キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

松岡 浩司 マツオカ コウジ

所属部署名 理工学研究科 物質科学部門 電話番号
職名 教授/センター長 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス koji@fms.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://md.fms.saitama-u.ac.jp

プロフィール

兼担研究科・学部

工学部 機能材料工学科
オープンイノベーションセンター/先端産業国際ラボラトリー

COE・クラスタ・研究グループ

機能分子設計

研究分野

生物有機化学
合成化学
高分子合成
糖鎖工学
キーワード:複合糖質 , 有機化学 , 合成化学 , 生化学 , 高分子化学 , 糖鎖クラスター , 糖鎖デンドリマー , 糖鎖高分子 , 生体高分子 , 生理活性物質

現在の研究課題

糖鎖は,細胞間相互作用等の情報の担い手をはじめ,多くのマーカーとして極めて重要な生体分子である。それらの謎めいた生理活性を有する複雑な糖鎖構造を分子レベルで解明するための機能性糖鎖リガンドの合成と評価を行ってきた(Macromolecules, 23, 1990; ibid., 24, 1991; ibid., 27, 1994)。さらに,癌のマーカーとして注目されているオリゴ糖類の高分子化,糖鎖クラスター理論に基づくオリゴ糖の結合特異性等の生化学的評価も同時に行ってきた(Macromolecules, 27, 1994; ibid., 28, 1995)。一方,微量酵素に対する蛍光性糖鎖リガンドの設計,合成,評価も手がけ,極めて低濃度で,しかも効率よく測定できる手法を確立した(Tetrahedron: Asymmetry, 5, 1994; Carbohydr. Res., 276, 1995)。現在は,機能材料の創製をめざし,糖鎖工学を中心とした以下の研究を行っている。1)糖を原料とした生理活性を有する高機能材料の開発;2)多糖を基盤とした生分解性プラスチックの開発;3)天然多糖の高次機能化と利用;4)医療材料を目的とした酵素阻害剤の開発;5)新規合成高分子の開発。

所属学会

所属学会
日本糖質学会
FCCA
アメリカ化学会
日本化学会
高分子学会
有機合成化学協会

学歴

出身大学院・研究科等
1995 , 北海道大学 , 博士後期 , 理学研究科 , 生物科学専攻 , 修了
1992 , 成蹊大学 , 博士前期 , 工学研究科 , 工業化学専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1990 , 成蹊大学 , 工学部 , 工業化学科 , 卒業
取得学位
博士(理学) , 北海道大学 , Syntheses and Biochemical Evaluation of Novel Glycoligands
修士(工学) , 成蹊大学
免許・資格等
第一種衛生管理者
危険物取扱者(甲種)

受賞学術賞

2005 , 東京糖鎖研究会奨励賞
1999 , ポスター賞(日本糖質学会)
1996 , 井上研究奨励賞

研究職歴等

研究職歴
2011 , 埼玉大学大学院理工学研究科教授
2007 - 2011 , 埼玉大学大学院理工学研究科准教授
2006 - 2007 , 埼玉大学大学院理工学研究科助教授
2003 - 2004 , 米国デューク大学化学科客員助教授
2001 - 2006 , 埼玉大学工学部助教授
1995 - 2000 , 埼玉大学工学部助手
1995 - 1995 , 理化学研究所有機合成化学研究室奨励研究員
1992 - 1993 , 米国ジョンズ・ホプキンス大学生物学科研究生

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
魅力的な糖鎖のお話
竹栄 (竹田理化工業株式会社):20 2016
松岡浩司

埼玉大学発、創薬を目指した研究開発!
埼玉県経営者協会,埼経協ニュース,390:14 2016
松岡浩司

毒素に対し接着能を有する糖鎖を利用した微生物検出用試薬
シー・エム・シー出版,食品分野における微生物制御技術の最前線 2014
幡野健*, 松岡浩司

シロールをコアとした糖鎖担持カルボシランデンドリマーを用いたバイオセンサへの応用
技術情報協会,バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発:301-305 2014
幡野健*, 松岡浩司

その場で診断できる感染症検査薬をめざして
日本化学会,化学と教育,59:560-561 2011
幡野 健, 松岡浩司

糖鎖クラスター効果を利用したウイルス・毒素類の多目的検出薬の開発
バイオインダストリー協会,BIOINDUSTRY:55-59 2011
幡野 健, 松岡浩司

リサイクル型SECによるチオシアロシド糖鎖の精製
埼玉大学科学分析支援センター,CACS FORUM:42-45 2010
松岡浩司

糖鎖と有機ケイ素化合物との融合
ケイ素化学協会,ケイ素化学協会誌,20:37 2010
松岡浩司

ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究
シー・エム・シー出版,複合糖質の化学と最新応用技術:270-277 200906
松岡浩司、幡野健、照沼大陽

糖鎖デンドリマー
エヌ・ティー・エス出版,超分子サイエンス:1043-1048 200905
松岡浩司、幡野健、照沼大陽

Sugar Polymers (Dendrimers and Pendant-type Linear Polymers)
Springer,Experimental Glycoscience:206-209 2008
K. Matsuoka, N. Taniguchi, A. Suzuki, Y. Ito, H. Narimatsu, T. Kawasaki, and S. Hase, (Eds.)

Glycodendrimers using carbosilanes as core scaffolds (Review)
Transworld Research Network,Nanotechnology in Carbohydrate Chemistry:89-102 2006
K. Matsuoka, K. Hatano, and D. Terunuma, H. Yuasa (Ed)

グライコデンドリマー
エヌ・ティー・エス出版,糖鎖科学の新展開:483-491 2005
松岡浩司, 幡野健, 森知紀, 照沼大陽

機能性デンドリマーの合成
シーエムシー出版,糖鎖化学の最先端技術:225-235 2005
松岡浩司, 幡野健, 照沼大陽

糖鎖高分子 (デンドリマー, グライコマテリアル)
金芳堂,未来を拓く糖鎖科学:123-125 2005
松岡浩司

カルボシランデンドリマー-糖鎖複合物質--大腸菌O157の産生するベロ毒素中和剤の開発--
シーエムシー出版,21世紀の有機ケイ素化学:258-264 2004
照沼大陽, 松岡浩司, 幡野健

Preparation of Fluorescence-Labeled Neoglycolipids for Ceramide Glycanase Assays
Academic Preess,Methods in Enzymol.,278:519-528 1997
K. Matsuoka, S.-I. Nishimura, and Y. C. Lee

論文
Synthetic Assembly of Novel Avidin-biotin-GlcNAc (ABG) Complex as an Attractive Bio-probe and its Interaction with Wheat Germ Agglutinin (WGA)
Elsevier,Bioorg. Chem.,68:219-225 2016
A. Kumari, T. Koyama, K. Hatano and K. Matsuoka
A tetravalent GlcNAc pendant glycocluster was constructed with terminal biotin through C-6 linker. To acquire the multivalent carbohydrate-protein interactions, we synthesized a glycopolymer of tetrameric structure using N-acetyl-D-glucosamine (GlcNAc) as the target carbohydrate by the use of 4-(4,6-dime thoxy-1,3,5-triazin-2-yl)-4-methylmorpholinium chloride (DMT-MM) as coupling reagent, followed by biotin-avidin complexation leading to the formation of glycocluster of avidin-biotin-GlcNAc conjugate (ABG complex). The dynamic light scattering (DLS) system was implied for size detection and to check the binding affinity of GlcNAc conjugate with a WGA lectin we use fluorometric assay by means of specific excitation of tryptophan at lambda(ex) 295 nm and it was found to be very high K-a similar to 1.39 x 10(7) M-1 in case of ABG complex as compared to GlcNAc only K-a similar to 1.01 x 10(4) M-1 with the phenomenon proven to be due to glycocluster effect.
Bio-probe; Biotin; Lectin; Glycocluster; Tryptophan; Multivalency

Synthesis of Fluorinated Polymers and Evaluation of Wettability
Elsevier,Molecules,21:358 2016
T. Kimura, Maria C.Z. Kasuya, K. Hatanaka, and K. Matsuoka
Two kinds of fluorinated polymers were synthesized: an acrylate polymer having a fluorinated triethylene glycol as a pendant group (2a) and a fluoroalkyl acrylate polymer (2b). The contact angle of these fluorinated polymers against water, non-fluorinated alcohols and fluorinated alcohols were evaluated. As compared with the fluoroalkyl polymer (2b), fluoroethylene glycol polymer (2a) showed smaller contact angle against water and non-fluorinated alcohols. This supports the proposition that changing the alkyl chain into the ethylene glycol-type chain gave some interaction between etheric oxygen and water or non-fluorinated alcohols. In addition, fluoroalkyl acrylate polymer (2b) showed remarkably low values of critical surface tension.
fluorous; fluorinated polymers; wettability; contact angle; critical surface tension

L-Fucose-containing Arabinogalactan-protein in Radish Leaves
ELSEVIER SCI LTD,Carbohydr. Res.,415:1-11 2015
M. Inaba, T. Maruyama, Y. Yoshimi, T. Kotake, K. Matsuoka, T. Koyama, T. Tryfona, P. Dupree, and Y. Tsumuraya

Effect of Aglycon Structure on Saccharide Elongation by Cells
WILEY-V C H VERLAG GMBH,Chem. Biodiv.,12:239-247 2015
T. Kimura, Maria C.Z. Kasuya, K. Hatanaka*, and K. Matsuoka

Enzymatic Fragmentation of Carbohydrate Moieties of Radish Arabinogalactan-protein and Elucidation of the Structures
TAYLOR & FRANCIS LTD,,Biosci. Biotechnol. Biochem.,78(5):818-831 2014
R. Shimoda, K. Okabe, T. Kotake, K. Matsuoka, T. Koyama, T. Tryfona, H.-C. Liang, P. Dupree, Y. Tsumuraya*
alpha-L-arabinofuranosidase; arabinogalactan-protein; L-arabino-galactooligosaccharide; exo-beta-(1 -> 3)-galactanase, radish

Use of Chloromethylstyrene as A Supporter for Convenient Preparation of Carbohydrate Monomer and Glycopolymers
ELSEVIER SCI LTD,Carbohydr. Polym.,107:209-213 2014
K. Matsuoka*, A. Kurita, T. Koyama, and K. Hatano
Styrene; Glycopolymers; Radical polymerization; Lectins; Fluorescence spectrometry

Synthesis of Chiral Dopants based on Carbohydrates
ELSEVIER SCI LTD,Carbohydr. Res.,393:15-22 2014
T. Tsuruta, M. Yasutake, T. Koyama, K. Hatano, and K. Matsuoka*

Structural Revision of Kynapcin-12 by Total Synthesis, and Inhibitory Activities against Prolyl Oligopeptidase and Cancer Cells
PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Bioorg. Med. Chem. Lett.,24:3373-3376 2014
S. Takahashi*, A. Yoshida, S. Uesugi, Y. Hongo, K.-i. Kimura, K. Matsuoka, and H. Koshino

Synthesis and Structural Revision of a Brominated Sesquiterpenoid, Aldingenin C
AMER CHEMICAL SOC,J. Org. Chem.,79:9373–9380 2014
S. Takahashi*, M. Yasuda, T. Nakamura, K. Hatano, K. Matsuoka, and H. Koshino

Synthesis and Influenza Virus Inhibitory Activities of Carbosilane Dendrimers Peripherally Functionalized with Hemagglutinin-Binding Peptide
AMER CHEMICAL S,J. Med. Chem.,57:8332-8339 2014
K. Hatano*, T. Matsubara, Y. Muramatsu, M. Ezure, T. Koyama, K. Matsuoka, R. Kuriyama, H. Kori, and T. Sato

基質の活性向上を目指し、高分子化によるクラスター効果の発現や発光特性改変の探索
,TAMA 大学技術工房70,3:24 2013
松岡浩司

Inhibitory Effects and Specificity of Synthetic Sialyldendrimers toward Recombinant Human Neuraminidase 2 (NEU2)
OXFORD UNIV PRESS INC,Glycobiology,23:495-504 2013
M. M. Rahman, S. Kitao, D. Tsuji, K. Suzuki, J.-I. Sakamoto, K. Matsuoka, F. Matsuzawa, S.-I. Aikawa, and K. Itoh
docking model; inhibitor; sialidase 2; sialyldendrimers; thiosialyloligosaccharides

Carbohydrate Immobilized on a Dendrimer-Coated Colloidal Gold Surface for Fabrication of a Lectin-Sensing Device Based on Localized Surface Plasmon Resonance Spectroscopy
Elsevier,Biosensors & Bioelectronics,41:465-470 2013
M. Ogiso, J. Kobayashi, T. Imai, K. Matsuoka, M. Itoh, T. Imamura, T. Okada, H. Miura, T. Nishiyama, T. Matsuda, T. Hirahashi, S. Fujieda, N. Minoura, and K. Hatanaka
Localized surface plasmon resonance (LSPR); Glycan array; Biosensor; Polyamidoamine dendrimer; Lectin

Structural Revision of Pochonicine and Determination of its Absolute Configuration by Chemical Synthesis
Elsevier,Tetrahedron Lett.,54:1456-1459 2013
Y. Kitamura, H. Koshino, T. Nakamura, A. Tsuchida, T. Nitoda, H. Kanzaki, K. Matsuoka, and S. Takahashi
Pochonicine; GIcNAcase inhibitor; N-Acetyl-D-glucosamine; D-Allopyranoside

Immobilization of Carbohydrate Clusters on a Quartz Crystal Microbalance Sensor Surface
Elsevier,J. Colloid Interfce Sci.,393:257-263 2013
M. Ogiso, K. Matsuoka, T. Okada, T. Imai, M. Itoh, T. Imamura, Y. Haga, K. Hatanaka, and N. Minoura
Quartz crystal microbalance (QCM); Polyamidoamine dendrimer; Ganglioside; Wheat germ agglutinin (WGA)

Carbosilane Glycodendrimers (Review)
ROYAL SOC CHEMISTRY,Chem. Soc. Rev.,42:4574-4598 2013
K. Hatano, K. Matsuoka, and D. Terunuma
INFLUENZA NEURAMINIDASE INHIBITORS; DENDRIMER CORE SCAFFOLDS; SHIGA-LIKE TOXIN; ONE-POT REACTION; PERIPHERAL GLOBOTRIAOSE; BINDING ACTIVITIES; BIRCH REDUCTION; LIQUID-AMMONIA; MOIETIES; LACTOSE

A Novel Method for the Production of Sialylparagloboside
Elsevier,Helv. Chim. Acta,95:67-75 201201
Y. Shimura, J. Suzuki, M. C. Z. Kasuya, K. Matsuoka, and K. Hatanaka

Synthetic Assembly of Bi-Fluorescence-Labeled Glycopolymers as Substrates for Assaying α-Amylase by Resonance Energy Transfer
American Chemical Sciety,ACS Macro Lett.,1:266-269 201201
K. Matsuoka, H. Arai, H. Oka, T. Koyama, and K. Hatano

Synthetic Studies of Bi-fluorescence-labeled Maltooligosaccharides as Substrates for α-Amylase on the Basis of Fluorescence Resonance Energy Transfer (FRET)
Elsevier,Bioorg. Med. Chem.,20:435-445 201201
H. Oka, T. Koyama, K. Hatano, and K. Matsuoka

Synthesis and Biological Evaluation of Sialic Acid Derivatives Containing a Long Hydrophobic Chain at the Anomeric Position and Their C-5 Linked Polymers as Potent Influenza Virus Inhibitors
Elsevier,Bioorg. Med. Chem.,20:446-454 201201
K. Suzuki, T. Koyama, S. Yingsakmongkon, Y. Suzuki, K. Hatano, and K. Matsuoka

Intricate Recognition of Glycolipid-like Compounds by HIV-1 Envelope Proteins Evaluated with Surface Plasmon Resonance Imaging
TAYLOR & FRANCIS INC,J. Carbohydr. Chem.,31:584-592 2012
T. Okada, A. Kimura, H. Miura, T. Nishiyama, M. Mori, J. Suzuki, M. Ogiso, K. Matsuoka, T. Sato, K. Hatanaka, and N. Minoura

Influence of Passage Number on Glycosylation of Alkyl Lactosides by MDCK Cells
SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN,J. Biosci. Bioengin.,114:552-555 2012
Y. Shimura, J. Suzuki, M. C. Z. Kasuya, K. Matsuoka, and K. Hatanaka

Convenient Assembly of Trimeric LeX Determinants using Carbosilane Scaffolds by means of Huisgen Cycloaddition
Elsevier,Tetrahedron Lett.,53:6793-6796 2012
K. Matsuoka, H. Yamaguchi, T. Kohzu, J.-I. Sakamoto, T. Koyama, K. Hatano, S. Yamamoto, T. Mori, and K. Hatanaka

Glyco-silicon Functional Materials as Anti-influenza Virus Agents (Review)
Bentham Science Publishers,Open Glycosience,5:31-40 2012
K. Matsuoka, T. Koyama, and K. Hatano

Lectin Detection Based on the Aggregation-induced Emission Eeffect (Review)
GAKUSHIN PUBL CO,Trends in Glycosci. Glycotech.,28:78-94 2012
K. Hatano, K. Matsuoka, and D. Terunuma

A Carbosilane Dendrimer and a Silacyclopentadiene Analog Carrying Peripheral Lactoses as Drug-delivery Systems
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,22:3564-3566 2012
H. Aizawa, K. Otomo, N. Honsho, T. Shimazaki, M. Villeneuve, K. Matsuoka, K. Hatano, and D. Terunuma

Large Scale Biosynthesis of Ganglioside Analogues by RERF-LC-AI Cells Cultured in HYPERFlask
TAYLOR & FRANCIS INC,Prep. Biochem. Biotech.,42:378-392 2012
Y. Shimura, J. Suzuki, M. Muraoka, M. C. Z. Kasuya, K. Matsuoka, and K. Hatanaka

Synthesis of Sialyllactosamine Clusters using Carbosilane as Core Scaffolds by means of Chemical and Enzymatic Approaches
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,20:4906-4910 2010
K. Matsuoka, R. Kaneko, T. Koyama, X.-T. Ma, Y. Esumi, T. Nakamura, K. Hatano, and D. Terunuma

Synthetic Construction of a Fucosyl Chitobiose as an Allergen-associated Carbohydrate Epitope and the Glycopolymer Involving Highly Clustered Trisaccharidic Sequences
Elsevier,Tetrahedron Lett.,51:2529-2532 2010
K. Matsuoka, H. Yamaguchi, T. Koyama, K. Hatano, and D. Terunuma

Simple and Conveniently Accessible Bi-fluorescence-labeled Substrates for Amylases
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,20:1969-1971 2010
H. Oka, T. Koyama, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

Analytical Investigations of the Behavior of Silole-core Dendrimers with Peripheral Globotriaose in Water and Acetone/Water Mixed Solvent
Elsevier,Tetrahedron Lett.,51:1545-1549 2010
H. Aizawa, K. Hatano, H. Saeki, N. Honsho, T. Koyama, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Synthesis and Characterization of Photo-responsive Carbosilane Dendrimers
Molecular Diversity Preservation International,Molecules,14(6):2226-2234 200906
T.Koyama, K.Hatano, K.Matsuoka, Y.Esumi, and D.Terunuma

Bifunctional Cytosolic UDP-Glucose 4-Epimerases Catalyze the Interconversion between UDP-D-Xylose and UDP-L-Arabinose in Plants
Biochemical Society,Biochem. J.,424(2):169-177 2009
T.Kotake, R.Takata, R.Verma, M.Takaba, D.Yamaguchi, T.Orita, S.Kaneko, K.Matsuoka, T.Koyama, W.-D.Reiter, and Y.Tsumuraya

Systematic Syntheses of Influenza Neuraminidase Inhibitors: a Series of Carbosilane Dendrimers Uniformly Functionalized with Thioglycoside-type Sialic Acid Moieties
Elsevier,Bioorg. Med. Chem.,17(15):5451-5464 2009
J.I.Sakamoto, T.Koyama, D.Miyamoto, S.Yingsakmongkon, K.I.P.J.Hidari, W.Jampangern, T.Suzuki, Y.Suzuki, Y.Esumi, T.Nakamura, K.Hatano, D.Terunuma, and K.Matsuoka

Syntheses and Biological Evaluations of Carbosilane Dendrimers Uniformly Functionalized with Sialyl alpha(2-3) Lactose Moieties as Inhibitors for Human Influenza Viruses
Elsevier,Bioorg. Med. Chem.,17(15):5465-5475 2009
H.Oka, T.Onaga, T.Koyama, C.-T.Guo, Y.Suzuki, Y.Esumi, K.Hatano, D.Terunuma, and K.Matsuoka

Synthetic Construction of a Lex Determinant via Gabriel Amine Synthesis and the Glycopolymer Involving Highly Clustered Lex Residues
Elsevier,Tetrahedron Lett.,50(21):2593-2596 2009
K.Matsuoka, T.Kohzu, T.Hakumura, T.Koyama, K.Hatano, and D.Terunuma

Synthesis of Sialic Acid Derivatives Having a C=C Double Bond Substituted at the C-5 Position and Their Glycopolymers
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,19(17):5105-5108 2009
K.Suzuki, J.-I.Sakamoto, T.Koyama, S.Yingsakmongkon, Y.Suzuki, K.Hatano, D.Terunuma, and K.Matsuoka

Relapsing Fever Borrelia Binds to Neolacto Glycans and Mediates Rosetting of Human Erythrocytes
National Academy of Sciences,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,106(46):19280-19285 2009
B.P.Guo, S.Teneberg, R.M nch, D.Terunuma, K.Hatano, K.Matsuoka, J.Ångstr m, T.Bor n, and S.Bergstr m

Fluorescence Quenching Detection of Peanut Agglutinin Based on Photoluminescent Silole-core Carbosilane Dendrimer Peripherally Functionalized with Lactose
Elsevier,Tetrahedron Lett.,50(42):5816-5819 2009
K.Hatano, H.Saeki, H.Yokota, H.Aizawa, T.Koyama, K.Matsuoka, and D.Terunuma

タミフル耐性インフルエンザウィルス阻害剤の基礎研究(II)
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト成果発表会 : ポスター展示 200811
松岡 浩司

タミフル耐性インフルエンザウィルス阻害剤の基礎研究 (II)
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(6(平成19年度)) 200809
松岡 浩司
Study of inhibitors for Tamiflu®-resistant influenza virus (II)

新規インフルエンザ特効薬1
内閣府、総務省、文部科学省、経済産業省、日本経済団体連合会、日本学術会議,第7回産学官連携推進会議 展示会 : 出展パネル 200806
松岡 浩司

新規インフルエンザ特効薬2
内閣府、総務省、文部科学省、経済産業省、日本経済団体連合会、日本学術会議,第7回産学官連携推進会議 展示会 : 出展パネル 200806
松岡 浩司

A bifunctional enzyme with L-fucokinase and GDP-L-fucose pyrophosphorylase activities salvages free L-fucose in Arabidopsis
American Society for Biochemistry and Molecular Biology,J. Biol. Chem.,283(13):8125-8135 2008
T. Kotake, S. Hojo, N.i Tajima, K. Matsuoka, T. Koyama, and Y. Tsumuraya

Properties of family 79 beta-glucuronidases that hydrolyze beta-glucuronosyl and 4-O-methyl-beta-glucuronosyl residues of arabinogalactan-protein
Elsevier,Carbohydr. Res.,343(7):1191-1201 2008
T. Konishi, T. Kotake, D. Soraya, K. Matsuoka, T. Koyama, S. Kaneko, K. Igarashi, M. Samejima, and Y. Tsumuraya

Sialyl alpha(2 -> 3) lactose clusters using carbosilane dendrimer core scaffolds as influenza hemagglutinin blockers
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,18(15):4405-4408 2008
H. Oka, T. Onaga, T. Koyama, C.-T. Guo, Y. Suzuki, Y. Esumi, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

Synthesis and Lectin-binding Activity of Luminescent Silica Particles Peripherally Functionalized with Lactose
Elsevier,Tetrahedron Lett.,49(39):5593-5596 2008
K. Hatano, T. Yamazaki, K. Yoshino, N. Ohyama, T. Koyama, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Use of a recycle-type SEC method as a powerful tool for purification of thiosialoside derivatives
Elsevier,Carbohydr. Res.,343(16):2735-2739 2008
J.-I. Sakamoto, C. Takita, T. Koyama, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

糖鎖と有機ケイ素化合物の複合による新規機能材料
,化学工業,59(2):95-100 2008
幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

標的認識能を有する有機ケイ素-糖鎖ハイブリッド材料
,未来材料,8:45-50 2008
照沼大陽, 松岡浩司, 幡野健

タミフル耐性インフルエンザウィルス阻害剤の基礎研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト成果発表会 : ポスター展示 200711
松岡 浩司

Highly-luminescent Glycocluster: Silole-core Carbosilane Dendrimer Having Peripheral Globotriaose
Elsevier,Tetrahedron Lett.,48(25):4365-4368 2007
K. Hatano, H. Aizawa, H. Yokota, A. Yamada, Y. Esumi, H. Koshino, T. Koyama, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Lactotriaose-containing carbosilane dendrimers: syntheses and lectin-binding activities
Elsevier,Bioorg. Med. Chem.,15(4):1606-1614 2007
A. Yamada, K. Hatano, T. Koyama, K. Matsuoka, N. Takahashi, K.I.P.J. Hidari, Y. Suzuki, and D. Terunuma

Novel Linear Polymers Bearing Thiosialosides as Pendant-type Epitopes for Influenza Neuraminidase Inhibitors
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,17(14):3826-3830 2007
K. Matsuoka, C. Takita, T. Koyama, D. Miyamoto, S. Yingsakmongkon, K. I.P.J. Hidari, W. Jampangern, T. Suzuki, Y. Suzuki, K. Hatano, and D. Terunuma

Practical Synthesis of Fully Protected Globotriaose and Its Glycopolymers
Elsevier,Carbohydr. Polym.,69(2):326-335 2007
K. Matsuoka, Y. Goshu, Y. Takezawa, T. Mori, J.-I. Sakamoto, A. Yamada, T. Onaga, T. Koyama, K. Hatano, P. W. Snyder, E. J. Toone, and D. Terunuma

Site-Specific, Covalent Attachment of Poly(dT)-Modified Peptides To Solid Surfaces for Microarrays
American Chemical Society,Bioconjugate Chem.,18(6):1778-1785 2007
N. Kimura, T. Okegawa, K. Yamazaki, and K. Matsuoka

Thiosialoside Clusters Using Carbosilane Dendrimer Core Scaffolds as a New Class of Influenza Neuraminidase Inhibitors
Elsevier,Bioorg. Med. Chem. Lett.,17(3):717-721 2007
J.-I. Sakamoto, T. Koyama, D. Miyamoto, S. Yingsakmongkon, K.I.P.J. Hidari, W. Jampangern, T. Suzuki, Y. Suzuki, Y. Esumi, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

タミフル耐性インフルエンザウィルス阻害剤の基礎研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書,5(18年度):529-530 2007
松岡浩司
Study of inhibitors for Tamiflu®-resistant influenza virus

糖鎖の活性増幅とその応用
,第1回首都圏北部4大学「新技術説明会」報告資料:23-26 2007
松岡浩司

Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Glyco-Materials
,8th International Symposium on Biotechnology, Metal complexes and Catalysis:24-25 200611
K. Matsuoka

Carbosilane Dendrimers Bearing Globotriaoses: Construction of A Series of Carbosilane Dendrimers Bearing Globotriaoses
American Chemical Sciety,Biomacromolecules,7(8):2284-2290 2006
K. Matsuoka, M. Terabatake, Y. Esumi, K. Hatano, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

Carbosilane Dendrimers Bearing Globotriaoses: Syntheses of Globotrioasyl Derivative and Introduction into Carbosilane Dendrimers
American Chemical Sciety,Biomacromolecules,7(8):2274-2283 2006
K. Matsuoka, M. Terabatake, A. Umino, Y. Esumi, K. Hatano, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

Identification and Characterization of Carbohydrate Molecules in Mammalian Cells Recognized by Dengue Virus Type 2
Oxford University Press,J. Biochem.,139(3):607-614 2006
C. Aoki, K.I.P.J. Hidari, S. Itonori, A. Yamada, N. Takahashi, T. Kasama, F. Hasebe, M.A. Islam, K. Hatano, K. Matsuoka, T. Taki, C.-T. Guo, T. Takahashi, Y. Sakano, T. Suzuki, D. Miyamoto, M. Sugita, D. Terunuma, K. Morita, and Y. Suzuki

Structural Analysis of the Interaction between Shiga Toxin B Subunits and Linear Polymers Bearing Clustered Globotriose Residues
American Society for Microbiology,Infect. Immun.,74(3):1984-1988 2006
M. Watanabe, K. Igai, K. Matsuoka, A. Miyagawa, T. Watanabe, R. Yanoshita, Y. Samejima, D. Terunuma, Y. Natori, and K. Nishikawa

Syntheses and Vero Toxin-binding Activities of Carbosilane Dendrimers Periphery-functionalized with Galabiose
Elsevier,Tetrahedron,62(21):5074-5083 2006
A. Yamada, K. Hatano, K. Matsuoka, T. Koyama, Y. Esumi, H. Koshino, K. Hino, K. Nishikawa, Y. Natori, and D. Terunuma

Syntheses of a Series of Lacto-N-neotetraose Clusters using a Carbosilane Dendrimer Scaffold
Elsevier,Carbohydr. Res.,341(4):467-473 2006
A. Yamada, K. Hatano, T. Koyama, K. Matsuoka, Y. Esumi, and Daiyo Terunuma

Synthesis of a Series of Carbosilane Dendrimers Having Thioglycoside-type Sialic Acid Moieties
International Carbohydrate Organization,XXIIIrd International Carbohydrate Symposium:279 2006
J.-I. Sakamoto, T. Koyama, Y. Esumi, H. Koshino, K. I.-P. J. Hidari, T. Suzuki, Y. Suzuki, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

Synthetic Construction of Novel Sugar―Amino Acid Hybrid Materials Using Typical Radical Polymerization Protocol
International Carbohydrate Organization,XXIIIrd International Carbohydrate Symposium:275 2006
K. Matsuoka, Y. Goshu, T. Koyama, K. Hatano, and D. Terunuma

Thiosialoside Clusters as Inhibitors for Influenza Virus Neuraminidases
,22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur:173 2006
J.-I. Sakamoto, C. Takita, T. Koyama, K. Hatano, D. Terunuma, Y. Esumi, K. I.-P. J. Hidari, S. Yingsakmongkon, D. Miyamoto, W. Usawattanakul, T. Suzuki, Y. Suzuki, and K. Matsuoka

アレルギー関連糖鎖エピトープの合成と機能化に関する研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(4(17年度)):163-165 2006
松岡浩司
Study of syntheses and functions of allergy-related glycoepitopes

カルボシランデンドリマー・糖鎖複合材料の開発 : 大腸菌O157の産生するベロ毒素中和剤への応用<論文>
埼玉大学工学部,埼玉大学紀要, 工学部, 第1部論文集,1(38):40-44 200503
幡野 健, 松岡 浩司, 照沼 大陽
Development of Carbosilane dendrimer–Carbohydrate Composite Materials : Application for Neutralizer of Vero Toxin producing E. Coli

Advantages of Carbosilane Dendrimer as a Carbohydrate Scaffold --Application to Artificial Receptor of E. Coli, Influenza and Dengue Virus--
,The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry:78 2005
Ken Hatano, Akihiro Yamada, Tetsuo Koyama, Koji Matsuoka, Daiyo Terunuma, Yasuaki Esumi, Kiyotaka Nishikawa, Yasuhiro Natori, Kazuya Hidari and Yasuo Suzuki

Identification of the Optimal Structure Required for a Shiga Toxin Neutralizer with Oriented Carbohydrates to Function in the Circulation
University of Chicago Press,J. Infect. Dis.,191(12):2097-2105 2005
K. Nishikawa, K. Matsuoka, M. Watanabe, K. Igai, K. Hino, K. Hatano, A. Yamada, N. Abe, D. Terunuma, H. Kuzuhara, and Y. Natori

Syntheses and Biological Assay of a Series of Lacto-N-neotetraose Cluster using Carbosilane Dendrimer Scaffolds
,The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry:134 2005
Akihiro, Yamada, Ken Hatano, Koji Matsuoka, Yasuaki Esumi, Chie Aoki, Kazuya Hidari, Yasuo Suzuki and Daiyo Terunuma

Synthesis of Carbosilane Dendrimers Having Peripheral Mannose and Mannobiose
Elsevier,Tetrahedron,61(11):2751-2760 2005
T. Mori, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Esumi, E. J. Toone, and D. Terunuma

グロボ三糖担持カルボシランデンドリマーの合成 -カルボシランデンドリマー構造がO157:H7が産生するベロ毒素の阻害活性に及ぼす効果- (Review)
有機化学合成協会,有機合成化学協会誌,63(7):722-727 2005
照沼大陽, 松岡浩司, 幡野健
Syntheses of Carbosilane Dendrimers Carrying Peripheral Globotriaose Derivatives -The Relationship between the Carbosilane Dendrimer Structure and the Magnitude for Neutralizing Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7-, J. Syn. Org. Chem. Jpn.

Synthesis of a Useful Lauryl Thioglycoside of Sialic Acid and its Application
Elsevier,Tetrahedron Lett.,45(51):9383-9386 200412
K. Matsuoka, T. Onaga, T. Mori, J.-I. Sakamoto, T. Koyama, N. Sakairi, K. Hatano, and D. Terunuma

Synthesis of Glycoconjugate Polymer Carrying Globotriaose as Artificial Multivalent Ligand for Shiga Toxin-producing Escherichia coli O157: H7
Elsevier,Carbohydr. Polym.,57(4):441-450 200409
A. Miyagawa, H. Kurosawa, T. Watanabe, T. Koyama, D. Terunuma, and K. Matsuoka

シクロデキストリンの化学修飾(ミニレビュー)
日本農芸化学会,日本農芸化学会誌,78(9):863-865 200409
松岡浩司
Chemical Modification of Cyclodextrins (Mini Review), Nippon Nogeikagaku Kaishi

Oral Therapeutic Agents with Highly Clustered Globotriose for Treatment of Shiga Toxigenic Escherichia coli Infections
University of Chicago Press,J. Infect. Dis.,189(3):360-368 2004
M. Watanabe, K. Matsuoka, E. Kita, K. Igai, N. Higashi, A. Miyagawa, T. Watanabe, R. Yanoshita, Y. Samejima, D. Terunuma, Y. Natori, and K. Nishikawa

Synthesis and Biological Evaluation of Glycopolymer as Shiga Toxin Neutralizer
Oxford University Press,Glycobiology,14:1194 2004
K. Matsuoka, A. Miyagawa, K. Nishikawa, M. Watanabe, Y. Natori, E. Kita, T. Koyama, K. Hatano, and D. Terunuma

Synthesis and Property of Carbosilane Dendrimers Functionalizing Peripheral Mannose Moieties
Oxford University Press,Glycobiology,14:1093 2004
T. Mori, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Esumi, E. J. Toone, and D. Terunuma

化学合成と酵素合成によるN-アセチルラクトサミンクラスターの構築
,埼玉大学地域共同研究センター紀要,4:86 2004
松岡浩司、照沼大陽

Synthesis of a Useful Anomeric Thioacetate of an N-Acetyllactosamine Derivative and its Application
Elsevier,Tetrahedron Lett.,44(18):3617-3620 2003
K. Matsuoka, T. Ohtawa, H. Hinou, T. Koyama, Y. Esumi, S.-I. Nishimura, K. Hatano, and D. Terunuma

新規カルボシランデンドリマーの合成とその構造が液晶性に与える効果
高分子学会,高分子論文集,60(10):561-568 2003
土田隆樹, 島崎智恵美, 幡野健, 松岡浩司, 青木良夫, 野平博之, 江角保明, 照沼大陽
Both of a series of new second generation carbosilane dendrimers having a different number of branches (Me(n)G 2-Mesogen, n=1, 2, 3) and a novel carbosilane dendrimer having an increased length of methylene chain from the core to the second generation (Gradient G 2-Mesogen) with terminal cyanobiphenyl mesogens were prepared. The characterization of the dendrimers was carried out by using differential scanning calorimetry (DSC) and optical polarizing microscopy. All the dendrimers showed smectic A phase. The ranges of the smectic A phase and the texture size of Me(n)G 2-Mesogen were increased with increasing the number of branches. The behavior of phase transition temperature and the texture size of Gradient G 2-Mesogen were similar to those of Me(n)G-2 Mesogen.
Preparation of New Carbosilane Dendrimers Having Terminal Methogens and Investigation of Their Liquid Crystal Characteristics, Koubunshi Ronbunshu

A Therapeutic Agent with Oriented Carbohydrates for Treatment of Infections by Shiga Toxin-producing Escherichia Coli O157:H7
National Academy of Sciences,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,99(11):7669-7674 2002
K. Nishikawa, K. Matsuoka, E. Kita, N. Okabe, M. Mizuguchi, K. Hino, S. Miyazawa, C. Yamasaki, J. Aoki, S. Takashima, Y. Yamakawa, M. Nishijima, D. Terunuma, H. Kuzuhara, and Y. Natori

E3 Ubiquitin Ligase that Recognizes Sugar Chains
Nature Publishing Group,Nature,418(6896):438-442 2002
Y. Yoshida, T. Chiba, F. Tokunaga, H. Kawasaki, K. Iwai, T. Suzuki, Y. Ito, K. Matsuoka, M. Yoshida, K. Tanaka, and T. Tai

Improved Solubility of beta-Cyclodextrin Inclusion Complexes by Using Liquid Ammonia as a Solvent and the Possibility of Asymmetric Reduction
Elsevier,Carbohydr. Polym.,47(4):373-376 2002
K. Matsuoka, H. Takahashi, Y. Saito, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

An Alternative Route for Constructon of Carbosilane Dendrimers Uniformly Functionalized with Lactose or Sialyllactose Moieties
Elsevier,Tetrahedron Lett.,42(19):3327-3330 2001
K. Matsuoka, H. Oka, T. Koyama, Y. Esumi, and D. Terunuma

Bi-Fluorescence-Labeled Maltoheptaoside: Convenient Substrate for Continual Assay of (alpha)-Amylase
Harwood Academic Publishers,Carbohydr. Lett.,4(2):77-84 2001
S.-I. Nishimura, N. Kimura, K. Matsuoka, and Y. C. Lee
A new maltoheptaose derivative was prepared as a useful substrate for continual assay of alpha-amylase. The maltoheptaoside has thionaphtyl group as a fluorescent energy donor at the reducing end and dansyl group as an acceptor group at the non-reducing end. Excitation of the thionaphthyl group at 290 nm results in emission at 523 nm from the dansyl group, while the emission from the thionaphthyl group is quenched by the dansyl group. This fluorescence energy transfer is reduced by the hydrolytic action with alpha-amylase and a significant decrease in the dansyl emission concomitant with an increase in the thionaphthyl emission was observed. Usefulness of this substrate was demonstrated for sensitive and continuous assay of alpha-amylase from Aspergillus oryzae.

Regioselective Synthesis of Methylated β-Cyclodextrins Leaving Hydroxyl Groups
Elsevier,Tetrahedron Lett.,42(8):1531-1533 2001
K. Matsuoka, Y. Shiraishi, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

Synthesis and Reactivity of a 5-Azido Analogue of Neuraminic Acid
Harwood Academic Publishers,Carbohydr. Lett.,4(2):123-130 2001
K. Matsuoka, H. Oka, D. Terunuma, and H. Kuzuhara
A peracetylated phenyl 2-thioglycoside (1) of a 5-azido analogue neuraminic acid methyl ester was prepared from a known 5-amino precursor by a diazo transfer reaction. Glycosidation of 1 by alcohols proceeded smoothly in CH3CN to give alpha-sialylated products in good yield.

An Improved Preparation of N, N'-Diacetylchitobiose by Continuous Enzymatic Degradation of Colloidal Chitin Using Dialysis Tubing as A Convenient Separator
American Chemical Sciety,Biomacromolecules,1(4):798-800 2000
K. Matsuoka, Y. Matsuzawa, K. Kusano, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

Synthetic Assembly of Trisaccharide Moieties of Globotriaosyl Ceramide Using Carbosilane Dendrimers as Cores. A New Type of Functional Glyco-Materials
Elsevier,Tetrahedron Lett.,40(44):7839-7842 1999
K. Matsuoka, M. Terabatake, Y. Esumi, D. Terunuma, and H. Kuzuhara

学会発表
In vivo glycan-protein conjugation via metal catalysis
日本化学会,第97回春季年会 (日吉) 講演予稿集:2C7- 16 201703
Yixuan Lin, Kenward Vong, Koji Matsuoka, Katsunori Tanaka

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発
埼玉県,彩の国 Business Arena~産学連携フェア~ (さいたま):N-61 201702
松岡浩司, 幡野健, 根本直人, 松下隆彦

ガン関連糖鎖抗原Lewis A 誘導体の新規合成法に関する研究(IV)
高分子学会,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-7 201612
伊藤真宏, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖アルコーを基盤とした液晶性有する誘導体の合成研究 (II)
高分子学会,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-8 201612
奥山雄太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹夫, 幡野健, 松岡浩司

カルボシランデドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成と評価 (I)
高分子学会,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-9 201612
戸田直道, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

液晶性を有する糖誘導体の合成研究 (IX) -マンノース、ガラクトース誘導体ライブラリの合成-
高分子学会,第28回埼玉地区懇話会 (和光) 講演要旨集:P-10 201612
松崎健太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹夫, 幡野健, 松岡浩司

カルモジュリン結合ペプチドはミッドカインに親和性を示し、その一アミノ酸変異による立体構造変化が結合親和性の向上に寄与する (Secondary structure change by single alanine substitution in Calmodulin-binding peptide improved the binding affinity with Midkine)
日本生物物理学会,第54回年会 (つくば) 講演予稿集:1Pos034 201611
Hidenao Arai, Koji Matsuoka, Naoto Nemoto

Multivalent recognition of GlcNAc-conjugates for WGA on the basis of SPR & PL methods (VIII)
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-09 201611
Amrita Kumari, Takahiko Matsushita, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

FRET感受性高分子型キチナーゼ基質の合成研究 (II) ~蛍光性モノマーの構築法の開拓~
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-10 201611
西村有絵, 松下隆彦, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

強力なTNF-α産生制御活性を持つVialinin Bのターゲット探索のためのプローブ創製
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-11 201611
須田康明, 松岡浩司, 中村健道, 越野宏雪, 高橋俊哉

シアル酸模倣ペプチドを担持したIFV蛍光検出薬の開発
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-33 201611
佐藤大和, 村松洋亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 渡辺愛, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野健

Turn-on検出を指向したノロウイルス結合糖鎖担持シロールの合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-34 201611
中村公亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

インフルエンザウイルスセンサーとしての糖鎖担持シロールコアデンドリマーの合成と評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-35 201611
松村俊, 中村公亮, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

嵩高いケイ素保護基を用いたオリゴ糖合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2016 Symposium (大岡山) 講演要旨集:P-36 201611
松本拓磨, 伊藤諒, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

ピロリ菌の産出する空胞化毒素VacA結合性ペプチドを担持したシロールの合成
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P8-039 201611
深澤崇紘, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 長谷川慎, 幡野健

がん細胞を標的としたc-RGDペプチド担持DDSキャリアの合成
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P8-044 201611
三上泰明, 岸上史弥, 江原輝, 小山哲夫, 松下隆彦, 松岡浩司, 幡野健

FRET感受性高分子型キチナーゼ基質の合成研究( I )-蛍光性モノマーの構築法の開拓-
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P4-037 201611
西村有絵, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

隣接トリカルボニル基を有するポリマーのアルコール交換反応を利用した自己修復性検討
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P5-115 201611
中井脩也, 江島広貴, 松岡浩司, 吉江尚子

高分子型糖鎖抗原ポリマーの合成研究(Ⅲ)~Building blockの検討~
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P6-045 201611
伊藤真宏, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

強力なTNF-α産生制御活性を持つVialinin Bのターゲット探索のためのプローブ創製
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P1-055 201611
須田康明, 松岡浩司, 中村健道, 越野広雪, 高橋俊哉

液晶性を有する糖誘導体の合成研究(Ⅷ)
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-032 201611
松崎健太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

糖アルコールを基盤とした液晶性を有する誘導体の合成研究(Ⅰ)
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-037 201611
奥山雄太, 松下隆彦, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

カルボシランデンドリマーをコアとする多価型バイオプローブの合成研究
日本化学会,第6回CSJ化学フェスタ2016 (船堀) 講演予稿集:P3-043 201611
戸田直道, 松下隆彦, 小山哲夫,幡野健, 松岡浩司

隣接トリカルボニル基の水-アルコール交換反応を利用した自己修復ポリマーの開発
高分子学会,第65回年次大会 (神戸国際会議場) 講演予稿集,65:2Pd118 201605
中井脩也, 江島広貴, 松岡浩司, 吉江尚子

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発 (II)
リードエクジビジョンジャパン,BIO tech 2016:D-13 201605
松岡浩司, 幡野健, 根本直人, 松下隆彦

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発
埼玉県,彩の国 Business Arena~産学連携フェア~ (さいたま) 201601
松岡浩司, 幡野健, 根本直人, 松下隆彦

Synthesis of Fluorescence Silole-core Dendrimers Carrying Sugar Chain as Pathogen Sensor
AMER CHEMICAL SOC,The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Hawaii, USA), December 15 – 20, 2015:1443 201512
S. Matsumura, K. Nakamura, T. Furukawa, T. Koyama, K. Matsuoka, K. Hatano

Oligosaccharides Synthesis using Silicon Bulky protecting Group
AMER CHEMICAL SOC,The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Hawaii, USA), December 15 – 20, 2015:2619 201512
T. Matsumoto, R. Ito, R. Konose, T. Koyama, K. Matsuoka, K. Hatano

Effective Synthesis and Influenza Virus Inhibitory Activities of Carbosilane Dendrimers Peripherally Functionalized with Influenza Hemagglutinin-binding Peptide
AMER CHEMICAL SOC,The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Hawaii, USA), December 15 – 20, 2015:988 201512
Y. Sato, Y. Muramatsu, T. Koyama, K. Matsuoka, R. Kuriyama, H. Kori, T. Matsubara, T. Sato, K. Hatano

Synthetic Study of the Polymer as Multivalent Bioprobe (V) -Novel approach for Lectin Detection using Combination of the Glycocluster Effect and FRET in the Fluorogenic Polymers-
AMER CHEMICAL SOC,The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015) (Hawaii, USA), December 15 – 20, 2015:611 201512
R. Hayama, T. Koyama, K. Hatano, K Matsuoka,

光を使った新しいがんの検出・治療薬の開発
新科学技術推進協会 (JACI),第2回学産交流ポスターセッション (千代田区) 201512
松岡浩司

光を使った新しいがんの検出・治療薬の開発
第23回首都圏北部4大学連合新技術説明会(キャラバン隊),医工連携シーズ説明会 (自治医大) 201511
松岡浩司

Synthetic assembly of mannose moieties for quantification of its interaction with Concanavalin A
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2015 Symposium (日吉) 講演要旨集:P-33, p. 52 201510
Deepti Diwan, Hidenao Arai, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

糖鎖含有金ナノ微粒子の合成と評価 (V) ~WGAによる凝集測定~
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P7-044 201510
坂本健, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

液晶性を有する糖誘導体の合成研究 VII) -グルコース誘導体ライブラリーの合成-
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P7-045 201510
松崎健太, 安武幹雄, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

新規蛍光性シアル酸誘導体の合成研究
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P7-100 201510
木村珠美, 小山哲夫, 畑中研一, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究 (VII)~三糖構造をもつ高分子基質の合成~
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P5-039 201510
木村一博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖含有水溶性ポルフィリンポリマーの合成研究 (V) ~ポルフィリンポリマーの生物学的評価~
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P5-087 201510
安藤衛, 小山哲夫, 鈴木美穂, 石丸雄大, 幡野健, 松岡浩司

高分子型糖鎖抗原ポリマーの合成研究 (II) ~高分子基質の合成~
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P1-042 201510
伊藤真宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Synthesis of biotin-sugar conjugate as an attractive bioprobe (V)
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P3-086 201510
Kumari, Amrita, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

高分子型バイオプローブの合成研究 (VI) ~糖鎖クラスター効果とFRET効果を組み合わせた新規活性測定法の確立~
日本化学会,第5回CSJ化学フェスタ2015 (船堀) 講演予稿集:P3-091 201510
羽山里穂, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

バイオベースフランを原料とする修復性ポリマー材料
高分子学会,第64回高分子討論会 (仙台) 講演予稿集,64:2Q14 201509
吉田祥麻, 江島広貴, 松岡浩司, 吉江尚子

Synthesis and biological evaluation of new biotinylated sugar conjugate as an attractive bio-probe and its interaction with wheat germ agglutinin (VI)
,Int. conference on Chemical, Agricultural and Biological Sciences (CABS-2015) (Istanbul, Turkey), Sep. 4-5, 2015:ER915102 201509
A. Kumari, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka

光を使った新しいがんの検出・治療薬の開発
JST-NEDO,イノベーション ジャパン2015 (新技術説明会):W-29 201508
松岡浩司

糖鎖還元法による糖鎖含有金ナノ微粒子の合成とその表面分析
日本糖質学会,第34回年会 (本郷) 講演要旨集:P-108, p. 220 201508
小山哲夫, 坂本健, 幡野健, 松岡浩司

高分子型糖鎖抗原Lewis A三糖誘導体の合成研究 (I) –ビルディングブロックの合成-
日本糖質学会,第34回年会 (本郷) 講演要旨集:P-116, p. 224 201508
伊藤真宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

液晶性を有する糖誘導体の合成研究 (VI) –トレハロース/グルコース誘導体の合成-
日本糖質学会,第34回年会 (本郷) 講演要旨集:P-117, p. 225 201508
松崎健太, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発プロジェクト
埼玉県信用金庫,さいしんビジネスフェア (さいたまスーパーアリーナ):K-4 201506
松岡浩司, 幡野健, 根本直人

バイオベースフランポリマーを基盤とした自己修復材料の合成と特性評価
高分子学会,第64回年次大会 (札幌) 講演予稿集,64:2Pa115 201505
吉田祥麻, 江島広貴, 松岡浩司, 吉江尚子

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発プロジェクト
リードエクジビジョンジャパン,BIO Tech 2015:J-24 201505
松岡浩司, 幡野健, 根本直人

Synthesis of the new class of cellulase substrate by using fluorescence resonance energy transfer (FRET) effect (Ⅶ) ~Synthetic assembly of the substrate monomer~
日本化学会 ,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:4J5-11 201503
K. Kimura, T. Tetsuka, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka

Synthesis of biotin-sugar conjugate as an attractive bioprobe : characterization, and their interaction with bio-functional material. (IV)
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:4J5-09 201503
A. Kumari, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka

薬剤内包量の向上を目指したπ-π相互作用の持つ新規DDSキャリアの合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:3PC-113 201503
石渡駿太, 岸上史弥, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

蛍光増感型のレクチン検出薬を指向した新規シロール-糖鎖複合材料の合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:3A6-03 201503
古川剛, 村松洋亮, 松村俊, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

黄色ブドウ球菌を検出するシロールデンドリマーを用いた蛍光消光型検出薬の合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2PC-096 201503
中村公亮, 松村俊, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

黄色ブドウ球菌の検出を指向したアセチルラクトサミンを担持する蛍光増感型シロールデンドリマーの合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2PB-071 201503
松村俊, 中村公亮, 古川剛, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

インフルエンザヘマグルチニン結合性ペプチドを担持したカルボシランデンドリマーの効果的な合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2PB-069 201503
佐藤大和, 村松洋亮, 小山哲夫, 松岡浩司, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野健

嵩高いケイ素置換基を保護基として用いたオリゴ糖合成
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2PA-165 201503
松本拓磨, 伊藤諒, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

Synthesis of Sugar-Au composite nanoparticles on the basis of sugar cluster effect (IV) ~Biological evalution of the nanoparticles on sugar cluster effect~
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2J8-53 201503
T. Sakamoto, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka

ケイ素保護糖受容体の位置選択的グリコシル化
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:2J2-30 201503
伊藤諒, 松本拓磨, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

Synthesis of the water soluble glyco-conjugate porphyrin polymer (III) ~Biological evaluations of the porphyrin polymer~
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:1B2-06 201503
M. Ando, T. Koyama, M. Suzuki, Y. Ishimaru, K. Hatano, K. Matsuoka

Synthetic study of the polymer as multivalent bioprobe (III) ~Biological evaluations of the polymeric bioprobes
日本化学会,第95回春季年会 (津田沼)講演予稿集,95:1B2-05 201503
R. Hayama, T. Koyama, K. Hatano, K Matsuoka

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発
彩の国 Business Arena~産学連携フェア~ (さいたま) 201501
松岡浩司, 幡野健, 根本直人

高分子型バイオプローブの合成研究 (IV)~WGAを用いた糖鎖プローブの生物学的評価
高分子学会,第26回埼玉地区懇話会 (さいたま),26 201501
羽山里穂, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

フッ素化ポリマーの合成とぬれ性の測定
高分子学会,第26回埼玉地区懇話会 (さいたま),26 201501
木村珠美, 粕谷マリアカルメリタ, 畑中研一, 松岡浩司

糖含有水溶性ポルフィリンポリマーの合成研究 (IV)~ポルフィリンポリマーに対するHeLa細胞の挙動の評価~
高分子学会,第26回埼玉地区懇話会 (さいたま),26 201501
安藤衛, 小山哲夫, 鈴木美穂, 石丸雄大, 幡野健, 松岡浩司

糖鎖ポリマーライブラリの合成とレクチンとの相互作用解析
高分子学会,第26回埼玉地区懇話会 (さいたま),26 201501
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖鎖機能材料 ~合成と利用~
高分子学会,第26回埼玉地区懇話会 (さいたま),26 201501
松岡浩司

蛍光の変化を利用した酵素活性測定基質の調製と利用
JST-国際・大学知財本部コンソーシアム(UCIP) ,新技術説明会 講演要旨集:29-32 201412
松岡浩司

高分子型バイオプローブの合成研究 (II)~CMS誘導体を利用した高分子への誘導~
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:23 (P-11) 201411
羽山里穂, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

GlcNAcポリマーライブラリによるWGAの評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:22 (P-10) 201411
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

トリメチルアミノ基を有する擬似糖の合成研究
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:21 (P-9) 201411
松本倫太朗, 高橋俊哉, 松岡浩司, 越野広雪

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究 (VI)~四糖構造を含むモノマーの合成~
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:20 (P-8) 201411
手塚俊博, 木村一博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖鎖含有金ナノ微粒子の合成と評価 (III)~界面活性剤の合成と挙動~
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:19 (P-7) 201411
坂本健, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究 (V)~三糖構造を含むモノマー合成~
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:18 (P-6) 201411
木村一博, 手塚俊博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖含有水溶性ポルフィリンポリマーの合成研究 (II)
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:17 (P-5) 201411
安藤衛, 小山哲夫, 鈴木美穂, 石丸雄大, 幡野健, 松岡浩司

Synthesis of biotin-sugar conjugate as an attractive bioprobe (II)
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2014 Symposium (松戸) 講演要旨集:16 (P-4) 201411
Amrita Kumari, Tetsuo Koyama, Ken Hatano, Koji Matsuoka

埼玉大学が取り組む「先端産業創造プロジェクト」感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発プロジェクト
埼玉大学産学官連携協議会,第15回埼玉大学産学交流会テクノカフェ 201410
松岡浩司

カルボシランデンドリマーを集積場としたペプチドクラスター化合物の合成と評価
ケイ素化学協会,第18回ケイ素化学協会シンポジウム (那須) 講演要旨集:P74 201410
村松洋亮, 江連一正, 小山哲夫, 松岡浩司, 栗山龍之介, 郡遥香, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野健

側鎖にシロール基を有する新規ポリシランの合成及び光安定性の評価
ケイ素化学協会,第18回ケイ素化学協会シンポジウム (那須) 講演要旨集:P73 201410
宗形裕基, 佐藤新, 鈴木勝己, 福田武司, 鎌田憲彦, 安武幹雄, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

蛍光増感型病原体検出薬を指向したシロール-糖鎖複合材料の合成
ケイ素化学協会,第18回ケイ素化学協会シンポジウム (那須) 講演要旨集:P64 201410
古川剛, 村松洋亮, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

薬剤キャリアとしての糖鎖-ケイ素複合材料の成と評価
ケイ素化学協会,第18回ケイ素化学協会シンポジウム (那須) 講演要旨集:P21 201410
岸上史弥, 大友健太朗, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

嵩高いケイ素保護基を用いた糖鎖合成
ケイ素化学協会,第18回ケイ素化学協会シンポジウム (那須) 講演要旨集:P08 201410
伊藤諒, 松本拓磨, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖含有金ナノ微粒子の合成と評価
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P6-104, p. 549 201410
坂本健, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

糖含有水溶性ポルフィリンポリマーの合成研究(Ⅰ)
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P5-080, p. 514 201410
安藤衛, 小山哲夫, 鈴木美穂, 石丸雄大, 幡野健, 松岡浩司

高分子型バイオプローブの合成研究(Ⅰ)~CMS誘導体を利用した調整法の検討~
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P5-076, p. 513 201410
羽山里穂, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究(Ⅳ)~四糖構造を含む高分子基質の合成~
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P5-038, p. 504 201410
手塚俊博, 木村一博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究(Ⅲ)~三糖構造を含む高分子基質の合成~,
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P5-037, p. 504 201410
木村一博, 手塚俊博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

多価型ポルフィリンの合成研究(Ⅰ):新規二価ポルフィリン誘導体の合成
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P4-106, p. 493 201410
孫権, 小山哲夫, 鈴木美穂, 石丸雄大, 幡野健, 松岡浩司

Synthesis of biotin-sugar conjugate as an attractive bioprobe (Ⅰ)
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P4-078, p. 486 201410
Kumari, Amrita, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

WGAによるGlcNAcライブラリの評価
日本化学会,第4回CSJ化学フェスタ2014 (船堀) 講演予稿集,4:P4-076, p. 485 201410
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

癌治療の光線力学的療法に利用されるポルフィリンの水溶性を高める発明です
JST-首都圏産業活性化(TAMA)協会,TAMA新技術説明会:出展番号 5(バイオ) 201410
松岡浩司

感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発プロジェクト
埼玉大学,埼玉大学が取り組む先端産業「研究開発プロジェクト」等説明会 201410
松岡浩司

ヘマグルチニン結合性ペプチド担持カルボシランデンドリマーの合成とインフルエンザウイルス阻害活性
日本化学会,第8回バイオ関連化学プログラム (岡山) 講演予稿集,8:2A-12 201409
村松洋亮, 江連一正, 小山哲夫, 松岡浩司, 栗山龍之介, 郡遥香, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野健

GlcNAcポリマーライブラリの構築とWGAとの相互作用解析
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201312
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動効果(FRET効果)を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201312
手塚俊博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

かさ高いシリル基のオリゴ糖合成への利用
ケイ素化学協会,第17回ケイ素化学協会シンポジウム (箱根) 講演要旨集:P009 201310
神瀬龍平, 高畑徳允, 伊藤諒, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

側鎖にシロール基を有する新規ポリシランの合成及び光劣化抑制に関する研究
ケイ素化学協会,第17回ケイ素化学協会シンポジウム (箱根) 講演要旨集:P010 201310
宗形裕基, 磯部祐生, 福田武司, 鎌田憲彦, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野 健

標的指向型ドラッグキャリアとしての糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成と評価
ケイ素化学協会,第17回ケイ素化学協会シンポジウム (箱根) 講演要旨集:P012 201310
岸上史弥, 大友健太郎, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

カルボシランデンドリマーを集積場としたオリゴペプチドクラスター化合物 -インフルエンザ阻害剤への応用-
ケイ素化学協会,第17回ケイ素化学協会シンポジウム (箱根) 講演要旨集:P026 201310
村松洋亮, 江連一正, 小山哲夫, 松岡浩司, 松原輝彦, 佐藤智典, 幡野 健

黄色ブドウ球菌の蛍光検出薬の創製を目的としたシロール含有N-アセチルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成及びその評価
ケイ素化学協会,第17回ケイ素化学協会シンポジウム (箱根) 講演要旨集:P051 201310
油谷諒, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

標的指向型ドラッグキャリアとしての糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成と評価
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P6-31:449 201310
岸上史弥, 大友健太郎, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

新規糖液晶分子の合成研究
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P8-11:521 201310
鶴田徹, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動効果(FRET効果)を利用した新規セルラーゼ基質の合成研究
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P8-26:526 201310
手塚俊博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

マンノシルグリセレートの光学分割の検討
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P3-12:323 201310
新開康平, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, Yuan C. Lee, 松岡浩司

GlcNAcポリマーライブラリの構築とWGAとの相互作用解析
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P3-13:324 201310
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

新規蛍光性シアル酸誘導体の合成研究(Ⅰ):高分子基質への誘導法の検討
日本化学会,第3回CSJ化学フェスタ2013 (船堀) 講演予稿集 P2-91:310 201310
木村珠美, 小山哲夫, 畑中研一, 松岡浩司

新規糖液晶分子の合成研究
東京糖鎖研究会 ,GlycoTOKYO2013 Symposium (成蹊・吉祥寺)講演要旨集:P-12 201310
鶴田徹, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

マンノシルグリセレートに関する立体特異的合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2013 Symposium (成蹊・吉祥寺) 講演要旨集:P-13 201310
新開康平, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, Yuan C. Lee, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)効果を利用した新規セルラーゼ基質の系統的合成
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2013 Symposium (成蹊・吉祥寺) 講演要旨集:P-14 201310
手塚俊博, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

GlcNAcを含むポリマーと評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2013 Symposium (成蹊・吉祥寺) 講演要旨集:P-15 201310
中川将樹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

ヒトノイラミニダーゼを阻害する新規物質の開発
JST,イノベーション ジャパン2013 (新技術説明会):出展番号 L-11 201308
松岡浩司, 伊藤孝司

Synthesis of Liquid Crystal Materials Based Carbohydrate
日本液晶学会,液晶サマースクール2013 (東大宮) 201307
鶴田徹, 小山哲夫, 安武幹雄, 幡野健, 松岡浩司

Synthesis of Fluorinated Polymers
,The fifth International Symposium on Fluorous Technologies 2013 (ISoFT'13), (Budapest, Hungary), June 2-5, 2013:P9 201306
T. Kimura, M. C. Z. Kasuya, K. Matsuoka, and K. Hatanaka

ピロリジジンアルカロイドPochonicineの合成研究
日本化学会,第93回春季年会 (琵琶湖草津)講演予稿集,93:1D2-29 201303
北村裕二郎, 越野広雪, 土田彩, 仁戸田照彦, 神崎浩, 松岡浩司, 高橋俊哉

キナプシン-12の合成と構造訂正
日本化学会,第93回春季年会 (琵琶湖草津)講演予稿集,93:4D1-13 201303
吉田彩香, 叶躍奇, 越野広雪, 松岡浩司, 高橋俊哉

紅藻由来含臭素セスキテルペノイドAldingenin C の合成研究
日本化学会,第93回春季年会 (琵琶湖草津)講演予稿集,93:4D2-19 201303
安田将之, 越野広雪, 幡野健, 松岡浩司, 高橋俊哉

Probing Single-Molecule Enzymatic Dynamics of β-Glucosidase using Zero-mode Waveguides
Biophysical Society,BIOPHYSICAL JOURNAL [57th Annual Meeting (Philadelphia, USA), February 2-6, 2013],104(2-1):178A (#913-Pos) 201302
R. Iizuka, I. Toshimitsu, K. Tahara, H. Arai, T. Tetsuka, K. Matsuoka, S. Ryu, Y. Asano, T. Tanii, K. Igarashi, M. Samejima, and T. Funatsu

小枝沙織, 鈴木美穂, 幡野健, 小山哲夫, 松岡浩司2×2型 糖-Biotin複合体の合成研究
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201212
埼玉地区懇話会 (さいたま)

マンノシルグリセレートシンターゼに関する合成研究
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201212
新開康平, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

TMG-chitotriomycin類縁体の合成研究
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201212
中富雄大, 松岡浩司, 幡野健, 小山哲夫, 北村裕二郎

蛍光高分子基質によるFRET観察
高分子学会,埼玉地区懇話会 (さいたま) 201212
鈴木雄也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光高分子基質によるFRET観察
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2012 Symposium (慶応芝)講演要旨集:P-28 201211
鈴木雄也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

新規糖液晶分子の合成研究
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2012 Symposium (慶応芝)講演要旨集:P-29 201211
田中徹, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

FRETを基盤とした高分子基質の合成研究
日本化学会,第2回CSJ化学フェスタ2012 (大岡山)講演予稿集,2:137 (P2-04) 201210
鈴木雄也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

2×2型 糖-Biotin複合体の合成研究
日本化学会,第2回CSJ化学フェスタ2012 (大岡山)講演予稿集,2:138 (P2-06) 201210
小枝沙織, 鈴木美穂, 幡野健, 小山哲夫, 松岡浩司

TMG-chitotriomycin類縁体の合成研究
日本化学会,第2回CSJ化学フェスタ2012 (大岡山)講演予稿集,2:139 (P2-08) 201210
中富雄大, 松岡浩司, 幡野健, 小山哲夫, 北村裕二郎

マンノシルグリセレートシンターゼに関する合成研究
日本化学会,第2回CSJ化学フェスタ2012 (大岡山)講演予稿集,2:140 (P2-10) 201210
新開康平, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Glyco-Materials
Biyani Group of Colleges,7th Biyani’s conference (BICON-2012) (Jaipur, India) 201209
K. Matsuoka

Regioselective glycosilation of 2,3,4-trioles of mannoside and galactoside acceptors
,10th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-10), (Kyoto, Japan), May 20 – 25 201205
R. Konose, N. Takahata, K. Matsuoka, and Ken Hatano

Synthesis of carbosilane dendrimer periphery functionalized peptide binding to influenza virus
,10th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-10), (Kyoto, Japan), May 20 – 25 201205
K. Ezure, T. Koyama, K. Matsuoka, T. Matsubara, T. Sato, and Ken Hatano

FRET 感受性高分子の合成研究(VII)-マルトオリゴ糖誘導体に対するアミラーゼ活性の検討
高分子学会,第61回年次大会 (横浜)講演予稿集,61:1946 (2Pf142) 201205
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Lewis Y 構造の効率的合成と高分子化に関する研究
高分子学会,第61回年次大会 (横浜)講演予稿集,61:1949 (2Pe145) 201205
島田昌宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

キラルなシクロヘキサノン誘導体を用いる新しい1,3-ジオールの絶対配置決定法 (1)
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92巻:3E2-12 201203
安田将之, 高橋俊哉, 松岡浩司, 橋本貴美子, 越野広雪

キラルなシクロヘキサノン誘導体を用いる新しい1,3-ジオールの絶対配置決定法 (2)
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92巻:3E2-13 201203
越野広雪, 安田将之, 松岡浩司, 橋本貴美子, 高橋俊哉

FRET感受性高分子基質の簡便な調製法
TLO/大学知的財産本部 技術移転セミナー,第10回国際医薬品原料・中間体展 (CPhI japan):TLO-11 201203
松岡浩司, 幡野健

シロール含有糖鎖坦持カルボシランデンドリマーの蛍光変化による検出薬としての応用
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:1G6-10 201203
鈴木雄大, 佐伯整, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖担持カルボシランデンドリマーの薬剤キャリヤーとしての応用研究
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:1F8-29 201203
大友健太朗, 相澤宏明, 片岡祥, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

FRET感受性プロテアーゼ基質の合成研究
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:1PC-082 201203
鈴木雄也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

2×2型糖-ビオチンクラスター化合物の合成
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:1PC-106 201203
小枝沙織, 土渕晃司, 鈴木美穂, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Fuc α(1→3) GlcNAc の合成に関する研究
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:1PC-107 201203
笹木貴之, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

金属フタロシアニンを側鎖に持つポリシランの合成と物性
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:2J1-01 201203
和田昌樹, 福田武司, 鎌田憲彦, 幡野健, 松岡浩司, 石丸雄大

ポルフィリンを有するシロール誘導体の合成及び光学特性評価
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:2M1-48 201203
大矢樹, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

キラルなシクロヘキサノン誘導体を用いる新しい1,3-ジオールの絶対配置決定法 (1)
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:3E2-12 201203
安田将之, 高橋俊哉, 松岡浩司, 橋本貴美子, 越野広雪

キラルなシクロヘキサノン誘導体を用いる新しい1,3-ジオールの絶対配置決定法 (2)
日本化学会,第92回春季年会 (日吉)講演予稿集,92:3E2-13 201203
越野広雪, 安田将之, 松岡浩司, 橋本貴美子, 高橋俊哉

糖鎖の機能を利用した創薬への試み
埼玉バイオ,埼玉バイオ—埼玉大学合同シンポジウム 201112
松岡浩司

窒素含有新規シロール誘導体の合成と有機デバイスへの添加効果
,第38回有機典型元素化学討論会(金沢)講演予稿集,38:O-38 201112
森桂太, 木村翔, 福田武司, 鎌田憲彦, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野 健

嵩高いシリル基の立体保護を利用したオリゴ糖合成
,第38回有機典型元素化学討論会(金沢)講演予稿集,38:P-65 201112
高畑徳允, 神瀬龍平, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖担持カルボシランデンドリマーの標的指向性薬剤キャリヤーへの応用
,第38回有機典型元素化学討論会(金沢)講演予稿集,38:P-66 201112
大友健太朗, 相澤宏明, ヴィレヌーブ真澄美, 片岡祥, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

FRET感受性高分子の合成研究 (VI): マルトペンタオース誘導体のα-アミラーゼ基質としての可能性
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2011 Symposium (和光)講演要旨集:18 (P-6) 201112
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

新規重合性糖鎖キャリアの開発と高分子化
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2011 Symposium (和光)講演要旨集:19 (P-7) 201112
安倍佳宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

シロール含有糖鎖担持カルボシランデンドリマーの蛍光消光によるレクチン検出薬としての応用
日本化学会,第1回CSJ化学フェスタ (早稲田)講演予稿集,1:P2-21 201111
鈴木雄大, 佐伯整, 武藤且也, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

ポルフィリンを有するシロール誘導体の合成
日本化学会,第1回CSJ化学フェスタ (早稲田)講演予稿集,1:P3-09 201111
大矢樹, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖担持カルボシランデンドリマーの薬剤キャリヤーとしての応用研究
ケイ素化学協会,第15回ケイ素化学協会シンポジウム (神戸)講演要旨集,15:P28 201110
大友健太朗, 相澤宏明, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

窒素含有新規シロール誘導体の合成と有機 EL デバイスへの応用研究
ケイ素化学協会,第15回ケイ素化学協会シンポジウム (神戸)講演要旨集,15:P29 201110
森桂太, 木村翔, 福田武司, 鎌田憲彦, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

嵩高いケイ素置換基の立体保護効果を利用した糖鎖合成
ケイ素化学協会,第15回ケイ素化学協会シンポジウム (神戸)講演要旨集,15:P30 201110
高畑徳允, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

インフルエンザウィルス結合性ペプチド担持カルボシランデンドリマーの合成
ケイ素化学協会,第15回ケイ素化学協会シンポジウム (神戸)講演要旨集,15:P31 201110
江連一正, 小山哲夫, 松岡浩司, 松原輝彦, 幡野健

金含有物への糖鎖の導入法
JST,イノベーション ジャパン2011 (新技術説明会):PL-03 201109
小山哲夫, 松岡浩司

糖鎖の集積化と機能発現
高分子学会北海道支部,26th Summer University in Hokkaido (洞爺湖)講演予稿集 201108
松岡浩司

嵩高いケイ素置換基を保護基として利用した糖鎖合成に関する研究
日本化学会,第5回関東支部大会 (小金井)講演予稿集,5:2B2-06 201108
高畑徳允, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

シアリルα(2→6)ガラクトース担持ポリマーライブラリーの構築と活性評価
日本糖質学会,第30回日本糖質学会年会(長岡)講演要旨集,30:101 (P-057) 201107
吉田哲也, 小山哲夫, 幡野健, 鈴木康夫, 松岡浩司

FRET感受性高分子の合成研究 (V): マルトトリオース誘導体の合成
日本糖質学会,第30回日本糖質学会年会(長岡)講演要旨集,30:101 (P-058) 201107
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

金含有物への糖鎖の導入法
JST,首都圏北部4大学連合発新技術説明会:ライフサイエンス 1 201106
小山哲夫, 松岡浩司

糖鎖を高密度に集積したナノ微粒子の合成 (3)
高分子学会,第60回年次大会 (大阪)講演予稿集,60:2025 (3Pc121) 201105
小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

FRET 感受性高分子の合成研究(IV)-アミラーゼに対する重合比活性の検討
高分子学会,第60回年次大会 (大阪)講演予稿集,60:2026 (3Pd122) 201105
荒井啓克、小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

シラボリン誘導体の合成およびフッ化物イオンによる特性変化の調査
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:1A6-43 201103
池上真人, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

AIE効果を利用した発光型のタンパク質検出方法の開発
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:1D4-48 201103
相澤宏明, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

嵩高いケイ素置換基の保護基としての利用
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:1PC237 201103
高畑徳允, 高浪健太郎, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

FRET感受性高分子の合成研究 (III): アミラーゼ活性評価を中心として
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:1A2-27 201103
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Lewis Y構造の効率的合成経路の開拓に関する研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A2-28 201103
島田昌宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

重合性GlcNAc誘導体の簡便な調製法とポリマーの評価 (II):アフィニティークロマトグラフィーへの展開
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A2-33 201103
山下祥平, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

シアリルα(2→6)ガラクトース担持ポリマーの合成とライブラリーの構築
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A2-34 201103
吉田哲也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

強力なβ-N-アセチルグルコサミニダーゼ阻害活性を有するTMG-キトトリオマイシンならびにその関連糖鎖の合成研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A2-43 201103
北村裕二郎, 松岡浩司, 越野広雪, 高橋俊哉

側鎖にシロール基を有する新規ポリシランの合成と光劣化抑制に関する研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A6-33 201103
磯部祐生, 上林哲, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽, 福田武司, 鎌田憲彦, 幡野健

新規シロール誘導体の合成と電子デバイスとしての応用研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2A6-34 201103
森桂太, 木村翔, 小林諒平, 福田武司, 鎌田憲彦, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

シロール含有糖鎖担持カルボシランデンドリマーの蛍光消光による検出薬としての応用研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2B2-33 201103
鈴木雄大, 佐伯整, 武藤且也, 大塚慎仁, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖担持カルボシランデンドリマーのミセル形成における疎水性置換基の及ぼす影響とDDSへの応用
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:2B2-46 201103
島崎知之, 大友健太郎, 相澤宏明, 本庄寿壮, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽, 幡野健

ポルフィリンを2,5-位に有する新規シロール誘導体の合成及びその物性評価
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:3PA-158 201103
大矢樹, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

糖鎖担持カルボシランデンドリマーのドラッグデリバリーシステムへの応用研究
日本化学会,第91回春季年会(横浜)講演予稿集,91:4D6-26 201103
大友健太朗, 相澤宏明, ヴィレヌーブ真澄美, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽, 幡野健

Synthesis of Sialic Acid Derivatives having a Hydrophobic Chain at the Anomeric Position and C=C Double Bond Substituted at the C-5 Position
2010環太平洋国際化学会議,The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Hawaii, USA):#297 201012
K. Suzuki, T. Koyama, S. Yingsakmongkon, Y. Suzuki, K. Hatano, and K. Matsuoka

Application of Bulky Silyl Protecting Groups for Oligosaccharide Synthesis
2010環太平洋国際化学会議,The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Hawaii, USA):#1676 201012
N. Takahata, T. Koyama, K. Matsuoka, D. Terunuma, and K. Hatano

Application to Drug Derivery System of Carbosilane Dendrimer having Periphery Lactose
2010環太平洋国際化学会議,The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Hawaii, USA):#1680 201012
K. Otomo, N. Honsyo, H. Aizawa, M. Villeneuve, D. Terunuma, K. Matsuoka, and K. Hatano

Synthesis and Investigation of Inhibition Photo-degradation of a Novel Polysilane with Silole Group in the Side Chain
2010環太平洋国際化学会議,The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Hawaii, USA):#1717 201012
Y. Isobe, S. Kamibayashi, K. Matsuoka, D. Terunuma, T. Fukuda, N. Kamata, and K. Hatano

Preparation and Application of Silole Derivatives for Electric Materials
2010環太平洋国際化学会議,The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010) (Hawaii, USA):#1718 201012
K. Mori, R. Kobayashi, T. Fukuda, T. Koyama, N. Kamata, K. Matsuoka, and D. Terunuma, K. Hatano

糖鎖担持カルボシランデンドリマーを利用したDDSへの応用研究
ケイ素化学協会,第14回ケイ素化学協会シンポジウム(湯河原)講演要旨集,14:P16 201011
相澤宏明, 大友健太朗, 小山哲夫, 松岡浩司, 幡野健

ダイコンの根のアラビノガラクタン-プロテインの糖鎖構造解析
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2010 Symposium (本郷)講演要旨集:19 (P3) 201011
下田良平, 岡部耕平, 小竹敬久, 松岡浩司, 小山哲夫, P. Dupree, 円谷陽一

蛍光共鳴エネルギー移動を利用した新規アミラーゼ基質の合成と評価
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2010 Symposium (本郷)講演要旨集:20 (P4) 201011
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

シアリルα(2→6)ガラクトース誘導体の合成と機能化に関する研究
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2010 Symposium (本郷)講演要旨集:21 (P5) 201011
吉田哲也, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動を利用した酵素活性測定基質及びその製造方法
JST,イノベーション ジャパン2010 (新技術説明会):PB-06 201010
松岡浩司

生理活性糖鎖の合成と高分子化
高分子学会,第59回高分子討論会 (札幌)講演予稿集,59:5047-5048 (1X06) 201009
松岡浩司

糖鎖を高密度に集積した金ナノ微粒子の合成 (2)
高分子学会,第59回高分子討論会 (札幌)講演予稿集,59:4908 (3Pa117) 201009
小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Syntheses and Biological Evaluations of Novel Glycopolymers bearing S-linked sialyl α(2→6) Galactose Derivatives as Inhibitors for Influenza Neuraminidases
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:184 (A-P2-035) 201008
T. Tsuchibuchi, T. Koyama, N. Sriwilaijaroen, Y. Suzuki, K. Hatano, and K. Matsuoka

Cellular Glycosylation Efficacy of Lactoside Primers Decreases with Increasing Passage Number
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:614 (E-P2-007) 201008
Y. Shimura, M.C. Kasuya, K. Matsuoka, T. Sato, and K. Hatanaka

Mass Preparation of Various Oligosaccharides by COS-7 Cells using Saccharide Primer
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:639 (E-P2-032) 201008
J. Suzuki, Y. Shimura, K. Matsuoka, T. Sato, and K. Hatanaka

Synthesis of Sialic Acid Derivertives having C=C Double Bond Substituted at C-5 Position and Their Influenza Virus Inhibitory Activities
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:179 (A-P3--30) 201008
K. Suzuki, T. Koyama, S. Yingsakmongkon, Y. Suzuki, K. Hatano, and K. Matsuoka

Label-free Glycan Biosensor Based on Localized Surface Plasmon Resonance
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:643 (E-P3-036) 201008
J. Kobayashi, M. Ogiso, M. Itoh, T. Imamura, T. Okada, K. Matsuoka, H. Miura, T. Matsuda, T. Hirahashi, S. Fujieda, S. Yamamoto, T. Mori, Y. Shimura, S. Adachi, J. Suzuki, N. Minoura, and K. Hatanaka

An Application of Carbosilane Dendrimer having Periphery Lactose to A New Smart Drug Delivery Carrier
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:665 (E-P3-061) 201008
H. Aizawa, K. Otomo, N. Honsho, K. Hatano, M. Villeneuve, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Synthetic Studies of Bi-fluorescence-labeled Maltooligosaccharides for α-Amylase Assay Based on Fluorescence Resonance Energy Transfer (FRET)
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:162 (A-P5-012) 201008
H. Oka, T. Koyama, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

Fabrication of Glycan Biosensor Based on Localized Surface Plasmon Resonance
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:616 (E-P5-009) 201008
M. Ogiso, J. Kobayashi, M. Itoh, T. Imamura, T. Okada, K. Matsuoka, H. Miura, T. Matsuda, T. Hirahashi, S. Fujieda, N. Minoura, and K. Hatanaka

Trivalent-type Substrate having Lex Determinants Available for Determining the Binding Specificity of Lectin
International Carbohydrate Organization,25th International Carbohydrate Symposium (ICS 2010) (Makuhari, Japan),25:629 (E-P5-022) 201008
K. Matsuoka, Y. Yamaguchi, T. Koyama, S. Yamamoto, T. Mori, and K. Hatanaka

シロール含有ポリシランの合成およびその発光特性に関する研究
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:19 (1A2-11) 201008
上林哲, 磯部祐生, 福田武司, 鎌田憲彦, 松岡浩司, 幡野 健

シロール基を有する両親媒性分子の溶液中における蛍光強度変化と凝集体の挙動についての研究
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:93 (1C4-26) 201008
相澤宏明, 本庄寿壮, 横田洋大, 佐伯整, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

α(2→6)チオシアリルガラクトース誘導体担持ポリマーの合成とノイラミニダーゼ阻害剤としての評価
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:110 (1C6-06) 201008
土渕晃司, 小山哲夫, S. Nongluk, 鈴木康夫, 幡野健, 松岡浩司

重合性GlcNAc 誘導体の簡便な調製法とポリマーの評価
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:111 (1C6-09) 201008
山下祥平, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

Lewis Y 構造の効率的合成経路の開拓に関する研究
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:111 (1C6-10) 201008
島田昌宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

蛍光共鳴エネルギー移動効果を利用した新規アミラーゼ基質の合成と活性評価
日本化学会,第4回関東支部大会 (筑波)講演予稿集,4:112 (1C6-17) 201008
荒井啓克, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司

フコシルキトビオースを含む糖鎖高分子の合成とレクチンとの結合評価
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:1816 (1J24) 201005
山口大希, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

シロール誘導体のポリマー化とその薄膜評価
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:776 (1Pc041) 201005
島崎知之, 幡野健, 小林諒平, 福田武司, 鎌田憲彦, 松岡浩司, 照沼大陽

ケイ素上にPEG置換した新規シロール誘導体の合成と評価
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:837 (1Pe057) 201005
鈴木悠, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

シロール誘導体の合成と電子材料としての物性評価
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:1350 (1Pe079) 201005
森桂太, 島崎知之, 幡野健, 小林諒平, 福田武司, 鎌田憲彦, 松岡浩司, 照沼大陽

側鎖にシロール基を有する新規ポリシランの合成と光劣化抑制に関する研究
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:497 (1Pg011) 201005
磯部祐生, 上林哲, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 福田武司, 鎌田憲彦

Analytical investigations of the behavior of silole-core dendrimers having peripheral carbohydrates in water and acetone/water mixed solvent (糖鎖担持シロールコア型カルボシランデンドリマーの有機溶媒/水混合溶媒中での蛍光挙動変化の解析)
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:681 (2L15) 201005
相澤宏明, 幡野健, 本庄寿壮, 佐伯整, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽

糖鎖担持カルボシランデンドリマーのDDSへの応用研究
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:1942 (2Pd154) 201005
大友健太朗, 相沢宏明, ヴィレヌーブ真澄美, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

糖鎖を高密度に集積した金ナノ微粒子の合成
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:1998 (3Pb152) 201005
小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

新規糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成とその物性評価
高分子学会,第59回年次大会 (横浜)講演予稿集,59:2000 (3Pb154) 201005
島崎知之, 相澤宏明, 大友健太朗, 本庄寿壮, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

糖を原料とした多価型化合物の合成
TLO/大学知的財産本部 技術移転セミナー,第9回国際医薬品原料・中間体展 (CPhI japan):TLO-13 201004
松岡浩司

シラボリン誘導体の合成
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:3PA-027 201003
池上真人、幡野健、小山哲夫、松岡浩司、照沼大陽

TMG-キトトリオマイシン関連糖鎖の合成研究
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:3PC-017 201003
北村裕二郎、松岡浩司、越野広雪、高橋俊哉

シロールをコアとした糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成とその光学特性の評価
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:3PA-026 201003
幡野健、森祥太、佐伯整、小山哲夫、松岡浩司、照沼大陽

シロール基含有ポリシランの合成及びその発光特性に関する研究
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:2PB-190 201003
上林哲、幡野健、松岡浩司、福田武司、鎌田憲彦、照沼大陽

シロールをコアとした糖鎖担持カルボシランデンドリマーを用いたバイオセンサーへの応用
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:2D4-29 201003
佐伯整、幡野健、相澤宏明、横田洋大、小山哲夫、松岡浩司、照沼大陽

糖鎖担持ポリシロキサンの合成
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:1D4-34 201003
保科有佑、幡野健、小山哲夫、松岡浩司、照沼大陽

シロールをコアとした糖鎖担持カルボシランデンドリマーによるレクチン検出評価
日本化学会,第90回春季年会(東大阪)講演予稿集:1D4-35 201003
森祥太、幡野健、佐伯整、小山哲夫、松岡浩司、照沼大陽

アラビノガラクタン-プロテイン糖鎖の酵素分解と構造解析
日本植物生理学会,第51回年会(熊本)講演要旨集:364 (3pH14) 201003
岡部耕平、下田良平、小竹敬久、松岡浩司、小山哲夫、Paul Dupree、円谷陽一

糖鎖担持デンドリマーの分子包摂能と選択的包摂分子放出能評価
有機合成化学協会,第58回有機合成化学協会関東支部シンポジウム-新潟(長岡)シンポジウム-講演予稿集:E28 200911
相澤宏明、本庄寿壮、大友健太朗、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

フコシルキトビオースと糖含有ポリマーの合成研究
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2009 Symposium (お茶の水)講演要旨集:46 (P28) 200911
山口大希、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

ノイラミニダーゼ阻害剤を指向した糖鎖ポリマーの合成研究
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2009 Symposium (お茶の水)講演要旨集:37 (P19) 200911
土渕晃司、坂本純一、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

糖鎖を高密度に集積したナノ微粒子の合成
高分子学会,第58回年高分子討論会 (熊本)講演予稿集,58:4957 (2Pf156) 200909
小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

フコシルキトビオースを含む糖鎖高分子の合成研究
高分子学会,第58回年高分子討論会 (熊本)講演予稿集,58:4955 (2Pf154) 200909
山口大希、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

表面に機能性糖鎖を有する磁性体微粒子の調製と評価
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:118 (P2-028) 200909
吉野孝司、小山哲夫、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

シリカ微粒子の表面修飾による粒子配列の調整
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:111 (P1-073) 200909
武居裕樹、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

シロール誘導体のポリマー化とその薄膜評価
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:113 (P2-007) 200909
島崎知之、石田慶介、幡野健、松岡浩司、福田武司、鎌田憲彦、照沼大陽

シロール基を有するポリシランの合成及びその発光特性に関する研究
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:128 (P2-064) 200909
上林哲、幡野健、松岡浩司、福田武司、鎌田憲彦、照沼大陽

シロール含有糖鎖担持カルボシランデンドリマーの水/アセトン混合溶媒中の蛍光強度変化と粒子状体の挙動
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:13 (1A2-23) 200909
相澤宏明、本庄寿壮、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

2,5-位にアルキル基を有する新規シロール誘導体の合成と蛍光挙動
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:142 (P3-034) 200909
鈴木悠、幡野健、松岡浩司、福田武司、鎌田憲彦、照沼大陽

一段階法による糖鎖を表面に有するシリカ微粒子の合成
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:119 (P2-029) 200909
高玉智史、大山直人、小山哲夫、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

インフルエンザ阻害剤を指向したシアリルラクトサミン糖鎖クラスターの化学 酵素合成
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:121 (P2-039) 200909
馬暁涛、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

多価型ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:118 (P2-027) 200909
土渕晃司、坂本純一、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

新規シアル酸誘導体の合成とインフルエンザウイルス阻害活性
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:45 (1A7-08) 200909
鈴木香識、坂本純一、小山哲夫、鈴木康夫、幡野健、照沼大陽、松岡浩司

Dumbbell(1)6の溶液中における構造評価
日本化学会,第3回関東支部大会 (早稲田)講演予稿集:143 (P3-040) 200909
本庄寿壮、相澤宏明、三原宇史、ヴィレヌーブ真澄美、幡野健、松岡浩司、照沼大陽

多価型化合物を標的とした合成研究
第3回医薬品原料国際展,第3回医薬品原料国際展 (ファーマ i ジャパン) 200907
松岡浩司、幡野健、照沼大陽
東京ビックサイト

シアリルα(2→6)ラクトース誘導体の合成と抗インフルエンザウィルス活性評価
繊維学会,平成21年度年次大会 (船堀)講演予稿集:205 (2F07) 200906
松岡浩司、白子文隆、小山哲夫、幡野健、照沼大陽、Nongluk Sriwilaijaroen、Sangchai Yingsakmongkon、鈴木康夫

糖鎖抗原Lewis X三糖誘導体の合成と機能化
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:3PA-149 200903
神津達也, 山口大希, 白村隆, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

フコシルキトビオース誘導体の合成研究
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:2J2-05 200903
山口大希, 神津達也, 白村隆, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

シロールをコアとした糖鎖担持カルボシランデンドリマーによるレクチン検出評価
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:2K3-35 200903
佐伯整, 幡野健, 相澤宏明, 横田洋大, 松岡浩司, 照沼大陽

シロキサン類を集積場に用いた糖鎖クラスター化合物の合成
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:2J-33 200903
保科有佑, 幡野健, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽

シロールをコアとする糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成とその光学特性の調査
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:2PA-150 200903
森祥太, 幡野健, 本庄寿壮, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽

蛍光性アミラーゼ基質の化学合成とその評価
日本化学会,日本化学会第89回春季年会(船橋)講演予稿集,89:2J2-06 200902
岡博之, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖修飾型デンドリマーの分子認識蛍光試剤への応用:水中及び有機溶剤中における蛍光強度の変化と凝集状態の観測
日本化学会,日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム(横浜)予稿集,3:3P-73 200809
相澤宏明, 横田洋大, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

機能性糖鎖で修飾した発光物質含有有機微粒子の合成
日本化学会,日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム(横浜)予稿集,3:2P-47 200809
石原健太朗, 乳井真吾, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

シロール含有糖鎖担持カルボシランデンドリマーに関する研究
日本化学会,日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム(横浜)予稿集,3:2P-49 200809
本庄寿壮, 相沢宏明, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

機能性糖鎖を表面に修飾したシリカ微粒子の調製と評価
日本化学会,日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム(横浜)予稿集,3:2P-59 200809
山崎徹也, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

新規インフルエンザ特効薬の研究
イノベーション ジャパン2008 (大学見本市),イノベーション ジャパン2008 (大学見本市):出展番号 PW-39 200809
松岡浩司

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究 (VI): チオシアロシドの合成と精製法の確立
日本糖質学会,日本糖質学会第28回日本糖質学会年会(つくば)講演要旨集,28:179 (P-146) 200808
坂本純一, 多喜田智春, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

シロイヌナズナの二機能性L-フコキナーゼ/GDP-L-フコースピロホスホリラーゼによるGDP-L-フコースの合成
日本糖質学会,日本糖質学会第28回日本糖質学会年会(つくば)講演要旨集,28:188 (P-164) 200808
田島範明, 小竹敬久, 北條祥子, 松岡浩司, 小山哲夫, 円谷陽一

可溶性UDP-グルコース 4-エピメラーゼによるUDP-キシロースとUDP-L-アラビノースの変換反応
日本糖質学会,日本糖質学会第28回日本糖質学会年会(つくば)講演要旨集,28:189 (P-166) 200808
高田遼平, 小竹敬久, 高場雅人, 山口大介, 折田隆広, 金子哲, 松岡浩司, 小山哲夫, 円谷陽一

デンドリマー型糖鎖クラスターの構築と利用
関西大学天然高分子研究会,天然高分子研究セミナー 200806
松岡浩司

Highly luminescent glycocluster in organic solvent: silole-core carbosilane dendrimer having peripheral globotriaose
Post ISOS XV Symposium,Post ISOS XV Symposium (Gunma, Japan):P-1 200806
H. Aizawa, H. Yokota, A Yamada, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Syntheses and Photoluminescence of Silole Core Carbosilane Dendrimers Peripheral Functionalize with Carbohydrates
Post ISOS XV Symposium,Post ISOS XV Symposium (Gunma, Japan):P-28 200806
H. Saeki, K. Hatano, H. Yokota, H. Aizawa, T. Koyama, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Synthesis and Lectin-binding Activities of Carbohydrate-modified Polysiloxanes
Post ISOS XV Symposium,Post ISOS XV Symposium (Gunma, Japan):P-58 200806
Y. Hoshina, K. Hatano, T. Koyama, K. Matsuoka, and D. Terunuma

機能性糖鎖を表面に修飾したシリカ微粒子の調製と評価
高分子学会,高分子学会第57回年次大会(横浜)講演予稿集,57:1678 (3Pd134) 200805
山崎徹也, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

機能性糖鎖で修飾した発光物質含有有機微粒子の一段階合成
高分子学会,高分子学会第57回年次大会(横浜)講演予稿集,57:1683 (3Pc139) 200805
石原健太朗, 乳井真吾, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

グロボ三糖で表面修飾したシリカ微粒子の一段階合成
高分子学会,高分子学会第57回年次大会(横浜)講演予稿集,57:1687 (3Pc143) 200805
高玉智史, 大山直人, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖抗原Lexの合成と高分子化
高分子学会,高分子学会第57回年次大会(横浜)講演予稿集,57:1749 (2G27) 200805
神津達也, 白村隆, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

デングウイルス接着能を有するラクト-N-ネオテトラオースを表面修飾したガラス微粒子の合成
日本化学会,日本化学会第88回春季年会(豊島)講演予稿集,88:4PC-014 200803
吉野孝司, 山崎徹也, 大山直人, 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究 (V): チオシアロオリゴ糖の合成とクラスター化
日本化学会,日本化学会第88回春季年会(豊島)講演予稿集,88:3PA-094 200803
坂本純一, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 鈴木康夫, 松岡浩司

シアリル α(2→6)ラクトース誘導体の合成と機能化に関する研究 (II)
日本化学会,日本化学会第88回春季年会(豊島)講演予稿集,88:2G2-05 200803
白子文隆, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 鈴木康夫, 松岡浩司

新規両親媒性ポリシランの合成と評価
日本化学会,日本化学会第88回春季年会(豊島)講演予稿集,88:2PC-107 200803
須磨亜希子, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

Synthesis of Carbosilane Dendrimers Having Sialyl Lactosamine as an Influenza Virus Inhibitor
The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry,The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry (Miyagi, Japan):P017 200711
Y. Hirai, A. Yamada, T. Koyama, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Suzuki, and D. Terunuma

Synthesis and Characterization of Silica Particles Surface-modified by Functional Saccharides
The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry,The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry (Miyagi, Japan):P108 200711
T. Yamazaki, K. Hatano, N. Oyama, K. Matsuoka, N. Kamata, and D. Terunuma

Synthesis and Evaluation of Silole-containing Carbosilane dendrimers Bearing Carbohydrates
The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry,The First Asian Silicon Symposium and The 12th Symposium of the Society of Silicon Chemistry (Miyagi, Japan):P110 200711
H. Yokota, K. Hatano, A. Yamada, T. Koyama, K. Matsuoka, and Daiyo Terunuma

N-アセチル-グルコサミンを用いた糖鎖アレイの基礎研究
日本化学会,日本化学会第1回関東支部大会(八王子)講演予稿集,1:90 (1-B1-40) 200709
村山良直, 塩野谷沙紀, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 木村直紀

側鎖にシアル酸を含む新規水溶性糖鎖高分子の合成研究 (2)
高分子学会,高分子学会第56回高分子討論会(名古屋)講演予稿集,56:4980-4981 (1U19) 200709
多喜田 智春, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司, 宮本大誠, 左一八, 鈴木隆, S. Yingsakmongkon, W. Jampangern, 鈴木康夫

機能性糖鎖を表面に配置した多機能型ガラス微粒子
イノベーション ジャパン2007 (大学見本市),イノベーション ジャパン2007 (大学見本市):出展番号-PN-38 200709
照沼大陽, 松岡浩司, 幡野 健

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究 (IV): 多価型チオシアロシドの合成と評価
日本糖質学会,日本糖質学会第27回日本糖質学会年会(福岡)講演要旨集,27:60 (B2-07) 200708
坂本純一, 小山哲夫, 宮本大誠, S. Yingsakmongkon, 左一八, W. Jampangern, 鈴木隆, 鈴木康夫, 江角保明, 中村健道, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

シアリル α(2→6)ラクトース誘導体の合成と機能化に関する研究
日本糖質学会,日本糖質学会第27回日本糖質学会年会(福岡)講演要旨集,27:129 (P1-86) 200708
白子文隆, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

アラビノガラクタン-プロテインの糖鎖の -グルクロニダーゼによる分解
日本糖質学会,日本糖質学会第27回日本糖質学会年会(福岡)講演要旨集,27:42 (B1-11) 200708
古西智之, 小竹敬久, D. Soraya, 松岡浩司, 小山哲夫, 金子哲, 五十嵐圭日子,鮫島正浩, 円谷陽一

シアリルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:2194 (3Pa165) 200705
平井佑紀, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 鈴木康夫, 照沼大陽

シロール含有糖鎖担持カルボシランデンドリマーの蛍光挙動に関する研究
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:2189 (3Pb160) 200705
横田洋大, 相澤宏明, 山田明宏, 幡野健, 小山哲夫, 松岡浩司, 照沼大陽

高密度型糖鎖含有高分子の合成研究(3)
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:2170 (-3Pa141) 200705
小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

新規シアル酸ポリマーの合成研究
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:2171 (3Pb142) 200705
鈴木香織, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

タンパクを特異的に認識・接着する機能性糖鎖で表面修飾した多機能性ガラス微粒子の調製と評価
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:1009 (2H20) 200705
山崎徹也, 大山直人, 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

機能性糖鎖で修飾した発光体含有ゾル-ゲル微粒子の一段階合成
高分子学会,高分子学会第56回年次大会(京都)講演予稿集,56:1119 (1Pe081) 200705
大山直人, 山崎徹也, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

アリール基含有機能性糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成と評価
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:100 (P72) 200611
佐藤利之, 相澤宏明, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

シアリルガラクトース担持カルボシランデンドリマーの合成と評価
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:45 (P17) 200611
平井佑紀, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 鈴木康夫

シロール含有カルボシランデンドリマーの蛍光挙動に関する研究
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:133 (P105) 200611
横田洋大, 相澤宏明, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

ベロ毒素を特異的に認識する蛍光分子の開発
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:30 (P02) 200611
相澤宏明, 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 西川喜代孝, 名取泰博, 照沼大陽

ラクトトリアオースクラスター化合物の合成とレクチン結合活性
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:126 (P98) 200611
山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 左一八, 鈴木康夫, 照沼大陽

機能性糖鎖で修飾した色素含有ゾルゲル微粒子の合成
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:93 (P65) 200611
大山直人, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

機能性糖鎖で修飾した色素含有ゾルゲル微粒子の合成(2)
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:130 (P102) 200611
山崎徹也, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

側鎖に液晶分子を有するポリシランの合成(IV)
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:111 (P83) 200611
高橋英記, 幡野健, 青木良夫, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

発光物質(ポリシラン、ペリレン)を封入したポリスチレン微粒子の調製と評価
ケイ素化学協会,第11回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集,11:87 (P59) 200611
乳井真吾, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Glyco-Materials
International Organization on Biotechnology, Metal complexes and Catalysis,8th International Symposium on Biotechnology, Metal complexes and Catalysis (BMC-VIII):IL-BT-05 200611
K. Matsuoka

Effect of synthetic carbohydrate derivatives on dengue virus infection
International Consortium on Anti-Virals,4th Symposium and First pacific Rim Meeting of The International Consortium on Anti-Virals (Gold Coast, Australia) Abstracts:8 200609
K. I.-P. J. Hidari, N. Takahashi, C. Aoki, A. Yamada, K. Hatano, K. Matsuoka, D. Terunuma, F. Hasebe, K. Morita, Y. Suzuki, and T. Suzuki

発光性糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成と評価
高分子学会,第55回高分子討論会(冨山)講演予稿集,55:1F19 200609
幡野健, 相澤宏明, 横田洋大, 松岡浩司, 照沼 大陽

糖鎖化合物を用いたデングウイルス感染防御の検討
糖鎖科学名古屋拠点,糖鎖科学名古屋拠点 第4回「若手の力」フォーラム(名古屋)講演要旨集:8 200609
高橋尚徳, 左一八, 青木千恵, 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 長谷部太, 森田公一, 鈴木康夫, 鈴木隆

Thiosialoside Clusters as Inhibitors for Influenza Virus Neuraminidases
International Committee on the Organic Chemistry of Sulfur,22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-22):P-105 200608
J.-I. Sakamoto, C. Takita, T. Koyama, K. Hatano, D. Terunuma, Y. Esumi, K. I.-P. J. Hidari, S. Yingsakmongkon, D. Miyamoto, W. Usawattanakul, T. Suzuki, Y. Suzuki, and K. Matsuoka

高密度型糖鎖含有高分子の合成研究
日本糖質学会,第26回日本糖質学会年会(仙台)講演要旨集,26:124 (P1-84) 200608
小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖化合物を用いたデングウィルス感染防御の検討
日本糖質学会,第26回日本糖質学会年会(仙台)講演要旨集,26:99 (P1-33) 200608
高橋尚徳, 左一八, 青木千恵 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 長谷部太, 森田公一, 鈴木康夫, 鈴木隆

ウィルス感染に関与する糖鎖分子の構造情報に基づく感染制御プローブの創出
日本糖質学会,第26回日本糖質学会年会(仙台)講演要旨集,26:34 (A1-06) 200608
左一八, 青木千恵, 高橋尚徳, 吉田和弘, 島田静美, 高橋香元, 村田健臣, 碓氷泰市, 山田明宏, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 鈴木康夫, 鈴木隆

Synthesis of a Series of Carbosilane Dendrimers Having Thioglycoside-type Sialic Acid Moieties
International Carbohydrate Organization,XXIIIrd International Carbohydrate Symposium (ICS2006):THU-PS.37 200607
J.-I. Sakamoto, T. Koyama, Y. Esumi, H. Koshino, K. I.-P. J. Hidari, T. Suzuki, Y. Suzuki, K. Hatano, D. Terunuma, and K. Matsuoka

Synthetic Construction of Novel Sugar―Amino Acid Hybrid Materials Using Typical Radical Polymerization Protocol
International Carbohydrate Organization,XXIIIrd International Carbohydrate Symposium (ICS2006):THU-PS.28 200607
K. Matsuoka, Y. Goshu, T. Koyama, K. Hatano, and D. Terunuma

Identification and characterization of carbohydrate determinant that is recognized with domain III of dengue virus envelope glycoprotein
IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and FAOBMB Congress,20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto, Japan), Abstracts:120 200606
K. I.-P. J. Hidari, C. Aoki, A. Yamada, F. Hasebe, M. A. Islam, K. Hatano, K. Matsuoka, C.-T. Guo, T. Takahashi, Y. Sakano, T. Suzuki, D. Miyamoto, D. Terunuma, K. Morita, and Y. Suzuki

高密度型糖鎖含有高分子の合成研究(2)
高分子学会,高分子学会第55回年次大会(名古屋)講演予稿集,55:2088 (2Pe175) 200605
小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

側鎖にシアル酸を含む新規水溶性糖鎖高分子の合成研究 (1)
高分子学会,高分子学会第55回年次大会(名古屋)講演予稿集,55:2087 (2Pe174) 200605
多喜田 智春, 坂本純一, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司,

機能性糖鎖担持カルボシランデンドリマー (1) -Dumbbell(1)6の強い接着性-
有機化学合成協会,第51回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(さいたま)講演予稿集:148-149 (2B04) 200605
照沼大陽, 山田明宏, 松岡浩司, 幡野健

機能性糖鎖担持カルボシランデンドリマー (2) -溶液中におけるDumbbell(1)6の構造変化-
有機化学合成協会,第51回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(さいたま)講演予稿集:150-151 (2B05) 200605
照沼大陽, 相澤宏明, 幡野健, 松岡浩司

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究 (III):チオグリコシド結合型デンドリマーの構築と活性評価
有機合成化学協会,第51回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(さいたま)講演予稿集:102-103 (1B20) 200605
坂本純一, 鈴木香織, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 江角保明, 左一八, 鈴木隆, 鈴木康夫, 松岡浩司

N,N-ジアセチルグルコサミン誘導体の合成と反応性
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:4L2-04 200603
白村隆, 小山哲夫, 坂入信夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

アミノ酸リンカー型グロボ3糖担持カルボシランデンドリマーの合成研究
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:4G3-30 200603
山田明宏, 相澤宏明, 横田洋雄, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 江角保明, 西川喜代孝, 名取泰博, 照沼大陽

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究(II)
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:4G3-29 200603
坂本純一, 鈴木香織, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 江角保明, 鈴木康夫, 松岡浩司

新規ベロ毒素中和剤の合成研究:糖&amp;#8212;アミノ酸ハイブリッド型ポリマー群の構造活性相関
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:4G3-28 200603
江州勇亮, 小山哲夫, 西川喜代孝, 名取泰博, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

側鎖に液晶分子を有する新規ポリシランの合成(1)
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:4F4-35 200603
高橋英記, 幡野健, 青木良夫, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

ポリシラン封入ポリスチレン微粒子の合成と評価
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:2PB-026 200603
乳井真吾, 幡野健, 鎌田憲彦, 照沼大陽

インフルエンザウイルス阻害剤としての糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:1PA-154 200603
平井佑紀, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽, 江角保明

ベロ毒素阻害剤としてのアミド結合型糖鎖担持カルボシランデンドリマーの合成
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:1PA-145 200603
横田洋雄, 相澤宏明, 山田明宏, 小山哲夫, 幡野健, 松岡浩司, 江角保明, 西川喜代孝, 名取泰博, 照沼大陽

機能性糖鎖を担持した色素含有ナノ微粒子合成法の開発(1)
日本化学会,第86回春季年会(船橋)講演予稿集:1PA-146 200603
大山直人, 幡野健, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

デンドリマーによる生理活性糖鎖の集積化と機能発現
高分子学会,第17回埼玉地区懇話会(戸田) 200603
松岡浩司

Synthesis and optical properties of silyl-substituted pyrenes
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:4646 200512
N. Ohyama, K. Hatano, K. Matsuoka, N. Kamata, D. Terunuma

Synthesis and property of 1,4-disilabicyclo[2.2.2]octane
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:4644 200512
H. Aizawa, K. Hatano, K. Matsuoka, N. Kamata, and D. Terunuma

Synthesis and characterization of new soluble polydiphenylsilane co-polymers
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:5817 200512
T. Sato, K. Hatano, N. Kamata, K. Matsuoka, and D. Terunuma

Synthesis of linear permethyl oligosilanes with liquid crystalline molecules
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:5816 200512
T. Nakano, K. Hatano, Y. Aoki, K. Matsuoka, N. Kamata, and D. Terunuma

Inhibition of shiga toxin adhesion by carbosilane dendrimer periphery functionalized bioactive sugar
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:1866 200512
A. Yamada, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Esumi, K. Hino, K. Nishikawa, Y. Natori, and D. Terunuma

Syntheses and biological properties of a series of lacto-N-neotetraose cluster using carbosilane dendrimer scaffolds
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:1865 200512
A. Yamada, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Esumi, C. Aoki, K. Hidari, Y. Suzuki, and D. Terunuma

Syntheses and characterization of new polysilanes bearing pendant liquid-crystalline molecules
2005環太平洋国際化学会議,PACIFICHEM 2005 (Hawaii, USA), Abstract:5455 200512
H. Takahashi, K. Hatano, Y. Aoki, K. Matsuoka, N. Kamata, and D. Terunuma

Advantages of Carbosilane Dendrimer as a Carbohydrate Scaffold -Application to Artificial Receptor of E. Coli, Influenza and Dengue Virus-
The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry (ISOS-XIV),The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry (ISOS-XIV) Abstract:78 200508
Ken Hatano, Akihiro Yamada, Tetsuo Koyama, Koji Matsuoka, Daiyo Terunuma, Yasuaki Esumi, Kiyotaka Nishikawa, Yasuhiro Natori, Kazuya Hidari, and Yasuo Suzuki

Syntheses and Biological Assay of a Series of Lacto-N-neotetraose Cluster using Carbosilane Dendrimer Scaffolds
The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry (ISOS-XIV),The 14th International Symposium on Organosilicon Chemistry (ISOS-XIV) Abstract:134 200508
Akihiro, Yamada, Ken Hatano, Koji Matsuoka, Yasuaki Esumi, Chie Aoki, Kazuya Hidari, Yasuo Suzuki and Daiyo Terunuma

側鎖に液晶分子を有する新規ポリシランの合成と評価(II)
高分子学会,第54回年次大会(横浜)講演予稿集,54:2Pd024 200505
高橋英記, 幡野健, 青木良夫, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

高密度型糖鎖含有高分子の合成研究 -ベロ毒素の効率的な中和剤を目指して-
高分子学会,第54回年次大会(横浜)講演予稿集,54:1Pe208 200505
小山哲夫, 江州 勇亮, 幡野健, 照沼大陽, 松岡 浩司

新規可溶性ポリシランの合成とその評価
高分子学会,第54回年次大会(横浜)講演予稿集,54:1Pg053 200505
佐藤利之, 幡野健, 鎌田憲彦, 松岡浩司, 照沼大陽

糖 アミノ酸ハイブリッド型ポリマーの合成研究(1)
高分子学会,第54回年次大会(横浜)講演予稿集,54:1Pe209 200505
江州勇亮, 小山哲夫, 幡野健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖含有カルボシランデンドリマーの合成研究(IX) デングウイルス阻害作用におけるデンドリマー骨格の効果
高分子学会,第54回年次大会(横浜)講演予稿集,54:1Pd208 200505
山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 青木千恵, 左 一八, 鈴木康夫, 照沼大陽,

N-結合型糖ペプチドの基礎的な合成研究
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:3F2-02 200503
松山恭子, 鈴木美穂, 小山哲夫, 幡野 健, 照沼大陽, 松岡浩司

インフルエンザウイルス阻害能を指向したシアリルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:3E2-16 200503
森 知紀, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 左 一八, 鈴木康夫, 照沼大陽

新規ノイラミニダーゼ阻害剤の合成研究 (I)
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:3F2-15 200503
坂本純一, 小山哲夫, 江角保明, 幡野 健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖デンドリマーの合成と酵素による糖鎖伸長反応の検討
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:3F2-14 200503
金子礼奈, 小山哲夫, 江角保明, 幡野 健, 照沼大陽, 松岡浩司

チオグリコシド型グロボ3糖誘導体の合成研究 (2)
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:2A2-10 200503
黒澤 直, 小山哲夫, 江角保明, 幡野 健, 照沼大陽, 松岡浩司

糖鎖含有カルボシランデンドリマーの合成研究 (VII) デンドリマー中心元素の変化によるベロ毒素阻害活性への効果
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:2C5-16 200503
山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 西川喜代孝, 名取泰博, 照沼大陽

1,4-ジシラビシクロ[2,2,2]オクタンの合成とその反応性に関する研究
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:1C5-21 200503
相澤宏明, 幡野健, 松岡浩司, 照沼大陽

側鎖に液晶分子を有する新規ポリシランの合成 (1)
日本化学会,日本化学会第85回春季年会予稿集:1PA24 200503
高橋英記, 幡野 健, 青木良夫, 松岡浩司, 鎌田憲彦, 照沼大陽

糖鎖クラスターの構築
東京糖鎖研究会,GlycoTOKYO2004 シンポジウム (埼玉大学) 講演要旨集:1 200503
松岡浩司

Synthesis and Biological Evaluation of Glycopolymer as Shiga toxin Neutralizar
US/JAPAN GLYCO2004, Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research,Glycobiology,14:1194 200411
K.Matsuoka, A.Miyagawa, K.Nishikawa, M.Watanabe, Y.Natori, E.Kita, T.koyama, K.Hatano, D.Terunuma

N-結合型糖ペプチドの基礎的な合成研究
有機合成化学協会,第86回有機合成シンポジウム講演要旨集:128-129 200411
松山恭子, 小山哲夫, 幡野 健, 照沼大陽, 松岡浩司

Synthesis and Property of Carbosilane Dendrimers Functionalizing Peripheral Mannose Moieties
US/JAPAN GLYCO2004, Joint Meeting of the Society for Glycobiology and the Japanese Society of Carbohydrate Research,Glycobiology,14:1093 200411
T. Mori, K. Hatano, K. Matsuoka, Y. Esumi, E. J. Toone, and D. Terunuma

グロボ三糖含有カルボシランデンドリマーライブラリの構築
有機合成化学協会,第86回有機合成シンポジウム講演要旨集:122-123 200411
小山哲夫, 山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 名取泰博, 西川喜代孝

シアリルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成
ケイ素化学協会,第9回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:79 200410
森 知紀, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 左 一八, 鈴木康夫, 照沼大陽

糖鎖含有カルボシランデンドリマーの合成研究(VII)
ケイ素化学協会,第9回ケイ素化学協会シンポジウム要旨集:125 200410
山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 江角保明, 左 一八, 鈴木康夫, 西川喜代孝, 名取泰博

多価型ベロ毒素中和剤の開発
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:5416-5417 200409
松岡浩司, 宮川 淳, 幡野 健, 照沼大陽, 西川喜代孝, 渡邉美帆, 名取泰博, 喜多英二

シアリルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成研究
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:5278 200409
森 知紀, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 左 一八, 鈴木康夫, 照沼大陽

糖鎖含有カルボシランデンドリマーの合成研究(V)-パラグロボシド含有カルボシランデンドリマーの合成と評価-
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:2088 200405
山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 青木千恵, 左 一八, 鈴木康夫, 江角保明

N-アセチルラクトサミン担持カルボシランデンドリマーの合成
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:1885 200405
幡野 健, 森 知紀, 大田和拓己, 松岡浩司, 江角保明, 照沼大陽, 左 一八, 鈴木康夫

マンノースおよびその二糖によって機能化したカルボシランデンドリマーの合成と性質
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:1887 200405
森 知紀, 幡野 健, 松岡浩司, 江角保明, 照沼大陽, Eric J.Toone

糖鎖含有カルボシランデンドリマーの合成研究(VI)-デングウイルス阻害剤の合成と生物学的評価-
高分子学会,第53回高分子学会予稿集,53:1888 200405
山田明宏, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 青木千恵, 左 一八, 鈴木康夫, 江角保明

シクロデキストリンの化学修飾
日本農芸化学会,日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集:435 200403
松岡浩司

シアリルラクトース含有カルボシランデンドリマー群の合成研究
日本化学会,日本化学会第84回春季年会予稿集:1039 200403
翁長朝典, 小山哲夫, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 鈴木康夫, 江角保明

チオグリコシド結合型グロボ3糖誘導体の合成研究
日本化学会,日本化学会第84回春季年会予稿集:1036 200403
黒澤 直, 小山哲夫, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 江角保明

新規シアル酸供与体の合成と反応性の検討
日本化学会,日本化学会第84回春季年会予稿集:1039 200403
翁長朝典, 小山哲夫, 幡野 健, 松岡浩司, 照沼大陽, 坂入信夫

ナノサイズで制御された糖鎖クラスター型ベロ毒素中和剤の開発
第2回ナノテクノロジー総合シンポジウム,JAPAN NANO 2004 講演予稿集:258-259 200403
松岡浩司, 幡野 健, 西川喜代孝, 名取泰博, 喜多英二, 照沼大陽

その他
シアル酸チオグリコシドポリマー
埼玉大学産学官連携協議会,News Letter,41:12 201410
松岡浩司

松岡浩司, “甘くない糖により医療・福祉の未来を拓く
埼玉県,平成26年度 次世代産業カレッジ:講座#03 201410
松岡浩司

光学薄膜の新合成法
化学工業日報,化学工業日報新聞(20141226付):5面 2014
松岡浩司

糖鎖の機能を利用した創薬への試み
埼玉バイオ,埼玉バイオ―埼玉大学合同シンポジウム 201112
松岡浩司

糖鎖の機能とクラスター化
,埼経協ニュース三三二号,332:18 2006
松岡浩司

特許等知的財産

登録済特許
糖鎖含有カルボシランデンドリマー化合物とその製造方法並びにベロ毒素中和剤と抗ウイルス剤 , Sugar Chain-Containing Carbosilane Dendrimer Compounds, Method for Producting the Same, Verotoxin Neutralizers and Antivaral Agents, WO02/002588
Saccharide residue-functional organopolycarbosiloxanes and method for the preparation thereof
Saccharide residue-functional organopolysiloxanes and method for the preparation thereof
SUGAR-MODIFIED PARTICLE AND METHOD FOR PRODUCTION THEREOF
病原性微粒子吸着性中空糸及び病原性微粒子除去装置
糖残基を有するオルガノポリカルボシロキサンおよびその製造方法
糖残基を有するオルガノポリシロキサンおよびその製造方法
アミド結合型糖鎖含有カルボシランデンドリマーおよびその製造方法
新規ラクトサミン誘導体とその製造方法
糖鎖含有カルボシランデンドリマー化合物とその製造方法並びにベロ毒素中和剤と抗ウィルス剤
ガラビオース結合カルボシランデンドリマー化合物
新規シアル酸供与体とその製造方法並びにそれを用いたシアル酸の導入方法
ベロ毒素中和剤
新規糖鎖担持カルボシランデンドリマーおよびその製造方法、並びにデング熱ウィルス感染阻害剤、抗ウィルス財及び抗HIV剤のスクリーニング用標的物質
シアリルラクトサミン担持デンドリマー化合物
チオグリコシド型シアル酸結合デンドリマー化合物
シアル酸チオグリコシドポリマー
チオシアロシド型オリゴ糖を含む糖鎖デンドリマーの製造方法及びその利用
シアリル a(2-6)ラクトース含有化合物及びその利用
シアル酸誘導体の製造方法とインフルエンザウィルス阻害剤としての利用
蛍光性アミラーゼ基質及び該基質を用いたアミラーゼ活性測定方法
ウィルス、微生物等の検出方法
フコシルキトビオース誘導体の製造方法
糖鎖担持デンドリマーからなる標的選択的薬剤放出担体
発光の色調変化による複数微生物の同時検出方法
FRETを利用した酵素活性測定基質及びその製造方法
金含有物への糖鎖の導入法
ダブルビオチンアンカー型リガンド固定化分子

共同研究等希望テーマ

ベロ毒素, カルボシランデンドリマー, グロボ3糖, 糖鎖ポリマー , 合成化学, 高分子化学, 創薬化学 , カルボシランデンドリマーをコアとした大腸菌O157:H7が産生するベロ毒素中和剤の開発 , 共同研究
インフルエンザウィルス, カルボシランデンドリマー, 阻害剤, 糖鎖ポリマー , 合成化学, 高分子化学, ウイルス学, 創薬化学 , カルボシランデンドリマーをコアとしたインフルエンザウィルス阻害剤の開発 , 共同研究
シクロデキストリン, 不斉合成, メチル化 , 有機化学, 機能物質化学, 合成化学 , シクロデキストリンを基盤とした機能材料の開発 , 共同研究

教育活動実績

授業等

2011 , 前期 , 有機機能材料
2008 , 前期 , 機能材料工学概論;分担(工学部)
2008 , 後期 , 材料有機化学(工学部)
2008 , 前期 , 高分子科学(工学部)
2008 , 前期 , 機能材料基礎演習I;分担(工学部)
2008 , 後期 , 機能材料基礎演習II;分担(工学部)
2008 , 後期 , 機能材料工学実験III;分担(工学部)
2008 , 後期 , 機能分子合成特論(院・理工学前期)
2008 , 後期 , 複合糖質化学特論(院・理工学後期)
2008 , 後期 , エコ・マテリアルサイエンス(教養教育)

論文指導

2012 , 卒業論文指導 指導学生数 計:4 , 修士論文指導 指導学生数 計:8 , 博士論文指導 指導学生数 計:2 , 特別研究生指導 指導学生数 計:1(内留学生:1)
2011 , 卒業論文指導 指導学生数 計:5 , 修士論文指導 指導学生数 計:8 , 博士論文指導 指導学生数 計:4(内留学生:1)
2010 , 卒業論文指導 指導学生数 計:5 , 修士論文指導 指導学生数 計:6 , 博士論文指導 指導学生数 計:3(内留学生:1)
2009 , 卒業論文指導 指導学生数 計:4 , 修士論文指導 指導学生数 計:4 , 博士論文指導 指導学生数 計:3(内留学生:1)
2008 , 卒業論文指導 指導学生数 計:4 , 修士論文指導 指導学生数 計:2 , 博士論文指導 指導学生数 計:3(内留学生:1) , 研究生指導 指導学生数 計:1

留学生受入

2014 , 後期人数:2 , Kazakhstan & Mexico
2013 , 前期人数:3 , 後期人数:2 , 世界還流留学生(アメリカ、インド)、後期課程学生(インド)、前期課程学生(中国)
2012 , 後期人数:1 , 中国からの特別研究学生

研究員受入

2015-2016 , 感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発
2014- , 感染症及びがんの早期検出薬・診断薬の研究開発 , 埼玉大学先端産業実用化開発事業費補助金
2008-2009 , 志賀毒素: 前臨床の動物モデル開発と治療のための試験

社会活動実績

社会活動等

出張講座
2016- , 機能材料工学による創薬へのアプローチ
2016- , 機能材料工学による創薬へのアプローチ
2015- , インフルエンザウィルスに感染しないための薬剤の開発
2015- , インフルエンザウィルスに感染しないための薬剤の開発
2015- , 機能材料工学による創薬へのアプローチ
2014- , O157を防ぐ薬剤の開発
2014- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2013- , O157を防ぐ薬剤の開発
2013- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2013- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2011- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2011- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2010- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2009- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2008- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2008- , インフルエンザに感染しないための薬剤の開発
2006- , O157およびインフルエンザの感染を防止する
講演会
2016- , 埼玉大学産学連携セミナー , 講師
メディア・報道
2016 , 埼玉新聞 , インフルエンザ特効薬の開発 , サイ・テクこらむ