キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

澤崎 俊之 サワザキ トシユキ

所属部署名 教育学部 心理・教育実践学講座 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学研究科
保健センター

研究分野

学校臨床心理学
カウンセリング

現在の研究課題

現在の研究テーマは開発的・予防的カウンセリングのひとつとしてのアサーション・トレーニングの学校教育への導入に関する研究である。「自分も相手も大切にするコミュニケーション-アサーション・トレーニングの活用-」では実践例をもとに,外部のトレーナーと担任教師との連携の重要性を示した。「心理教育とは何か」では,広く心理教育を概観し,その立脚点,目標,未来について論じた。今後は,現場教員との協働等により,教育相談・カウンセリングが教育現場に根付く実践や研究を追求していきたい。

所属学会

所属学会
日本教育心理学会
日本心理臨床学会
日本カウンセリング学会
大学メンタルヘルス研究会

学歴

出身大学院・研究科等
1989 , 東京大学 , 博士 , 教育学研究科
1984 , 東京大学 , 修士 , 教育学研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1981 , 一橋大学 , 経済学部 , 卒業
取得学位
教育学修士 , 東京大学 , 「学童期における目標設定の発達」

研究職歴等

研究職歴
1994 , 埼玉大学教育学部助教授
1993 - 1994 , 埼玉工業大学工学部教授
1990 - 1993 , 埼玉工業大学工学部講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
新臨床心理学
八千代出版:87-101 200404
橋口英俊、滝口俊子 他

児童期の課題と支援
新曜社:124-129 200303
近藤邦夫、西林克彦、村瀬嘉代子、三浦香苗他

教師のためのアサーション
金子書房:13-28 200210
園田雅代、中釜洋子、沢崎俊之他

学校臨床そして生きる場への援助
日本評論社:253-275 200206
沢崎俊之、中釜洋子、斎藤憲司、高田治他

心の健康と適応
福村出版:165-178 199205
大貫敬一、佐々木正宏他

学級集団の理論と実践
福村出版:225-238 199110
稲越孝雄、岩垣摂、根本橘夫他

論文
児童虐待予防
全国地域活動連絡協議会,母親クラブによる"地域の安全・安心対策と児童虐待予防"事業報告書:63-89 2010
沢崎俊之

自己効力に関する研究の動向と問題
日本教育心理学会,教育心理学研究,36(2):172-184 2010
竹綱誠一郎、鎌原雅彦、沢崎俊之

続アサーション・人権の話(1)-(6)
兵庫県教育研修所,兵庫教育(兵庫県教育委員会),58(1,3,5,7,9,11):68-69 2010
沢崎俊之

虐待防止システム
全国地域活動連絡協議会,母親クラブによる"地域の安全システム"モデル事業報告書 :38-47 200903
沢崎俊之

怒っちゃいけない、なんて誰が言ったの!? パット・パルマー『怒ろう』より
金子書房,児童心理(9) 2009
沢崎俊之

どうして話が聞けなくなったの?
PHP研究所,別冊PHP(10):26-28 2008
沢崎俊之

なぜ、子どもにアサーションが必要なのか
金子書房,児童心理,62(7):11-15 2008
沢崎俊之

教師支援プログラムとしてのアサーション・トレーニングの開発とその評価方法の探求
,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,第5号(18年度):339-340 2007
Development and Evaluation of Assertion Training Program for Teachers

子どもにかたるアサーション・人権の話(1)-(4)
兵庫県教育研修所,兵庫教育(兵庫県教育委員会),56(3,5,7,9) 2004
沢崎俊之

心の健康とその育成 アサーションの観点から
さいたま市立教育研究所,教育さいたま(さいたま市教育委員会)(11):4-7 2004
沢崎俊之

ある小学校でのアサーショントレーニングの試みとその意義
,埼玉大学紀要教育学部(教育科学),521:81-89 2003
沢崎俊之、山口明代

非行臨床 教育臨床の立場からー
日本評論社,こころの科学,102:36-40 2002
沢崎俊之

心理教育とは何か
,埼玉県立総合教育センター,555:6-9 2001
沢崎俊之

成長・変容を支えるさまざまな心理技法Ⅰ-カウンセリングの基本的な考え方-
新曜社,児童期の課題と支援:124-129 2000
近藤邦夫他編

青少年非行の現状と課題
,埼玉県自治研究会:20-23 2000
沢崎俊之

中学・高校学校のカウンセリングルームにおけるアサーショントレーニング
,東京大学大学院教育学研究科附属学校臨床総合研究センター相談援助部門:47-50 2000
堀田香織、沢崎俊之

自分も相手も大切にするコミュニケーション アサーショントレーニングの活用
金子書房,児童心理,5313:50-54 1999
沢崎俊之

「つきあい」をめんどくさがる子
金子書房,児童心理,5214:16-21 1998
沢崎俊之

不登校問題に対する「親の学級」の意味
,埼玉大学紀要教育学部(教育科学),461:15-28 1997
岡本哲夫、沢崎俊之他

「学級のきまり」の機能 「教師からの儀式化」の観点から
,安田生命社会事業団研究助成論文集:105-107 1995
吉村真理子、沢崎俊之

児童の善悪判断の発達
,千葉大学教育学部研究紀要,42:1-19 1994
田中純夫、沢崎俊之他

善悪判断を変容させる条件 ”言い訳”と”より高い善”をめざす逸脱
,千葉大学教育学部研究紀要,42:1-24 1992
安香宏、沢崎俊之他

学校の実践・教師の実践(2) 登校拒否児への教師の関わり
,東京大学教育学部心理教育相談室紀要,12:47-54 1990
沢崎俊之、近藤邦夫他

Kちゃんの母親との面接
,東京大学教育学部心理教育相談室紀要,11:3-18 1989
沢崎俊之

学校の実践・教師の実践(1) チック症状を示す小学生(女子)に対する担任教師の実践
,東京大学教育学部心理教育相談室紀要,11:83-92 1989
沢崎俊之、近藤邦夫他

教師ー児童関係と児童の適応
,東京大学教育学部紀要,28:103-142 1989
近藤邦夫、沢崎俊之他

スキー実習の遂行に対する遂行期待および目標設定の効果
,東京大学教育学部紀要,27:271-278 1988
沢崎俊之、鎌原雅彦

娘のチック症状のことで来談した母親との面接
,東京大学教育学部心理教育相談室紀要,10:15-28 1988
沢崎俊之

ある幼児吃音児とのプレイセラピイ
,東京大学教育学部心理教育相談室紀要,9:3-17 1987
沢崎俊之

教育活動実績

授業等

臨床心理学概論Ⅰ , 教育学部
臨床心理学概論Ⅱ , 教育学部
心理相談演習 , 教育学部
心理学演習Ⅰ , 教育学部
臨床心理学特論Ⅰ , 大学院
臨床心理学特論Ⅱ , 大学院