キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

松下 隆彦 マツシタ タカヒコ

所属部署名 理工学研究科 電話番号
職名 助教 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス takahiko@fms.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://md.fms.saitama-u.ac.jp

プロフィール

兼担研究科・学部

工学部 機能材料工学科
先端産業国際ラボラトリー

研究分野

合成化学
高分子化学
生物関連化学
分析化学
キーワード:糖鎖 , ペプチド , 糖ペプチド , 糖転移酵素 , 抗体 , 合成高分子 , 多価高分子 , 抗生物質 , レクチン

所属学会

所属学会
日本糖質学会 , 正会員
公益社団法人日本化学会 , 正会員
公益社団法人高分子学会 , 正会員

学歴

出身大学院・研究科等
2005 , 北海道大学 , 博士後期 , 理学研究科 , 生物科学専攻 , 単位取得満期退学
2002 , 北海道大学 , 博士前期 , 理学研究科 , 生物科学専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
2000 , 北海道大学 , 理学部 , 生物科学科 , 卒業
取得学位
博士(理学) , 北海道大学
免許・資格等
危険物取扱者(甲種)

受賞学術賞

2011 , 高分子研究奨励賞 , MUC1糖ペプチドライブラリーの効率的酵素化学合成法の開発

研究職歴等

研究職歴
2015 , 埼玉大学大学院理工学研究科, 助教
2013 - 2015 , 米国ウェイン州立大学化学科, リサーチスカラー
2008 - 2013 , 北海道大学大学院先端生命科学研究院, 特任助教
2005 - 2008 , 独立行政法人産業技術総合研究所, 特別研究員

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
Methods in Enzymology vol.478 " Novel Synthesis of Functional Mucin Glycopeptides Containing Both N- and O-glycans."
Elsevier Inc.:485-502 201011
Takahiko Matsushita, Shin-Ichiro Nishimura

月間バイオインダストリー2009年7月号 "糖鎖チップ・マイクロアレイの開発と応用展開-疾患マーカー探索へのアプローチ-"
シーエムシー出版:63-70 200906
ISBN:0910-6545
五十嵐幸太、松下隆彦, 西村紳一郎

Peptide News Letter No. 69 "マイクロ波を利用した糖ペプチド合成"
日本ペプチド学会:7-9 200807
松下隆彦

論文
Preparation of lauryl thioglycoside of N-glycolylneuraminic acid (Neu5Gc) as a useful glycosyl donor for assembly of an oligosaccharide containing Neu5Gc
Tetrahedron Letters,83(26):153403 2021
Jianhong Zhang,Tetsuo Koyama, Takahiko Matsushita, KenHatano, Koji Matsuoka

Synthesis and Antibacterial Activity of Propylamycin Derivatives Functionalized at the 5′′- and Other Positions with a View to Overcoming Resistance Due to Aminoglycoside Modifying Enzymes
ACS Infectious Diseases 2021
Dimitrijs Lubriks, Rimants Zogota, Vikram A. Sarpe, Takahiko Matsushita, Girish C. Sati, Klara Haldimann, Marina Gysin, Erik C. Böttger, Andrea Vasella, Edgars Suna, David Crich

Preparation of glycopolymers having sialyl α2 → 3 lactose moieties as the potent inhibitors for mumps virus
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,52:128389 2021
Koji Matsuoka, Takayuki Kaneshima, Ryota Adachi, Jiei Sasaki, Takao Hashiguchi, Tetsuo Koyama, Takahiko Matsushita, Ken Hatano

Fluorogenic glycopolymers available for determining the affinity of lectins by intermolecular FRET
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,30(8):127024 2020
Koji Matsuoka, Yuya Suzuki, Tetsuo Koyama, Takahiko Matsushita, Ken Hatano

Impaired O-glycosylation at consecutive threonine TTX motifs in mucins generates conformationally restricted cancer neoepitopes
Biochemistry,59(12):1221-1241 2020
Shun Hayakawa,Takahiko Matsushita, Yasuhiro Yokoi, Hajime Wakui, Fayna Garucia-Martin, Hiroshi Hinou, Koji Matsuoka, Kazuhiro Nouso, Toshiya Kamiyama, Akinobu Taketomi, Shin-Ichiro Nishimura

Verification of suitable ratio of carbohydrate residues in a glycopolymer having GlcNAc moieties for determining the affinity for wheat germ agglutinin
Journal of Molecular Structure,1217:128404 2020
Koji Matsuoka, Shohei Yamashita, Tetsuo Koyama, Takahiko Matsushita, Ken Hatano

Stereospecific synthesis of methyl 2-amino-2,4-dideoxy-6S-deuterio-α-D-xylo-hexopyranoside and methyl 2-amino-2,4-dideoxy-6S-deuterio-4-propylα-D-glucopyranoside: Side chain conformation of the novel aminoglycoside antibiotic propylamycin
Carbohydrate Research,491:107984 2020
Michael G.Pirrone, Takahiko Matsushita, AndreaVasella, David Crich

Neuraminidase-triggered activation of prodrug-type substrate of 4-nitroaniline
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,30(2):126883 2020
Takahiko Matsushita, Monique Nami Danyel, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

VHH抗体を集積した多糖類インターフェース
Colloid & Interface Communication -News Letter from DCSC- 2019年春号,44:12-13 2019
松下隆彦、松岡浩司

Design, Multigram Synthesis, and in Vitro and in Vivo Evaluation of Propylamycin: A Semisynthetic 4,5-Deoxystreptamine Class Aminoglycoside for the Treatment of Drug-Resistant Enterobacteriaceae and Other Gram-Negative Pathogens
Journal of the American Chemical Society,141(12):5051-5061 2019
Matsushita T, Sati GC, Kondasinghe N, Pirrone MG, Kato T, Waduge P, Kumar HS, Sanchon AC, Dobosz-Bartoszek M, Shcherbakov D, Juhas M, Hobbie SN, Schrepfer T, Chow CS, Polikanov YS, Schacht J, Vasella A, Böttger EC, Crich D

Synthetic construction of sugar-amino acid hybrid polymers involving globotriaose or lactose and evaluation of their biological activities against Shiga toxins produced by Escherichia coli O157:H7
Bioorganic & Medicinal Chemistry,26(22):5792-5803 2018
Koji Matsuoka, Kiyotaka Nishikaw, Yusuke Goshu, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Takahiko Matsushita, Miho Watanabe-Takahashi, Yasuhiro Natori, Daiyo Terunuma

A constraint scaffold enhances affinity of a bivalent N-acetylglucosamine ligand against wheat germ agglutinin
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,28(10):1704-1707 2018
Takahiko Matsushita, Koji Tsuchibuchi, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Preparation of Functional Monomers as Precursors of Bioprobes from a Common Styrene Derivative and Polymer Synthesis
Molecules,23(11):2875 2018
Riho Hayama, Tetsuo Koyama, Takahiko Matsushita, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Iodoacetyl-functionalized pullulan: A supplemental enhancer for single-domain antibody–polyclonal antibody sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of survivin
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,27(21):4844-4848 2017
Takahiko Matsushita, Hidenao Arai, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Naoto Nemoto, Koji Matsuoka

The Quest for Anticancer Vaccines: Deciphering the Fine-Epitope Specificity of Cancer-Related Monoclonal Antibodies by Combining Microarray Screening and Saturation Transfer Difference NMR
Journal of the American Chemical Society,137(39):12438-12441 2015
Helena Coelho, Takahiko Matsushita, Gerard Artigas, Hiroshi Hinou, F. Javier Cañada, Richard Lo-Man, Claude Leclerc, Eurico J. Cabrita, Jesús Jiménez-Barbero, Shin-Ichiro Nishimura, Fayna Garcia-Martín, Filipa Marcelo

Influence of 4′-O-Glycoside Constitution and Configuration on Ribosomal Selectivity of Paromomycin
Journal of the American Chemical Society,137(24):7706-7717 2015
Takahiko Matsushita, Weiwei Chen, Reda Juskeviciene, Youjin Teo, Dimitri Shcherbakov, Andrea Vasella, Erik C. Böttger, David Crich

Fluorine-Decoupled Carbon Spectroscopy for the Determination of Configuration at Fully Substituted, Trifluoromethyl- and Perfluoroalkyl-Bearing Carbons: Comparison with 19F–1H Heteronuclear Overhauser Effect Spectroscopy
The Journal of Organic Chemistry,80(3):1754-1763 2015
Appi Reddy Mandhapati, Takayuki Kato, Takahiko Matsushita, Bashar Ksebati, Andrea Vasella, Erik C. Böttger, David Crich

Fast epitope mapping for the anti-MUC1 monoclonal antibody by combining one-bead-one-glycopeptide library and microarray platform
Chemistry - A European Journal,20(48):15891-15902 2014
Fayna Garcia-Martin, Takahiko Matsushita, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

Delineating Binding Modes of Gal/GalNAc and Structural Elements of the Molecular Recognition of Tumor-Associated Mucin Glycopeptides by the Human Macrophage Galactose-Type Lectin
Chemistry - A European Journal,20(49):16147-16155 2014
Marcelo, F., Garcia-Martin, F., Matsushita, T., Sardinha, J., Coelho, H., Oude-Vrielink, A., Koller, C., Andre, S., Cabrita, E. J., Gabius, H.-J., Nishimura, S.-I., Jimenez-Barbero, J., and Canada, F. J.

Synthesis, antiribosomal and antibacterial activity of 4′-O-glycopyranosyl paromomycin aminoglycoside antibiotics
MedChemComm,5:1179-1187 2014
Weiwei Chen, Takahiko Matsushita, Dimitri Shcherbakov, Heithem Boukari, Andrea Vasella, Erik C. Böttger, David Crich

A straightforward protocol for the preparation of high performance microarray displaying synthetic MUC1 glycopeptides
Biochimica Et Biophysica Acta-general Subjects,1840(3):1105-1116 2014
Takahiko Matsushita, Wataru Takada, Kota Igarashi, Kentaro Naruchi, Risho Miyoshi, Fayna Garcia-Martin, Maho Amano, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

Site-specific Conformational Alteration Induced by Sialylation of MUC1 Tandem Repeating Glycopeptides at An Epitope Region for Anti-KL-6 Monoclonal Antibody
Biochemistry,52(2):402-414 2013
Takahiko Matsushita, Naoki Ohyabu, Naoki Fujitani, Kentaro Naruchi, Hiroki Shimizu, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

A Novel Approach for the Parallel Synthesis of Glycopeptides by Combining Solid-Phase Peptide Synthesis and Dendrimer-supported Enzymatic Modifications
Polymer Journal,45(8):854-862 2013
Takahiko Matsushita, Seiji Handa, Kentaro Naruchi, Fayna Garcia-Martin, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

Microwave-Assisted Solid-Phase Synthesis of Antifreeze Glycopeptides
Chemistry - A European Journal,19(12):3913-3920 2013
Ryuko Izumi, Takahiko Matsushita, Naoki Fujitani, Kentaro Naruchi, Hiroki Shimizu, Sakae Tsuda, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

Macrocyclic Mechanism-Based Inhibitor for Neuraminidases
Chemistry - A European Journal,19(4):1364-1372 2013
Hirokazu Kai, Hiroshi Hinou, Kentaro Naruchi, Takahiko Matsushita, Shin-Ichiro Nishimura

An Efficient Protocol for the Solid-Phase Synthesis of Glycopeptides under Microwave Irradiation
Organic & Biomolecular Chemistry,10(8):1612-1617 2012
Fayna Garcia-Martin, Hiroshi Hinou, Takahiko Matsushita, Syun Hayakawa, Shin-Ichiro Nishimura

An Efficient Approach for the Characterization of Mucin-Type Glycopeptides: The Effect of O-Glycosylation on the Conformation of Synthetic Mucin Peptides
Chemistry - A European Journal,17(8):2393-2404 2011
Ryo Hashimoto, Naoki Fujitani, Yasuhiro Takegawa, Masaki Kurogochi, Takahiko Matsushita, Kentaro Naruchi, Naoki Ohyabu, Hiroshi Hinou, Xiao Dong Gao, Naomi Manri, Hiroyuki Satake, Akihito Kaneko, Takeshi Sakamoto, Shin-Ichiro Nishimura

Chemical Synthesis, Folding, and Structural Insights into O-Fucosylated Epidermal Growth Factor-like Repeat 12 of Mouse Notch-1 Receptor
Journal of the American Chemical Society,132(42):14857-14865 2010
Kazumi Hiruma-Shimizu, Kensaku Hosoguchi, Yan Liu, Naoki Fujitani, Takashi Ohta, Hiroshi Hinou, Takahiko Matsushita, Hiroki Shimizu, Ten Feizi, Shin-Ichiro Nishimura

Sialic Acid-focused Quantitative Mouse Serum Glycoproteomics by Multiple Reaction Monitoring Assay
Molecular & Cellular Proteomics,9(11):2354-2368 2010
Masaki Kurogochi, Takahiko Matsushita, Maho Amano, Jun-ichi Furukawa, Yasuro Shinohara, Masato Aoshima, Shin-Ichiro Nishimura

Artificial Golgi Apparatus: Globular Protein-like Dendrimer Facilitates Fully Automated Enzymatic Glycan Synthesis
Journal of the American Chemical Society,132(46):16651-16656 2010
Takahiko Matsushita, Izuru Nagashima, Masataka Fumoto, Takashi Ohta, Kuriko Yamada, Hiroki Shimizu, Hiroshi Hinou, Kentaro Naruchi, Takaomi Ito, Hirosato Kondo, Shin-Ichiro Nishimura

Unexpected Tolerance of Glycosylation by UDP-GalNAc:Polypeptide -N-Acetylgalactosaminyltransferase Revealed by Electron Capture Dissociation Mass Spectrometry: Carbohydrate as Potential Protective Groups
Biochemistry,49(28):5929-5941 2010
Yayoi Yoshimura, Takahiko Matsushita, Naoki Fujitani, Yasuhiro Takegawa, Haruhiko Fujihara, Kentarou Naruchi, Xiao-Dong Gao, Naomi Manri, Takeshi Sakamoto, Kentaro Kato, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura

Functional Neoglycopeptides: Synthesis and Characterization of New Class MUC1 Glycoprotein Models Having Core 2-based O-Glycan and Complex-type N-Glycan Chains
Biochemistry,48(46):11117-11133 2009
Matsushita, T., Sadamoto, R., Ohyabu, N., Nakata, H., Fumoto, M., Fujitani, N., Takegawa, Y., Sakamoto, T., Kurogochi, M., Hinou, H., Shimizu, H., Ito, T., Naruchi, K., Togame, H., Takemoto, H., Kondo, H., Nishimura, S.-I.

An Essential Epitope of Anti MUC1 Monoclonal Antibody KL-6 Revealed by Focused Glycopeptide Library
Journal of the American Chemical Society,131(47):17102-17109 2009
Naoki Ohyabu, Hiroshi Hinou, Takahiko Matsushita, Ryukou Izumi, Hiroki Shimizu, Keiko Kawamoto, Yoshito Numata, Hiroko Togame, Hiroshi Takemoto, Hirosato Kondo, Shin-Ichiro Nishimura

Chemical and Enzymatic Synthesis of Neoglycolipids in the Presence of Cyclodextrins
Tetrahedron Letters,49(21):3413-3418 2008
Izuru Nagashima, Hiroki Shimizu, Takahiko Matsushita, Shin-Ichiro Nishimura

マイクロ波を利用した糖鎖・糖ペプチド精密合成
高分子論文集,64(12):883-896 2007
清水弘樹, 松下隆彦, 西村紳一郎

Construction of Highly Glycosylated Mucin-Type Glycopeptides Based on Microwave-Assisted Solid-Phase Syntheses and Enzymatic Modifications
The Journal of Organic Chemistry,71(8):3051-3063 2006
Takahiko Matsushita, Hiroshi Hinou, Masataka Fumoto, Masaki Kurogochi, Naoki Fujitani, Hiroki Shimizu, Shin-Ichiro Nishimura

Construction and Structural Characterization of Versatile Lactosaminoglycan-related Compound Library for the Synthesis of Complex Glycopeptides and Sphingoglycolipids
The Journal of Organic Chemistry,71(26):9609-9621 2006
Kentarou Naruchi, Tomoki Hamamoto, Masaki Kurogochi, Hiroshi Hinou, Hiroki

High-throughput protein glycomics: Combined Use of Chemoselective Glycoblotting and MALDI-TOF/TOF Mass Spectrometry
Angewandte Chemie International Edition,44(1):91-96 2005
Shin-Ichiro Nishimura, Kenichi Niikura, Masaki Kurogochi, Takahiko Matsushita, Masataka Fumoto, Hiroshi Hinou, Ryousuke Kamitani, Hiroaki Nakagawa, Kisaburo Deguchi, Nobuaki Miura, Kenji Monde, Hirosato Kondo

Rapid Microwave-Assisted Solid-Phase Glycopeptide Synthesis
Organic Letters,7(5):877-880 2005
Takahiko Matsushita, Hiroshi Hinou, Masaki Kurogochi, Hiroki Shimizu, Shin-Ichiro Nishimura

Molecular Transporter Between Polymer Platforms: Highly Efficient Chemoenzymatic Glycopeptide Synthesis by the Combined Use of Solid-Phase andWater-Soluble Polymer Supports
Angewandte Chemie International Edition,44(17):2534-2537 2005
Masataka Fumoto, Hiroshi Hinou, Takahiko Matsushita, Masaki Kurogochi, Takashi Ohta, Takaomi Ito, Kuriko Yamada, Akio Takimoto, Hirosato Kondo, Toshiyuki Inazu, Shin-Ichiro Nishimura

Post-Translational Modification of Proteins: Facile and Efficient Procedure for the Identificationof O-Glycosylation Sites by MALDI-LIFT-TOF/TOF Mass Spectrometry
Angewandte Chemie International Edition,43(31):4071-4075 2004
Masaki Kurogochi, Takahiko Matsushita, Shin-Ichiro Nishimura

学会発表
埼玉大学先端産業国際ラボラトリー
第15回 メディカルイノベーション研究ユニット (MiU)ワークショップ (埼玉大学) 202103
松岡浩司, 松下隆彦

糖鎖合成と多価化による高分子開発
リードエクジビジョンジャパン,第11回 化粧品開発展 Cosme Tech 2021 (Jan. 13~15, 2021) (東京ビックサイト),小間番号 A-9 202101
松岡浩司, 根本直人, 幡野健, 松下隆彦

高感度診断薬開発: 多価化による活性向上と蛍光センシング
リードエクジビジョンジャパン,2nd ファーマラボEXPO 2020 (幕張メッセ), Nov. 25~27, 2020,出展番号 A-15(口頭発表 ACA-2) 202011
松岡浩司, 根本直人, 幡野健, 松下隆彦

CNNの高機能化に向けた合成研究(Ⅱ):基礎的な反応性の検討
日本化学会,第10回CSJ化学フェスタ2020 (オンライン),講演要旨集(P8-046) 202010
遠藤大希, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡 浩司

ダブルビオチン標識抗体断片の合成と機能評価(Ⅱ) : ブロモマレイミドを用いての合成
日本化学会,第10回CSJ化学フェスタ2020 (オンライン),講演要旨集(P5-018) 202010
丸山直人, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

カルボシランデンドリマー・ペプチド複合材料のIL17A阻害剤への応用
日本化学会,第10回CSJ化学フェスタ2020 (オンライン),講演要旨集(P3-069) 202010
山口大貴, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健, 野口太朗, 中尾香菜子

ペプチド核酸を用いた蛍光検出薬の開発
日本化学会,第10回CSJ化学フェスタ2020 (オンライン),講演要旨集(P3-068) 202010
加藤政貴, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖合成と多価化による高分子開発
リードエクジビジョンジャパン,第1回 化粧品開発展[大阪] Cosme Week 2020 (Sep. 9~11, 2020) (インデックス大阪):小間番号 A-1 202009
松岡浩司, 根本直人, 幡野健, 松下隆彦

トランスグルタミナーゼ基質を用いた修飾タンパクの作製方法
科学技術振興機構、茨城大学、群馬大学、埼玉大学,JST新技術説明会 202007
松下隆彦

NMN 類縁体に関する合成研究 (I): NMN合成経路の確立
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-23):27 202003
國井皓貴, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖を導入したポリジアセチレンの合成研究(Ⅲ):分子設計と鍵中間体の合成
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-22):26 202003
嘉藤泰斗, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

ダブルビオチン標識抗体断片の合成と機能評価 (I): Fab の還元と再構築による機能化
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-19):23 202003
丸山直人, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

CNN の高機能化に向けた合成研究 (I): 基礎的な反応性の検討
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-18):22 202003
遠藤大希, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

高輝度蛍光微粒子の調製と感染症迅速診断への応用
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-15):19 202003
町田成, 藤川大輔, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野 健

長波長蛍光シロールを用いたインフルエンザウイルス検出薬の開発
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-15):19 202003
石山遼平, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

凝集誘起発光物質を内包した高輝度蛍光樹脂の開発
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-13):17 202003
銭本直樹, 町田成, 藤川大輔, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

N-グリコリルノイラミン酸誘導体の合成研究 (II): シアル酸誘導体の設計と合成
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-12):16 202003
張堅洪, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

人工セリンプロテアーゼの合成研究 (Ⅲ): モノマーの設計、合成、高分子化
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-11):15 202003
矢持日奈子, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖鎖合成と多価化による高分子開発
リードエクジビジョンジャパン,第10回 化粧品開発展 Cosme Tech 2020 (Jan. 20~22, 2020) (幕張メッセ):小間番号 A-19 202001
松岡浩司, 根本直人, 幡野健, 松下隆彦

埼玉大学(日本)
中共浙江省委、浙江省人民政府,2019 Hangzhou International Human Resources Exchanges and Cooperation Conference(浙江省杭州市) 201911
松下隆彦、松岡浩司

人工プロテアーゼの合成研究 (II): モノマーの設計、合成、高分子化
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-51 201911
矢持日奈子, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖を導入したポリジアセチレンの合成研究(Ⅱ):分子設計と鍵中間体の合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-52 201911
嘉藤泰斗, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

シアル酸部位を含む糖修飾型金ナノ微粒子の合成 (Ⅳ) アグリコン部へのPEG リンカーの導入に関する検討
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-53 201911
金島崇之, 松岡浩司, 松下隆彦, 幡野健, 小山哲夫

トランスグルタミナーゼを用いた機能性分子の合成研究(Ⅳ):機能性基質の合成と評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-54 201911
髙野凌, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

イソチオシアネートを基軸とした多価型リガンドの合成研究(IV): 二価モデル分子の合成と評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-56 201911
杉崎太紀, 小山哲夫, 松下隆彦, 幡野健, 松岡浩司

NA によるシアル酸の解離機構を用いたプロドラッグの合成研究(Ⅱ) ~シアル酸リンカーの合成及び薬物の選択的保護の検討~
:P-57 201911
星野悠河, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

イソチオシアネートを基軸とした多価型リガンドの合成研究(Ⅲ):二価モデル分子の合成と評価
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P4-044 201910
杉崎太紀・小山哲夫・松下隆彦・幡野 健・松岡浩司

FRETを利用した高分子プロテアーゼ基質の合成研究(Ⅲ)~モデル基質の合成と評価~
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P4-045 201910
飯田大貴・松岡浩司・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健

N-グリコリルノイラミン酸誘導体の合成研究(Ⅰ):シアル酸誘導体の中間体の合成
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P4-046 201910
張 堅洪・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

糖を土台としたペプチド模倣足場の開発 (Ⅲ) : 二環式糖誘導体の合成
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P7-044 201910
山本将義・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

シアル酸部位を含む糖修飾型金ナノ微粒子の合成(Ⅲ)PEGリンカーによる糖修飾型金微粒子の合成
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P8-016 201910
金島崇之・幡野 健・小山哲夫・松岡浩司・松下隆彦

トランスグルタミナーゼを用いた機能性分子の合成研究(Ⅲ):機能性基質の合成と評価
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P8-017 201910
髙野 凌・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

多価化による高感度化、高性能化
埼玉大学産学官連携協議会,第20回埼玉大学産学交流会テクノカフェ 201910
松下隆彦

人工プロテアーゼの合成研究(Ⅰ):モノマーの設計、合成、高分子化
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P2-080 201910
矢持日奈子・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

シアル酸リンカーを介したT-1105のインフルエンザノイラミニダーゼ感受性プロドラッグの合成研究
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P4-042 201910
星野悠河・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

糖を導入したポリジアセチレンの合成研究(Ⅰ):分子設計と鍵中間体の合成
日本化学会,第9回 CSJ化学フェスタ2019:P4-043 201910
嘉藤泰斗・松下隆彦・小山哲夫・幡野 健・松岡浩司

ナノ抗体提示多糖を用いた高感度免疫測定
科学技術振興機構、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、埼玉大学,JST新技術説明会:11 201906
松下隆彦

多価化による高感度化、高性能化
科学技術振興機構 (JST), 中国科学技術部,日中大学フェア&フォーラム in CHINA 2019内 日本新技術展(四川省成都) 201905
松下隆彦、松岡浩司

AIE活性物質による蛍光センシング及び多価化やFRETによる高感度診断薬開発
UBMジャパン、UBM EMEA、化学工業日報社 ,バイオファーマジャパン2019(東京ビッグサイト):1F-15 201903
松下隆彦、幡野健、松岡浩司

FRETを利用した高分子プロテアーゼ基質の合成研究(II) ~モデル基質の合成と評価~
高分子学会 関東支部,第30回埼玉地区懇話会(埼玉大学):P-1 201903
飯田大貴、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

シアル酸部位を含む糖修飾型金ナノ微粒子の合成(II) 糖修飾型金微粒子の合成と糖鎖定量法の探索
高分子学会 関東支部,第30回埼玉地区懇話会(埼玉大学):P-2 201903
金島崇之、松岡浩司、松下隆彦、幡野健、小山哲夫

イソチオシアネートを基軸とした多価型リガンドの合成研究(II):二価モデル分子の合成と評価
高分子学会 関東支部,第30回埼玉地区懇話会(埼玉大学):P-3 201903
杉崎太紀、小山哲夫、松下隆彦、幡野健、松岡浩司

トランスグルタミナーゼを用いた機能性分子の合成研究(II):機能性分子の合成と評価
高分子学会 関東支部,第30回埼玉地区懇話会(埼玉大学):P-4 201903
高野凌、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

糖を土台とした環状ペプチドのコンフォメーションプローブの合成(II) ー二環式糖アミノ酸の合成ー
高分子学会 関東支部,第30回埼玉地区懇話会(埼玉大学):P-5 201903
山本将義、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

AIEを活用した蛍光センシグ及び多価化矢FRETによる高感度検出
リード エグジビション ジャパン(株),第9回化粧品開発展(COSME Tech 2019)内アカデミックフォーラム(幕張メッセ):A-5 201902
松下隆彦、幡野健、松岡浩司

生体分子間の相互作用を強くする多価化技術
埼玉大学先端産業国際ラボラトリー,メディカルイノベーション研究ユニット(MiU)第8回ワークショップ「感染症に挑む」 201812
松下隆彦

種々の糖を末端に導⼊したポリジアセチレンの合成 (Ⅲ)︓重合条件の検討
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P3-022 201810
⽯澤督丈・松下隆彦・⼩⼭哲夫・ 幡野 健・松岡浩司

トランスグルタミナーゼを⽤いた機能性分⼦の合成研究 (Ⅰ)︓機能性基質の合成と評価
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P4-031 201810
髙野 凌・松下隆彦・⼩⼭哲夫・ 幡野 健・松岡浩司

環状ペプチド模倣体の合成研究 (Ⅰ):糖を⼟台としたコ ンフォメーションプローブの合成
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P4-32 201810
山本将義・松下隆彦・小山哲夫・幡野健、松岡浩司

FRETを利⽤した⾼分⼦プロテアーゼ基質の合成研究
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P4-037 201810
飯⽥⼤貴・松下隆彦・⼩⼭哲夫・ 幡野 健・松岡浩司

糖修飾型⾦ナノ微粒⼦の合成と評価(Ⅳ)︓糖鎖ポリマ ーを利⽤した凝集性の向上
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P6-039 201810
⽶内⼭友希・松下隆彦・⼩⼭哲 夫・幡野 健・松岡浩司

イソチオシアネートを基軸とした多価型リガンドの合成 研究(Ⅰ)︓⼆価モデル分⼦の合成と評価
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P8-034 201810
杉崎太紀・⼩⼭哲夫・松下隆彦・ 幡野 健・松岡浩司

シアル酸部位を含む糖修飾型⾦ナノ微粒⼦の合成 (Ⅰ): 糖鎖⾻格の構築と⾦ナノ微粒⼦の作成
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P9-010 201810
⾦島崇之・松岡浩司・松下隆彦・ 幡野 健・⼩⼭哲夫

蛍光増感型インフルエンザ検出薬の改良
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P9-021 201810
⾨⾺雄彦・⼩⼭哲夫・松下隆彦・ 松岡浩司・幡野 健

疎⽔的な薬剤を安定に保持するためのがん標的DDSキャ リア分⼦の合成
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P9-022 201810
佐藤将貴・⼩⼭哲夫・松下隆彦・ 松岡浩司・幡野 健

疎水的な薬剤を安定に保持するためのがん標的DDSキャリア分子の合成
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:80 201810
佐藤将貴,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

シロール-ペプチド複合体によるノロウイルスの「可視化」
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:79 201810
内藤祐志,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

シロール-ペプチド複合体を用いたベロ毒素の見える化
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:54 201810
石山遼平,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

蛍光増感型インフルエンザ検出薬の高感度化
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:45 201810
門馬雄彦,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

濃度消光を引き起こさない新規蛍光微粒子の開発
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:44 201810
藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

濃度消光を引き起こさない新規蛍光微粒子の開発
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):44 201810
藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

蛍光増感型インフルエンザ検出薬の高感度化
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):45 201810
門馬雄彦,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

シロール-ペプチド複合体を用いたベロ毒素の見える化
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):54 201810
石山遼平,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

溶媒留去法を用いた蛍光ビーズの高感度化および多色化
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):55 201810
銭本直樹,藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

次世代高機能抗体担持シロールの合成研究
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):65 201810
木村将吾,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

シロール-ペプチド複合体によるノロウイルスの「可視化」
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):79 201810
内藤祐志,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

疎水的な薬剤を安定に保持するためのがん標的DDSキャリア分子の合成
ケイ素化学協会,第22回ケイ素化学協会シンポジウム(日光):80 201810
佐藤将貴,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

トランスグルタミナーゼを用いた機能性分子の合成研究(I):機能性基質の合成と評価
日本化学会,8回CSJ化学フェスタ2018:P4-031 201810
高野凌、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

Bivalent N-Acetylglucosamine Glycosides: Effect of Scaffold Constraint on Lectin-Carbohydrate Interaction
Institut Kimia Malaysia,International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi (ICPAC Langkawi) 2018, Oct 30 - Nov 2, 2018, OBC-25:100 201810
T. Matsushita, K. Tsuchibuchi, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka

NAによるシアル酸の解離機構に関する合成研究(Ⅳ)- p-ニトロアニリン誘導体の合成と評価 -
日本化学会,第8回CSJ化学フェスタ2018:P3-021 201810
ダニエルモニック波美・⼩⼭哲 夫・松下隆彦・幡野 健・松岡浩司

AIEを活用した蛍光センシグ及び多価化矢FRETによる高感度検出
日本計量機器工業連合会,Intermeasure2018(第28回計量計測展)(東京ビッグサイト) 201809
松岡浩司、幡野健、松下隆彦

蛍光増感型インフルエンザ検出薬の改良
第53回有機反応若手の会,第53回 有機反応若手の会講演要旨集:81 201807
門馬雄彦,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

凝集誘起発光物質を用いた高輝度蛍光ビーズの開発
第53回有機反応若手の会,第53回有機反応若手の会講演要旨集:61 201807
藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

次世代高機能抗体担持シロールの合成研究
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:65 201807
木村将吾,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

溶媒留去法を用いた蛍光ビーズの高感度化および多色化
第22回ケイ素化学協会シンポジウム,第22回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:55 201807
銭本直樹,藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

凝集誘起発光物質を用いた高輝度蛍光ビーズの開発
第53回有機反応若手の会事務局,第53回有機反応若手の会(熊谷):61 201807
藤川大輔,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

蛍光増感型インフルエンザ検出薬の改良
第53回有機反応若手の会事務局,第53回有機反応若手の会(熊谷):81 201807
門馬雄彦,小山哲夫,松下隆彦,松岡浩司,幡野 健

AIE活性物質による蛍光センシング及び多価化やFRETによる高感度診断薬開発
リード エグジビション ジャパン(株),BIO tech 2018 アカデミックフォーラム, July 27-29, 2018(東京ビッグサイト):E-A100 201806
松岡浩司, 幡野健, 松下隆彦

ナノ抗体提示多糖を用いた高感度免疫測定
科学技術振興機構 (JST),日中大学フェア&フォーラム in CHINA 2018内 日本技術展(広東省広州):B30 201805
松下隆彦、松岡浩司

Synthetic studies of polydiacetylenes introducing various carbohydrate moieties at the terminal ends(II):Evaluation of polymerizabilities
日本化学会,日本化学会第98春季年会(2018):44 201803
Masahiro Ishizawa, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Mikio Yasutake, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Synthetic studies of novel functional nanoparticles by means of the reverse micelles method (3)-Preparation and purification of the functional nanoparticles -
日本化学会,日本化学会第98春季年会(2018):44 201803
Mao Sakamoto, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Synthesis of gold nanoparticles modified with sugar(III):Investigation of aggregative conditions
日本化学会,日本化学会第98春季年会(2018):44 201803
Tomoki Yonaiyama, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Synthetic study on dissociation mechanism of sialic acid by NA(3):Confirmation and evaluation of the dissociation of p-nitroaniline caused by the cleavage of sialic acid
日本化学会,日本化学会第98春季年会(2018):44 201803
Monique Daniel, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

Synthetic assembly of sugar moieties using biotin-avidin interaction
Asia Chem Corporation (ACC),International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC 2018) (Siem Reap, Cambodia), March 6-10, 2018:OBC71 201803
K. Matsuoka, A. Kumari, T. Koyama, T. Matsushita, K. Hatano

逆ミセル法を用いた新規機能性ナノゲル粒子の合成研究(II)ーDansyl基導入ナノゲル粒子の合成ー
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-12 201801
坂本舞央、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

FRET感受性高分子キチナーゼ基質の合成研究(IV)ー基盤糖鎖の構築経路の開拓ー
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-13 201801
西村有絵、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

種々の糖を末端に導入したポリジアセチレンの合成(I)~ジアセチレンモノマーの構築法の確立~
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-14 201801
石澤督丈、松下隆彦、小山哲夫、安武幹夫、幡野健、松岡浩司

シロール誘導体を用いた表面修飾に関する研究
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-15 201801
春日崇志、小山哲夫、松下隆彦、松岡浩司、幡野健

糖修飾型金ナノ微粒子の合成(II):金ナノ微粒子の評価とBufferの検討
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-16 201801

がん細胞標的ドラッグデリバリーへの利用に向けたc-RGDーシロール複合材料の検討
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-17 201801
三上泰明、小山哲夫、松下隆彦、松岡浩司、幡野健

凝集誘起発光物質を用いた高輝度蛍光微粒子の合成と評価
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-6 201801
藤川大輔、小山哲夫、松下隆彦、松岡浩司、幡野健

NAによるシアル酸の解離機構に関する合成研究(II):リンカーを介したシアル酸とポリペプチドの結合法の開発
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-7 201801
ダニエルモニック波美、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

ビオチン化スチレン含有ポリマーの合成とELISA評価
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-8 201801
永田研輔、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(VI)~ライブラリの構築と機能評価~
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-9 201801
奥山雄太、松下隆彦、小山哲夫、安武幹夫、幡野健、松岡浩司

カルボシランデンドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成研究(V):会合体としての糖鎖クラスター効果の評価
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-10 201801
戸田直道、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

ピロリ菌の産生する空胞化毒素VacA結合性ペプチド担持シロールの合成と評価
高分子学会 関東支部,第29回埼玉地区懇話会(埼玉大学)講演要旨集:P-11 201801
深澤崇紘、小山哲夫、松下隆彦、松岡浩司、長谷川慎、幡野健

糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(V): ライブラリの構築と機能評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2017 Symposium (東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会合同シンポジウム) (桐生) :P-66 201711
奥山雄太, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

カルボシランデンドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成研究(Ⅲ):会合体としての糖鎖クラスター効果の評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2017 Symposium (東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会合同シンポジウム) (桐生):P-25 201711
戸田直道, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

有機化学糖修飾型金ナノ微粒子の合成 (Ⅰ):糖誘導体を用いた金の還元
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P2-038 201710
米内山友希、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

有機化学糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(Ⅳ):ライブラリの構築と機能評価
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P2-043 201710
奥山雄太、松下隆彦、小山哲夫、安武幹夫、幡野健、松岡浩司

ジアセチレンリンカーを有する新規糖液晶の合成研究及び評価 (Ⅰ) : 糖誘導体の構築法の確立
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017 201710
石澤督丈、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

FRET感受性高分子型キチナーゼ基質の合成研究(III)-基盤糖鎖の構築法の開拓-
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P5-039 201710
西村有絵、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

カルボシランデンドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成研究(Ⅱ):会合体としての糖鎖クラスター効果の評価
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P7-025 201710
戸田直道、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

高分子化学逆ミセル法を用いた新規機能性ナノ粒子の合成研究(1)-機能性ナノ粒子の確立-
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P9-088 201710
坂本舞央、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

リンカーを介したシアル酸とポリペプチドの結合及び、ノイラミニダーゼによるシアル酸の解離機構に関する合成研究
日本化学会,第7回CSJ化学フェスタ2017:P2-043 201710
ダニエルモニック波美、松下隆彦、小山哲夫、幡野健、松岡浩司

ナノ抗体提示多糖を用いた高感度免疫測定
科学技術振興機構/新エネルギー・産業技術総合開発機構,イノベーション・ジャパン2017 201708
松下隆彦

糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(Ⅲ):ライブラリの構築と機能評価
日本糖質学会,第36回日本糖質学会年会:151 201707
奥山雄太、松下隆彦、小山哲夫、安武幹夫、幡野健、松岡浩司

糖鎖還元法による糖鎖含有金ナノ微粒子の実用的調製
日本糖質学会,第36回日本糖質学会年会:151 201707
小山哲夫、米内山友希、松下隆彦、幡野健、松岡浩司

ナノ抗体提示多糖を用いた高感度免疫測定
埼玉大学,埼玉大学先端産業国際ラボラトリー開設1周年記念 オープンラボ2017 201707
松下隆彦

AIEを活用した蛍光センシング及び多価化やFRETによる高感度化
JACI 公益社団法人新化学技術推進協会,第6回JACI/GSCシンポジウム 201707
松岡浩司、幡野健、松下隆彦

ナノ抗体提示多糖を用いた高感度免疫測定
埼玉大学オープンイノベーションセンター,埼玉大学産学官連携セミナー 201706
松下隆彦

AIEを活用した蛍光センシングおよび多価化やFRETによる高感度化
UBMジャパン/ UBM EMEA/ 化学工業日報社,CPhI Japan2017 201704
松岡浩司、幡野健、松下隆彦

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発
埼玉県,彩の国 Business Arena~産学連携フェア~ (さいたま):N-61 201702
松岡浩司, 幡野健, 根本直人, 松下隆彦

液晶性を有する糖誘導体の合成研究 (IX) -マンノース、ガラクトース誘導体ライブラリの合成-
高分子学会 関東支部,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-10 201612
松崎健太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹夫, 幡野健, 松岡浩司

カルボシランデドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成と評価 (I)
高分子学会 関東支部,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-9 201612
戸田直道, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖アルコーを基盤とした液晶性有する誘導体の合成研究 (II)
高分子学会 関東支部,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-8 201612
奥山雄太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹夫, 幡野健, 松岡浩司

ガン関連糖鎖抗原Lewis A 誘導体の新規合成法に関する研究(IV)
高分子学会 関東支部,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-7 201612
伊藤真宏, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

高分子を活用した糖鎖機能分子の合成
高分子学会 関東支部,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:3 201612
松下隆彦

嵩高いケイ素保護基を用いたオリゴ糖合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-36 201611
松本拓磨, 伊藤諒, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

インフルエンザウイルスセンサーとしての糖鎖担持シロールコアデンドリマーの合成と評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-35 201611
松村俊, 中村公亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

Turn-on検出を指向したノロウイルス結合糖鎖担持シロールの合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-34 201611
中村公亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

シアル酸模倣ペプチドを担持したIFV蛍光検出薬の開発
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-33 201611
佐藤大和, 村松洋亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 渡辺愛, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野健

FRET感受性高分子型キチナーゼ基質の合成研究 (II) ~蛍光性モノマーの構築法の開拓~
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-10 201611
西村有絵, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Multivalent recognition of GlcNAc-conjugates for WGA on the basis of SPR & PL methods (VIII)
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 シンポジウム (大岡山) 要旨集:P-09 201611
Amrita Kumari, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

がん細胞を標的としたc-RGDペプチド担持DDSキャリアの合成
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P8-044 201611
三上泰明, 岸上史弥, 江原輝, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

ピロリ菌の産出する空胞化毒素VacA結合性ペプチドを担持したシロールの合成
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P8-039 201611
深澤崇紘, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 長谷川慎, 幡野健

高分子型糖鎖抗原ポリマーの合成研究(Ⅲ)~Building blockの検討~
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P6-045 201611
伊藤真宏, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

FRET感受性高分子型キチナーゼ基質の合成研究( I )-蛍光性モノマーの構築法の開拓-
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P4-037 201611
西村有絵, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

カルボシランデンドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成研究
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-043 201611
戸田直道, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(Ⅰ)
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-037 201611
奥山雄太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

液晶性を有する糖誘導体の合成研究(Ⅷ)
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-032 201611
松崎健太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発 (II)
第15回 国際バイオテクノロジー展 (BIOtech 2016),(東京ビッグサイト), 出展番号:D-13 201605
松岡浩司, 幡野健, 根本直人, 松下隆彦

糖を土台としたペプチド模倣足場の開発 (Ⅳ) 二環式糖アミノ酸の合成方法の検討
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2019 Symposium(埼玉大学):P-55
山本将義, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

NAによるシアル酸の解離機構を用いたプロドラッグの合成研究 (Ⅲ): 薬剤の選択的保護条件及び薬剤リンカーのモデル検討
高分子学会,第31回埼玉地区懇話会 (さいたま),講演要旨集(P-17):21
星野悠河, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

その他
注目の論文「エーテル結合をクリック反応で切断する」
(株)化学同人,月刊『化学』,March(2019):74 201903
松下隆彦

毒にも薬にもなるミステリアスな糖鎖を操る
埼玉大学研究機構オープンイノベーションセンター,埼玉大学研究シーズ集2018-19:96 201804
松下隆彦、松岡浩司

教育活動実績

授業等

2020 , 前期 , 応用化学実験Ⅲ, 分担, 工学部
2019 , 前期 , 機能材料工学実験Ⅱ, 分担, 工学部
2018 , 前期 , 機能材料工学実験Ⅱ, 分担, 工学部
2017 , 前期 , 機能材料工学実験Ⅱ, 分担, 工学部
2017 , 前期 , 機能材料基礎演習, 分担, 工学部
2016 , 前期 , 機能材料工学実験Ⅱ, 分担, 工学部
2016 , 前期 , 工学基礎実験, 分担, 工学部
2016 , 前期 , 機能材料基礎演習, 分担, 工学部

社会活動実績

社会活動等

メディア・報道
2019 , 埼玉新聞 , サイ・テクこらむ【395】 , 結束の力
2017 , 埼玉県経営者協会 , 埼経協ニュース398号 , 新たな疾患検出・診断薬の創出に向けて
2016 , 埼玉新聞 , サイ・テクこらむ【257】 , 異物の新しいパートナー