キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

清水 誠 シミズ マコト

所属部署名 電話番号
職名 名誉教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス shimizum@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://rikadaisuki.edu.saitama-u.ac.jp/~shimizum/index.html

プロフィール

研究分野

理科教育学
学習科学
科学教育
キーワード:協調学習 , 外化 , 外的資源 , 分散認知 , 科学概念 , 科学的思考力

現在の研究課題

協調的学習環境での科学的概念の形成
理科教育における教授デザインを、学習科学研究の視点から取り組んでいる。具体的には,学びを外化と他者との相互作用に焦点を当て,知の創造を図る協同的な教授学習システム及び教師支援プログラムの開発(平成13~15年度科研費基盤研究(C)(2)課題番号13680190),理解深化を促す教授・学習方法の開発と教師教育(平成17~19年度科研費基盤研究(C)研究課題番号17500574)等を行ってきた。現在は,外的リソースを導入した教授・学習方法の構築と教師教育(科学研究費基盤研究(C)研究課題番号20530801)等に取り組んでいる。
外的資源が科学的概念形成に及ぼす効果
科学的思考力の育成

所属学会

所属学会
日本理科教育学会
日本科学教育学会
日本生物教育学会
所属学会役員担当
2013 - 2016 , 生物教育学会 , 理事
2011 - 2015 , 日本理科教育学会 , 理事・「理科の教育」編集委員会委員長
2006.8 - 2008.9 , 日本科学教育学会 , 編集委員会委員長
2000.4 - 2003.3 , 日本理科教育学会 , 会計監査
1997 - 2015 , 日本理科教育学会 , 評議員

学歴

取得学位
修士(学術) , 放送大学 , 協調的な理科学習における外化物が概念形成に及ぼす効果

研究職歴等

研究職歴
2012 , 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科教授
2005 - 2012 , 放送大学客員教授
2003 , 埼玉大学教授教育学部
1997 - 2003 , 埼玉大学助教授教育学部
1995 - 1997 , 埼玉県教育局指導部指導第一課主任指導主事
1994 - 1995 , 埼玉県教育局指導部指導第一課指導主事
1991 - 1994 , 埼玉県教育局北足立北部教育事務所指導課指導主事
研究職歴以外の職歴
1976 - 1991 , 埼玉大学教育学部附属中学校教諭

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
観察・実験の安全指導と理科室の管理:「新しい理科の学びを拓く理科授業の理論」
ミネルヴァ書房:171-175 201302
清水誠他22名

外化・外的資源:「今こそ理科の学力を問う」
東洋館出版社(日本理科教育学会編):174-179 201208
清水誠他47名

「生命・地球の内容構成」『現代理科教育改革の特色とその具現化』
東洋館出版社:66-73 201008
清水誠他22名

平成22年度改訂新指導要録の解説と実務
図書文化:共同執筆により抽出不可能 2010
無藤隆、石田恒好、清水誠他14名

新中学校理科重点指導事項の実践開発
明治図書 200902
清水誠、熊野善介編著

平成20年改定 中学校教育課程講座 理科
ぎょうせい:42 200901
清水誠、中道貞子編著

論文
科学的な思考力の育成を図る教授・学習方法の開発と教師教育への適用
,平成23年度~平成26年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(研究課題番号23531159):1-104 201410
清水誠、高垣マユミ他

コンフリクトマップを用いた教授方法が概念変容に及ぼす効果-振り子の運動の学習を事例として-
,理科教育学研究(日本理科教育学会),55(1):37-46 201406
清水誠,實川和宏
This study was intended to examine the effectiveness of applying the learning model of Tsai's(2000) conflict map in an elementary school science class. We chose to focus on pendulum motion, as it is known that students have strong preconceptions on the subject. Students were divided into one experimental group and one control group. The teaching strategy utilizing 'Conflict Maps' was used only in the experimental group, whereas the control group followed the flow of inquiry learning as shown in the textbook. We performed a concept investigation after the class. The result was that the experimental group was more effective in forming the intended scientific concepts than the control group. Thus, the 'Conflict Maps' teaching strategy was effective in bringing about conceptual change in elementary school students.
コンフリクトマップ,先行概念,認知的葛藤,概念変容,振り子の運動

現象を可視化することが規則性の発見に及ぼす効果―葉のつき方の学習を事例として―
,科学教育研究(日本科学教育学会編集),38(1):20-26 201403
清水誠,山崎麻美
The purpose of this study was to examine a method of instruction that might help the learner discover a hidden regularity in a phenomenon. We decided to try visualization of the phenomenon as an instruction method applied during observation possibly leading to this discovery. To verify the effectiveness of the method, a class studying phyllotaxis was divided into two groups. For the experimental group, we decided to write numbers sequentially on the leaves, starting from the lowest leaf. The result of the observation shows that the experimental group had more students who noticed that leaves were arranged on the stem in a spiral pattern than the control group. In addition, discussions about the fact that leaves were arranged in a spiral were more frequent in the experimental group than in the control group. This suggests that devising a visualization of the phenomenon is an effective instruction method to help learners discover regularity.
observation,phyllotaxis,visualization of phenomenon,jyunior high school

The Effects of Motivational Teaching Strategies on Learning Behavior among Peers during Collaborative Learning
,埼玉大学紀要 教育学部,63(1):1-20 201403
TAKAGAKI, Mayumi ,NAKANISHI, Yoshifumi,TAZUME, Hirotsugu,SHIMIZU, Makoto

Effects of Learning on Developed Hypotheses on Advanced Understanding
,埼玉大学紀要教育学部,62(2):97-107 201309
TAKAGAKI, Mayumi,AKIMOTO, Emi,SHIMIZU, Makoto

現象を科学的に説明する能力を高める学習指導法の研究-定型文の活用とその効果ー
,科学教育研究(日本科学教育学会),Vol.37(No.1):30-37 201303
清水誠,黒川昇,齋藤桃子
We investigated the educational efficacy of teaching description methods to students by assessing to what extent such instruction improved their ability to explain scientific phenomena. The description instruction used fixed sentence patterns. Two experiments were performed. In the first, the effectiveness of classes with and without description instruction was compared. In the second experiment, the effect of teaching description methods to the classes that had not received such tutoring in the first experiment was investigated. The result of the first experiment was that many more of the students in the classes that had received description instruction were able to scientifically describe phenomena. The second experiment showed that this difference in the ability to scientifically describe phenomena disappeared once description instruction was provided to the previously untutored class. The results indicate that providing description instruction is an effective way to improve the ability of students to describe phenomena scientifically.
Scientific Explanation,Fixed Sentence Patterns,Description Instruction,Elementary School

Effects of Instructional Methods to Teach Quadratic Functions Using Cross-Subject and Ordinary Events
,埼玉大学紀要(教育学部),62(1):13-24 2013
TAKAGAKI Mayumi, SHIMIZU Makoto
In March 2009, the Course of Study for High Schools was announced. This revision has the goals of increasing the abilities to consider and express various events mathematically, appreciating values of mathematics and actively applying it. Moreover, a survey on the State of Implementation of High School Curriculum conducted in 2005 (National Institute for Educational Policy Research), emphasized the need to actively promote mathematical activities in ordinary and social life in general, so that the students can realize the roles that mathematics play and its utilities, as well as the significance of learning mathematics. Considering these trends, this study was intended to examine effects of instructional methods in which students could realize the significance of learning maximum and minimum values in quadratic functions through mathematical activities related to real life, taking the content about maximum and minimum values in quadratic functions as an example from the first year in high school. The descriptive analysis of pre-and post-tests conducted before and after the lessons that were performed. The results showed that mathematical abilities in examining changes and reactions and predicting unknown conditions were enhanced when the problem of quadratic functions of ordinary and familiar events in other subjects, such as contemporary society (social studies) and physics (science), were used as students apply maximum and minimum values in quadratic functions to cross-subject and ordinary events.
Quadratic functions,Mathematical activities,Cross-subject

考察する力を高める学習指導法の研究-討論の方法を指導することの効果-
日本理科教育学会,理科教育学研究(日本理科教育学会),52(3):201-207 201203
木田真貴子、清水誠

外的資源が科学的な概念の形成に与える効果についての研究-イメージ・スキーマを持たせることの効果-
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センタ紀要,11:87-93 201203
清水誠、鶴貝昌弘、安田修一

The Development of Educational Methods Using Manipulative Activities to Promote the Understanding of Positive and Negative Integers
,埼玉大学紀要(教育学部),60(1):1-8 201103
Mayumi TAKAGAKI, Hirotsugu TAZUME,Makoto SHIMIZU

外的リソースを導入した教授・学習方法の開発と教師教育への適用
,平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書:1-137 201103
研究代表者:清水誠

外的資源の持つ操作可能性が科学的な概念の形成に与える効果-台風の進路の学習を事例に-
日本理科教育学会,理科教育学研究(日本理科教育学会),51(3):209-215 201103
清水誠、肥田幸則、紺野雅弘

考察時に考えを外化し議論することが科学的な概念の形成に与える効果-肺の働きの学習を事例に-
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センタ紀要,10:59-65 201103
清水誠、阿佐見祐子、紺野雅弘

生命に対する科学的な見方や考え方を育てる
日本理科教育学会,理科の教育,60(702):46-49 201102
清水誠

Development of a Teaching Plan Integrating Multiple Subjects in IT Education and an Analysis of Student Motivation
,埼玉大学紀要(教育学部),59(2):13-18 201009
Mayumi TAKAGAKI, Makoto SHIMIZU

外的資源が科学的な概念の形成に与える効果についての研究-慣性の法則の学習を事例に-
日本理科教育学会,理科教育学研究(日本理科教育学会),51(1):75-81 201007
清水誠、牧野正

科学的リテラシー育成のための指導方法の開発
日本科学教育学会,科学教育研究(日本科学教育学会),34(2):237-244 201006
清水誠、小森栄治、田中修平

科学的な概念形成を促す協同的な学習のデザイン
埼玉大学教育学部,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センタ紀要,9:41-49 201003
清水誠

質量保存概念形成を促す教授方法に関する研究-考えを外化し議論することの効果-
日本理科教育学会,理科教育学研究(日本理科教育学会),50(3):109-116 201003
清水誠、久保厚彦、大髙綾子

活用に向けた理科授業の改善
日本理科教育学会,理科の教育,59(691):14-17 201002
清水誠

「調べ学習」が科学的リテラシーの育成に及ぼす効果
,平成19年度 21年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書課題番号19300267:117-122 2010
清水誠、小森栄治、田中修平

科学的に解釈する力の育成を目指した教授方法の工夫・改善 小グループでの議論を促す効果
,平成19年度 21年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書課題番号19300267:123-130 2010
黒川昇、清水誠

相互教授を導入した授業における相互作用の効果-「消化と吸収」の学習を事例に-
日本理科教育学会,理科教育学研究(日本理科教育学会),50(2):81-88 200911
清水誠、安田修一、高垣マユミ

The study of class assesment and reflection on the fieldwork activities in Seikatsu-ka with analysing students' performances
,Journal of Saitama Univ. Fac. Educ.,57(1):1-6 200903
SAKATA Shoko, TAKAGAKI Mayumi, SHIMIZU Makoto
生活科におけるフィールドワーク授業の評価・検討の試み : 子どもたちの行動・.発話の分析を通して

The case study of Rika class refrections by video analyses through fieldwork activities
,埼玉大学紀要教育学部,58(1):9-13 2009
Shoko SAKATA, Mayumi TAKAGAKl, Seiji MATSUURA, Kayoko MORl, Makoto SHIMIZU

小・中学生がとらえる外化の有用性の実態
東洋館出版社,理科の教育(日本理科教育学会編集),58(680):63-66 2009
清水誠、渡邉文代
Journal of Integrated Center for Clinical and Educational Practice

科学的リテラシー向上を目指す優れた理科授業に関する教師用ビデオ教材の開発とその適用
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(6(平成19年度)) 200809
清水 誠

The Study of Class Assesment and Reflection on the Fieldwork Activities in SEIKATU-KA with Analysing Studemt's Performances
,埼玉大学紀要(教育学部),57(1):1-6 2008
Shoko SAKATA, Mayumi TAKAGAKI, Makoto Shimizu

実験グループの人数が理科学習に与える影響
,理科教育学研究(日本理科教育学会),49(1):65-72 2008
清水誠、大山亨、中村友之

理解深化を促す教授・学習方法の開発と教師教育への適用
,平成17年度~平成19年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書:1-133 2008
研究代表者:清水誠

話し合いボードを活用し,議論することが概念獲得に及ぼす効果-水に溶ける物質の様子の学習を事例に-
,理科の教育(日本理科教育学会編集),56(658):60-63 2007
清水誠,吉田順一

外化と内省が理解に与える効果-維管束の学習を事例に-
,理科教育学研究(日本理科教育学会),48(2):45-51 2007
清水誠,渡邉文代,安田修一

観察時に生徒が演繹的に学習に取り組む効果-花のつくりの学習を事例に-
,理科教育学研究(日本理科教育学会),47(3):9-14 2007
清水誠、山浦麻紀
Deductive Learning and Observation:A Unit on the 'Structure of Flowers'

考察を深めることが理解の深まりに与える効果-植物のはたらきの学習を事例に-
,理科の教育(日本理科教育学会編集),56(664):54-57 2007
清水誠,矢野聖也
Journal of Integrated Center for Clinical and Educational Practice

優れた小中学校理科授業構成要素に関する授業ビデオ分析とその教師教育への適用
,平成15-18年度科学研究費補助金基盤研究A(1)研究成果報告書:450 2007
小倉康、清水誠

ルーブリックを教師と生徒で作成する効果-体細胞分裂の観察を事例に-
,埼玉大学教育学部紀要(教育科学),55(1):1-6 2006
塚本泰平、清水誠

外化物の違いが学習者同士の相互作用に与える影響-葉の付き方の学習を事例に-
,科学教育研究(日本科学教育学会),30(2):70-77 2006
清水誠、福田健
Effects of Interactionwith the Presence of External Resources on Elementary School Students : A Unit on 'Learningleaf arrangement'

教師のリヴォイスが学びに与える影響-葉の付き方の学習を事例に-
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター,5:117-125 2006
清水誠
The Effect which Teacher's Revoice gives to Children's Learning; The Uniton 'Learning of Leaf Arrangement'

考えを外化し、話し合いをすることが概念的知識の一般化に及ぼす効果-花の働きの学習を事例に
,理科教育学研究(日本理科教育学会),47(1):35-43 2006
清水誠、山浦麻紀
The Effects of the Externalization of Ideas and Discussion on the Transmission of Knowledge

児童がめあてを立て、学びを振り返ることの効果
,埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター,5:151-158 2006
豊田由香、清水誠

実生活との関連を生かした理科授業をどう進めるか
ぎょうせい,中等教育資料,841:10-13 2006
清水誠

理科授業の議論過程におけるトランザクティブディスカッションの生成を促す教師の介入方略
,教授学習心理学研究(日本教授学習心理学会),2(1):23-33 2006
高垣マユミ、田爪宏二、清水誠
Journal of Psychology in Teaching and Learning

協調的な学習と外化
東洋館出版社,理科の教育(日本理科教育学会編集),543:56-57 2005
清水誠

小グループで話し合い、考えを外化することが概念変化に及ぼす効果-お湯の中から出る泡の正体の学習を事例に-
,理科教育学研究(日本理科教育学会),46(1):53-60 2005
清水誠・石井都・海津恵子・島田直也
The Effects of Conceptual Change Influenced by Discuusing in Small Groups and Externalizng the Idea:The Elementay School Unit on 'The Changes of State of Water’

知の創造を図る協同的な教授学習システム及び教師支援プログラムの開発(研究課題番号13680190)
,科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,平成13-15年度:1-114 200403
清水誠, 片平克弘

学習指導要領の変遷と教員養成系学部生の理科学習と理科に対する認識
,埼玉大学紀要教育学部(数学・自然科学Ⅱ),53(1):63-79 2004
小畑康彦、吉田俊久、清水誠、貫井正納

協調的な理科学習における外化物が概念形成に及ぼす効果
,放送大学大学院文化科学研究科教育開発プログラム修士論文 2004
清水誠

単元を通してものづくりを行い学習することの効果-中学校第1学年「音」の学習を通して-
,理科教育学研究(日本理科教育学会),44(3):29-34 2004
舘野俊之・清水誠
The Learning Effects of "Products Creation" Method in a Lesson Unit:Teaching Sounds in the First Grade of Lower Secondary School, Journal of Research in Science Education

モデルづくり及びスケッチによる観察の効果についての比較研究
,科学教育研究(日本科学教育学会),27(3):179-185 2003
清水誠
Enhancing Observation:A Comparative Study ofthe Effects of Model-Making vs.Sketching

中学生が保持する動物概念
,埼玉大学紀要教育学部(数学・自然科学),52(1):61-68 2003
鈴木香織、清水誠
Secondary School Students' Understanding of Animal

動物概念形成のための指導方法の開発
,科学教育研究(日本科学教育学会),26(5):376-384 2003
清水誠、鈴木香織
The Development of a Teaching Method for the Formation of the Animal Concept, Journal of Science Education in Japan

予想時にものづくりを学習に取り入れる効果
,埼玉大学紀要教育学部(教育科学Ⅰ),52(1):11-16 2003
清水誠、舘野俊之
The Effects of Using “Products Creation”to Test Hypotheses in Science Class

理科授業におけるスモールグループでの話し合いの効果
,埼玉大学紀要教育学部(教育科学),52(2):17-25 2003
清水誠、佐國勝
The Effects of Small Group Discussion in Science Class

グループ構成が話し合いに及ぼす効果
,埼玉大学紀要(教育学部)教育科学,51(2):1-8 2002
清水誠、佐國勝小峰香織
The Effect which Group Composition exerts on the Discussion, Journal of Saitama University (Faculty of Education)Science of Education

教師が保持する科学観と理科授業の実態
,理科教育学研究(日本理科教育学会),42(2):43-50 2002
清水誠
Teachers' Views of Philosophy of Science and the Way Science is Taught in the Classroom, Journal of Research in Science Education, J.Saitama Univ.,Fac.Educ.埼玉大学紀要(教育学部)

新学習指導要領「理科」実施上の課題-小・中学校教師が指導上困難を感じる事項の調査から-
,科学教育研究(日本科学教育学会),26(2):144-152 2002
清水誠
Educational problems in the New Course of Study:Questionnaire on difficulties in science teaching by elementary and lower secondary school teachers, Journal of Science Education in Japan

理科教師のプリコンセプションと教師教育プログラム・教授学習モデルの開発(研究課題番号10680181)
,科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書,平成10-12年度:1-86 200103
清水誠

日本における協同的な学習研究についての考察
,埼玉大学紀要(教育学部)教育科学,49(2):13-25 2000
清水誠
A Review of Cooperative Learning Studies in Japan, Journal of Saitama University (Faculty of Education)Science of Education

理科教育研究の知見を生かした総合的な学習の検討
,日本科学教育学会研究会研究報告,14(5):97-102 2000
清水誠
A Study of Comprehensive Learning Incorporating Knowledge of Science Education Research

科学・数学のミスコンセプションの変容を目指した構成主義研究デ-タベ-スの開発
,科学研究費補助金(基盤研究C(2))研究成果報告書,平成9-10年度 199903
片平 克弘

コーオペレーティブ学習の導入に向けた理科グループ学習の見直し
,埼玉大学教育実践研究指導センター紀要,12:61-69 1999
清水誠、吉澤勲
The Reconstruction of Science Group Learning for the Intoroduction of Cooperative Learning, Journal of Center of Reserch and Training for Educational Practice

理科学習へのコーオペレーティブ学習導入の効果-相互協力関係から生じる相互作用の分析-
,埼玉大学紀要(教育学部)教育科学,48(2):27-42 1999
清水誠、吉澤勲
Some effects of the introduction of cooperative learning on science classes -Case study of the interaction developed by mutual cooperation-, Journal of Saitama University (Faculty of Education)Science of Education

学会発表
役割分担をして話し合いを行うことが批判的思考力育成のおよぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第52回関東支部大会研究発表要旨集,52:41 201311
大澤正樹・清水誠

科学概念の再構築を促す教授モデルの開発-分かったつもりの否定から概念獲得へ-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第52回関東支部大会研究発表要旨集,52:66 201311
柿沼宏充・清水誠

役割分担をして話し合いをさせることが批判的思考力の育成に及ぼす効果
日本科学教育学会,日本科学教育学会第37回年会論文集,37:320-321 201309
清水誠・牛島健一・大澤正樹

概念変容を促す指導法が概念獲得にもたらす効果-コンフリクトマップを用いた振り子の学習を事例として-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第63回全国大会発表論文集,63:143 201308
清水誠・實川和宏・柿沼宏充

現象の可視化を促すことが観察力の育成に及ぼす効果―葉のつき方の学習を事例として―
日本理科教育学会,日本理科教育学会第63回全国大会論文集,63:340 201308
清水誠・山崎麻美・大澤正樹

批判的思考力の育成に関する研究-役割分担を促し話し合いをさせる効果-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第63回全国大会論文集,63:233 201308
清水誠・高信志穂・長島雄介

コンフリクトマップを用いた指導法が概念変容に及ぼす効果-ふりこの学習を事例として-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第51回関東支部大会(東京学芸大学),51:68 201212
實川和宏・清水誠

役割分担をして話し合いをさせることが批判的思考力の育成に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第51回関東支部大会:67 201212
牛島健一,清水誠

現象の可視化を促すことが観察力の育成に及ぼす効果―葉のつき方の学習を事例として-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第51回関東支部大会(東京学芸大学):69 201212
山崎麻美,清水誠

役割分担に基づいた話し合いを行うことが論理的思考力に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大学)(10):284 201208
清水誠,浅見浩子,牛島健一

記述の仕方を理解させることが考察する能力の育成に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本科学教育学会第36回年会 201208
清水誠,鮫島弘樹,牛島健一

実感を伴った理解を図る理科指導方法の工夫-体験や知識をもとにして演繹的に学習を進めることの効果-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:78 201112
秋元恵美、清水誠

科学的な思考力の育成を図る指導法の研究
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:76 201112
浅見浩子、清水誠

記述の仕方を理解させることが考察する能力の育成に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:77 201112
鮫島弘樹、清水誠

予想と考察の場面でペアで話し合いを行うことが論理的思考力の育成に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:75 201112
窪田智幸、清水誠、吉井紀夫

分析して解釈する能力の育成を図る理科指導法の研究―現象を分析する視点を文章として提示し記述指導することの効果―
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:73 201112
鈴木斐洋、清水誠、木田真貴子

考察時に付箋紙を用いて討論することが-論理的な思考力の育成に与える効果-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第50回関東支部大会(横浜),50:74 201112
高橋佳奈枝、清水誠、黒川昇

定型文指導を取り入れることが科学的に説明する力の育成に及ぼす効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,9:389 201108
清水誠、黒川昇、斉藤桃子、浅見浩子

外的資源が科学的な概念の形成に与える効果についての研究-イメージ・スキーマを与えることの効果-
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,9:209 201108
清水誠、鶴貝昌弘、安田修一、秋元恵美

小・中学校間の接続を踏まえた理科指導方法の研究
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,35:32 201108
清水誠、野辺茂樹、鮫島弘樹

小グループで議論を促すことが科学的に解釈する力の育成に及ぼす効果
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,34:299-300 201009
清水誠、黒川昇、中山秀人

外的資源の持つ操作可能性が問題解決に与える効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,8:191 201008
清水誠

分散化された認知が科学的な概念の形成に与える効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,8:192 201008
庄司晴恵、清水誠、野辺茂樹

ヘッドアースモデルの活用が方位概念の獲得に与える効果
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:32 200911
小森栄治、和田晃宣、清水誠

科学的リテラシー育成のための指導方法に関する研究
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:33 200911
小森栄治、田中修平、清水誠

外的資源が科学的な概念の形成に与える効果についての研究
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:43 200911
牧野正、清水誠

考察する力を高める学習指導法の研究-記述指導に加え話し合いを取り入れることの効果-
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:19 200911
木田真貴子、清水誠

相互説明が科学的な概念の形成に与える効果についての研究
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:18 200911
吉井規雄、清水誠

物質の保存概念獲得についての指導方法に関する研究
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第47回関東支部大会(千葉),47:31 200911
清水誠、大髙綾子、庄司晴恵

外的資源の持つ操作可能性が科学的な概念の形成に与える効果 葉のつき方の学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会第48回関東支部大会研究発表要旨集,48:39 200911
清水誠、大熊彩有里

相互説明が科学的な概念の形成に与える効果
日本理科教育学会関東支部,日本理科教育学会第48回関東支部大会研究発表要旨集,48:38 200911
鶴貝昌弘、吉井規夫、清水誠

科学教育の新しい方向性
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,33:21-22 200908
清水誠

学会企画課題研究: 科学教育の新しい方向性
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,33:21-22 200908
清水誠

調べ学習が科学的リテラシーの育成に及ぼす効果
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,33:307-308 200908
清水誠、小森栄治、田中修平、黒川昇

外的資源が科学的な概念の形成に与える効果についての研究
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,7:157 200908
清水誠、牧野正、鶴貝昌弘

考察時に図と話し合いを用いることが科学的な概念形成に与える効果-肺のはたらきを事例に-
日本理科教育学会,日本理科教育学会第58回全国大会(福井),6:289 200809
清水誠・阿佐見祐子・庄司晴恵

外化物を用いて話し合いをすることが質量の保存概念形成に与える効果―小学校5年もののとけ方を事例に―
日本科学教育学会,日本科学教育学会第32回年会(岡山),32:231-232 200808
清水誠・大髙綾子・木田真貴子

授業ビデオを活用した優れた小中学校理科指導に関する教師教育用教材
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,31:339-340 200708
小倉康・清水誠他10名

理科学習における協調的な学習の効果 科学的な概念の形成を目指して
日本理科教育学会,日本理科教育学会第57回全国大会発表論文集,5:391 200708
清水誠

条件制御の能力を高める指導方法の研究 児童が考えた実験を取り組ませることの効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第57回全国大会発表論文集,5:91 200708
紺野雅弘・清水誠・吉井規雄

相互教授を導入した授業における相互作用の効果 消化と吸収の学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会第57回全国大会発表論文集,5:90 200708
清水誠・高垣マユミ・安田修一・牧野正

モデルの作成が理解に与える効果 植物の体のつくりと働きの学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会第45回関東支部大会研究発表要旨集,45:55 200611
清水誠・渡邉文代・安田修一

考察時に予想の見直しを促すことが理解に与える効果 植物のからだのはたらきの学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会第45回関東支部大会研究発表要旨集,45:59 200611
紺野雅弘、清水誠

実験グループの人数が理科学習に与える影響
日本理科教育学会,日本理科教育学会第45回関東支部大会研究発表要旨集,45:28 200611
大山亨・清水誠

外化と内省が理解に与える効果 植物の体のつくりと働きの学習を事例に
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,30:233-234 200608
清水誠・渡邉文代・安田修一

道具の数の違いが概念獲得に与える影響
理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,56:94 200608
清水誠・中村友之・大山亨

予想と結果の考察の吟味が理解の深まりに与える効果 植物のはたらきの学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,56:93 200608
矢野聖也・紺野雅弘・清水誠

モデルの作成が理解に与える効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会第44回関東支部大会研究発表要旨集,44:5 200511
渡邉文代・清水誠

予想と結果の吟味が理解の深まりに与える影響
日本理科教育学会,日本理科教育学会第44回関東支部大会研究発表要旨集,44:6 200511
矢野聖也・清水誠

外化の有用性-質問紙調査の結果から-
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,29:499-500 200509
清水誠・渡邉文代

教師が期待する話し合い活動の効果
理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,55:267 200508
矢野聖也・清水誠

外化物の違いが相互作用に与える影響
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,28:411-412 200408
清水誠・豊田由香

小グループでの相互作用が概念形成に与える影響について
日本科学教育学会,日本科学教育学会年会論文集,28:413-414 200408
上吉原悠貴,吉田順一,清水誠

演繹的に学習することの効果
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,542:135-136 200408
清水誠・山浦麻紀

モデルで探る葉のつき方
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,542:337 200408
吉田恭子・渡邉文代・清水誠

考えを可視化し、話し合いをすることが概念形成に及ぼす効果 お湯の中から出る泡の正体の学習を事例に
日本理科教育学会,日本理科教育学会全国大会発表論文集,542:146 200408
清水誠,石井都,海津恵子,島田直也

その他
教育論壇 認知的な資源の有効な活用を図る
第一広報社,『小学校時報』(全国連合小学校長会編集),64(2):4-8 201402
清水誠

子どもと理科の楽しい出会いをつくる導入
,『理科の教育』(日本理科教育学会編集),63(738):5-7 201401
清水誠

授業を考える
,『埼玉教育』(埼玉県総合教育センター),3(762):3-4 201309
清水誠

理論と実践が融合する授業
東洋館出版社(日本理科教育学会編集),理科の教育,61(725):43-45 201212

これからの理科教育と『理科の教育』
東洋館出版社(日本理科教育学会),理科の教育,61(721):15-17 201208

学習指導と学習評価の工夫改善-外化により学びの変容を捉える-
学事出版,中等教育資料(文部科学省教育課程課編集)(914):14-19 201207

新学習指導要領の改訂の理念と要点
東洋館出版社,『理科の教育』(日本理科教育学会編集),57(673):10-15 2008
清水誠

中学校学習指導要領解説理科編
大日本図書:主査として編集及び共同執筆のため抽出不可 2008
清水誠他

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2008-2010 , 外的リソースを導入した教授・学習方法の構築と教師教育への適用 , 基盤研究(C)
2005-2007 , 理科進化を促す教授・学習方法の開発と教師教育への適用 , 基盤研究(C)
2001-2003 , 知の創造を図る協同的な教授学習システム及び教師支援プログラムの開発 , 基盤研究(C)(2)
1998-2000 , 理科教師のプリコンセプションと教師教育プログラム・教授学習モデルの開発 , 基盤研究(C)(2)
科学研究費補助金(研究分担者)
2009-2012 , 驚きと感動をつたえ理科離れを未然に防ぐ理科大好きプロジェクト , 基盤研究(B)
2003-2006 , 優れた小中学校理科授業構成要素に関する授業ビデオ分析とその教師教育への適用 , 基盤研究(A)(1)

研究諸活動

学術専門雑誌等編集
2011.4-2015.3 , 日本理科教育学会
2004.9-2006.8 , 日本科学教育学会
1997.5-2000.6 , 日本科学教育学会

教育活動実績

授業等

2012 , 後期 , 理科指導法A , 電子教科書の導入、IT機器の活用も含めて多様な授業を展開する
2012 , 前期 , 理科指導法A , 電子教科書の導入、IT機器の活用も含めて多様な授業を展開する
2012 , 前期 , 理科指導法B , 電子教科書の導入、IT機器の活用も含めて多様な授業を展開する
2012 , 前期 , 教職入門 , 電子教科書の導入、IT機器の活用も含めて多様な授業を展開する
2012 , 後期 , 理科特別研究I , 野外実習、実験教室、授業の参観等多様な授業展開とする
2012 , 通年 , 理科特別研究II , 論文作成だけでなく、野外実習、実験教室、授業の参観等多様な学習とする
2012 , 後期 , 理科教授学習論 , 電子教科書の活用、授業の参観、ICTの活用等多様な授業展開とする
2012 , 後期 , 理科教育学演習A
2012 , 前期 , 理科教育学特論BI
課題研究I
課題研究II
科学と教育
課題研究Ⅲ
課題研究Ⅳ

論文指導

2012 , 卒業論文指導 指導学生数 計:4 , 研究生指導 指導学生数 計:1(内留学生:1) , 埼玉県長期研修教員1
2011 , 卒業論文指導 指導学生数 計:4 , 研究生指導 指導学生数 計:3(内留学生:3) , 埼玉県長期研修教員3
2010 , 卒業論文指導 指導学生数 計:2 , 修士論文指導 指導学生数 計:2(内留学生:2) , 研究生指導 指導学生数 計:2(内留学生:2) , 埼玉県長期研修教員1,さいたま市長期研修教員1
2009 , 卒業論文指導 指導学生数 計:5 , 修士論文指導 指導学生数 計:2(内留学生:2) , 研究生指導 指導学生数 計:1(内留学生:1) , 埼玉県長期研修教員1
2008 , 卒業論文指導 指導学生数 計:5 , 修士論文指導 指導学生数 計:3(内留学生:2) , 研究生指導 指導学生数 計:1(内留学生:1) , 埼玉県長期研修教員1

社会活動実績

社会活動等

出張講座
2013- , 蓮田市立黒浜西中学校校内研修会 , 1回の講義
2012-2012 , 春日部市立八木崎小学校校内研修会 , 2回
2012-2013 , 川越市立川越小学校研究委嘱校校内研修会 , 5回の講義
2012-2012 , SSTA全国特別研修会 , 2泊3日の講義
2012-2012 , 教育に関する3つの達成目標 , 3回の講義
2012- , 中学校教育研究協議会
2012-2013 , 若手教員授業力向上ゼミナール中学校理科 , 5回の講義
2012- , 蓮田市立黒浜南小学校校内研修会 , 1回の講義
2008- , おもしろ理科実験教室 , 小中学生対象
2008.7.12-2008.12.14 , 蕨市・学校開放講座
2008.10.25- , 蕨市・学校開放講座
講演会
2012- , 東松山市教育課程研修会 , 講演者
2012- , 日高市:確かな学力の定着に向けて , 講演者
2012- , 埼玉県学力向上推進協議会:言語活動の充実 , 講演者
2011- , 宮城県:学習指導要領を見すえた今日的な理科教育の課題 , 講演者
2011- , 狭山市教育講演会:3つの達成目標を効果的に取り入れた学校経営の在り方 , 講演者
2011- , 埼玉県連合教育研究会講演会:言語活動を重視した学習活動の充実 , 講演者
2011- , 埼玉県理科教育研究会講演会:新学習指導要領全面実施に向けて , 講演者
2011- , 埼玉県公立小学校校長研修会:教員の指導力向上 , 講演者
学会・研究会の主催等
2012- , 理科教育研究発表会(教員の部),埼玉県理科教育研究会 , 指導者
学外審議会・委員会
2013- , 学校評価委員会 , 委員
2012- , 埼玉県中学生思考力チャレンジ大会に係る問題検討 , 委員
2012-2012 , 文部科学省:新しい中学校教科書のより一層の改善に関する調査研究 , 技術審査専門委員
2012- , 北本市教育基本振興計画検討会議 , 委員
2012-2013 , 川越市学力向上・教育課程検討委員会 , 委員長
2012-2013 , 埼玉県私立学校審議会 , 委員
2012-2012 , 埼玉県教育委員会の事務に関する点検評価 , 学識経験者
2012-2013 , 「さいたま市小・中一貫教育」推進検討委員会 , 委員
2012-2013 , 小中一貫推進事業に係るカリキュラム作成委員会 , 指導者
2011.4-2012.3 , 川越市学力向上検討委員会
2011.4-2012.3 , 北本市・教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価に係る外部評価者
2011.4-2012.3 , 埼玉県・平成23年度埼玉県中学生思考力チャレンジ大会問題作成検討委員長
2011.4-2012.3 , 埼玉県・平成23年度埼玉県中学生思考力チャレンジ大会検証委員会委員長
2011.4-2012.3 , 埼玉県教育委員会・教育に関する3つの達成目標改訂検討委員会委員長
2011.12-2012.3 , 文部科学省・新しい小学校教科書のより一層の改善に関する調査研究 技術審査専門委員
2010.4-2014.3 , 埼玉県知事・埼玉県私立学校審議会 , 委員
2010.4-2014.3 , 国立教育政策研究所・国際数学・理科教育動向調査 TIMSS2011 , 国内専門委員
2010.4-2011.3 , 国立教育政策研究所教育課程研究センター・評価規準、評価方法等の工夫改善に関する調査研究 , 主査
2009.4-2011.3 , 女子中高生夏の学校2010-科学・技術者のたまごたちへ- , 評価委員
2009.4-2011.3 , 埼玉県教育委員会・教育に関する3つの達成目標改訂検討委員会 , 委員長
2009.4-2011.3 , 川越市学力向上検討委員会 , 委員長
2009.4-2010.3 , 埼玉県教育委員会・埼玉県高等学校、特別支援学校教育課程検討委員会 , 委員長
2008.4-2009.3 , 埼玉県幼稚園、小・中学校教育課程検討委員会 , 委員長
2008.4-2009.3 , 独立行政法人科学技術振興機構・理科教育支援検討タスクフォース中学校分科会 , 委員
2007.4-2009.3 , 文部科学省・中央教育審議会 , 主査代理
2007.4-2008.3 , 埼玉県検証改善委員会 , 代表
2006.4-2008.3 , 文部科学省・学習指導要領の改善等に関する協力者会議 , 主査
2005.4-2007.3 , 埼玉県教育委員会・教育に関する3つの達成目標推進委員会 , 委員長
2005.4-2007.3 , 国立教育政策研究所・特定の課題に関する調査結果分析委員会 , 主査
2004.4-2006.3 , 国立教育政策研究所・特定の課題に関する調査企画委員会 , 中学校理科主査
2003.4-2006.3 , 文部科学省・中央教育審議会 , 専門委員
2003.4-2005.3 , 埼玉県・科学技術・理科教育推進協議会 , 委員長
2003.4-2005.3 , 埼玉県・学力の定着に関する検討委員会 , 委員長
2002.4-2009.3 , 国立教育政策研究所・国際数学・理科教育動向調査 TIMSS2003 , 国内専門委員
2002.4-2003.3 , 埼玉県・学校週5日制に関する懇談会 , 委員長
2002.4-2003.3 , 国立教育政策研究所・教育課程実施状況調査結果作成・分析委員会
2001.4-2002.3 , 国立教育政策研究所・教育課程実施状況調査問題作成委員会 , 協力者
2000.4-2001.3 , 文部省・教育課程実施状況調査問題作成委員会 , 協力者

管理運営実績

管理運営実績

学内兼務職
2008.4-2011.3 , 埼玉大学教育学部附属小学校長 , 校長
学部内委員会等
2012-2013 , 進路指導委員会 , 委員
2007.4-2008.3 , 教育実習委員会 , 委員長
2005.4-2006.3 , カリキュラム委員会 , 副委員長