キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

是枝 晋 コレエダ シン

所属部署名 科学分析支援センター 電話番号
職名 講師 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス koreshin@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://www.phy.saitama-u.ac.jp/~ohnishi/

プロフィール

研究分野

植物生理・分子

現在の研究課題

光合成の炭素代謝
キーワード:多肉植物型酸代謝 , 代謝産物輸送 , 1991 - 2027
学位論文では分子遺伝学手法を用い,下等真核生物・アカパンカビの形態形成と信号伝達物質であるcAMPとの関わりを明らかにした(Jpn. J. Genet. 66 : 77-83. 1991, Jpn. J. Genet. 66 : 317-334. 1991)。近年,多肉植物に特有の有機酸代謝(CAM)が水ストレスによって誘導されるアイスプラントの葉緑体に,CAM化にともなって光依存的ピルビン酸能動輸送活性(Plant Cell Physiol. 37 : 257-262. 1996)及びグルコース6リン酸輸送活性(Plant Cell Physiol. 38 : 895-901. 1997)が誘導されることを見いだした。1999-2001年,植物の水ストレス耐性機構を解明することを目的として,米国ネバダ大学のJ. Cushman教授と共同でアイスプラントのESTライブラリーとそのデータベースを構築した(Plant Physiol. Biochem. 39 : 1-17. 2001, Gene 341: 83-92. 2004)。アイスプラントのプラスチド型リン酸輸送体ファミリーのタンパク質をコードするcDNAを4つ単離し、CAM化に伴う発現調節の違いを明らかにした (Funct. Plant Biol. 32: 451-466. 2005)。 今後,このような高等植物の炭素代謝経路の調節機構を,分子遺伝学的手法も取り入れて明らかにしていきたい。

所属学会

所属学会
日本植物生理学会
日本植物学会

学歴

出身大学院・研究科等
1991 , 東京大学 , 博士 , 理学系研究科
1988 , 東京大学 , 修士 , 理学系研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1986 , 筑波大学 , 第二学群 , 卒業
取得学位
理学博士 , 東京大学
理学修士

研究職歴等

研究職歴以外の職歴
2005/09/01 , 埼玉大学総合研究機構分析化学支援センター講師
1991/04/01 , 埼玉大学理学部助手
留学歴
2000/07/01 - 2001/05/31 , ネバダ大学リノ校
1999/07/01 - 2000/06/30 , オクラホマ州立大学

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
ゲノムサイエンスと遺伝子研究
,生物科学,54(4):229-237 2003
朝井計、日原由香子、太田にじ、是枝晋、定家義人

論文
通性CAM植物アイスプラントの水ストレス応答に必要な転写調節領域の決定
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,6 (平成19年度) 200809
是枝晋

通性CAM植物アイスプラントの乾燥耐性獲得に伴う葉緑体輸送体の発現制御
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,5 (18年度):695-696 2007
是枝晋
Differential Expression of Plastidic Translocators during Drought Tolerance Acquisition in a Facultative CAM Plant, Mesembryanthemum crystallinum.

通性CAM植物アイスプラントの乾燥耐性獲得に伴う葉緑体機能の転換の分子機構
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,4 (17年度) 2006
是枝晋
Molecular mechanism for the conversion of chloroplast functions during CAM induction in ice plant

CAM植物・プラスチド型リン酸輸送体遺伝子の発見調節機構
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,16年度 2005
是枝晋
Transcriptional regulation mechanism of plastidic phosphate translocators in a CAM plant

Transcriptional profiles of organellar metabolite transporters during induction of crassulacean acid metabolism in Mesembryanthemum crystallinum
Csiro Publishing,Functional plant biology,32(5):451-466 2005
Kore-eda S., Noake C., Ohishi M., Ohnishi J., and Cushman J. C.

Transcript profiling of salinity stress responses by large-scale expressed sequence tag analysis in Mesembryanthemum crystallinum
Elsevier,Gene,341:83-92 2004
Kore-eda S., Cushman M. A., Akselrod I., Bufford D., Fredrickson M., Clark E., and Cushman J. C.

A genomics approach towards salt stress tolerance
,Plant Physiol Biochem,39:1-17 2001
Bohnert H. J., Ayoubi P., Borchert C., Bressan R. A., Burnap R. L., Cushman J. C., Cushman M. A., Deyholos M., Fischer R., Galbraith D. W., Hasegawa P. M., Jenks M., Kawasaki S., Koiwa H., Kore-eda S., Lee B. -H., Michalowski, C. B., Misawa E., Nomura M., Ozturk N., Postier B., Prade R., Song C.-P.,Tanaka Y., Wang H. and Zhu J. -K.

Genes that are uniquely stress-regulated in salt overly senseitive (sos) mutants
,Plant Physiol,126:363-375 2001
Gong Z., Koiwa H., Cushman M. A., Ray A., Bufford D., Kore-eda S., Matsumoto T., Zhu J., Cushman J., Bressan R. and Hasegawa M.

Induction of glucose 6-phosphate transport activity in chloroplasts of Mesembryanthmum crystallinum by the C3-CAM transition
,Plant Cell Physiol,38:895-901 1997
Kore-eda, S. and Kanai, R.

Induction of light dependent pyruvate transport into chloroplasts of Mesembryanthemum crystallinum by salt stress
,Plant Cell Physiol,37:257-262 1996
Kore-eda, S., Yamashita, T. and Kanai, R.

学会発表
アイスプラントのCAM化に伴い誘導されるプロモーター領域の機能解析
日本植物学会,日本植物学会第74回大会研究発表記録:159 201009
Muhammad abul kalam Azad, 北原 英明, 森田 邦男, 大西 純一, 是枝 晋

アイスプラントのCAM化に伴い誘導されるプロモーターの活性制御
第1回光合成学会 201006
Muhammad Abul Kalam Azad、森田邦男、大西純一、是枝晋

Isolation of Plolyubiquitin Gene Promoter from Mesembryanthemum crystallinum and Its Expression Analysis by Transient Assay
日本植物生理学会,第51回日本植物生理学会年会要旨集:317 201003
Azad Muhammad Abul Kalam, 大西純一、是枝晋

シロイヌナズナのグリセロール-3-リン酸輸送体ホモログ破壊株の解析
日本植物生理学会,第51回日本植物生理学会年会要旨集:323 201003
遠藤雄治、佐久間輝明、大西純一、是枝晋

アイスプラントのCAM化で誘導されるプロモーターの植物体の生育と環境に依存した活性化
日本植物生理学会(震災のため年会中止),第52回日本植物生理学会年会要旨集:226 2010
Muhammad Abul Kalam Azad、北原英明、森田邦男、大西純一、是枝晋

通性CAM植物アイスプラント・プラスチド型リン酸輸送体遺伝子ファミリーのプロモーター単離と比較
日本植物学会,日本植物学会第73回大会研究発表記録:165 200809
Muhammad Abul Kalam Azad、森田邦男、北原英明、大西純一、是枝晋

通性CAM植物アイスプラントの葉組織を使った一過的遺伝子発現系
日本植物学会,日本植物学会第72回大会研究発表記録:124 200809
森田邦男、是枝晋(演者)、Muhammad Abul Kalam Azad、北原英明、大西純一

その他
光合成事典
学会出版センター 2003
日本光合成研究会編

教育活動実績

授業等

2009 , 後期 , 基礎生物学実験(理学部)
2009 , 後期 , 細胞生化学実験(理学部)
2009 , 通年 , 細胞生化学演習(理学部)
2009 , 前期 , 植物分子生理学I(理学部)
2009 , 前期 , 現代サイエンスII(共通教育)
2009 , 後期 , 分子生物科学実験II(理学部)