キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

小口 千明 オグチ チアキ

所属部署名 理工学研究科 環境科学・社会基盤部門 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス ogchiaki[a]mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学部・理科専修・地学専攻

研究分野

岩石風化論
地形学
自然災害科学
地理学
地球・資源システム工学 地球・資源システム工学 地球・資源システム工学
自然地理学
地形材料学
キーワード:風化 , 岩石物性 , 地形学

現在の研究課題

歴史的人類遺産に使用された石材の物性の研究
キーワード:岩石物性 , 石造建築物 , 石材 , 2009 - 2011
年、宇都宮市域で見られる大谷石石材の地場産業復活の動きなど、石材を利用した地域開発の動きがある。しかし、地元の石材の利点が強調される一方で、劣化が早いなどの不都合な事項については伏せられる傾向がある。したがって、石材の特徴を科学的に明らかにする必要がある。日本の石材の特徴については、これまでも地球科学の分野で研究例があるが、岩石学的特徴に偏った記載が多い。一方、石材の長期にわたる耐久性を評価するためには、風化に関する特徴を調べる必要がある。 本研究では、学際研究とも言われる風化研究を自然地理学の分野から発信することを視野に入れ、世界遺産級の石造建造物で使用されている石材や、考古遺跡における基盤岩の特徴の評価を、風化機構と風化速度に注目して行う。その際には、近年の技術革新によって利用可能となった手法を取り入れることにより、単なる岩石学的特徴の記述にとどまらず、岩石物性論に関する知見を得ることを目指す。とくに、石材の耐久性に関する資質評価を、特に風化過程と風化速度に注目して行う。また、複数の種類の石材を対象とすることにより、比較を通じた一般論の構築を目指す。
岩石土壌材料における塩害に関する研究
キーワード:岩石 , 土壌 , 塩害 , 2006 - 2008
本研究は、地圏材料における塩類析出から塩類風化にいたる一連の現象を体系化し、種々の塩害対策を講じる際に必要な基礎情報の提供することを目的としている。塩類析出の際の環境条件と塩類溶液物性との関係と、塩類析出時に発生する応力と岩石物性との関係の双方を評価して進める必要がある。 平成20年度は、(1) 野外調査と、(2) 風化実験を中心として研究を行った。(1) 野外調査では、埼玉県にある国指定史跡の吉見百穴を対象とし、12箇所の観測サイトを設けて塩類析出にともなう岩盤表面の平均削剥速度を求めた。観測サイトの大気温度・湿度などの環境条件の相違が塩類鉱物の種類および塩類析出がもたらす岩盤削剥速度の違いをもたらしていることが明らかになった。また、ランス大聖堂(フランス)において、風化状況を精査した。(2) 風化実験では、岩型として石灰岩、大谷石、砂岩、結晶片岩、モルタルを、塩溶液として最も大きなダメージを与えると言われている硫酸ナトリウム溶液を用い、溶液の濃度と温度を変えた実験を行った。併せて、岩石物性(一軸圧縮強度、圧裂引張強度、かさ密度、真密度、間隙率、間隙径分布、鉱物種など)について詳細に調べ、同程度の強度を持つ岩石であっても、間隙径分布の相違により劣化しやすい岩石とそうでないものとがあることを明らかにした。
地圏材料の風化に関する研究
キーワード:岩石 , 風化 , 石造建築物
地圏材料(岩石、土壌、レンガなど)の長期変化を、野外調査と室内試験により調べている。たとえば、岩石が風化・劣化していく現象にはきわめて長い期間を要するが、これを常にモニタリングして調べることは容易ではない。しかし、生成年代や建設年代が既知の岩石や石像建築物などを対象とすることにより、長期間にわたる岩石の性質の変化を調べることが可能となる。このような地圏材料に対して、鉱物学的・化学的・物理的・力学的性質などの性質を、様々な分析手法を用いて調べて比較検討することにより、岩石の諸性質の変化速度(風化速度)を研究している。
塩類風化における岩石物性の影響
キーワード:塩類風化 , 岩石物性
水-岩石相互作用からみた地盤汚染・地下水汚染
キーワード:水-岩石相互作用
長期間の岩石物性変化としての風化速度
キーワード:風化速度 , 岩石物性変化 , 長期

所属学会

所属学会
日本地球惑星科学連合
日本地理学会
日本地形学連合
地盤工学会
日本粘土学会
日本火山学会
日本洞窟学会
日本土壌肥料学会
資源・素材学会

学歴

取得学位
博士(理学) , 筑波大学
修士(理学) , 筑波大学

受賞学術賞

2000 , 筑波学都資金財団 教育研究特別表彰

研究職歴等

研究職歴
2004/06 , 埼玉大学地圏科学研究センター(准教授)
2001/01 - 2004/05 , 国際農林水産業研究センター(科学技術特別研究員)
1999/04 - 2001/12 , 筑波大学地球科学系(助手)
1997/06 - 1999/03 , 学振・特別研究員PD(筑波大学)

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
営力と大地形 「ギャオ(アルマンナ・ギャオ、アイスランド)」
帝国書院 ,地理・地図資料(2008年特別号):1枚目 2008
小口千明

営力と大地形 「楯状地(ギアナ高地、ベネズエラ)」
帝国書院,地理・地図資料(2008年特別号):2枚目 2008
小口千明

第135回農林交流センターワークショップ「固体試料分析の基礎」 比表面積測定
農林交流センター・国際農林水産業研究センター:519-526 2008
小口千明・松下章・八田珠郎

論文
Effects of Rock Properties on Salt Weathering of Oya-tuff
Geological Society of London,Geological Society of London, special publication,333:59-62 2010
Oguchi, C.T.and Yuasa, H.

Evaluation of sulfate resistance of Portland and high alumina cement mortars using hardness test.
Elsevier,Construction and Building Materials,24:1020-1026 2010
Thidar Aye, Oguchi C. T. and Takaya Y.

Geochemical Forms & Mobility of Heavy Metals in Alluvial Sediments of Arakawa Lowlands, Japan
,Japan Geosciences Union Meeting 2010 2010
Kumari, K.G.I.D., Oguchi, C. T., Hachinohe, S. and Ishiyama, T.

High acidic sulphate salt production on the cave wall in the Yoshimi Hyaku-Ana Historic Site, central Japan.
Carpathian Balkan Geological Association,Proceedings of the XIX Carpathian Balkan Geological Association, Special Volume,100:413-419 2010
Oguchi, C. T., Takaya, Y., Yamazaki, M., Ohnishi, R., Thidar Aye and Hatta T.

Is sodium sulfate invariably effective in destroying any type of rock?
,Natural Stone Resources for Monuments, Geological Society of London, special publication,333:43-58 2010
Swe Yu and Oguchi, C. T.

Laboratory experiments on bacterial weathering of granite and its constituent minerals.
Gomorphologie: relief, processus, environment,Groupe Francais de Geomorphologie,4:327-336 2010
Wonsuh, S., Ogawa, N., Oguchi, C. T., Hatta, T. and Matsukura, Y.

Role of pore size distribution in salt uptake, damage, and predicting salt susceptibility of eight types of Japanese building stones.
Elsevier,Engineering Geology,115 doi:10(3/4):226-236 2010
Swe Yu .and Oguchi, C.T.

石灰岩の海水への溶解特性に及ぼす塩分濃度およびCO2ガスの影響に関する基礎実験.
日本地形学連合,地形,31:283-299 2010
高屋康彦, 小口千明

Complex relationships between salt type and rock properties in a durability experiment of multiple salt-rock treatments.
John Wiley & Sons,Earth Surface Processes and Landforms,34(15):2096-2110 2009
Swe Yu and Oguchi, C. T.

Complex relationships between salt type and rock properties in a durability experiment of multiple salt-rock treatments.
John Wiley & Sons,Earth Surface Processes and Landforms,34(15):2096-2110 2009
Swe Yu and Oguchi, C. T.

Development of Geo-database system with the perspective of Environmental Scientific use and its application.
Japanese Geotechnical Society,Geo-Informatics and Zoning for Hazard Mapping (GIZ2009) 2009
Hachinohe, S, Ishiyama, T.Sasaka K., Ishihara, T., Sugai, T.Kumari, K.G.I.D.and Oguchi C.T.

Role of micropores on freeze-thaw weathering of building stones.
,International Symposium on engineering, Energy, and Environment 2009
Osawa, Y.and Oguchi, C.T.

Strength reduction and surface alteration of mortars during Wetting/drying experiment using seawater and sulfate solution.
,International Symposium on engineering, Energy, and Environment 2009
Oguchi, C.T., Sekiguchi, A., Thidar A., Takaya, Y.and Hatta, T.

The importance of cement type on the durability of mortars exposed to sodium sulfate attack.
Japan Society of Civil Engineers,JSCE summer symposium 2009
Thidar Aye and Oguchi, C.T.

Vertical distribution of heavy metals in alluvial sediments of Arakawa lowland, Saitama prefecture (Japan).
Asian Development Bank,ADB paper 2009
Kumari, K.G.I.D., Oguchi C.T., Hachinohe, S.and Ishiyama, T.

海水によるモルタルの変質に関する実験的研究 ―表面の二次生成物について―素材
資源・素材学会,Journal of MMIJ (旧 資源と素材),125(9):489-495 2009
高屋康彦, 中山丈士, 小口千明, 八田珠郎

Paleohydrological implications of late Quaternary fluvial deposits in and around archaeological sites in Syria
,Geomorphology,101:33-43 2008
Oguchi, T., Hori, K. and Oguchi, C. T.

Effect of Bacillus subtilis on granite weathering: A laboratory experiment
,Catena,70:275-281 2007
Song, W., Ogawa, N., Oguchi, C.T., Hatta, T. and Matsukura, Y.

Application of weathering susceptibility index to salt damage on a brick monument
,Heritage, Weathering and Conservation, Fort, A. B., Gomez, H. and Vazquez, C. (eds), Taylor & Francis Group, London,:217-227 2006
Oguchi, C. T., Matsukura, Y., Shimada, H. and Kuchitsu, N.

Quarternary bedrock erosion and landscape evolution in the Sor Rondane Mountains, East Antarctica: Reevaluating rates and processes
,Geomorphology,81:408-420 2006
Matsuoka, N., Tomachot, C., Oguchi, C. T. Hatta, T., Abe, M. and Matsuzaki, H.

Salt damage to brick kiln walls in Japan: spatial and seasonal variation of efflorescence and moisture content
,Bulletin of Engineering Geology and the Environment,63:167-176 2005
Matsukura, Y., Oguchi, C.T. and Kuchitsu, N.

大谷石採掘場跡地における岩盤崩落-宇都宮市大谷町坂本地区における1989年陥没の安定解析
,地形,26:423-437 2005
青木久、佐々木智也、小口千明、松倉公憲

A porosity-related diffusion model of weathering-rind development
,Catena,58:65-75 2004
Oguchi, C.T.

Late Quaternary rapid talus dissection and debris-flow deposition on an alluvial fan in Syria
,Catena,55:125-140 2004
Oguchi, T. and Oguchi, C.T.

地球表層環境条件における粘土圏の役割―熱帯半乾燥地域における有機-粘土複合体形成の例
,粘土科学,43:116-119 2004
八田珠郎・小口千明・根本清子・坂上潤一

Effect of microstructure and weathering on the strength anisotropy of porous rhyolite
,Engineering Geology,63:39-47 2002
Matsukura, Y., Hashizume, K. and Oguchi, C.T.

Environmental and seasonal influences on the spatial distribution of salt efflorescence and weathering on brick kiln walls
,Transactions, Japanese Geomorphological Union ,23:335-348 2002
Oguchi, C.T., Matsukura, Y. and Kuchitsu, N.

Formation of weathering rinds on andesite
,Earth Surface Processes and Landform,26:847-858 2001
Oguchi, C.T.

Effect of porosity on the increase in weathering-rind thickness of andesite gravel
,Engineering Geology,55:77-89 1999
Oguchi, C.T. and Matsukura, Y.

Microstructural influence on strength reduction of porous rhyolite during weathering
,Zeit. Geomorph., N.F., Suppl. Bd.,119:91-103 1999
Oguchi, C. T. and Matsukura

Weathering rates over 40,000 years based on the changes in rock properties of porous rhyolite
,Physics and Chemistry of the Earth, Part A ,24:861-870 1999
Oguchi, C.T., Hatta, T. and Matsukura, Y.

学会発表
Coal Characterization and the predicted environmental influence due to mining on Tavantolgoi Coal Mine in Mongolia.
International Symposium on Environmental Management, Nakorn Nayok (Thailand),iSEM2008 (CD-rom) 200809
Oguchi, C. T., Damdindorj, D. and Takaya, Y.

Experimental study on surface alteration of limestone and mortar attacked by seawater
International Symposium on Environmental Management, Nakorn Nayok (Thailand),iSEM2008 (CD-rom) 200809
Takaya, Y. Aoki, T. Nakayama, T. and Oguchi, C. T.

海水によるモルタルの表面変質に関する実験的研究
2008年第52回粘土科学討論会,2008年第52回粘土科学討論会稿集 (CD-rom) 200809
高屋康彦・中山丈士・小口千明・八田珠郎

GIS による基礎調査と含有鉱物調査からみたモンゴル・タバントルゴイ炭鉱開発に伴う環境劣化予測
日本地球惑星科学連合2008年合同大会,JpGU2008 (CD-rom) 200805
小口千明・ダンディンドルジ デジデマ

海水によるモルタルの表面変質に関する一実験
日本地球惑星科学連合2008年合同大会,JpGU2008 (CD-rom) 200805
高屋康彦, 中山丈士, 小口千明, 八田珠郎

史跡吉見百穴の温湿度環境に伴う塩類風化に関する研究
日本地球惑星科学連合2008年合同大会,JpGU2008 (CD-rom) 200805
小口千明, 大西亮平, Thidar Aye, 高屋康彦, Swe Yu

Is sodium sulfate always the most effective salt in destroying any type of rock?
Europearn Geosciences Union, General Assembly 2008, Vienna (Austria),EGU2008 (CD-rom) 200804
Swe Yu and Oguchi, C.T.

Study in salt weathering on concrete: field observation and experiment
Europearn Geosciences Union, General Assembly 2008, Vienna (Austria),EGU2008 (CD-rom) 200804
Oguchi, C.T. and Yamada, T.

教育活動実績

授業等

21 , 地圏科学(工学部)
21 , 地学演習
21 , 地学実験(教育学部)
21 , 地形プロセス学特論(E)(理工学研究科)
21 , 地球科学a