キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

五十嵐 善哉 イガラシ ヨシヤ

所属部署名 理工学研究科 電話番号
職名 助教 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス yigarashi@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL http://park.saitama-u.ac.jp/~ehl/

プロフィール

研究分野

キーワード:水工水理学 , 水災害減災防災工学

学歴

出身大学院・研究科等
2020 , 埼玉大学大学院 , 博士後期 , 修了
2017 , 埼玉大学大学院 , 博士前期 , 修了

受賞学術賞

2022 , 修士論文優秀発表賞 , 修士2年の海野瀬綾乃さんが受賞した。
2022 , 卒業論文優秀発表賞 , 学部4年の唐木結也君、石原慎也君が受賞した。
2021 , アウトスタンディング・ディスカッション賞(第65回水工学講演会)
2021 , 卒業論文優秀発表賞 , 学部4年の山内大輝君が受賞した。
2018 , Best Paper Award of IAHR-APD , 対象者228件の論文中、開催国枠(64論文のうち2論文)を除いた164論文のうち2論文が受賞。

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
荒川水系越辺川・都幾川・新江川における破堤・ 氾濫状況の解析
令和元年台風19 号豪雨災害調査団報告書:pp.231-244 202009
田中規夫,五十嵐善哉,海野瀬綾乃

R2荒川中流域の支川群を対象とした貯留効果と生態的機能の 評価に基づく植生管理手法の提案
国交省地域課題報告書 202003
田中規夫,五十嵐善哉

論文
Effects of tree destruction and debris dam formation at the gravel-bed bars in Kumagaya in the Arakawa River on the maximum water depth and flood hydrograph during the flood event caused by typhoon Hagibis
Journal of JSCE,10(1):19-29 2022
Tanaka, N., Igarashi, Y., Suenaga, H.

Effective management of Japanese black pine (Pinus thunbergii Parlat.) coastal forests considering tsunami mitigation
Journal of Environmental Management 2022
Torita, H., Igarashi, Y., Tanaka, N.

荒川中流域の支川群の河道内植生が荒川本川および荒川第一調節池に与える影響
河川技術論文集,第27巻:259-264 2021
五十嵐善哉,田中規夫,米沢拓繁,天井洋平,小川貴之

破堤点の相違による氾濫特性を考慮した避難解析にもとづく地域に適した避難手法分類
土木学会論文集B1(水工学),77(2):1513-1518 2021
小内 尭、田中 規夫、伏見 健吾、五十嵐 善哉

荒川全流域における潜在的氾濫パターンの気候変動影響による変化
土木学会論文集B1(水工学),77(2):493-498 2021
田中規夫,小野寺祐乃,五十嵐善哉,米沢拓繁,天井洋平,小川貴之

堤防からの落下流特性に着目した実験と侵食破壊モデルによる堤防天端強化の有効性評価
土木学会論文集B1(水工学),77(2):361-366 2021
海野瀬綾乃,田中規夫,五十嵐善哉,小野瀬涼太,黄旭

出水時に観測された浮遊物捕捉形態の相違が樹林帯の抵抗特性に与える影響
土木学会論文集B1(水工学),77(2):103-1038 2021
岩田敦行,田中規夫,五十嵐善哉

令和元年東日本台風の出水において歴史的・現代的治水施設群と支川群の破堤氾濫が荒川本川水位に与えた影響の相互比較
第20回 都市水害に関するシンポジウム論文集:1-7 2021
田中規夫,五十嵐善哉

Numerical investigation of the effectiveness of vegetation-embankment hybrid structures for tsunami mitigation introduced after the 2011 tsunami
Geosciences,11(440) 2021
Tanaka N., Igarashi Y., Zaha T.

荒川中流域の支川群の河道内植生が洪水流 に与える影響と生態的機能の評価
河川技術論文集,第26巻:pp. 95-100 2020
五十嵐善哉,田中規夫,末永博,又吉健太

都幾川上流および都幾川・越辺川合流部の堤防決壊時刻が堤内 地氾濫量に与えた影響
土木学会論文集 B1 (水工学),76(1):pp.284-294 2020
五十嵐善哉; 田中規夫

令和元年東日本台風において荒川の熊谷砂礫州で発生 した植生破壊と流木ダムの形成が最大水位と下流への流出ハイドログラフに与えた影響
土木学会論文集 B1 (水工学),76(1):pp.243-252 2020
田中規夫; 五十嵐善哉; 末永博

令和元年東日本台風による入間川流域の堤防決壊が堤内地氾濫 量および下流の流量ハイドログラフに与えた影響
土木学会論文集 B1 (水工学),76(2):I_637-I_642 2020
五十嵐善哉,田中規夫

堤防越水を伴う洪水時における堤内地 側事前湛水が堤防の侵食プロセスに与える影響
土木学会論文集 B1 (水工学),76(2):I_571-I_576 2020
海野瀬綾乃,田中規夫,小倉 睦,五十嵐 善哉

Improved numerical simulation against overflow from embankment under steady and unsteady flow conditions by considering non-hydrostatic pressure
Proceedings of the 22nd IAHR-APD Congress, Sapporo, Japan. 2020
Igarashi, Y., Tanaka, N.

Energy reduction in tsunami through a defense system comprising an embankment and vegetation on a mound
Proceedings of the 22nd IAHR-APD Congress, Sapporo, Japan. 2020
Md Abedur Rahman, Tanaka., N., Rashedunnabi, A.H.M., Igarashi, Y.

学会発表
落下流による侵食破壊モデルの実河川堤防への適用と課題
土木学会,第9回河川堤防技術シンポジウム論文集:9-10 202112
海野瀬綾乃、田中規夫、五十嵐善哉

堤防の浸透破壊を考慮した河川氾濫 解析による荒川流域の潜在的氾濫リスクの評価
令和2年度土木学会全国大会 第75回年次学術講演会 202009
海野瀬綾乃,田中規夫,五十嵐善哉,伏見健吾

令和元年東日本台風における都幾川上流の霞堤群 が下流のピーク流量低減に及ぼした影響
令和2年度土木学会全国大会 第75回年次学術講演会 202009
五十嵐善哉,田中規夫,高塚智之

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2020-2022 , 平面二次元分散波方程式を用いた洪水流・河床変動解析モデルの開発 , 研究活動スタート支援
科学研究費補助金(研究分担者)
2019-2021 , 海岸防災林の津波減災機能向上のための生物・物理モデルの開発と森林管理手法の評価 , 科学研究費補助金・基盤研究C
その他
2021-2022 , 計画規模の洪水において河道内植生等が河岸浸食リスクに与える影響の検討 , 河川基金補助事業

教育活動実績

授業等

2022 , 前期 , 水圏防災減災工学 , 2020年度より担当
2022 , 前期 , 環境社会デザイン実験 , 2020年度より担当
2022 , 後期 , 環境社会デザイン基礎演習 , 2020年度より担当
2022 , 前期 , 情報基礎 , 2022年度より担当