キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

大友 秀明 オオトモ ヒデアキ

所属部署名 教育学部 社会講座 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス BRA00427@nifty.com
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

埼玉大学大学院教育学研究科
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科

研究分野

社会科教育学
教育方法学
ドイツ社会認識教育論

現在の研究課題

 ドイツにおける社会認識教育・政治教育の基本構造と思想の究明が一貫した研究テーマである。  この問題に関しては,『社会科教育研究』(日本社会科教育学会)45・57号(1981・1987)、『社会科教育論叢』(全国社会科教育学会)40集(1993)、秋田大学教育学部紀要、埼玉大学教育学部紀要等で明らかにしてきた。その成果を『現代ドイツ政治・社会学習論』(東信堂)にまとめた。  その後、ドイツの学力問題やカリキュラムのスタンダード化などについて考察を進めている。また、社会科実践研究として、環境問題などの「社会問題」を中核に捉えたカリキュラムの在り方(平成11年度科研費報告書)、「社会参加」の教育(平成11年度科研費報告書)、地域社会学習プログラムの開発(平成8年度科研費報告書)、総合的な学習の構想(平成13-15年度科研費)、「文化学習」の開発と実践(平成17-19年度科研費)、「文化学習」を中核とした政治教育(平成23-25年度科研費)について取り上げてきたが、今後は、シティズンシップ教育について,社会科教師や市民団体と協働した研究を展開・発展させる。

所属学会

所属学会
日本社会科教育学会
日本公民教育学会
全国社会科教育学会
所属学会役員担当
2017 - 2019 , 全国社会科教育学会 , 理事
2016 , 日本社会科教育学会 , 副会長

学歴

出身大学院・研究科等
1983 , 筑波大学 , 博士 , 教育学研究科 , 教育学 , 単位取得満期退学
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1978 , 東京教育大学 , 教育学部 , 教育学科 , 卒業
取得学位
教育学修士 , 筑波大学 , 「現代西ドイツにおける初等社会科教育」

受賞学術賞

2009 , 教育研究賞

研究職歴等

研究職歴
2014 - 2017 , 埼玉大学教育学部附属幼稚園長(併任)
2004 , 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科教授(兼職)
2004 , 埼玉大学教育学部教授
1993 - 2004 , 埼玉大学教育学部助教授
1988 - 1993 , 秋田大学教育学部助教授
1985 - 1988 , 秋田大学教育学部講師
1983 - 1985 , 埼玉純真女子短期大学講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
『社会を創る市民の教育ー協働によるシティズンシップ教育の実践ー』
東信堂 201612
大友秀明・桐谷正信編著

『新 社会科教育の世界』
梓出版社 201104
森茂岳雄・大友秀明・桐谷正信編著

『現代ドイツ政治・社会学習論‐「事実教授」の展開過程の分析‐』(単著)
東信堂 2005
大友秀明

『社会科教育の基底―生涯学習としての教育実践』
梓出版社 2001
大友秀明・田村均編著

『社会科教育の世界―歴史・理論・実践』
梓出版社 2000
森茂岳雄・大友秀明編著

論文
協働による幼稚園の環境整備の意義
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(16号):57~60 2017
大友秀明

社会科の授業と教材―長岡・有田論争―
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(15号):47~51頁 2016
大友秀明

シティズンシップ教育としての法教育の実践と課題ー模擬裁判の授業ー
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(13号):1-7 2014
大友秀明・二瓶剛

社会科教育における「文化学習」の意義と可能性
,埼玉大学紀要(教育学部)渋谷治美教授退職記念特集,第63巻(第1号別冊1):253-266 2014
大友秀明

シティズンシップ教育としての「世界文化遺産学習」の可能性
,埼玉社会科教育研究(19号):8-24 201303
大友秀明・埼玉大学教育学部社会科教育研究室

社会参画を促すシティズンシップ教育の構想と展開
,埼玉大教育学部附属教育実践総合センター紀要(11):63-70 201203
大友秀明・清水利浩

ドイツ の社会系授業づくり(全国社会科教育学会編『社会科教育実践ハンドブック』
明治図書:221-224 201110
大友秀明

戦後日本の社会科における政治教育の諸相(その1)
埼玉大学教育学部,埼玉大学紀要教育学部(白井宏明教授退職記念特集),59(1):29-41 2010
大友秀明

ドイツの公民教育(日本公民教育学会編『公民教育事典』、236-239頁)
第一学習社 200906

シティズンシップ教育と社会参画
帝国書院,『階』(9) 200903

学力論の相克1:「PISAショック」とドイツの政治教育(坂井俊樹他編『社会科教育の再構築をめざして―新しい市民教育の実践と学力―』、50-63頁)
東京学芸大学出版会 200903

シティズンシップ教育の意義と可能性
埼玉大学教育学部,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(7):197-211 2008
大友 秀明,大久保 正弘,原口 和徳
Meaning and possibility of citizenship education

ドイツにおける社会系教科カリキュラムと「教科横断的学習」(森田武教授退官記念会編『近世・近代日本社会の展開と社会諸科学の現在』、545-572頁)
新泉社 200706

市民社会組織との協働によるシティズンシップ教育の実践 : 桶川市立加納中学校の選択教科「社会」の事例
埼玉大学教育学部,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要(6):115-138 2007
大友 秀明,桐谷 正信,西尾 真治,埼玉ローカル・マニフェス卜/シティズンシップ教育研究会
Practice of the citizenship education by collaboration with the civil society organizations: a case of the elective subject "social studies" in Okegawa Kanou Junior Highschool

子どもの社会意識の変化と社会科の課題(日本社会科教育学会出版プロジェクト編『新時代を拓く社会科の挑戦』、8-19頁)
第一学習社 2006

ドイツ基礎学校における政治教育のカリキュラム構成
,埼玉大学紀要教育学部(人文・社会科学),53(1):1-12 2004

ドイツ基礎学校における「政治的・社会的学習」の基本理念
日本公民教育学会,『公民教育研究』(10) 2003
On the fundamental Idea of Political and Social Learning in German Elementary School, The Japanese Association forCivic Education

ドイツにおける総合的学習の展開(早稲田大学公民教育研究会編『共生と社会参加の教育』,43-51頁)
清水書院 2001

社会の変化に対応する教育一環境教育を中心に(天野正治・結城忠・別府昭郎編『ドイツの教育』,178-187頁)
東信堂 1998

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2016-2018 , 情報リテラシーを育む政治教育の構想と展開 , 基盤研究(C)
2011-2014 , 「文化学習」を中核とした政治教育・シティズンシップ教育の構想と実践 , 基盤研究(C)
2005-2007 , グローバル社会における「文化学習」のカリキュラム開発と授業実践 , 基盤研究(C)
2001-2003 , 「伝統生活文化」を中核とした総合的学習の構想と展開 , 基盤研究(C)
1998-1999 , 「現代の社会問題」を中核とした総合的学習の構想 , 基盤研究(C)
1995-1996 , 生涯学習体制における地域社会学習プログラムの開発に関する研究 , 基盤研究(C)
1987-1988 , 西ドイツにおける「合科教授」に関する理論的・実証的研究 , 奨励研究(A)
科学研究費補助金(研究分担者)
1998-1999 , 中学校高等学校における「政治的・社会的参加」の教育に関する教科教育的研究 , 基盤研究(C)
1994-1995 , 環境学習を事例とした総合的学習のカリキュラム構想 , 一般研究(C)