Keywords

Keywords Advanced Search

Profile

MATSUMOTO Masao

Faculty: Social Survey Research Center TEL:
Position: Professor ■FAX:
Address: 255 Shimo-Okubo, Sakura-ku, Saitama City, Saitama 338-8570, JAPAN ■Mail Address:
■Web site:

Profile

Assigned Class

International Institute for Resilient Society

Research

Books, Articles, etc.

Books
若い有権者の意識調査 調査結果の概要
(財)明るい選挙推進協会:65 201001
松本正生、上神貴佳

さいたま市高校生政治意識調査 -調査結果の概要-
さいたま市選挙管理委員会:全頁 2010
松本正生

若い有権者の意識調査(第3回) -調査結果の概要-
(財)明るい選挙推進協会:全頁 2010
松本正生、上神貴佳

信頼のガバナンス
ぎょうせい:45-58 200607
田中一昭, 岡田彰

社会環境設計論への招待
八千代出版:125-133 200504
新井光吉, 岩見良太郎, 江口幸治, 芝園子, 嶋崎健太郎, 田中恭子, 土川信男, 當間麗, 外岡豊, 本城昇, 松本正生, 三宅雄彦, 八木信一

世論調査のゆくえ
中央公論新社 2003

政治意識図説―「政党支持世代」の退場― (中公新書)
中央公論新社 2001

世論調査と政党支持
法政大学出版局 1991

NIRA OUTPUT:戦後世代の価値観変化と行動様式の変容
社会経済国民会議 1988

Articles
2010参院選 -そのつど支持層はどう動いたか-
,新情報,98:2008/08/13 2010
松本正生

Webモニター調査の課題と特性 -事後的パネル形成の効用-
,行動計量学会第38回大会抄録集:116-117 2010
松本正生

私たちは世論調査という社会資産を生かせるか
,世界,810:93-102 2010
松本正生、二木啓孝

世論調査をめぐって -内閣支持率政治に変化が-
,読売クォータリー,23:46-56 2010
松本正生

09総選挙有権者はどのように選択したのか 「そのつど支持」と政党支持の再編可能性
生活経済政策研究所,生活経済政策(154):22-26 200911
松本正生

世論調査へのエール 世論調査民主主義の近況
日本記者クラブ,シリーズ研究会「世論調査」4 200909
松本正生

「速報世論」に依存する政治動向と「内閣支持率」の意味するもの
朝日新聞社ジャーナリスト学校,Jounarism(231):16-25 200908
松本正生

世論調査の課題(要旨) (<特集>2008年度研究大会報告)
日本世論調査協会,よろん (日本世論調査協会報)(103):23-25 200903
松本正生, 吉野諒三, 谷口哲一郎, 上村修一

内閣支持と政党支持 「支持政党名」とは何か
日本政治学会,日本政治学会大会報告論文集 2009
松本正生

世論調査教育のすすめ (特集 民主主義とメディアの責任)
公明党機関紙委員会,公明(35):2-7 200811
松本正生

政治 有権者における政党再編成--世論調査の中の世論をめぐって
政策研究フォ-ラム,改革者(577):32-35 200808

序. 特集号にあたって (<特集>世論調査方法の再検証-「総合調査学」へ向けて-)
日本行動計量学会,行動計量学,35(1):1-3 200803

ボートマッチとは何か
明るい選挙推進協会,私たちの広場(297):4-6 200711

イベント化する選挙と「そのつど支持」-参院選を振り返って-
公明党機関紙委員会,公明(22):40-43 200710

行動計量学会シンポジウム : いま求められる調査とは (学会報告)
日本世論調査協会,日本世論調査協会報(99):53-54 200703

いま求められる調査とは-各調査モードの比較検証-
行動計量学会,レジュメ資料集 200611

政党離れから「そのつど支持」の時代へ
公明党機関紙委員会,公明(6):44-48 200606

世論調査民主主義は今
輿論科学協会,市場調査(269):4-11 2006

無党派時代の終焉-政党支持の変容過程- (特集 政治意識の諸相)
日本選挙学会,選挙研究 (日本選挙学会年報)(21):39-50 2006

AAPOR大会に参加して-カバレッジ概念の重要性-
新情報センター,新情報,93:21-25 200510

「そのつど支持」の民意は自民党には戻らない (特集 自民党は生き残れるか)
中央公論新社,中央公論,120(9):126-135 200509

「世論調査民主主義」のゆくえ-調査の多様性と精度が信頼性支える (総研談話会報告 メディアの世論調査は「世論」をつかめているか (上))
朝日新聞社,AIR21:朝日総研レポート(179):88-93 200504

選挙予測の現状と課題
,市場調査(261):4-33 200412
松本正生、松田映二

日本行動計量学会・多摩大学共催シンポジウム : 「今こそ、調査の哲学を」 (学会報告)
日本世論調査協会,日本世論調査協会報(94):37-39 200410

統一地方選--有権者は何を求めているか
潮出版社,潮(529):76-83 200303

日本行動計量学会活動報告:月例会報告:第76回 行動計量学シンポジウム「世論調査のゆくえ」
日本行動計量学会,行動計量学,29(2):281-282 200212

政治態度の継続と変容 (ニ) 未成年から成年への政治意識の流れ
学会誌刊行センター,法学志林,99(3):1-42 2002
岡村忠夫, 松本正生

無党派層が求める「一票の実感」 (特別企画 変われ!政治)
潮出版社,潮(509):88-95 200107

世論調査40年の軌跡が明示する 「自民党支持者」の退場
中央公論新社,中央公論,116(4):74-83 200104

<論説>政治態度の継続と変容 : 未成年から成年への政治意識の流れ
学会誌刊行センター,法学志林,98(4):47-90 2001
岡村忠夫, 松本正生

「政党支持」の近代化傾向 : 有識者意識調査('87・'97)をもとに
中央大学,法學新報,107(3/4):561-590 200009

衆院選:あいまいさの中の変化--「先駆的有権者」と選挙制度 (特集 2000年衆議院選挙の分析と展望)
生活経済政策研究所,生活経済政策(42):15-18 200007

日本 : 近現代 五 (一九九九年の歴史学界 : 回顧と展望)
史学会,史學雜誌,109(5):827-835 200005
小島聡, 松本正生, 明田川融, 齋藤憲

「政党支持」と政治的メンタリティ : オリジナル指標にみる連続と変化 (1999年度研究大会報告)
日本世論調査協会,日本世論調査協会報(85):38-42 200003

参院選結果のなかの有権者-間接的意味空間層と民主党 (特集 参議院選挙の結果とこれからの政治)
生活経済政策研究所,生活経済政策(20):6-9 199809

「政党支持」と政治的メンタリティ 続 大学生-有権者間の位相
埼玉大学経済研究室,社会科学論集(92):27-86 199709

私の研究と関心領域-新しい会員から-
日本世論調査協会,日本世論調査協会報(78):71 199610

「政党支持」と政治的メンタリティ 大学生意識調査に見る政党識別パタン
埼玉大学経済研究室,社会科学論集(88):39-61 199607

世論調査方法の比較検討-面接・電話・郵送三種実験調査結果から-
埼玉大学経済研究室,社会科学論集(87):59-88 199602

政治的社会化における連続と不連続 (2) 予備的考察
学会誌刊行センター,法学志林,93(4):89-133 1996
岡村忠夫, 松本正生

政治的社会化における連続と不連続 (1) 予備的考察
学会誌刊行センター,法学志林,93(2):5-39 1995
岡村忠夫, 松本正生

「内閣支持率」と「政党支持率」
法政大学法学志林協会,法学志林,89(2):119-155 199201

「支持政党なし」層と「支持形態」-「あいまい集合」としての政党支持
日本評論社,経済評論,37(10):56-65 198810

Presentation
Webモニター調査の課題と特性 -事後的パネル形成の効用-
日本行動計量学会 201009
松本正生

世論調査でみる参院選 -続・世論調査へのエール-
日本プレスセンター(同研究会),日本記者クラブ研究会報告論文集:全18頁 201007
松本正生

内閣支持と政党支持 「支持政党名」とは何か
日本政治学会 200910
松本正生

選挙予測の課題
世論科学協会 200410

Others
特集:政治・選挙の世論調査 世論調査とは何か
(財)明るい選挙推進協会,私たちの広場 200909

毎日新聞社:毎日ボートマッチ監修委員
2007