楽鑑賞教室」 , 2006
「レ・カマラード第9回コンサート」 , 2006
「バロックダンス講習会」 , 2006
「バロックダンスと古楽器のための特別講習会」 , 2006
古楽セミナー講師陣によるコンサート~オープニングコンサート:ロココ時代のダンス<モーツァルトの舞曲> , 2006
バロックダンス講座 , 2006
Concert for members of dance class , 2006
「ウィークエンドコンサート」 , 2006
「ヴェルサイユの宮廷舞踏」 , 2006
「バロックダンスへのご招待」 , 2006
「バロックダンス講習会-ViolinとPianoの生演奏とともに-」 , 2006
「バロックダンス講座」 , 2006
「レ・カマラード/音楽鑑賞教室」 , 2006
「ヴェルサイユの祝祭 IV~フランスからドイツへ、バロックダンスからバレエへ~企画・運営 シュメルツァー:フェンシング指南、ヴィヴァルディ:ラ・フォリア他(浜離宮朝日ホール)」 , 2006
「Thomas Baird & Paige W. Bauguess による バロックダンス講習会」 , 2006
「音楽の贈りもの」 , 2005
「芸能鑑賞教室」レ・カマラード , 2005
バロック音楽の愉しみ V「ベルサイユ宮廷の舞踏と音楽」 , 2005
「第114回 異人館土曜コンサート~名曲をレ・カマラード風に~」[七幅商事主催]シューベルト:セレナーデ、アルディッロ:カタリ、ポンセ:エストレリータ他(屋島異人館) , 2005
「Thomas Baird バロックダンス講習会」 , 2005
「バロック時代の宮廷舞踏と音楽」 , 2005
Concert for members of dance class , 2005
「ウィークエンドコンサート」 , 2005
「レ・カマラード演奏会」 , 2005
「レ・カマラード/音楽鑑賞教室」 , 2005
「第4日曜コンサート ヴァイオリン音楽の愉しみ」 , 2005
バロックダンス講座 , 2005
バロック時代の宮廷舞踏 舞踏譜に舞曲のルーツを求めて , 2004
音楽の贈りもの , 2004
バロック、ドラマと天空のダンス , 2004
バロック舞曲研究 , 2004
レ・カマラード第8回コンサート , 2004
バロックダンス講習会 , 2004
第19回都留音楽祭・オープニングコンサート , 2004
バロック時代の宮廷舞踏と音楽 , 2004
7th Annual The East Coast Baroque Dance Workshop , 2004
バロックダンス講座 , 2004
バロック時代の宮廷舞踏・クラヴィーア音楽 , 2004
「華麗なる宮廷舞踏~ヴェルサイユを飾った踊り手たち」[日本経済新聞社,テレビマンユニオン主催]~企画・運営・演奏 モンテクレール:カンタータ「平和の帰還」より他(日経ホール) , 2004 - 2004
JPTA山陰支部設立10周年記念事業特別公開講座「バロック時代の宮廷舞踏と音楽」[(財)JPTA日本ピアノ教育連盟山陰主催]ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタRV12他(松江市総合文化センタープラバホール) , 2003 - 2003
「古楽器演奏会―ルネサンス、バロック時代の宮廷音楽と舞踏―」[日南市役所主催]マリーニ:キリストの誕生他(国際交流センター小村記念館) , 2002 - 2002
「音楽への扉シリーズ(第6回)~古楽・華やかな宮廷舞踏の世界」J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1043他(愛知芸術劇場コンサートホール・大ホール) , 2001 - 2001
「Baroque Dance and its Music」[27th Annual Stanford Baroque Dance Workshop by Music de-partment]コレルリ:スペインのフォリア他(Stanford University - Roble Dance Studio) , 2000 - 2000
「ヴェルサイユの祝祭Ⅱ」ルベル:舞踏の諸相、ラモー:オペラバレ「優雅なインドの国々」より他(カザルスホール)~企画・運営・演奏 , 1999 - 1999
「ハプスブルクの宮廷音楽と舞踏」[(財)宮崎県立芸術劇場主催]シュメルツァー:セレナータ・コン・アルトレ・アリエ他(宮崎県立美術館・アートフォーラム)~『華麗なるハプスブルク家5人の王妃の物語展』との共同企画事業 , 1998 - 1998
「バッハ・コレギウム・ジャパン第31回定期演奏会」J.S.バッハ:カンタータBWV61,63,132,143,172(紀尾井ホール/神戸・松蔭女子学院チャペル) , 1997 - 1997
「レストロ・アルモニコ東京の夕べ~フォルテピアノの名手、シュタイアーを迎えて」[第2回北とぴあ国際音楽祭参加]ボッケリーニ:シンフォニア「悪魔の家」他(さくらホール) , 1996 - 1996
「日本バッハ・モーツァルト・オーケストラ演奏会」モーツァルト:ベートーヴェン:交響曲第1番op.21他[栃木・蔵の街音楽祭主催](栃木市文化会館大ホール) , 1995 - 1995
「レ・カマラード第3回コンサート」ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」op.24,シュミットゼーダー:愛のギター他(ザ・コンサートホール/ならまちセンター/バリオホール) , 1994 - 1994
「第14回 名古屋音楽大学作曲学科教員・作品演奏会」小櫻秀爾:ヴァイオリン・ソナタ(電気文化会館 ザ・コンサートホール) , 1991 - 1991
「レ・カマラード第1回コンサート」サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ短調op.75,三ッ石潤司:3つのディヴェルティメント他(バリオホール) , 1989 - 1989
「名古屋音楽大学・教官演奏会」(名古屋音楽大学・C-101教室)ブラームス:ハンガリア舞曲第1番,ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番op.23他 , 1987 - 1987
「修士演奏会」シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番他(東京芸術大学第6ホール) , 1983 - 1983
「卒業生演奏会」ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調[東京藝術大学音楽学部同声会主催](虎ノ門ホール) , 1980 - 1980
フィールドワーク
歌声を届けよう!ーつぶてソング in 杉並ー , 2011 - 2011

研究諸活動

その他の研究諸活動
2012-2012 , 日本教育大学協会全国音楽部門大学部会関東地区総会 , 第2分科会の記録を担当 , 大学部会『会報』第37号に掲載された。
2012-2013 , 東京バロックダンス研究会音楽顧問 , 月例講習会においてヴァイオリン演奏(バロック時代の様々な舞曲)を行う。

教育活動実績

授業等

2012 , 前期 , 学校フィールドスタディB , 評価は、教員全員による。
2012 , 前期 , 音楽科指導法A
2012 , 後期 , 音楽科指導法C
2012 , 前期 , 音楽科指導法D
2012 , 前期 , 音楽科教育研究A
2012 , 前期 , 学校フィールドスタディB
教職入門
弦楽器演習
音楽科指導法演習A
基礎実習 I
音楽教育学演習A
音楽教育学特論AI
音楽教育学特論AII
学校教育総論B
文化と教育

論文指導

2012 , 卒業論文指導 指導学生数 計:2 , 修士論文指導 指導学生数 計:1 , 研究生指導 指導学生数 計:1

社会活動実績

社会活動等

出張講座
2013-2013 , バロックダンスの舞台 ヴェルサイユ -映像、音楽とともに- , レクチャーと演奏
講演会
2012-2012 , 東京芸術大学同声会埼玉支部コンサート , 運営委員
学外審議会・委員会
2012-2012 , 東京芸術大学同声会埼玉支部総会 , 運営委員
2012-2012 , 東京芸術大学同声会埼玉支部第5回運営委員会 , 運営委員

管理運営実績

管理運営実績

学部内委員会等
2012-2013 , 進路指導委員会 , 委員会主催の寄附講座、教育委員会派遣による教員採用対策セミナーの司会進行
2012-2013 , 人事委員会 , 委員