キーワード検索

キーワード 詳細検索

プロフィール

川野 靖子 カワノ ヤスコ

所属部署名 人文社会科学研究科 電話番号
職名 准教授 ■FAX番号
住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■メールアドレス
■ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部

教養学部 教養学科日本・アジア文化専修課程日本文化専攻

研究分野

日本語学
キーワード:日本語文法 , 意味論 , 格 , 動詞

現在の研究課題

現代日本語における格体制の交替現象に関する研究
キーワード:壁塗り代換 , 格交替 , 範疇的語義

所属学会

所属学会
日本語学会
日本語文法学会
日本語教育学会
日本言語学会

学歴

出身大学院・研究科等
2003 , 筑波大学 , 博士 , 文芸・言語研究科 , 言語学専攻 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1997 , 筑波大学 , 第二学群 , 日本語・日本文化学類 , 卒業
取得学位
博士 , 筑波大学
修士 , 筑波大学

研究職歴等

研究職歴
2011 , 埼玉大学教養学部准教授
2008 - 2011 , 福岡女子大学文学部准教授
2003 - 2008 , 福岡女子大学文学部講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
格体制の交替の観点からみた「囲う」の意味的特徴―壁塗り代換や餅くるみ交替を起こさない理由―
,埼玉大学教養学部リベラル・アーツ叢書別冊2 仁科弘之教授退職記念論文集 言語をめぐるX章:128-141 2017
川野靖子

「グラスから水を空ける」と「グラスを空ける」―離脱型壁塗り代換の分析―
,埼玉大学紀要 教養学部,52(2):121-134 2017
川野靖子

壁塗り代換は、なぜヴォイスのカテゴリーに入らないのか
,埼玉大学紀要 教養学部,51(2):81-93 2016
川野靖子

壁塗り代換は体系的な文法現象である―山田昌裕(2004)「壁塗り代換(spray paint hypallage)―文法現象の存在をめぐって―」への反論として―
,小出慶一教授退職記念論文集 ことばの本質を求めて (埼玉大学教養学部リベラル・アーツ叢書別冊1):26-43 2016
川野靖子

現代日本語の動詞「詰める」「覆う」の分析―格体制の交替の観点から―
,埼玉大学紀要(教養学部),48(2):33-43 201303
川野靖子

壁塗り代換を起こす動詞の特徴―現代日本語の自動詞を中心に―
,福岡女子大学国文学会 香椎潟(第56・57合併号):左1-14 2012

壁塗り代換と餅くるみ交替の両方が可能な動詞―「巻く」と「埋める」の分析―
福岡女子大学文学部,文藝と思想(75):201-217 2011

壁塗り代換を起こす動詞と起こさない動詞―交替の可否を決定する意味階層の存在―
日本語学会,日本語の研究,5(4):47-61 2009

現代日本語における位置変化構文と状態変化構文の交替現象―格成分の対応の仕方―
日本語学会,日本語の研究,2(1):32-47 2006

構文交替の観点からみた「あふれる」の分析
福岡女子大学国文学会,香椎潟(52):19-31 2006

移動動詞と共起するヲ格句とニ格句―結果性と限界性による動詞の分類と格体制の記述―
ひつじ書房,ひつじ研究叢書<言語編>42 現代日本語文法 現象と理論のインタラクション:273-296 2006

空間表現における格成分の語順
日本語教育学会,日本語教育(120):23-32 2004

「桜の葉に餅をくるむ」と「餅を桜の葉でくるむ」―壁塗り代換との関連性―
福岡女子大学国文学会,香椎潟(50):1-14 2004

位置変化動詞と結果の副詞句
筑波大学人文社会学研究科日本語学研究室,筑波日本語研究(8):39-48 2003

自動詞文における二種類の代換現象と所有関係
日本語文法学会,日本語文法,2(1):22-42 2002

ヲ格句を伴う移動動詞句について―アスペクト的観点からの動詞句分類における位置づけ―
筑波大学国語国文学会,日本語と日本文学(33):25-38 2001

いわゆる「壁塗り代換」における動詞の条件
筑波大学文芸・言語研究科日本語学研究室,筑波日本語研究(6):61-72 2001

主体変化を表す他動詞文の分析
筑波大学文芸・言語研究科日本語学研究室,筑波日本語研究(5):39-52 2000

位置変化動詞と状態変化動詞の接点―いわゆる「壁塗り代換」を中心に―
筑波大学文芸・言語研究科日本語学研究室,筑波日本語研究(2):28-40 1997

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
2014 , 現代日本語における格体制の交替現象の諸タイプに関する研究:成立原理の統一的説明 , 基盤研究(C)
2011-2013 , 格体制の交替現象に関する日英語の対照研究―動詞の意味の階層性に着目した分析― , 若手研究B
2008-2010 , 包括的な格理論の構築を目指した格体制の交替現象に関する研究 , 若手研究B
2006-2007 , 現代日本語の構文体系を明らかにするための方法論の研究 , 若手研究B
科学研究費補助金(研究分担者)
2006-2008 , 従属節における、節の内部構造と文内位置との相関に関する研究 , 基盤研究(C)
2005-2006 , 文法理論の適切な適用範囲の検証と、体系的な教育文法理論の構築 , 基盤研究(C)