キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

萩生田 伸子 ハギウダ ノブコ

所属部署名 教育学部 心理・教育実践学講座 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学研究科

研究分野

教育評価
計量心理学

現在の研究課題

パーソナリティの測定
因子分析法を現実のデータに適用する場合,種々の問題に当面することがある。この中で特に「どの初期値を用いるか,どの解放値を用いるか,データの状態の影響はどうであるか,因子数の決定方法はどうするとよいか」などの点についてシミュレーションを中心に研究してきた(『心理学研究』第67巻,1996,学位論文,1997)。今後は欠損値が存在する場合のパラメータ推定などにとりくむ予定。その他,大学生の進路決定問題にも関心をもっている。

所属学会

所属学会
日本テスト学会
教育工学会
パーソナリティ心理学会
行動計量学会
日本心理学会
教育心理学会

学歴

取得学位
博士(学術) , 東京大学 , 「因子分析適用の前提条件に関する諸問題とその対策」

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
調査年次によるBig Fiveモデル因子構造の差異の予備的検討
埼玉大学教育学部,埼玉大学紀要教育学部(人文・社会科学),59(1):171-177 2010
萩生田伸子

学級規模が学級の雰囲気および生徒の心理面に与える影響
,埼玉大学紀要教育学部,58(1):161-170 2009
萩生田伸子

中学生の自由記述式アンケートへの記入内容と心理尺度得点との関連
,埼玉大学教育学部実践センター紀要(8):149-157 2009
萩生田伸子

SPSS for Windows のやさしい使い方
アトムス出版 1998

順序付きカテゴリカルデータへの因子分析適用に関するいくつかの注意点
日本心理学会,心理学研究,67(1):1-8 1996

不安尺度の構成と妥当性の検証
日本心理学会,心理学研究,66(1):16-23 1995

学会発表
学習時間の変化 社会生活基本調査ミクロデータを用いて
日本行動計量学会,日本行動計量学会発表抄録集,37:120-121 200908
萩生田伸子

研究諸活動

学術論文査読件数
, 日本教育心理学会 , 編集委員

教育活動実績

授業等

教育心理学概説 , 教育学部
学校心理学 , 教育学部
総合学習研究 , 教育学部
教職入門 , 教育学部
教育評価概論 , 教育学部
教育評価特講 , 教育学部
現代社会とこころの教育 , 教育学部
心理学実験 , 教育学部
心理学演習Ⅰ , 教育学部
心理学演習Ⅱ , 教育学部
教育評価特論 , 大学院
教育評価演習 , 大学院