キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

松嵜 昭雄 マツザキ アキオ

所属部署名 教育学部 自然科学講座(算数・数学分野) 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教育学研究科
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科

研究分野

教科教育学
キーワード:算数・数学教育 , 数学的モデリング , ICT教育 , 総合学習 , 国際教育協力

現在の研究課題

算数・数学教育分野の国際教育協力に関する研究
キーワード:国際教育協力 , 算数・数学教育 , 授業研究 , ICT教育 , 2008
才能のある生徒によるサイエンスコミュニケーションの在り方に関する研究
キーワード:サイエンスコミュニケーション , 算数・数学教育 , テクノロジー , 2006
数学的モデリング能力の育成方略に関する研究
キーワード:数学的モデリング能力 , 原場面 , 問題解決過程 , 反応分析マップ , 1999
算数科・数学科と他教科の総合に関する研究
キーワード:数学的モデリング , 総合学習 , STEM学習 , 1997

所属学会

所属学会
数学教育学会
全国数学教育学会
日本科学教育学会
日本学校数学教育学会
日本教育実践学会
日本教科教育学会
日本教授学習心理学会
日本数学教育学会
日本数学教育史学会
所属学会役員担当
2016 - 2018 , 日本科学教育学会 , 年会企画委員会 委員長
2014 - 2016 , 日本科学教育学会 , 年会企画委員会 副委員長
2014 - 2014 , 日本科学教育学会 , 年会実行委員会
2013 - 2018 , 日本数学教育学会 , 代議員(埼玉県)
2011 - 2018 , 日本数学教育学会 , 数学教育編集部常任幹事
2010 - 2018 , 日本科学教育学会 , 年会企画委員会委員

学歴

出身大学院・研究科等
2015 , 東京理科大学 , 博士後期 , 科学教育研究科 , 科学教育専攻 , 修了
2005 , 筑波大学 , 博士 , 教育学研究科 , 学校教育学専攻 , 単位取得満期退学
1999 , 筑波大学 , 博士前期 , 教育研究科 , 教科教育専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1997 , 東京理科大学 , 理学部 , 数学科 , 卒業
取得学位
修士(教育学) , 筑波大学
博士(学術) , 東京理科大学

研究職歴等

研究職歴
2010 - 2010 , 鳴門教育大学大学院学校教育研究科,准教授(鳴門教育大学教員教育国際協力センター兼務)
2008 - 2010 , 鳴門教育大学大学院学校教育研究科,講師(鳴門教育大学教員教育国際協力センター兼務)
研究職歴以外の職歴
2005 - 2008 , 筑波大学附属駒場中学校,教諭(筑波大学附属駒場高等学校兼務)

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
第2章2 授業デザインの視点
明治図書,西村圭一編著『真の問題解決能力を育てる算数授業-資質・能力の育成を目指して-』:35-45 2016
松嵜昭雄・山口武志

2章 数学的モデリングと統計的探究プロセス
明治図書,岸本忠之編著『身近な題材で始める算数教材作り-資料の整理と読みの力を伸ばす授業プラン-』:23-38 2015
松嵜昭雄

Chapter 15: How do students share and refine models through dual modelling teaching? The case of students who do not solve independently
Springer,Mathematical Modelling in Education Research and Practice: Cultural, Social and Cognitive Influences:195-206 2015
Kawakami, T., Saeki, A., & Matsuzaki, A.

Chapter 41: Evidence of reformulation of situation models: Modelling tests before and after a modelling class for lower secondary school students
Springer,Mathematical Modelling in Education Research and Practice: Cultural, Social and Cognitive Influences:487-498 2015
Matsuzaki, A., & Kaneko, M.

3年 教材研究のポイント
東洋館出版社,礒田正美・小原豊・宮川健・松嵜昭雄編著『中学校数学科 つまずき指導事典』:104-105 2014
松嵜昭雄

第6章 算数的活動
東洋館出版社,齋藤昇・秋田美代・小原豊編著『子どもの学力を高める新しい算数科教育法』:69-74 2013
松嵜昭雄

第2章1 自然数とは
東洋館出版社,齋藤昇・秋田美代・小原豊編著『授業に役立つ算数教科書の数学的背景』:11-15 2013
松嵜昭雄

Chapter7: Dual modelling cycle framework for responding to the diversities of modellers.
Springer,Teaching Mathematical Modelling: Connecting to Research and Practice:89-99 2013
Saeki, A. & Matsuzaki, A.

Chapter17: Evidence of a dual modelling cycle: Through a teaching practice example for pre-service teachers
Springer,Teaching Mathematical Modelling: Connecting to Research and Practice:195-205 2013
Matsuzaki, A. & Saeki, A.

49: Using response analysis mapping to display modellers’ mathematical modelling progress
Springer,Trends in Teaching and Learning of Mathematical Modelling: ICTMA 14 (International Perspectives on the Teaching and Learning of Mathematical Modelling:499-508 2011
Matsuzaki, A.

Section 3.2: A teaching experiment in mathematical modelling
Horwood,Mathematical Modelling (ICTMA12): Education, Engineering and Economics:101-109 2007
Ikeda, T., Stephens, M., & Matsuzaki, A.

Chap3.5.5. How might we share models through cooperative mathematical modelling? Focus on situations based on individual experiences
Springer,Modelling and Applications in Mathematics Education: The 14th ICMI Study:357-364 2007
Matsuzaki, A.

第2章 機構に関するWebサイトを活用したレゴによる直線運動と円運動の変換の再現
明治図書,岸本忠之編著『数学科・デジタルテクノロジーで広がる学習環境の創造-付録CD-ROM「Web型数学史科学館」-』:21-35 2007
松嵜昭雄

論文
数学的モデリングの記述的枠組みにおける原場面の機能-中後期フッサール現象学の方法の適用-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,97(3):14-23 2015
松嵜昭雄

「90°システム広告」の作図方法に着目した数学教材-中等教育段階における課題学習教材の一例として-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,97(9):13-21 2015
三島直人・松嵜昭雄

円柱上の螺旋に関する探究活動を系統的に実現する教材の一考察-小学校から高等学校までの系統性を志向して-
数学教育学会,数学教育学会誌,56(1・2):1-14 2015
佐伯昭彦・松嵜昭雄・川上貴

新教育課程編成に向けた系統的な統計指導の提言-義務教育段階から高等学校第1学年までを対象として-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,96(1):2-12 2014
日本数学教育学会「資料の活用」検討WG 松嵜昭雄・金本良通・大根田裕・青山和裕他5名

Confirming and supplementing of modelling competencies: Using applied response analysis mapping and focus on Gen-Bamen
International Society for Mathematics and Science Education,International Journal of Research on Mathematics and Science Education,2:17-32 2014
Matsuzaki, A.

歩く事象の変化とグラフを関連づける表現力を高めるための実験授業-他者を意識した『グラフの伝書』作り-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,95(11):2-10 2013
佐伯昭彦・土田理・末廣聡・中谷亮子・松嵜昭雄

小学校における数学的モデリングの指導の新たなアプローチ-現実世界の課題場面からの問題設定に焦点をあてて-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,94(6):2-12 2012
川上貴・松嵜昭雄

学校数学における数学的モデル化の虚構性と数学的問題設定指導の教育的意義-東日本大震災の科学研究に学ぶ-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,94(5):41-44 2012
岸本忠之・松嵜昭雄・礒田正美

残差分析によるデータ間の関係の読み取り-表計算ソフトを利用した線形変換を通じて-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,93(11):35-38 2011
松嵜昭雄

『數學(中學校用)第一類』及び『數學(中學校用)第二類』における数学化
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,92(11):26-27 2010
松嵜昭雄

Mathematization in the Textbooks in the Middle of World War II
Japan Society of Mathematical Education,Journal of Japan Society of Mathematical Education,92(11):98-99 2010
Matsuzaki, A.

数学的モデリング能力の特定方法に関する研究-原場面への注目と課題分析マップの援用-
筑波大学教育学会,筑波教育学研究,6:119-133 2008
松嵜昭雄

数学的モデリングを軸とする数学科と他教科の総合の提案-数学科と華道科の総合を事例として-
日本総合学習学会,日本総合学習学会誌,6:24-31 2003
松嵜昭雄・長野東

The Roles of Mediational Means for Mathematization: The Case of Mechanics and Graphing Tools
Japan Society for Science Education,The Journal of Science Education in Japan (Kagaku Kyoiku Kenkyu),27(4):245-257 2003
Isoda, M., & Matsuzaki, A.

数学的モデリングにおける理解深化に関する一考察-クランク機構の関数関係の把握-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,81(3):78-83 1999
松嵜昭雄・礒田正美

学会発表
「持続可能な開発のための教育(ESD)」の視点に立つ算数・数学の学習方法と学習形式に関する一考察-算数学習の指導実践例の検討を通して-
日本数学教育学会,第5回春期研究大会論文集:91-98 2017
松嵜昭雄

変換に着目したモデリング授業-スーパーサイエンスハイスクール指定校での取組-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第40回年会論文集:167-170 2016
松嵜昭雄

A consideration of modelling evaluation with referring functions of ICTs: Modelling workshops using graphing calculator with LEGO®MINDSTORMS®EV3
East-Asian Association for Science Education,E-proceedings (Final version) of 2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education:84 2016
Matsuzaki, A., & Tsukahara, K.

Merging of task contexts and mathematics in dual moelling teaching: Case studies in Japan and Australia
International Commission on Mathematical Instruction,13th International Congress on Mathematics Education 2016
Kawakami, T., Lamb, J., Matsuzaki, A., & Saeki, A.

ICTsの諸機能に着目したモデリング評価に関する一考察-教具レゴとグラフ電卓を併用した実験・観察型アプローチによるモデリング・ワークショップ-
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,30(6):33-38 2016
松嵜昭雄・塚原康介

ロボットの動作とグラフの関連づけを意識したモデリング調査問題の回答の一考察-ICTsを利用した大学生を対象とした数学実験授業を通して-
日本教育実践学会,日本教育実践学会第19回研究大会論文集:27-28 2016
塚原康介・松嵜昭雄

東京女子大学で担当した教職課程科目の概要
数学教育学会春季年会,2016年度数学教育学会春季年会予稿集 2016
松嵜昭雄

汎用的能力の育成に資するモデリングの学習指導過程-わが国のキャリア教育の新たな方向性を手掛かりとして-
日本数学教育学会,第4回春期研究大会論文集:301-308 2016
松嵜昭雄

「和製ジャック・オー・ランタン」を題材とした数学教材の開発に向けて-大学生を対象とした調査を手がかりにして-
数学教育学会,2015年度数学教育学会春季年会発表論文集:22-24 2015
庄子紘樹・松嵜昭雄

数理科学的意思決定力を育成する授業デザインの構想-プリコンセプションの変容と説明モデルの暫時的変化への着目-
日本数学教育学会,第3回春期研究大会論文集:35-42 2015
松嵜昭雄

複数のICT利用前提下におけるモデリングの評価問題の開発-教育版レゴ®マインドストーム®EV3のデータロギング機能とグラフ関数電卓のトレース機能に着目して-
数学教育学会,2015年度数学教育学会夏季研究会(関東エリア)発表論文集:1-4 2015
塚原康介・松嵜昭雄

『尋常小學算術』(緑表紙教科書)における教材「電燈」の取扱い
数学教育学会,2015年度数学教育学会夏季研究会(関東エリア)発表論文集:66-69 2015
松嵜昭雄

Triggers for and Barriers to successful student switching between modelling cycles: The case of dual modelling teaching in Japan
The International Study Group for the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Conference Contributions of 17th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications:55 2015
Kawakami, T., Saeki, A., & Matsuzaki, A.

The dual modelling cycle framework: Benefits for Australian students
The International Study Group for the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Conference Contributions of 17th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications:61 2015
Lamb, J., Saeki, A., Matsuzaki, A., & Kawakami, T.

Mathematical modelling workshop for graduate school students in Turkey using LEGO®MINDSTORMS®EV3 and graphing calculator
The International Study Group for the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Conference Contributions of 17th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications:69 2015
Matsuzaki, A., Tsukahara, K., Cetinkaya, U., & Cetinkaya, T. I.

What makes differences between the model of ‘90° system advertisement’ of the flag of England and the ones by the students?
The International Study Group for the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Conference Contributions of 17th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications:70 2015
Mishima, N., Matsuzaki, A., & Takagi, Y.

How the first grade pupils express models?: Focus on reformulation of situation models in a modeling teaching
The 7th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education,Proceedings of the 7th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education:169-178 2015
Matsuzaki, A.

An implementation of mathematics lesson using ICT by an approach of experiment and observation type: Focus on data logging function of LEGO®MINDSTORMS®EV3 and trace function of graphing calculator
The 7th ICMI-East Asia Regional Conference on Mathematics Education 2015
Tsukahara, K., & Matsuzaki, A.

数学教育からみた教具レゴを用いたモデリング研究への期待-モデリング課題研究の企画趣旨説明とわが国におけるSTEM教育の展開に向けて-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第39回年会論文集:31-34 2015
松嵜昭雄

複数のICT 利用前提下における学習者のモデリングの評価-トルコ共和国内国立大学の大学院生を対象とするモデリング・ワークショップにおける回答分析-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第39回年会論文集:272-273 2015
塚原康介・松嵜昭雄

Leading a new pedagogical approach to Australian curriculum mathematics: Using the dual mathematical modelling cycle framework
Mathematics Education Research Group of Australasia,Proceedings of the 37th Annual Conference of the Mathematics Education Research Group of Australasia:357-364 2014
Lamb, J., Kawakami, T., Saeki, A., & Matsuzaki, A.

日本の算数授業とパラオ共和国の数学授業の比較-蕨市立塚越小学校とNgeremlengui小学校を事例として-
数学教育学会,2014年度数学教育学会春季年会発表論文集:61-63 2014
三田村香里・松嵜昭雄

ミクロネシア3国の数学授業の特徴-「授業の基本形」にもとづく数学授業の比較を通して-
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,28(5):72-77 2014
松嵜昭雄・金児正史

モデルの取扱いを意識した更なる算数的・数学的活動-新教育課程編成における学習・指導の方法としてのモデリング-
日本数学教育学会,第2回春期研究大会論文集:175-182 2014
松嵜昭雄

教具レゴを用いた実験・観察型アプローチによる数学授業設計-教育版レゴ®マインドストーム®EV3 によるデータロギング-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第38回年会論文集:573-574 2014
塚原康介・松嵜昭雄

モデリング課題研究の企画趣旨説明-数学教育,理科教育,技術科教育,情報教育からみたモデリング研究への期待-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第38回年会論文集:21-22 2014
松嵜昭雄・川上貴

モデリング研究における理論と実践の架橋を目指して-企画趣旨説明-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第38回年会論文集:37-38 2014
川上貴・松嵜昭雄

Mathematical modelling in a restricted condition of ICT: Using LEGO jointly with handheld technology
The 6th East Asia Regional Conference on Mathematics Education,Proceedings of EARCOME6,2:466-475 2013
Matsuzaki, A., & Ide, S.

パラオ共和国における新数学カリキュラム普及への取組み-シンガポール教科書の導入に伴う現状と課題-
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,27(3):43-48 2013
松嵜昭雄

諸外国における数学的モデリング能力の研究動向-『Trends in Teaching and Learning of Mathematical Modelling: ICTMA 14』における研究論文のレヴューを通じて-
日本数学教育学会,第1回春期研究大会論文集:39-46 2013
松嵜昭雄

数学科と体育科の総合による表現のつながり-モーション・キャプチャ機能を有するICT とダンスの創作を通して-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第37 回年会論文集:361-362 2013
大川健史・小篠拓央・松嵜昭雄

モデリング課題研究の企画趣旨説明-大学院生時代のモデリング研究と中高一貫校数学科教員としての実践-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第37 回年会論文集:212-213 2013
松嵜昭雄

円柱上の螺旋を探究する教材に内在する数学的知識のつながり
数学教育学会,2013年度数学教育学会秋季例会発表論文集:65-67 2013
佐伯昭彦・松嵜昭雄・川上貴

モーション・キャプチャ機能を有するICTで実現する表現間のつながりに関する一考察
日本数学教育学会,第46 回秋期研究大会発表収録:511 2013
大川健史・小篠拓央・松嵜昭雄

目視できない事象をデータ・グラフと関連づけて読み取る実験授業-レゴとハンドヘルド・テクノロジーを利用した光の測定-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第36回年会論文集:313-314 2012
井手静香・松嵜昭雄

Necessity for modelling teaching corresponding to diversities: Experimental lessons based on dual modelling cycle framework for the 5th grade pupils
International Commission on Mathematical Instruction,The 12th International Congress on Mathematics Education Pre-proceedings:3291-3300 2012
Kawakami, T., Saeki, A., & Matsuzaki, A.

数学的モデリング指導を通じたモデルの共有化-現実世界の課題場面からの問題設定に焦点をあてて-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第36回年会論文集:109-112 2012
金児正史・松嵜昭雄

数学的判断力の育成に関する研究-プロセス能力の水準化とその実際-
日本数学教育学会,第45回数学教育論文発表会論文集:329-334 2012
西村圭一・本田千春・山口 武志・久保良宏・青山和裕・松嵜昭雄

大学院生による算数授業の取組に認められるサイエンスコミュニケーションに関する技法-教具レゴを用いた授業の企画から実施まで-
数学教育学会,2012年度数学教育学会春季年会発表論文集:190-192 2012
松嵜昭雄

発散的思考を促す逆問題の取扱いに関する一考察-文章題指導の段階からの示唆と原場面への注目-
数学教育学会,2011年度数学教育学会春季年会発表論文集:48-50 2011
松嵜昭雄・齋藤昇・廣瀨隆司

算数科・数学科の教材からみた理科との関連-算数的活動・数学的活動を促す視点と[課題学習]を実現する視点-
数学教育学会,2011年度数学教育学会春季年会発表論文集:254-256 2011
松嵜昭雄

現実世界における課題の解決に向けた絵や図の役割-文章題指導の視点と原場面への注目-
日本教授学習心理学会,日本教授学習心理学会第7回年会予稿集:28-29 2011
松嵜昭雄・齋藤昇・廣瀨隆司

小学校における数学的モデリング指導の新たな可能性
日本科学教育学会,日本科学教育学会第35回年会論文集:111-114 2011
川上貴・松嵜昭雄

数学的モデリング課題研究の企画趣旨説明と今後の展望
日本科学教育学会,日本科学教育学会第35回年会論文集:109-110 2011
松嵜昭雄

数学科の教材からみた理科との関連-光の明るさを題材とした教材の取扱いを事例として-
数学教育学会,2011年度数学教育学会秋季例会発表論文集:162-164 2011
松嵜昭雄

パラオ共和国における新数学カリキュラム普及への取組み-シンガポール教科書の導入に伴う現状と課題-
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,26(1):23-26 2011
松嵜昭雄

Dual Modelling Cycle Framework for Responding to the Diversities of Modellers
15th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Proceedings of ICTMA15(CD-ROM) 2011
Saeki, A., & Matsuzaki, A.

Evidence of a Dual Modelling Cycle: Through a Teaching Practice Example for Undergraduate School Students
15th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Proceedings of ICTMA15(CD-ROM) 2011
Matsuzaki, A., & Saeki, A.

Mathematical Modelling in Making Linkages or Mechanics: Using LEGO Located on Elementary Mechatronics Tools
EIMI Study,EIMI(Educational Interfaces between Mathematics and Industry)2010 Conference Proceedings[http://www.cim.pt/files/proceedings_eimi_2010.pdf. Accessed 10 April 2010.]:1-9 2010
Matsuzaki, A.

Situation Models Reformulation in Mathematical Modelling: The Case of Modelling Tasks Based on Real Situations for Elementary School Pupils
Japan Society of Mathematical Education,Proceedings of the 5th East Asia Regional Conference on Mathematics Education,2:164-171 2010
Matsuzaki, A., & Kawakami, T.

開発途上国に対する図画工作・美術教育の一提案-パラオ共和国アイライ小学校での授業実践例-
日本総合学習学会,日本総合学習学会2009年度総会・公開講演会予稿集:1-4 2009
森本美鶴・松嵜昭雄

Visualizing Processing in Modelling & Supporting that Processing: The Case of Electronic Problems Solving by Electronics Expert
14th International Conference on the Teaching of Mathematical Modelling and Applications,Abstracts(http://www.ictma14.de/media/files/ICTMA14_Abstracts_FINAL.pdf. Accessed 15 June 2009.) 2009
Matsuzaki, A.

数学的モデリングに関する自主企画課題研究のこれまでとこれから
日本科学教育学会,日本科学教育学会第33回年会論文集:239-240 2009
松嵜昭雄

サイエンスコミュニケータを高校生が担う可能性について-For Excellenceの視点と才能のある生徒による取り組み-
日本数学教育学会,第42回数学教育論文発表会論文集:921-922 2009
松嵜昭雄

「三角形の合同条件」の探求に関する授業実験
数学教育学会,2008年度数学教育学会秋季例会:76-78 2008
小原豊・松嵜昭雄

サイエンスコミュニケータを担う高校生の意識調査に関する一考察-小学生対象のレゴ・ワークショップを通じて-
日本数学教育学会,第41回数学教育論文発表会論文集:921-922 2008
松嵜昭雄

数学的モデリング能力の特定に向けて-原場面への注目と課題分析マップの援用-
筑波大学教育学会,筑波大学教育学会第6回大会発表要旨集:4-5 2007
松嵜昭雄

生徒の興味・関心をひく数学教材-テクノロジー利用を前提とする「三角比の表」の作成-
日本数学教育学会,日本数学教育学会誌,88(臨時増刊):473 2006
松嵜昭雄 他6名

初等メカトロニクス教具レゴを用いた数学的モデリング教材
日本科学教育学会,日本科学教育学会第30回年会論文集:59-60 2006
松嵜昭雄

レゴモデルにみる数学的モデリングの実際-厳正直線運動を実現するPeaucellierの機構の再現過程-
日本数学教育学会,第39回数学教育論文発表会論文集:216-221 2006
松嵜昭雄・町田多加志

数学的モデリング能力の特定方法に関する一考察
日本科学教育学会,日本科学教育学会第29回年会論文集:187-190 2005
松嵜昭雄

‘Rub’ and ‘Stray’ of Mathematical Modelling
ICMI-Study14,ICMI Study 14: Applications and Modelling in Mathematics Education: Pre-Conference Volume:181-186 2004
Matsuzaki, A.

数学的モデリング能力の研究動向-14th ICMI Studyの研究論文のレヴューを中心に-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第28回年会論文集:229-232 2004
松嵜昭雄

数学的モデリング能力の検証(2)-原場面に注目した数学化能力と数学的作業能力-
日本数学教育学会,第37回数学教育論文発表会論文集:193-198 2004
松嵜昭雄

数学的モデリング能力の検証-原場面に注目したモデル化能力の記述-
日本数学教育学会,第36回数学教育論文発表会論文集:109-114 2003
松嵜昭雄

数学的モデリングを軸とする数学科と他教科の総合-数学と華道の総合を事例として-
日本総合学習学会,日本総合学習学会2002年度年会公開講演会予稿集:5-8 2002
松嵜昭雄・長野東

数学的モデリングにおける原場面の作用に関する一考察-数学教育学・理科教育学に関心をもつ大学院生を調査対象として-
日本数学教育学会,第35回数学教育論文発表会論文集:133-138 2002
松嵜昭雄

数学的モデリングにおける原場面の役割に関する一考察-「リレー問題」の事例分析を通じて-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第25回年会論文集:271-272 2001
松嵜昭雄

原場面を視点とする数学的モデリング能力の特定と調査-課題分析マップによる変数間の関係の記述を通じて-
日本数学教育学会,第34回数学教育論文発表会論文集:313-318 2001
松嵜昭雄・北島茂樹

数学的モデリングを遂行する際の必要条件に関する一考察-原場面への着目と変数による問題の分類を通じて-
日本数学教育学会,第33回数学教育論文発表会論文集:259-264 2000
松嵜昭雄

初等メカトロニクス教具による数学科と他教科の総合についての一考察-レゴによる機構の探究学習を事例にして-
日本科学教育学会,日本科学教育学会第23回年会JSSE・ICASE・PME合同国際会議論文集:261-262 1999
松嵜昭雄・礒田正美

Mathematical Modeling in the Inquiry of Linkages Using LEGO and Graphic Calculator: Does New Technology Alternate Old Technology?
ATCM,Proceedings of the Forth Asian Technology Conference in Mathematics:113-122 1999
Isoda, M., & Matsuzaki, A.

An Approach for Integrated Curriculum Including Mathematics: Modelling for Mathematization of Real World and Relations to the Other Subjects
The Korea Society of Mathematical Education,Proceedings of the ICMI-EARCOME1,1:359 1998
Matsuzaki, A.

Mathematics Inquiry Enhanced by Harmonized Approach via Technology: A Crank Mechanism Represented by LEGO and Graphing Tools
The Korea Society of Mathematical Education,Proceedings of the ICMI-EARCOME1,3:267-287 1998
Isoda, M., Matsuzaki, A., & Nakajima, M.

クランク機構における関数の探究-LEGO dactaとグラフ電卓を用いた新しい授業展開-
日本数学教育学会,第30回数学教育論文発表会論文集:699-700 1997
松嵜昭雄

その他
プログラミングを取り入れたモデリング授業の実践報告
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,31(7):41-46 2017
塚原康介・松嵜昭雄

ロボットの動作とグラフの関連づけを意識したモデリング調査の結果報告-教育版レゴ®マインドストーム®EV3のデータロギング機能とグラフ関数電卓のトレース機能に着目して-
日本科学教育学会,日本科学教育学会研究会研究報告,31(4):61-66 2016
塚原康介・松嵜昭雄

数学教育学会後援筑波大学・アジア太平洋経済協力国際会議(4) 算数・数学科教育課程改訂への各国の最新課題:パネルディスカッション
数学教育学会,数学教育学会誌,56(1・2):101-106 2015
松嵜昭雄・礒田正美

数学教育学会後援筑波大学・アジア太平洋経済協力国際会議(2) Barbara Jaworski講演『数学における教師教育についての研究:教師と生徒の協同的探究を基盤としたプロセスを通して』
数学教育学会,数学教育学会誌,56(1・2):93-95 2015
松嵜昭雄・小篠拓央

数学教育学会後援筑波大学・アジア太平洋経済協力国際会議(3) 椿広計講演『統計的予測と不確実性のマネジメント』
数学教育学会,数学教育学会誌,56(1・2):97-100 2015
松嵜昭雄・小篠拓央

ミクロネシア3国広域研修(算数教育)レビュー調査最終報告書
国際協力機構 2015
松嵜昭雄・金児正史

海外の算数教育情報 ミクロネシア連邦・ポンペイにおける算数授業の実際-ミクロネシア3国広域研修の第1学年オープンクラス-
東洋館出版,新しい算数研究(529):32-33 2015
松嵜昭雄

Dual modelling cycleにもとづく小学校における数学的モデリングの指導事例
西九州大学,西九州大学子ども学部紀要(5):39-54 2014
川上貴・佐伯昭彦・松嵜昭雄

2:プロならここまで深入りしたい!重要教材,発展教材の掘り下げ方,とらえ方 ②いろいろな多面体
明治図書,教育科学/数学教育(526):18-23 2013
松嵜昭雄

海外の算数教育情報 パラオ共和国における算数教育の取り組み-教育省が主導する授業研究の普及と課題-
東洋館出版社,新しい算数研究(514):36-37 2013
松嵜昭雄

算数のつながりを生かした指導
埼玉県算数数学教育研究会小学校部会,算数教育研究協議会用テキスト,45:9-29 2012
松嵜昭雄

海外の算数教育情報:オーストラリアにおけるモデリングの1つの取り組み-「数学的モデリング・チャレンジ」を視察して-
東洋館出版,新しい算数研究(496):32-33 2012
松嵜昭雄

海外の算数教育情報:シンガポールの数学カリキュラムにおける挑戦-数学指導を取り巻く現状と数学的モデリングを促進する取り組み-
東洋館出版,新しい算数研究(481):32-33 2011
松嵜昭雄

Reform of High School Mathematics Curriculum: It’s Diversities and Challenges
Senior High School Curriculum Math Resource Center of MOE, (Taipei Municipal Jianguo High School), and National Academy for Education Research,Asia Pacific Region Conference on High School Mathematics Education 2011 Conference Handbook:67 2011
Isoda, M. & Matsuzaki, A.

ハンズオン教材の開発とパラオ共和国における授業実践
鳴門教育大学学校教育学会,鳴門教育大学学校教育学会学会誌(25):1-2 2010
森本美鶴・松嵜昭雄

算数・数学の授業研究に係る教員研修プログラムの番組制作と提案-フィジー諸島共和国における研究会と国内研究会を踏まえて-
鳴門教育大学教員教育国際協力センター,鳴門教育大学国際教育協力研究(5):25-30 2010
松嵜昭雄

ハンズオン教材に関するワークショップ
筑波大学教育開発国際協力研究センター,文部科学省国際協力イニシアティブ教育協力拠点形成事業報告書:平成21年度青年海外協力隊・日系社会青年ボランティア現職教員特別研修報告書:131-136 2009
服部勝憲・松嵜昭雄

日本国内の実践知を反映したハンズオン素材の集約と教材の作り方-パラオ共和国アイライ小学校における実践事例紹介を通じて-
鳴門教育大学教員教育国際協力センター,鳴門教育大学国際教育協力研究(4):15-19 2009
松嵜昭雄

座標平面上の3点を通る曲線の決定条件に関する一考察-ホンジュラスの第11学年生を対象とした関数族の探究を通じて-
筑波大学数学教育研究室,筑波数学教育研究(27):51-60 2008
松嵜昭雄・林大樹

3:学習意欲を高める教材の開発:机の投影図を描いてみよう[3年]
明治図書,教育科学/数学教育(606):74-78 2008
松嵜昭雄

Pf-3. 無限集合の確率
筑波大学附属駒場中・高等学校 数学科,創造的な教材・指導法及びカリキュラムの開発-中高6カ年から大学へ(3年計画の1年次):38-39 2008
松嵜昭雄

A3. 置換と正多面体群
筑波大学附属駒場中・高等学校 数学科,創造的な教材・指導法及びカリキュラムの開発-大学での学びにつながる数学教材(「集団の特徴をつかむ」「関数の微小な変化をとらえる」)の完成と普及(3年計画の3年次):12-18 2007
松嵜昭雄

第2部 ベトナム渡航調査報告:ベトナムの数学授業を参観して-ハノイ-アムステルダム中等教育学校の授業参観-
礒田正美[研究代表者], 数学オリンピック上位国と我が国との数学に秀でた生徒の育成方略に関する比較研究-自ら学ぶブルガリアの数学教育と他国との対比,平成17年度~平成18年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書:25-32 2006
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.132:ベトナムの数学授業を参観して-ハノイ-アムステルダム中等教育学校の授業参観-
明治図書,教育科学/数学教育(584):88-92 2006
松嵜昭雄

5.2.2:高校2年生 (1) 残差分析によるデータ系列の関係分析
筑波大学附属駒場中・高等学校 数学科,創造的な教材・指導法及びカリキュラムの開発-大学での学びにつながる数学教材(「集団の特徴をつかむ」「関数の微小な変化をとらえる」)の完成と普及(3年計画の2年次):30-34 2006
松嵜昭雄

「日常生活で生じる問題」への数学的取り組みに関する調査-多岐選択肢式の調査問題に対する回答の分析-
東洋大学附属牛久高等学校,東洋大学附属牛久高等学校紀要(28):61-103 2005
松嵜昭雄

3.5.3:三角関数表を作る
筑波大学附属駒場中・高等学校 数学科,創造的な教材・指導法及びカリキュラムの開発-大学での学びにつながる数学教材(「集団の特徴をつかむ」「関数の微小な変化をとらえる」)の完成と普及(3年計画の1年次):40-43 2005
松嵜昭雄

第1節:算数・数学の身近な事象への利用に関する考察-児童・生徒と教師の質問紙調査の結果をもとに-
清水静海[研究代表者], 算数・数学の学習に対する児童・生徒のニーズ傾向に関する研究,平成13年度~平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書:121-132 2004
松嵜昭雄

数学的モデリングにおける逆問題の位置に関する一考察-「ビリヤード問題」を事例として-
筑波大学数学教育研究室,筑波数学教育研究(23):59-68 2004
松嵜昭雄

「数列」の単元における生徒のつまずきの様相-高校1年生を対象とした授業観察記録-
土浦日本大学中学校・高等学校,土浦日本大学中学校・高等学校紀要(21):215-239 2004
小林真人・松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.106:現実的数学教育(RME)におけるモデリングの捉え方-14th ICMI StudyにおけるGravemeijerの論文より-
明治図書,教育科学/数学教育(558):104-108 2004
松嵜昭雄

連載/学ぶよさ・楽しさを味わえる海外の算数教材(4):「発育の早い植物」の観察における数学
明治図書,楽しい算数の授業(239):62-64 2004
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.112:モデリング・スキルの評価テストの分析と結果
明治図書,教育科学/数学教育(564):105-108 2004
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.96:モデリング研究におけるいくつかの課題-14th ICMI Studyディスカッション・ドキュメントを参照して-
明治図書,教育科学/数学教育(548):99-103 2003
松嵜昭雄

原場面の役割を視点とする数学的モデリング能力の同定-オーストラリア・ビクトリア州における数学教科書の問題分析を通じて-
筑波大学数学教育研究室,筑波数学教育研究(21):55-62 2002
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.88:数学的モデリングにおける仮定の役割-現実の文脈と数学の文脈に注目して-
明治図書,教育科学/数学教育(540):104-107 2002
松嵜昭雄

算数・数学科と他教科の総合に関する一考察-日本・アメリカ・韓国の3カ国の国際比較を通じて-
礒田正美[研究代表者], 平成10年度~平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(3))研究成果報告書,数学と科学技術教育の総合のための初等メカトロニクス教具の開発研究:43-52 2001
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.75:事象の問題解決過程の評価に関する研究動向-メタ認知,ストラテジーと課題分析マップの利用-
明治図書,教育科学/数学教育(526):106-109 2001
松嵜昭雄

研究動向から見た学習指導法の改善No.58:数学的モデル化におけるテクノロジー利用に関する研究動向
明治図書,教育科学/数学教育(509):106-109 2000
松嵜昭雄

「総合的な学習の時間」における数学科の寄与に関する一考察-数学的モデリングの活用をふまえて-
筑波数学教育研究室,中学校・高等学校数学科教育課程開発に関する研究(6):数学科教育内容と指導法の開発研究-教育課程改訂動向とテクノロジー利用に関連して-:47-55 1999
松嵜昭雄

数学科研究授業記録-研究授業指導案とプロトコルの記録を中心に-
十文字中学・高等学校,十文字中学・高等学校,21:154-185 1999
松嵜昭雄

LEGO dactaとグラフ電卓による,実験的授業のアプローチを取り入れた授業の一考察-クランク機構の事物・現象と関数の関連づけを通して-
筑波数学教育研究室,中学校・高等学校数学科教育課程開発に関する研究(5):テクノロジーの活用による数学科教育内容と指導法の創造に関する研究-代数,解析,幾何の改革-:184-194 1998
松嵜昭雄

研究費

共同研究
2010-2010 , 理数教師の資質高度化・国際化を担う大学院教育に関する国際比較研究 , 国際共同研究
科学研究費補助金(研究代表者)
2014-2016 , 現実世界の課題場面からの問題設定を通じた数学的解決における原場面の機能 , 若手研究(B)
科学研究費補助金(研究分担者)
2017-2020 , 数学的モデリングにおける理論と実践の往還を図るリーダー育成型教師教育の実証的研究 , 基盤研究(C)
2016-2020 , 学校教育における設計科学的視座に基づく数理科学教育の構築に関する総合的研究 , 基盤研究(B)
2015-2017 , グローバルな算数・数学教員養成を目指す遠隔協同セミナーの研究 , 基盤研究(C)
2015-2017 , 中高生の問題解決能力を育てる数学的モデリング教材集の作成と普及に関する研究 , 基盤研究(C)
2014-2017 , グローバル社会における未来構築型数学教育実現への国際先導研究 , 基盤研究(A)
2014-2017 , 算数教育における児童の数学的価値としての審美性認識のメカニズム , 基盤研究(C)
奨学寄付金
2014 , 教具レゴとグラフ電卓を併用した実験・観察型アプローチによる数学授業の日土国際比較研究 , 第5回公益財団法人カシオ科学振興財団研究協賛事業(学術振興)
受託事業
2016-2017 , 2016年度モンゴル国別研修「新カリキュラム実施・評価・改善に係る能力強化」

教育活動実績

授業等

2017 , 通年 , 数学教育学「数学教育授業構成論研究」(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科)
2016 , 前期 , 算数科概説 , 2015
2016 , 後期 , 数学概説 , 2010
2016 , 前期 , 数学科指導法A , 2011
2016 , 後期 , 数学科指導法A , 2010
2016 , 前期 , 数学科指導法B , 2011
2016 , 後期 , 特別研究I , 2010
2016 , 前期 , 特別研究IIA , 2011
2016 , 後期 , 特別研究IIB , 2011
2016 , 前期 , 課題研究Ⅰ , 2011
2016 , 後期 , 課題研究Ⅱ , 2011
2016 , 前期 , 課題研究Ⅲ , 2012
2016 , 後期 , 課題研究Ⅳ , 2012
2016 , 通年 , 特別研究(卒業研究)
2016 , 前期 , 算数科指導法
2016 , 後期 , 算数科指導法
2016 , 前期 , 中等数学科指導法B
2016 , 後期 , 中等数学科指導法C
2016 , 前期 , 数学科教育学研究B
2016 , 後期 , 教職実践演習(小・中・高) , 2014
2016 , 前期 , 数学科指導法A(理学部用)
2016 , 後期 , 数学科指導法B(理学部用)
2016 , 前期 , 数学教育学特論B
2016 , 後期 , 数学教育学演習B

社会活動実績

社会活動等

公開講座
2011-2011 , 「キッズ・ユニバーシティ・さいたま」 , 講座題目「レゴで電気をつくろう」(於:埼玉大学)
2008-2008 , 生徒と教員がつくる体験講座「レゴで数学」 , (於:筑波大学附属駒場中・高等学校 )
出張講座
2016-2016 , 第4回科学の甲子園ジュニア埼玉県代表チーム研修会 , テーマ「『ウォーキングの問題』におけるグラフの読み取り」
2016-2016 , SSH事業「レインボー・マセマティクマス3rd」 , テーマ「方程式の解法の歴史と動的数学ソフトウェアによる解法」(於:茨城県立竜ヶ崎第一高等学校)
2015-2015 , 第31回小学校算数教育研究全国(埼玉)大会 , 特別公開授業「給食のかたづけをしよう」(於:さいたま市立仲本小学校)
2015-2015 , 平成27年度SSH事業「レインボー・マセマティクス2nd」 , テーマ「立体に見える広告」(於:茨城県立竜ケ崎第一高等学校)
2015-2015 , 第3回科学の甲子園ジュニア埼玉県代表チーム研修会 , テーマ「図形の性質の見直し-四角形の厚紙問題を通して-」
2014-2014 , 平成26年度SSH事業「レインボー・マセマティクス」 , テーマ「立体に見える広告」(於:茨城県立竜ケ崎第一高等学校)
2014-2014 , 蕨市教育委員会委嘱事業 , 示範授業「きゅうしょくのかたづけをしよう」(於:蕨市立西小学校)
2013-2013 , 千葉県印旛地区教育会算数・数学研修会 , 示範授業「ウサギとカメのかけくらべ」,講演題目「事象の変化と数学的表現のつながり-更なる数学的活動を促す指導と言語活動の充実を目指して-」(於:印西市立西の原中学校)
2012-2012 , おもしろ算数教室「レゴで電気をつくろう」 , (於:三郷市おもしろ遊学館)
2011-2011 , おもしろ算数教室「レゴで電気をつくろう」 , (於:三郷市おもしろ遊学館)
2008-2008 , 目黒区立駒場小学校サマースクール「レゴで数学」
2007-2007 , 目黒区立駒場小学校サマースクール「レゴを使って絵を描こう」
市民開放授業
2009-2009 , 第2回筑駒アカデメイア公開講座「レゴで数学」 , (於:筑波大学附属駒場中・高等学校 )
2008-2008 , 第1回筑駒アカデメイア公開講座「レゴで数学」 , (於:筑波大学附属駒場中・高等学校 )
講演会
2017-2017 , 平成28年度新算数教育研究会県西支部第3回研修会 , 講師 , 題目「数学的な見方・考え方が活性化する学習指導ー算数科・数学科で育成を目指す資質・能力ー
2017-2017 , 小学校算数教育研究発表会 , 講師 , 題目「協調学習による算数授業の展開ー更なる算数的活動の実現を通してー」
2017-2017 , 平成28年度高等学校初任者研修 , 講師 , 題目「持続可能な開発のための教育(ESD)」
2016-2016 , 平成26・27・28年度蕨市教育委員会委嘱「算数科」研究発表会 , 講師 , 題目「児童の表現力を高めるための『アクティブ・ラーニング』を生かした授業改善」
2016-2016 , 三郷市数学科合同教科会 , 講師 , 題目「中学校数学科における「アクティブ・ラーニング」の捉え方と数学授業の展望」
2016-2016 , 平成28年度 教科等・教育課題研修数学Ⅱ-高等学校数学に関する授業研究-(連携研修) , 講師 , 題目「次期学習指導要領を見据えた数学的活動の方途」
2015-2015 , 埼玉県算数数学教育研究会中学校部会第1回推進委員会 , 講師 , 題目「新教育課程を見据えた研究動向と提案型数学授業づくりの方法」
2014-2014 , 埼玉県算数教育会研修会 , 講師 , 題目「算数授業研究の動向と 埼玉県内算数授業研究の実際」
2014-2014 , 青梅市立中学校教育研究会・数学研究部会(講演会) , 講師 , 題目「これからの数学教育における基礎・基本と指導法の工夫・改善」
2014-2014 , 川口市教育研究会算数・数学研究部主催「平成26年度教育講演会」 , 講師 , 題目「算数・数学のつながりを生かした指導-数学的表現への注目-」
2014-2014 , 千葉県教育研究会安房支会:数学教育部研修会 , 講師 , 題目「更なる算数的・数学的活動の実現-モデルの取扱いを意識した 算数・数学授業の展開-」
2013-2013 , 平成25年度 地域に応じた学力向上推進モデル事業 教育講演会 , 講師 , 題目「基礎・基本を定着させるための 指導方法の工夫改善」
2013-2013 , 三郷市教育研究会算数・数学主任研究協議会 , 講師 , 題目「モデルの取扱いを意識した算数・数学の授業づくり」
2013-2013 , 市原市教育研究会定例集会 算数・数学部会 , 講師 , 題目「算数・数学における学びのつながり-思考力・表現力の育成に関連して-」
2013-2013 , 平成25年度小学校(教諭)10年経験者研修:教科指導等研修① , 講師 , 題目「確かな学力をはぐくむ学習指導-言語活動の充実を目指した取組と 更なる算数的活動を促す教材例-」
2013-2013 , 君津地方教育研究会算数・数学部会研修会 , 講師 , 題目「『つながり』を活かした 算数・数学教材とその指導」
2012-2012 , Specialists対象授業研究研修会 , 講師 , 題目「Next step of lesson study: Characteristics of mathematics lessons in Republic of Palau」
2012-2012 , 三郷市算数・数学研究会 , 講師 , 題目「『わかる』『できる』を児童・生徒が実感していく授業づくり」
2011-2011 , 埼玉県算数教育会主催「第6回研修会」 , 講師 , 題目「『わかる』『できる』を児童が実感していく算数授業づくり」
2011-2011 , 平成22・23年度埼玉県算数数学研究会研究委嘱「数学科研究発表会」 , 講師 , 題目「数学的な見方や考え方を重視する授業づくり-数学的活動を実現する教材とその取扱い-」
2011-2011 , 青梅市中教研数学部会主催講演会 , 講師 , 題目「中学校数学科新教育課程における数学的活動一層の充実を目指して」
2011-2011 , Specialists対象授業研究研修会 , 講師 , 題目「Toward further lesson study: Characteristics and differences between lesson study projects」
2011-2011 , 市内数学科研修会 , 講師 , 題目「新学習指導要領における数学的活動とその実現に向けて」
2011-2011 , 夏季パワーアップ研修 , 講師 , 題目「中学校数学科における言語活動の捉え方と言語活動を実現する教材」
2011-2011 , 中高合同数学教育研究発表大会並びに講演会 , 講師 , 題目「新学習指導要領における数学的活動とその実現に向けて」
2010-2010 , 青梅市中教研数学部会主催講演会 , 講師 , 題目「新指導要領改訂についての解説」
2010-2010 , ミクロネシア3国広域研修 , 授業研究会指導・助言及び講演
2006-2006 , 数学における秀でた生徒を育成するためのシンポジウム-世界の英才教育と自ら学ぶ子どもの育成- , シンポジウム実行委員
学会・研究会の主催等
2016-2016 , 日本数学教育学会,第4回春期研究大会 , 事務局長
学外審議会・委員会
2016-2016 , 第4回「算数・数学の自由研究」作品コンクール埼玉地区審査委員会 , 委員長
2015-2017 , 筑波大学教育開発国際協力研究センター , 学外共同研究員
2011-2012 , 平成23年度埼玉県中学生思考力チャレンジ大会問題作成検討委員 , 副委員長
2010-2011 , Trends in International Mathematics and Science Study 2011(TIMSS2011) , International Quality Control Monitor (IQCM)
メディア・報道
2013 , 『Tia Belau』Volume22 Issue46 , JICA Micro Math Seminar concludes , 2013年6月10日発行
2010 , Palau Horizon , Palau hosts Math Regional Meeting 2010 , 2010年6月4日発行
その他社会活動
2016-2016 , モンゴル国児童中心型教育支援プロジェクト , 短期専門家(「算数評価手法指導」担当)
2016-2016 , 平成26・27年度鴻巣市教育委員会・鴻巣市教育研究会委嘱「研究発表会」 , 講演講師 , 講演題目「協調学習による算数授業の創造-算数的活動と言語活動の充実を通して-」
2015-2015 , 平成26・27年度鴻巣市教育委員会・鴻巣市教育研究会委嘱「校内職員研修会」 , 指導助言及び講演講師 , 講演題目「算数科における協調学習の実現に向けて」
2015-2015 , 猿島郡算数・数学授業研究会 , 指導助言及び講演講師 , 講演題目「算数・数学授業研究の動向と ミクロネシア3国の数学授業」
2015-2015 , 平成26・27年度鴻巣市教育委員会・鴻巣市教育研究会委嘱「校内授業研究会」 , 指導助言及び講演講師 , 講演題目「算数科における発達段階に 応じた効果的な言語活動」
2015-2015 , 蕨市教育研究会算数・数学研究部 , 講師 , 題目「小学校算数と中学校数学のつながりを意識した指導-図形教材の取扱いを通して-」
2014-2014 , 平成24・25・26年度蕨市教育委員会研究委嘱 蕨市立塚越小学校「算数科研究発表会」 , 指導助言・全体会講師 , 全体会講演題目「算数授業研究における協議の視点-算数授業構成と算数的活動-」
2014-2014 , 第82回小学校教育研究協議会 , 指導助言
2014-2014 , ミクロネシア3国広域研修(算数教育)レビュー調査 , 調査団
2013-2013 , ミクロネシア3国広域研修 , JICA Micronesia Math Seminar 2013 in PALAU , 指導助言及び講演講師 , 題目「Lesson study workshop: Math lessons study transmission from Pacific countries」
2013-2015 , 蕨市教育委員会委嘱事業 , 校内研修会 , 講演講師 , 題目「小学校算数の指導のあり方-日本型授業研究の再帰-」
2013-2015 , 蕨市教育委員会委嘱事業 , 校内研修会 , 講演講師 , 題目「小学校算数の指導のあり方-更なる算数的活動の充実と 基礎・基本の定着を目指して-」
2013-2013 , 校内授業研究会 , 指導助言及び講演講師 , 題目「中学校数学科における言語活動の捉え方と充実した言語活動を 実現する教材」
2012-2012 , 第80回小学校教育研究協議会 , 指導助言
2012-2012 , 校内研修:算数科授業研究会 , 指導助言及び講演講師 , 題目「言語活動の充実と 算数的活動を実現する教材」
2012-2012 , 平成24年度要請訪問指導 , 指導助言及び講演講師 , 題目「算数的活動を実現する教材-図形教材の取扱いを通じて-」
2012-2012 , 平成24年度小学校(教諭)10年経験者研修:教科指導等研修1 , 指導助言及び講演講師 , 題目「確かな学力をはぐくむ学習指導-言語活動の充実を目指した取組と更なる算数的活動を促す教材例-」
2011-2011 , 平成23年度兵庫県統計教育研究会研究発表会 , 指導助言及び講演講師 , 題目「小学校における統計教育を通じた学習活動の展開」
2011-2011 , 平成23年度授業研究支援訪問 , 研究授業及び講演講師 , 題目「数学的な見方や考え方のよさを味わわせる授業展開の工夫」
2011-2011 , 八潮市教育研究会 , 研究会指導及び協議会講話 , 指導者 , 協議会講話題目「数学的な見方や考え方のよさを味わわせる授業展開の工夫」
2011-2011 , Asia Pacific Region Conference on High School Mathematics Education 2011 , Plenary Speech , Plenary Speech Speaker , 題目「Reform of High School Mathematics Curriculum: It’s Diversities and Challenges」
2010-2010 , 平成22年度大学・研究機関等研修(県・大学連携による教職員研修) , 講座「国際理解協力入門-教室のなかから世界へ-」 , 講師
2010-2010 , ミクロネシア3国広域研修 , Math Regional Meeting 2010 in Palau: From ‘Input’ to ‘Output’ , 指導助言及び講演講師 , 題目「Developing and analyzing teaching materials toward further lesson study」
2010-2010 , Meyuns Elementary School(パラオ共和国)授業研究会 , 指導助言
2009-2009 , 平成21年度大学・研究機関等研修(県・大学連携による教職員研修) , 講座「国際理解協力入門-教室のなかから世界へ-」 , 講師
2009-2009 , アフガニスタン国教師教育強化プロジェクト・フェーズ2 , 短期専門家(「数学教授法」担当)
2009-2009 , 平成21年度「青年海外協力隊現職教員特別研修」 , ハンズオン教材開発と授業実践について講義 , 講師
2008-2008 , 筑波大学・JICA連携融合事業 , 数学授業におけるソフトウェア活用・開発のワークショップ,現地高校生を対象としたソフトウェアを活用した数学授業 , ワークショップ講師,授業者