キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

野中 進 ノナカ ススム

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス nonaka@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教養学部 教養学科ヨーロッパ文化・アメリカ研究専修課程

研究分野

ロシア , チェコの文化(主に思想と文学)

現在の研究課題

修士論文以来,バフチンを中心に,ロシア・東欧の文学理論を研究している(「歴史と超越:カガンとバフチン」)。またその成果を生かし,みずから文学作品の分析も行う(「ゴーコリにおける…」)。今後は20世紀前半のロシア文化を主たる研究対象としたい。

所属学会

所属学会
日本ロシア文学会
The Japanese Society for Slavic and East European Studies

学歴

出身大学院・研究科等
1997 , 東京大学 , 博士 , 総合文化研究科 , 単位取得満期退学
1993 , 東京大学 , 修士 , 総合文化研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1989 , 東京大学 , 教養学部 , 卒業
取得学位
学術修士 , 東京大学大学院 , 修士論文「ミハイル・バフチン『ドストエフスキーの創作の諸問題』について」

受賞学術賞

1994 , 日本ロシア文学会研究発表奨励賞

研究職歴等

研究職歴
1999 , 埼玉大学教養学部助教授
1997 , 埼玉大学教養学部講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
まなざしと声:アンドレイ・プラトーノフ作品のもう一つの精神分析的読解 (原文ロシア語)
,Acta Slavica Iaponica,29:87-102 2011
NONAKA Susumu

他人の手紙への注釈 ローザノフのメディア的対話性の手法(『文学的追放者』その他) [原文ロシア語]
Slavic Research Center,Acta Slavica Iaponica,27:125-138 2009
野中進

トゥイニャーノフの「意味の意味」
,平成18年度 19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書『ロシア・フォルマリズム再考:新しいソ連文化研究の枠組における総合の試み』(研究代表者 野中進;課題番号 18520172)、:7-35 2008
野中進

プラトーノフの文体的原理としてのカテゴリー・ミステイク(『土台穴』) (原文ロシア語)
ロシア文学研究所: ペテルブルグ,アンドレイ・プラトーノフの創作,4集:62-73 2008
NONAKA Susumu

シクロフスキーの『オプチミズムの探求』について ジャンル、文学理論、時代へのコミットの観点から
,ロシア語ロシア文学研究,39:58-65 2007
野中進

愚痴と文学
東京大学出版会,柴田元幸編『文字の都市 世界の文学・文化の現在』:63-84 2007
野中進

K.Barsht €"Poetika prozy Andreja Platonova€" (2-nd izd.), St.Petersburg, P.Bullock, €"The Feminine in theProse of Andrey Platonov€", London
日本ロシア文学会,ロシア語ロシア文学研究,38:143-146 2006
野中進

シクロフスキーにおける再認の概念
,埼玉大学紀要 教養学部,41(2):91-128 2006
野中進

ミハイル・バフチンの批評
新書館,現代批評理論のすべて:22-25 2006
野中進

ロシア・フォルマリズム
新書館,現代批評理論のすべて:18-21 2006
野中進

Povtor sravnenij v Chevengure (K postanovke voprosa)
,Strana filosofov (IMLI RAN: Moskva),6:335-344 2005
Nonaka Susumu

A.プラトーノフ『土台穴』におけるくびき語法
北海道大学スラブ研究センター,スラヴ研究,51:273-293 2004
野中進

Syllepsis v "Kotlovane" A. Platonova
,IRLI (St.Petersburg),3:378-399 2004
野中進

プラトーノフについての回想をどう読むか
北海道大学スラブ研究センター,21世紀COEプログラム研究報告集,4:14-21 2004
野中進

ミハイル・バフチン『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化』
青土社,『ユリイカ 総特集20世紀を読む』:184-185 1997

歴史と超越:カガンとバフチン
せりか書房,ミハイル・バフチンの時空:250-63 1997

ゴーゴリにおけるリアルなもの,幻想的なもの,グロテスクなもの[ロシア語]
,Slavistica,11:71-95 1995

学会発表
セッション"Semiotic Tradition in Russia: Perspectives from East and West"の司会とコメンテータ
第8回ICCEES世界大会,ICCEES VIII 201007
野中進

ワシーリー・ローザノフと女性読者たち [原文ロシア語]
東アジア・スラヴィスト会議 201003
NONAKA Susumu

まなざしと声 A.プラトーノフにおける鏡像忌避とその周辺
日本ロシア文学会全国大会,ロシア語ロシア文学研究(41別冊):14 200910
野中進

ウーリャ再論:アンドレイ・プラトーノフにおけるまなざしと声 [原文ロシア語]
国際プラトーノフ学会 200909
NONAKA Susumu

V.ローザノフにおけるメディア的対話性の手法としての他人の手紙への注釈(『文学的追放者』など) (原文ロシア語)
マルギナリア2008:文化の周縁とテクストの境界,マルギナリア2008:文化の周縁とテクストの境界」(ユーリエフ・ポーリスキー、2008年10月3-5日)報告要旨集、モスクワ:99-101 200810
NONAKA Susumu

シクロフスキーの『オプチミズムの探求』について
日本ロシア文学会,ロシア語ロシア文学研究,39:58-65 200710
野中進

プラトーノフの文体の原理としてのカテゴリーミステイク(原題はロシア語)
Mezhdunarodnyj platonovskij seminar (国際プラトーノフ・セミナー) 200710
野中進

シクロフスキーにおける再認の概念
日本ロシア文学会,ロシア語ロシア文学研究,38 200510
野中進

その他
И.В. Кондаков (ред.). Традиционное и нетрадиционное в культуре России. М.: Наука, 2008
日本ロシア文学会全国大会,ロシア語ロシア文学研究(41):85-88 200910

ロシア・フォルマリズムの理論的発展と1920年代ソ連文学の論争状況の相関関係についての研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(5(18年度)):232-233 2007
野中 進

スターリニズム文化の形成過程とロシア・ナショナリズムの関係についての基礎的研究
埼玉大学総合研究機構,総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書(4(17年度)) 2006
野中 進

パネルディスカッション:「その後」のフォルマリストたち ロシア・フォルマリズム再考(企画・司会:野中進)
,ロシア語ロシア文学研究,39:153 2006

教育活動実績

授業等

スラヴ文化コース基礎演習C , 教養学部
ユーラシア研究特殊講義 , 教養学部
露語ⅠA , 教養教育