キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

権 純哲・권 순철 クォン スン チョル

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス kwon@mail.・・・
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教養学部 教養学科日本・アジア文化専修課程

研究分野

韓国思想史
東アジア近代思想
儒教思想

現在の研究課題

儒教を支配イデオロギ-に採択していた朝鮮時代の思想史研究を専門にしており、そのなかでも茶山丁若鏞の経学研究が今までの研究の中心をなしている。また、韓国思想の研究史整理と並行して取り組んだ近代日本の朝鮮研究の実態調査以来、近代日本・中国・韓国の西洋学術受容、植民地朝鮮の学術事情について調査研究を行っている。

所属学会

所属学会
中国社会文化学会
朝鮮史研究会
日本思想史学会
韓国日本思想史学会

学歴

出身大学院・研究科等
1993.1 , 東京大学 , 博士 , 人文科学研究科 , 中国哲学
1987.2 , 高麗大学校大学院 , 博士 , 哲学科 , 東洋哲学 , 単位取得満期退学
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1981.9 , 高麗大学校 , 文科大学 , 哲学科 , 卒業
取得学位
博士(文学) , 東京大学 , 博士論文「茶山丁若鏞の経学思想研究」
文学修士 , 高麗大学校 , 修士論文「金時習の実践哲学の理論的基礎」

研究職歴等

研究職歴
2002 , 埼玉大学教養学部教授
1995 - 2002 , 埼玉大学教養学部助教授
1994 - 1995 , 山口大学教養部助教授
1993 - 1994 , 山口大学教養部講師
1984 - 1986 , 江原大学校人文社会科学大学助教

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
〔増訂〕高橋亨の朝鮮儒学研究における異学派:京城帝大講義ノートを読む
,埼玉大学紀要(教養学部),50(1):55‐88 2014
権純哲

茶山丁若鏞の礼学と朝鮮社会
,「礼楽」文化:東アジアの教養(小島康敬編)、ペリカン社:202-252 2013
権純哲

幸徳秋水述『廿世紀之怪物帝国主義』の韓国語訳について
,埼玉大学紀要(教養学部),49(1):73-113 2013
権純哲

대한제국에 프랑스 혁명이 어떻게 소개되었나 --- 대한제국의 번역서, 그 원전을 찾아서(大韓帝国にフランス革命がどのように紹介されたか―大韓帝国の翻訳書、その原典を探して)
,근대서지(近代書誌),8:557-593 2013
権純哲

大韓帝国期の「国家学」書籍におけるブルンチュウリ・梁啓超・有賀長雄の影響
,埼玉大学紀要(教養学部),48(1):73-113 2012
権純哲

卞榮晩訳『世界三大怪物』と『二十世紀之大惨劇帝国主義』について ― 大韓帝国知識人の帝国主義理解の一端
,埼玉大学紀要(教養学部),48(2):59-121 2012
権純哲

大韓帝国期の「国家学」関係書籍について
,埼玉大学紀要(教養学部),47(2):157-199 2012
権純哲

ソンビ概念の生成- 韓国思想史の一齣
,埼玉大学紀要(教養学部),47(1):99-119 2011
権純哲

日本の思想課題として『韓国併合』 『韓国併合』百年ノート
,埼玉大学紀要(教養学部),46(2):113-131 2011
権純哲

茶山丁若 の礼学と朝鮮社会
,世界と相通じる慶北正体性国際フォーラム:245-264 2011
権純哲

林泰輔の「朝鮮史」研究の内容と意義
埼玉大学教養学部,埼玉大学紀要(教養学部),45(2):49-105 2010
権純哲

林泰輔の『朝鮮史』の玄采訳著『東国史略』研究
,埼玉大学紀要(教養学部),46(1):113-131 2010
権純哲

林泰輔の「朝鮮史」研究
埼玉大学教養学部,埼玉大学紀要(教養学部),44(2):1-26 2009
権純哲

松田甲の「日鮮」文化交流史研究
埼玉大学教養学部,埼玉大学紀要, 教養学部,44(1):55-89 2008
権純哲

退渓哲学研究の植民地近代性 : 韓国思想史再考Ⅱ
埼玉大学大学院文化科学研究科,日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要,3:59-98 200603
権純哲

朝鮮儒学史における『大学衍義』と『大学衍義補』の意義 ―李珥の『聖学輯要』と柳馨遠の『磻渓隋録』と関連して―
埼玉大学教養学部,埼玉大学紀要, 教養学部,42(1):23-39 2006
権純哲

韓国思想史における「実学」の植民地近代性 : 韓国思想史再考I
埼玉大学大学院文化科学研究科,日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要,2 2005
権純哲

退渓哲学原型の誕生と植民地的近代性―近代日本の退渓研究―(韓国語)
,伝統と現代(22) 2002

再び「実学」を考える-その近代的性格と関連して-(韓国語)
,伝統と現代(11):196-233 2000

茶山丁若鏞の人間論-彼の「性」・「心」解釈を中心にして-
,埼玉大学教養学部紀要,34(1):63-94 1998

高橋亨の朝鮮思想史研究
,埼玉大学教養学部紀要,33(1):73-111 1997

「礼訟」の経学的分析-茶山の「正体伝重辨」を手掛かりにして-
,山口大学教養部紀要,27:1-33 1993

茶山丁若鏞における経学と経世思想-彼の井田制論を中心に-
,中国哲学研究(5):1-33 1993

学会発表
茶山の礼学と朝鮮社会
ICU国際シンポジウム「東アジアにおける礼と樂」 201111
権純哲

その他
植民地期の「日鮮」文化交流史研究 : 松田甲の『日鮮史話』をがかりにして
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(5(18年度)):223-223 2007
権純哲

朝鮮総督府機関紙『朝鮮』の哲学思想関係記事の分析(課題番号09610042)
,科学研究費補助金基盤研究C(2)研究成果報告書,平成9年度-平成10年度:1-49 200003
権純哲

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
平成16年-平成16年 , 植民地末期朝鮮知識人の国家観・国民観に関する研究-『国民文学』を手がかりにして- , 萌芽的研究

教育活動実績

授業等

H21 , 東アジア文化基礎演習 , 教養学部
H21 , 韓国文化概説 , 教養学部
H21 , 韓国文化研究法 , 教養学部
H21 , 韓国文化原典講義 , 教養学部
H21 , 韓国文化演習Ⅰ , 教養学部
H21 , 韓国文化演習Ⅱ , 教養学部
H21 , 韓国語Ⅰ(文化事情) , 教養教育