キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

一ノ瀬 俊也 イチノセ トシヤ

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス ichinose@mail.saitama-u.ac.jp
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教養学部 教養学科哲学歴史専修課程

研究分野

日本近現代史

現在の研究課題

日本近現代史

学歴

出身大学院・研究科等
1998 , 九州大学 , 博士後期 , 比較社会文化研究科 , 日本社会文化専攻 , 中退
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1994 , 九州大学 , 文学部 , 史学科 , 卒業
取得学位
博士(比較社会文化) , 九州大学 , 『近代日本の徴兵制度と社会』

研究職歴等

研究職歴
1998 - 2007 , 国立歴史民俗博物館助教(2007年3月まで助手)

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
『東條英機 「独裁者」を演じた男』
文藝春秋(文春新書) 202007
ISBN:9784166612734
一ノ瀬俊也

『特攻隊員の現実(リアル)』
講談社(講談社現代新書):249 202001
一ノ瀬俊也

『昭和戦争史講義 ジブリ作品に歴史を学ぶ』
人文書院 201811
ISBN:9784409520703
一ノ瀬俊也

『飛行機の戦争 1914-1945 総力戦体制への道』
講談社(講談社現代新書) 201707
ISBN:4062884380
一ノ瀬俊也

『戦艦武蔵 忘れられた巨艦の航跡』
中央公論新社(中公新書) 201607
ISBN:9784121023872
一ノ瀬俊也

『戦艦大和講義 私たちにとって太平洋戦争とは何か』
人文書院 201504
ISBN:9784409520611
一ノ瀬俊也

『日本軍と日本兵 米軍報告書は語る』
講談社(講談社現代新書) 201401
ISBN:9784062882439
一ノ瀬俊也

『米軍が恐れた「卑怯な日本軍」 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて』
文藝春秋 201207
ISBN:9784163754802
一ノ瀬俊也

『故郷はなぜ兵士を殺したか』
角川学芸出版(角川選書) 201008
ISBN:9784047034723
一ノ瀬俊也

『近代日本 軍隊教育・生活マニュアル資料集成 昭和編』
柏書房 201001
一ノ瀬俊也(編)

『近代日本 軍隊教育・生活マニュアル資料集成 明治・大正編』
柏書房 200909
一ノ瀬俊也

『皇軍兵士の日常生活』
講談社(講談社現代新書) 200902
ISBN:9784062879828
一ノ瀬俊也

『宣伝謀略ビラで読む、日中・太平洋戦争』
柏書房 200808
ISBN:9784760133789
一ノ瀬俊也

『旅順と南京 日中五十年戦争の起源』
文藝春秋(文春新書) 200711
ISBN:9784166606054
一ノ瀬俊也

『戦場に舞ったビラ 伝単で読み直す太平洋戦争』
講談社(講談社選書メチエ) 200703
ISBN:9784062583848
一ノ瀬俊也

『日本軍事史』
吉川弘文館 200602
ISBN:464207953X
高橋典幸、山田邦明、保谷徹、一ノ瀬俊也
「近代」・「戦後」編を執筆

『銃後の社会史 戦死者と遺族』
吉川弘文館(歴史文化ライブラリー) 200512
ISBN:4642056033
一ノ瀬俊也

『明治・大正・昭和 軍隊マニュアル 人はなぜ戦場へ行ったのか』
光文社(光文社新書) 200407
ISBN:4334032575
一ノ瀬俊也

『近代日本の徴兵制と社会』
吉川弘文館 200406
ISBN:4642037640
一ノ瀬俊也

論文
隊員犯罪にみる1960年代の陸上自衛隊
埼玉大学紀要(教養学部),58(1):1-25 202209
一ノ瀬俊也

ある幹部自衛官の思想と行動
『思想』(1177):61-73 2022
一ノ瀬俊也

自衛隊と組織アイデンティティの形成――沖縄戦の教訓化をめぐって
蘭信三・石原俊・一ノ瀬俊也・佐藤文香・西村明・野上元・福間良明編『シリーズ 戦争と社会2 社会のなかの軍隊/軍隊という社会』(岩波書店):195-215 2022
一ノ瀬俊也

「荒縄の遺骨箱」流言にみる銃後民衆の意識
軍事史学,54(4):4-22 2020
一ノ瀬俊也

時代を映す鏡としてのドキュメンタリー
日本平和学会編『戦争と平和を考えるNHKドキュメンタリー』法律文化社:54-59 2020
一ノ瀬俊也

「総力戦」指導者としての東條英機
軍事史学,54(1) 2019
一ノ瀬俊也

日本陸軍の中国観 大本営陸軍部・北支那方面軍作製の戦訓マニュアルをめぐって
笹川裕史編『戦時秩序に巣喰う「声」 日中戦争・国共内戦・朝鮮戦争と中国社会』創土社:21-53 2017
一ノ瀬俊也

民衆に航空戦のあり方を教える権力 太平洋戦争期の軍事知識解説書をめぐって
『史学研究』(296):1-15 2017
一ノ瀬俊也

「戦艦大和 戦後作られた最強神話」
『文藝春秋』,92(11):266-275 2014
一ノ瀬俊也

「歴史学と社会学の交差」についての偶感 ―『戦争社会学ブックガイド』をめぐって」
福間良明・野上元・蘭信三・石原俊編『戦争社会学の構想』 勉誠出版 2013
一ノ瀬俊也

「凝視の一年」
山口輝臣編『日記に読む近代日本3 大正』吉川弘文館 2012
一ノ瀬俊也

「軍隊と社会」
明治維新学会編『講座明治維新 5 立憲制と帝国への道』有志舎 :176-200頁 2012
一ノ瀬俊也

「日露戦争従軍兵士の日記」
千葉功編『日記に読む近代日本2 明治後期』吉川弘文館 2012
一ノ瀬俊也

学会発表
「問題提起」(テーマセッション「戦争と展示~大和ミュージアムをめぐって」
戦争社会学研究会 201504
一ノ瀬俊也

徴兵制度のサブシステムとしての軍事援護 長野県の婦人相談員マニュアル『婦人相談員必携」(1944年ごろ)をめぐって
越境する歴史学研究会 201004
一ノ瀬俊也

その他
書評 郡司淳著『近代日本の国民動員 「隣保相扶」と地域統合』『史学雑誌』120-2、2011年2月
2010

兵士たちの戦争 戦争で傷害を負った兵士たちはどのように遇されたのか
全国障害者問題研究会,みんなのねがい(510) 200908

書評 小野寺拓也著『野戦郵便から読み解く 「ふつうのドイツ兵」 第二次世界大戦末期におけるイデオロギーと 「主体性」』『史学雑誌』123-2、 2014年3月

新刊紹介 熊本近代史研究会編, 『第六師団と軍都熊本』『史学雑誌』122-7、2013年7月

「「兵士の命」の値段 : 崩壊する銃後の家族」 『歴史読本』57-1、2012年1月

書評 北村毅著『死者たちの戦後誌』『歴史学研究』 897、2012年10月

書評 山田朗『兵士たちの戦場 体験と記憶の歴史化(シリーズ 戦争の経験を問う)』 『日本史研究』644、2016年4月

書評 原田敬一著『兵士はどこへ行った 軍用墓地と国民国家』『日本史研究』621、2014年5月

書評 吉田裕著『現代歴史学と軍事史研究 その新たな可能性』 『歴史評論』769、2014年5月

「戦死の状況報告をめぐる嘘と正直」『日本歴史』800、2015年1月

NHK「戦争証言」プロジェクト編 『証言記録 市民たちの戦争〈2〉本土に及ぶ戦禍』大月書店、2015年8月

座談会 日本史の論点・争点 『昭和天皇実録』を読み解く―戦前期の政治・軍事・帝国 『日本歴史』808、2015年9月

書評 松田英里『近代日本の戦傷病者と戦争体験』

解説・加登川幸太郎『三八式歩兵銃 日本陸軍の七十五年』(ちくま学芸文庫、 2021年3月)

教育活動実績

授業等

日本史演習 , 教養学部
日本史研究法 , 教養学部
史料講読演習 , 教養学部
日本社会史 , 大学院
日本史概説 , 教養教育