キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

宮田 伊知郎 ミヤタ イチロウ

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教養学部 教養学科ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程

研究分野

アメリカ研究

所属学会

所属学会
Organization of American Historians
アメリカ学会
日本アメリカ史学会
歴史学研究会
所属学会役員担当
2017 , アメリカ学会 , 評議員、国際委員
2016 - 2017 , 日本アメリカ史学会 , 運営代表
2015 - 2016 , 日本アメリカ史学会 , 運営副代表
2012 - 2015 , 日本アメリカ史学会 , 編集委員
2010 - 2012 , 歴史学研究会 , 編集委員
2010 - 2016 , アメリカ学会 , 広報・電子化情報委員会委員
1999 - 2001 , アメリカ史研究会 , 運営委員

学歴

出身大学院・研究科等
2010 , University of Georgia , 歴史学研究科博士課程(Ph.D. Degree Program) , 修了
2006 , 一橋大学 , 社会学研究科博士後期課程 , 単位取得満期退学
1998 , 埼玉大学 , 文化科学研究科 , 国際文化研究専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1996 , 埼玉大学 , 教養学部 , 教養学科アメリカ研究コース , 卒業
取得学位
Ph.D. in History , University of Georgia, Athens
修士(文化科学) , 埼玉大学

受賞学術賞

2005 , Thomas Pleasant Vincent Sr. Georgia History Award, Department of History, University of Georgia
2004 , Carl Vipperman Teaching Assistant Award, Department of History, University of Georgia
2001 , ロータリー財団国際親善奨学金(2002年まで)
2001 , フルブライト大学院奨学金(ディグリープログラム、部分補助、2005年まで)

研究職歴等

研究職歴
2015 , 学習院大学 人文科学研究所 客員研究員
2009 , 埼玉大学教養学部教養学科 准教授
2007/04 , 埼玉大学教養学部教養学科 助教
2006 - 2007 , 淑徳大学さいたまキャンパス 国際コミュニケーション学部 嘱託講師
2002 - 2005 , Teaching Assistant, Department of History, University of Georgia
2000 - 2001 , 一橋大学 社会学研究科 リサーチアシスタント
留学歴
2001 - 2005 , University of Georgia 大学院歴史学研究科博士課程

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
「未来都市の米国現代史――郊外化、開発、ジェントリフィケーションにおける排除と包摂」
,『歴史学研究』(2017年度年次大会増刊号),963:136-44頁。 201710
宮田伊知郎

「ポスト郊外」世代による現代都市史の困難と可能性――反開発運動と都心回帰の連続をめぐる一考察
,『アメリカ史研究』,39:3-26頁 2016
宮田伊知郎

書評論文 「中野隆生編『二十世紀の都市と住宅――ヨーロッパと日本』(山川出版社、2015)」
,『メトロポリタン史学』 ,第11号:59-68 2015
宮田伊知郎

「郊外史の出現と消滅?――アメリカ都市史における新潮流に関する小論」
,『歴史評論』,12月号:2-15頁 2014
宮田伊知郎

「ポスト公民権運動期のジョージア州アトランタにおける 公共交通網の形成と貧困の継承」
,『歴史学研究』,888:13-24 2012
宮田伊知郎

"Setting Atlanta in Motion": The Making and Unmaking of Atlanta's "Public" Transit, 1952-1981
,Ph.D. dissertation, History Department, University of Georgia:417 2010
Ichiro Miyata

「防げたはずの悪夢――住宅市場における人種差別と『サブプライム・メルトダウン』」
,『歴史学研究』,851:37-47 2009
宮田伊知郎

"Just as Important as Getting to the Moon": The Emergence of the Idea of Rapid Transit in Atlanta, Georgia, 1952-1961
埼玉大学教養学部,埼玉大学紀要、教養学部,45(1):209-229 2009
Ichiro Miyata

"Manufacturing Segregation: The Birth and Death of Underground Atlanta, 1969-1981"
,Japanese Journal of American Studies,19:239-58 2008
Ichiro Miyata

「白人近隣組織と新しい保守主義の形成―第二次世界大戦後のジョージア州アトランタを題材に」
ミネルヴァ書房,有賀夏紀、久保文明編 『個人と国家のあいだ<家族・団体・運動>』 (アメリカ学会学際講座シリーズ 第4巻):43-65 2007

"Atlanta, Yes, I-485, No": The Struggle of Old Suburbia and the Making of Public Transit in Atlanta, Georgia 1965-1973
,Hiroshi Yoneyama ed. Proceedings of the Kyoto American Studies Seminar, August 1-3, 2005. (March 2006):125-45 2006

「理想追求への火―TVA 思想、民主化、そして自立」
東京大学出版会,『開発の時間 開発の空間―戦後体験としての佐久間ダム』:51-71 2006
町村敬志編

「TVA 思想の形成、伝播、そして受容」
開発史研究会,『開発の時間・開発の空間―佐久間ダム再考』 科学研究費(基盤研究(B)(2)) 報告書:136-65 2003
町村敬志編

「都市『過密』問題の解決――都市計画形成期における『ゾーン・システム』導入に関する一考察」
,『アメリカ研究』,34:159-76 2000

学会発表
「ポスト・スターバックス?――アトランタベルトラインにおける食と環境」
,同志社大学アメリカ研究所 第6部門研究「現代アメリカ社会における農・環境・地域の連関」第6回研究会、2017年7月28日、同志社大学烏丸キャンパス。 201707

「現代アメリカ都市史の新潮流――住宅所有の外交、ネイバフッド、そして犯罪取り締まりに関する研究に注目しつつ」
,研究会報告 (学習院大学人文科学研究所プロジェクト 「現代都市に関する比較史的研究」)2017年7月1日、学習院大学。 201707

Comments on Lisa McGirr, "Understanding the American Right: Has Trump Proved Historians Wrong?"
,(研究会:「現代アメリカと長い20世紀」) 立教大学アメリカ研究所、2017年6月2日、立教大学池袋キャンパス。 201706

「未来都市の米国現代史――郊外化、開発、ジェントリフィケーションにおける排除と包摂」
,(現代史部会 都市の「開発」と戦後政治空間の変容) 2017年度歴史学研究会大会、2017年5月28日、学習院大学。 201705

「『公共』を問う――アメリカ都市史における新しい研究動向を題材に」
青山学院大学経済学部経済学会ワークショップ「公共性とその限界:制度と歴史の観点から」 2016年2月26日、青山学院大学。 201602

中野隆生編『二十世紀の都市と住宅―ヨーロッパと日本』(山川出版社、2015)の書評報告
メトロポリタン史学会、2015年11月21日、首都大学東京。 201511
宮田伊知郎

コメント、シンポジウムC「都市の人種関係史」日本アメリカ史学会第12回年次大会、2015年9月27日、北海道大学。
2015

Comments on Shoko Imai, “Reading Nobu Restaurants in the Urban Landscape, and Gavin Hamilton Whitelaw, “Counter Culture: Constructing Anonymity in a Japanese Convenience Store”
Organization of American Historians Annual Conference in Atlanta, GA 201404
Ichiro Miyata

「いま、60年代の越境を考える意義とは何か?」 ――油井大三郎編『越境する一九六〇年代――米国・日本・西欧の国際比較』(彩流社、2012年)を読んで
歴史学研究会現代史部会、2013年6月20日、明治大学駿河台キャンパス 201306
宮田伊知郎

Saving "A Miserly Pocket with Gold": Intown Garden Suburbs and the Urban Sprawl in Atlanta, 1968–1974.
The Garden and Its Myths in the United States and Great Britain, University of Angers (CRILA-CERHIO)/Temple University, Angers, France, November 29, 2012. 201211
Ichiro Miyata

ジョージア州アトランタの反開発運動における「公共」と「住環境」に関する一考察
アメリカ学会第46回年次大会、2012年6月2日、名古屋大学東山キャンパス 201206
宮田伊知郎

「アトランタにおける都市開発と「公共」概念の分裂、1952-1981―― ビジネス・エリート、白人ミドルクラスおよび黒人コミュニティの声の分析を通して」
アメリカ南部史研究会,アメリカ南部史研究会、2009年6月28日、共立女子大学神田一橋キャンパス。 2009
宮田伊知郎

Preserving "Hanging Gardens in Babylon": Highway Rebels and Building a Public Transit System in Atalnta, 1965-1972
,American Society for Environmental History, 2007 Conference, Baton Rouge, Louisiana, March 1, 2007. 2007

"Atlanta, Yes, I-485, No": The Struggle of Old Suburbia and the Making of Public Transit in Atlanta, Georgia 1965-1973
,Kyoto American Studies Summer Seminar, Center for American Studies, Ritsumeikan University, Kyoto, August 2, 2005. 2005

Manufacturing Segregation: The Life of Underground Atlanta, 1969-1981
Urban History Association,The Secound Biennial Urban History Conference, Milwaukee, Wisconsin, October 8, 2004. 2004

20世紀初頭における自動車の大衆化と郊外化―都市計画を視点として
日本西洋史学会,日本西洋史学会第50回大会、2000年5月14日、大阪外国語大学。 2001

20世紀初頭における郊外化と中産階級の形成―都市計画の展開を主な視点として
日本アメリカ史研究会(現日本アメリカ史学会),第184回例会、1999年3月27日、東京大学。 1999

その他
ポスト公民権運動期のジョージア州アトランタにおけるMARTA設立を通した白人リベラルの形成に関する研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(6(平成19年度)) 2008

「ゲーテッド・コミュニティ」
中央公論新社,『現代アメリカのキーワード』 (中公新書):95-99 2006
矢口祐人・吉原真里編

Ichiro Miyata, Review of _Environment and Society in the Japanese Islands: From Prehistory to the Present by Bruce l. Batten and Philip C. Brown_ _Agricultural History_ 90, no. 2 (2016): 257-58.

(項目執筆)『60年代アメリカ映画100』(芸術新聞社、2014年)

(項目執筆)『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社、2012年)

(項目執筆)『70年代アメリカ映画100』(芸術新聞社、2013年)

(翻訳)ブライアン・サイモン著、『お望みなのは、コーヒーですか?――スターバックスからアメリカを知る』
岩波書店、2013年

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2009-2011 , ポスト公民権運動期の米国における公共交通網の形成と異人種・階級間関係の変化の研究 , 若手研究(B)

教育活動実績

授業等

アメリカの文化と社会演習I , 教養学部
アメリカ研究基礎演習B , 教養学部
アメリカ研究演習III,IV , 教養学部
アメリカの言語 , 教養学部
アメリカ文化論III, IV , 大学院
アメリカ研究入門C , 教養教育