キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

長島 正治 ナガシマ マサハル

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス nagasima@eco.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

経済学部 経済学科
国際開発教育研究センター

COE・クラスタ・研究グループ

研究分野

国際経済学
開発経済学

現在の研究課題

開発途上国経済の経済分析を主たる研究領域とする。途上国内の部門間労働移動のメカニズム、および経済開発が部門間労働移動に与える影響や諸経済変数に与える影響などについて研究を行っている。2010年1月に、勁草書房から『労働移動の開発経済分析:ハリス=トダロー・モデルの理論的系譜』を出版した。

所属学会

所属学会
日本経済学会
応用地域学会
所属学会役員担当
日本応用経済学会 , 広報・プログラム委員

学歴

出身大学院・研究科等
1990 , 九州大学 , 博士後期 , 経済学研究科 , 経済工学 , 単位取得満期退学
1987 , 九州大学 , 修士 , 経済学研究科 , 経済工学 , 修了

研究職歴等

研究職歴
2007 , 埼玉大学経済学部教授
1996 - 2007 , 埼玉大学経済学部助教授
1992 - 1996 , 九州大学経済学部講師
1991 - 1992 , 九州共立大学経済学部講師
1990 - 1991 , 九州大学経済学部助手
留学歴
1999 - 2001 , チュラーロンコーン大学経済学部客員助教授

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
労働移動の開発経済分析:ハリス=トダロー・モデルの理論的系譜
勁草書房:全頁 2010
長島 正治(単著)

経済発展と公共政策の展開
勁草書房:1-24 200610
長島正治

マクロ・エコノミックス:第9章「為替レートの決定理論」
有斐閣:185-213 199503
共著

論文
Empirical Analysis on Employment and Regional Disparity Alleviation in Thailand
,社会科学論集(139):97~115 2013
Masaharu NAGASHIMA

ハリス=トダロー・モデルにおける新古典派2部門モデルの系譜と開発途上国への適用
:199 2007
長島 正治

学会発表
Summary on Empirical Analysis on Employment and Regional Disparity Alleviation in Thailand
International Monetary Fund The World Bank Group,Boards of Governors 2012 Annual Meetings, Tokyo, Japan 201210
Masaharu NAGASHIMA

Significance of Household Member Age and Household Size in Household Consumtion Model
日本応用経済学会 201011
Masaharu NAGASHIMA and Thoedsak CHOMTOHSUWAN

ハリス=トダロー経済における経済援助効果と都市失業 フィリピン・セブの事例
日本応用経済学会 200704
長島 正治

その他
経済学の歴史
多賀出版:1-70 199608
共訳

タイ王国、雇用と地域格差に関する情報収集・確認調査

研究諸活動

学術専門雑誌等編集
2007- , 埼玉大学大学院経済科学研究科
海外派遣
1999-1999 , 大蔵省財政金融研究所開発経済学研究派遣

教育活動実績

授業等

2013 , 後期 , 国際経済論特講(経済学部)
2012 , 前期 , 基本科目(経済学)(経済学部)
2012 , 後期 , マクロ経済基礎(大学院)

社会活動実績

社会活動等

学外審議会・委員会
2012- , 海外投融資委員会 , 副委員長

管理運営実績

管理運営実績

学内兼務職
2009- , 埼玉大学国際開発教育研究センター , 教授